金沢城① 玉泉院丸~数寄屋敷跡

今更ですが、新年明けましておめでとうございます。相変わらず時季外れや拙いブログですが、本年もよろしくお願いします。今回も前回の続きですがおつきあいください鼠多門橋と鼠多門 鼠多門は創建は不明(推測では寛永初期)ながら、金谷出丸(現・尾山神社)と金沢城・玉泉院丸を繋ぐ門として江戸期を通じて使用され明治まで残存していた門になります。金沢城を全焼させた宝暦の大火(宝暦9年(1759年))、陸軍の不始末による大火(明治14年(1881年)にも類焼を免れた金沢城最古の建造物の一つでしたが、明治17年(1884年)に火災で全焼していました。昨年(2020年)7月に復元が完成して御目見えした門になります。 前回詳細 ⇒ 2020.07.27 金沢城 鼠多門・鼠多門橋鼠多門橋は門と同時期の創建と云われていましたが、江戸期には少なくとも3度以上の架け替えの記録が残っているそうです。明治10年(1878年)に老朽化により撤去されて以来、金谷出丸と玉泉院丸を隔てた堀が道路となったこともあり、142年間姿を消していました。鼠多門と共に今年7月に復元が完了。これまでは東の石川門が主要観光路でしたが、武家屋敷・近江町市場・尾山神社からの新たな観光連絡として期待されています。元々、玉泉院丸を囲む南西石垣は美しさで人気がありましたが、木々で覆われていた西側石垣も再整備されて上部石垣が組み直されています。もう少し歳月を経れば、右の南西石垣と馴染んでくると思われます。玉泉院丸庭園 泉水部嫁さんは登り降りは…

続きを読む

最近のコメント