金沢城 戌亥櫓跡

金沢城本丸西端 戌亥櫓跡 左奥にあるのが戌亥櫓跡の土台石垣になります。本丸の森に入って最初の三叉路を左に行くと本丸の西側部広場にでます。江戸初期、寛永8年(1631年)の寛永の大火によって、城下町の殆どと金沢城が全焼した際に3代藩主・前田利常は金沢城再建・改造だけでなく金沢城下町の縄張り・区割りを再整備しています。この時の大改修が現在の金沢城の縄張り、城下町の区割・道路などの基礎が出来たと云えます。大きな事業として辰巳用水の開削による大量の堀や導水路による防火・生活水の導入。それまでも多少の浅野川・犀川の直接導水はあったものの、金沢城内の水堀が整備強化されたのもこの頃だと云われています。それまで城内に居住していた家臣団を城外に出し、城下町の区割を確定しています。金沢が武家の都市となったのもこの時からが正式なものと言えました。政庁の機能を有していた本丸を放棄し、二の丸と三の丸の境目を開削して二の丸を大拡張し、政庁と殿様御殿を合わせた二の丸御殿を造営して、金沢城の政庁機能・防衛力を増強したわけです。本丸(戌亥櫓)からの金沢城 正面に金沢城三門の橋爪門、後方は橋爪門続櫓、後方に長く伸びるのが五十間長屋になります。橋爪門は石川門(搦手門)・河北門(正門)と合わせて金沢城三門と呼ばれますが、格式が一番高く枡形も金沢城最大の広さを誇ります。橋爪門の右が三の丸、左が二の丸になります。金沢城橋爪門戦国気風が残る江戸初期とはいえ、城下町の整備や城の改築増強は幕府の監視に引っ掛かる重要案件でした。大火災による惨状は、…

続きを読む

金沢城② 極楽橋~三十間長屋

二の丸御殿跡から本丸付け段 左端がニの丸と本丸を繋ぐ極楽橋、右上に見えるのが三十間長屋極楽橋 尾山御坊時代の施設で唯一名を遺すと云われています。現在の極楽橋は平成3年(1991年)に改修工事をされたアーチ橋です。冬場には筵が敷かれ歩行者の滑止となっています。極楽橋 本丸付け段の石段から、観光客の多い日でもこの辺りは意外に人が少なく静かな場所です。二の丸御殿の御居間廻と奥向の境(台所)から南に極楽橋があります。極楽橋は切通(涸堀)を渡る橋ですが、加賀藩以前の尾山御坊時代から存在した名だと伝えられています。加賀一向宗の本拠・尾山御坊(金沢御堂)は現在の金沢城内に存在したと云われていますが、天正8年(1580年)に柴田勝家が攻略し、城主として佐久間盛政が入城しています。佐久間盛政は尾山御坊の施設を御堂及び周辺を徹底的に破壊し、名前さえも消し去って、加賀一向宗を排除して金沢城を築いています。このために、金沢御堂の所在地も不明状態になっていました。涸堀の発掘で極楽橋下に一向宗時代の遺構があることが発見され、城の形態の研究からも、、現在の金沢城の本丸から御宮広場・藤右衛門丸(北の丸)にかけての金沢城西側が尾山御坊の城塁になると推測されてきています。しかし石川門橋には一向宗時代から御坊の土橋があったといわれ、正式な位置は不明です。涸れ堀(かれほり) 極楽橋上から、上が西方向(玉泉院丸・いもり坂)、右:東方向(橋爪御門)、右が本丸石垣上に長屋、左の石垣上には門まで土居が積まれていました。極楽橋は東西を見通せるよう…

続きを読む

金沢城① 玉泉院丸~数寄屋敷跡

今更ですが、新年明けましておめでとうございます。相変わらず時季外れや拙いブログですが、本年もよろしくお願いします。今回も前回の続きですがおつきあいください鼠多門橋と鼠多門 鼠多門は創建は不明(推測では寛永初期)ながら、金谷出丸(現・尾山神社)と金沢城・玉泉院丸を繋ぐ門として江戸期を通じて使用され明治まで残存していた門になります。金沢城を全焼させた宝暦の大火(宝暦9年(1759年))、陸軍の不始末による大火(明治14年(1881年)にも類焼を免れた金沢城最古の建造物の一つでしたが、明治17年(1884年)に火災で全焼していました。昨年(2020年)7月に復元が完成して御目見えした門になります。 前回詳細 ⇒ 2020.07.27 金沢城 鼠多門・鼠多門橋鼠多門橋は門と同時期の創建と云われていましたが、江戸期には少なくとも3度以上の架け替えの記録が残っているそうです。明治10年(1878年)に老朽化により撤去されて以来、金谷出丸と玉泉院丸を隔てた堀が道路となったこともあり、142年間姿を消していました。鼠多門と共に今年7月に復元が完了。これまでは東の石川門が主要観光路でしたが、武家屋敷・近江町市場・尾山神社からの新たな観光連絡として期待されています。元々、玉泉院丸を囲む南西石垣は美しさで人気がありましたが、木々で覆われていた西側石垣も再整備されて上部石垣が組み直されています。もう少し歳月を経れば、右の南西石垣と馴染んでくると思われます。玉泉院丸庭園 泉水部嫁さんは登り降りは…

続きを読む

最近のコメント