東町城(神岡城) 高原郷土館

高原郷土館入口 日当たりが良いせいか、城周りの紅葉は高木は散っていましたが外堀はきれいな紅葉でした。永禄7年(1564年)武田軍の支配下に置かれた江馬氏では、降伏した江馬輝盛は当主・時盛に替わって、越中松倉城攻めや高原郷の支城整備に東奔西走しています。北信・飛騨を任された山県昌景に防御能力の弱い江馬氏館を放棄させられ、越中・高山方向からの敵に対応するために将来の統治の本拠となる東町城の築城を命ぜられています。上宝道を見下ろすようにある東町城は小高い北面と西面を断崖とした要地になります。東町城址 外堀の紅葉天正13年(1585年)飛騨を攻略した金森長近によって、小山田小十郎なる人物が城代として入って高原郷を統治したと伝わります。元和元年(1615年)一国一城令により廃城破却されています。長らく農地として荒廃していましたが遺構の空堀・石垣・曲輪跡が地表に見られたと云われますが、昭和33年(1958年)も史跡指定を受けていましたが、昭和45年(1970年)に三井金属鉱業が神岡鉱山100周年として公園化して、模擬天守・模擬城門塀を建てています。高原郷土館(城が丘公園)は東町城址の敷地上に、二の丸に鉱山資料館・旧松葉家住宅(民俗資料館)、本丸最奥の石垣基壇上に神岡城模擬天守を建てて構成されています。整備事業を受けたものの遺構は以前のまま、空堀や石垣などは以前のまま残されていたそうです。上:東町城址 外堀東側中:右:外堀西側 外堀は土橋の両側と城寄りの土壁に20~30mほどまで石垣が施され、奥に見える住宅地の…

続きを読む

江馬氏館跡庭園・下館跡

飛騨はまさに山の国で戦国期には目安となる米の石高では一国で5万石に満たない国でした。しかし、山国ならではの豊富な木材と鉱山があり、白川郷の内ケ嶋氏などは豊富な金の産出で室町期の経済・文化を動かしていました。一例では足利義満の金閣寺に使われた金は内ケ嶋氏の供出したものでした。富山の役で佐々成政に味方した飛騨勢力を金森長近に討滅させながら、豊臣秀吉が黄金採掘と財力を見込んで唯一許した一族でした。高原郷の江馬氏もさらに古くから知られた神岡鉱山を持っていて大きな潜在能力を持っていました。しかし前者は、前述の許しを得た祝いの宴会の夜に、天正地震で城も人も痕跡も残さずに一夜で消滅 2010.07.18 幻の帰雲城 帰雲城~長滝後者は戦乱の中で上杉・武田・織田と巨大勢力に翻弄され消えていますが、発掘された屋敷跡が文化的に高度なことから、それなりの実力が見直されてきています。東町城址から北方向の神岡町風景画像をアップして貰うと解り易いですが、中央を流れるのが高原川。中央の西里橋を渡ると現在の神岡町の中心街になります。奥の右側の禿山が神岡鉱山の中心地で神岡鉱業があります。その向こうの水色の船津橋を渡ると国道41号線(飛騨街道)に合流します。飛騨街道は山裾にガードレールが見えますが左が古川・高山、右に富山となります。高原川による河岸段丘が天然の堀と城壁になっているのが解ります。飛騨は国司として派遣された姉小路家(小島家・古川家・向家がそれぞれ宗家を主張、小島姉小路家が本来の本家と云われています。)が土着した国司大名。…

続きを読む

お礼参りに神岡へ

先々月(9月)の上旬に熊谷まで行ったんですが、車のトラブルで1時間半ほど途中でストップしたんですが、緊急事態も何とか回復して、その後は何事もなく無事に帰って来れました。ストップした原因は未だに解らないんですが、愛車のフィット君もその後も僕の酷使にめげずに走ってくれています。トラブルの時に、エンジンを止めれるようになって20分ほど冷却のつもりで、駐車したまま、真ん前にあった神社に参拝して、まさに神頼みをしたんです。 ご利益があったのか、フィット君のご機嫌も直ってエンジンも元に戻り、無事に動き始め(レッカーと代車手配のキャンセル電話をするのは恥ずかしかった^^;)、その後は新平湯迂回路や安房・上高地を横目に走る梓街道(あずさ、高山ー松本間の野麦街道と並ぶ難コース)、更には碓氷峠越えと起伏の激しい道を走り抜けて、無事熊谷に、そして帰りは雨の信越・北陸の高速道と無事に帰ってこられました。帰ってからディーラーに点検もしてもらいましたが原因も解らないまま、ともあれ神社の参拝のご利益ということで、いつかお礼参りをしたいと思っていたんです。11/3久しぶりに嫁さんを連れて紅葉見ながら、神岡までお礼参りに小矢部川下り線SA 右・芭蕉句碑 手前は安養寺集落、戦国期に西方に一向宗越中西勢力本拠地(勝興寺旧地、旧土山御坊移転地)がありました。山並みの左端が倶利伽羅峠。奥の細道では芭蕉・曾良は江戸千住から奥州・北陸道をなぞるように美濃大垣まで、5カ月で総計2400キロ余りを踏破しています。小矢部では、芭蕉が同じ墓所に眠る…

続きを読む

野田山④ 加賀藩主墓所 息女たち+六男・利貞

前回は篠原家が多くなってしまいましたが、墓所としては前田利久(利家長兄、真寂院)・前田利家(高徳院)・松(芳春院)夫妻をご紹介しました。今回はこの三人を取り囲むように築かれている墓所群になります。配置図にあるように利家・松夫妻の子供たち、2代前田利長・永姫夫妻、長女・幸姫、四女・豪姫、七女・千世姫・六男・利貞になります。利貞は敷地内かという問題と墓所の規模が小さめですが、他の5人の墓所の敷地面積は地形に影響されて多少の大小はありますが、墳墓の規模や構造は共通の大きさ、高さで構成されています。前田利久・利家兄弟を除く7人の墓所位置は、逝去順もありますが、3代利常の指示によると推測されています。また利家の崖下の九女・保智姫は利長か利常の指示かは微妙な所。。戦国期の子だくさん夫婦、前田利家・松夫妻には二男・九女の実子がありますが、松が閨房を離れた30歳以降は利家は側室との間に多くの子を生しています。ちょっと長いですが、生まれ順に羅列していくと。。生母は割愛。。(他に早世、幼世で代数に入っていない人、養女は含めていません。含めると不明も多いので20~30人になってしまいます。) 続柄 諱名 院号            生年         没年      享年  墓所長女 幸  春桂院 前田長種室  永禄  2年(1559年) 元和  2年(1616年) 58歳 野田山長男 利長 瑞龍院 二代当主   永禄  5年(1562年) 慶長19年(1614年) 50歳 高岡本墓次女 蕭  瑞雲院 中川光重室 …

続きを読む

最近のコメント