お礼参りに神岡へ

先々月(9月)の上旬に熊谷まで行ったんですが、車のトラブルで1時間半ほど途中でストップしたんですが、緊急事態も何とか回復して、その後は何事もなく無事に帰って来れました。ストップした原因は未だに解らないんですが、愛車のフィット君もその後も僕の酷使にめげずに走ってくれています。トラブルの時に、エンジンを止めれるようになって20分ほど冷却のつもりで、駐車したまま、真ん前にあった神社に参拝して、まさに神頼みをしたんです。 ご利益があったのか、フィット君のご機嫌も直ってエンジンも元に戻り、無事に動き始め(レッカーと代車手配のキャンセル電話をするのは恥ずかしかった^^;)、その後は新平湯迂回路や安房・上高地を横目に走る梓街道(あずさ、高山ー松本間の野麦街道と並ぶ難コース)、更には碓氷峠越えと起伏の激しい道を走り抜けて、無事熊谷に、そして帰りは雨の信越・北陸の高速道と無事に帰ってこられました。帰ってからディーラーに点検もしてもらいましたが原因も解らないまま、ともあれ神社の参拝のご利益ということで、いつかお礼参りをしたいと思っていたんです。11/3久しぶりに嫁さんを連れて紅葉見ながら、神岡までお礼参りに小矢部川下り線SA 右・芭蕉句碑 手前は安養寺集落、戦国期に西方に一向宗越中西勢力本拠地(勝興寺旧地、旧土山御坊移転地)がありました。山並みの左端が倶利伽羅峠。奥の細道では芭蕉・曾良は江戸千住から奥州・北陸道をなぞるように美濃大垣まで、5カ月で総計2400キロ余りを踏破しています。小矢部では、芭蕉が同じ墓所に眠る…

続きを読む

最近のコメント