金沢城 鶴の丸 +三十間長屋

鶴の丸跡 左の建物は平成29年(2017年)に新設された鶴の丸休憩館。以前にも簡易な休憩所があったのですが老朽化で建て直されました。東側が入口になりますが西側は全面ガラス張りで、橋爪門・続櫓から五十間長屋・菱櫓を一望できます。館内には金沢城の発掘調査結果の展示、カフェレスト「豆皿茶屋」で九谷焼や山中塗りの器や皿で食事やお茶が楽しめます。館外には石垣や土塀の構造展示などが見られます。鶴の丸広場(鶴の丸休憩館からの眺望) 復元された橋爪門・続櫓・五十間長屋・菱櫓が一望できる絶好スポット。鶴丸御殿はこの広場になるのではないかと考察されます。以前は近代に造られた泉水の庭園になっていましたが、休憩館が出来てイベント広場に替わっています。延宝年間(1673~1681年)の金沢城図(下が北・上が南) 濃紺の丸点は井戸で鶴の丸には五カ所もあり、これは他の丸や郭よりも非常に多いものです。三の丸は新丸から河北門を抜けて来る大手道、石川門からの搦手道が合流する処で、三の丸から内堀の橋を渡って橋爪門から入城するのが正式な経路でした。 東の丸・本丸から下りて来た広場が鶴の丸になります。金沢城初期には三の丸の一部もしくは丘陵の一部だったと思われます。内堀が整備されてからは隔絶した広場として、庭園の要素が強く歴代藩主が植えたと伝わる各種の木々が植樹されています。 鶴の丸から東の丸  於松の方は築城当時から江戸に行くまで東の丸に在住でした 鶴の丸の名の由来は、芳春院(利家正室・於松)が東の丸在住中に、東の丸直下の郭に鶴が舞…

続きを読む

最近のコメント

「金沢城 河北門 菱櫓」- by つとつと (04/11)

「金沢城 河北門 菱櫓」- by つとつと (04/11)

「卯辰山三社」- by つとつと (04/11)

「金沢城 河北門 菱櫓」- by ミクミティ (04/11)

「金沢城 河北門 菱櫓」- by ゆらり人 (04/11)