河北潟干拓地 だいこんの花

今年はゆっくりと花見が出来なかったので、ずっと残念に思っていました。ゴールデンウィークも外出自粛で、人が集う花の名所にもいかずじまい、、今年の春はお花見なんて無理だなと思っていたのですが、
ゴールデンウィークはせめて2.3度でも実家の草刈りをせねばならないし、ここ何年か夏になってからだったので草というより草叢・草木になっていましたから・・今年は少し心を入れ替えて、頑張ってみようと思ったんです。

今年のコロナ騒ぎでは各種のイベントが中止されていますが、河北潟の干拓地でも平成7年(1995年)から続けられてきた35万本の向日葵が咲き、大きな迷路を作る「ひまわり村」の種植えが今年はまだ行えずにいます。毎年、保育園児や小学生が種植えに多く参加しているのですが、なにせ今年のコロナ騒動では感染率の高い石川県では、現在のところ様々なイベントが中止・順延となっています。今回の危険宣言も延長になったことで、ひまわり村も難しくなったと云わざる負えません。

草刈りの帰り道、嫁さんとドライブがてら河北潟の干拓地を通って自宅に戻ることにしたんですが、そこで思い出したのが花畑。
今年は春になってから、前述のように梅も桜も、そして藤も牡丹も観ていないんです。我が家では嫁さんが喘息持ちということもあって、例年花粉症もあって外出は避け気味ですが、今年は完全に人混みは避けていましたから^^;でも僕の知る干拓地の一隅なら、そもそも人がいるのはまれな場所^^と、いうわけで少し寄り道してみました。
DSC_6336.JPG
河北潟干拓地 津幡町 小麦畑
河北潟は昭和38年(1963年)の内灘闘争の見返り事業として農地事業として大規模干拓が始められ、昭和60年(1985年)に完成しています。本来の河北潟の75%が干拓地となっています。ちなみに干陸総面積1356㏊、内、道路や施設用地を除いた畑作・飼料畑1071ha、金沢市229ha・かほく市184ha・津幡町282ha・内灘町376haという内訳になっています。

当初は田圃目的でしたが完成時には減反政策で転換を迫られて、牧場やハーブ・野菜・果物農園などになっています。近年は広い沼地を必要とする加賀蓮根など加賀野菜の農園も増えてきました。農地政策目的のおかげで宅地・工場・商業施設が建てられなかったおかげで、自然の宝庫で、野鳥や渡り鳥が多く集まっていますし、牧場・農園地の他にも産地直売所、内灘橋から湖南大橋にかけての周回道路の桜並木、35万本のひまわり村、270本のメタセコイアの道など、四季それぞれの景観に恵まれています。
DSC_6325.JPG
金沢排水機場 毎秒最大1.4tの排水機能があります。 
DSC_6326.JPG
広大な平場の干拓地の為に外周は、南面の河北潟・北東西三面には水路(西部・東部承水路)として残されており、四つの揚水機場・12の取水機場による水路・菅水路、支線道路、防風林が碁盤の目のように配されています。更に排水と干拓地や家庭の汚水などの水質改善のための排水機場が設けられています。
今回やってきたのは津幡から北金沢を周回して渡る才田大橋の近くにある金沢排水機場。干拓地の南東部にある排水路の河北潟への排水場になります。ここが南の終着点で南北に約2キロの直線の取付排水路が伸びていて排水路の両岸にはこの時季白い花が覆いつくしています。
DSC_6319.JPG
排水路南端から 右の建物は津幡町の仲良し農場、7~8月にすいか・11~2月は里芋の直売
土壌からの排水路の為、川水は泥水で濁っているのがちょっと残念ですが、ちょっと目線を挙げると広い干拓地や防風林の景色が美しく見られます。
DSC_6323.JPG
両岸には支線道路が配されていますが、たまに車が通るくらいで人影は全く見られず、すっかり白・白紫の花の絨毯を二人で占拠しておりました^^V
DSC_6322.JPG
DSC_6334.JPG
この白い花の正体はダイコンの花、そうあの野菜の大根の花。畑で栽培される大根は花が咲く前に収穫されるので、あまり花の姿を見ることは少ないんですが。。とはいえこちらは野生の草花なので地下茎は小さいですが。。春の七草のスズシロ(清白)。
ダイコンはアブラナ科の草花なので、菜の花の白版だと思っていただければ。。花弁が真っ白なものと先端が薄紫の二種あります。
DSC_6338.JPG
みんなの花図鑑から引用
※大根 名前の読み だいこん ※分類 アブラナ科 ダイコン属
※学名 Raphanus sativus
※分布 原産地は地中海沿岸 栽培は古代エジブトやギリシャの時代から 日本へは中国経由で渡来 918年の「本草和名」に「莱箙」として記載
※生育地 畑 ※植物のタイプ 一年草 
DSC_6328.JPG
東岸支線街路 排水路の途中の金属トンネルの橋の南手前から東道路が津幡町、西道路は金沢
※花の色 白 、 ピンク   ※開花時期 4月 、 5月
※大きさ・高さ 50~100センチ
DSC_6321.JPG
※花の特徴 茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白または淡い紫色をした十字形の4弁花をたくさんつける。 一般的には、花が咲くとスが入って大根は食べられなくなる。葉の特徴根際から生える葉は深い切れ込みがあり、ロゼット状となる。実の特徴花の後にできる実は長角果(アブラナなどの果実で細長いもの)で、赤褐色の種子が入っている。この花について春の七草の一つ清白(スズシロ)は大根(ダイコン)のことである。 俳句では大根が冬の季語、大根の花が春の季語である。

※花言葉 潔白・適応力 誕生花 3月30日DSC_6320.JPG

排水路南端から
遠くに見える山は谷内山、七尾鵜浦の先端まで続く能登丘陵の南西端になります。手前の丘陵は石川県森林公園津幡園地西部
DSC_6324.JPG
DSC_6329.JPG
DSC_6330.JPGDSC_6331.JPG
DSC_6332.JPG
DSC_6333.JPG
DSC_6340.JPG
ダイコン自体は意外に見なれた花なんですが、群生すると白い絨毯で美しいのですが、、、
ダイコンも実は繁殖力の強い外来植物で、麦畑にとっては最大の敵。
有機農法の干拓地では雑草対策が農地にとっては大問題。。ここだけでとどまってくれれば、綺麗な風景なんですが。。

DSC_6341.JPG
DSC_6342.JPG
DSC_6343.JPG
DSC_6344.JPG
おまけ画像 帰り道、ドンキーに寄ったら、久しぶりに見たメロンパンのケイタリング・カーを発見
メロンアイスをお買い上げ ドンキーで買い物中の嫁さんを、車で食しながら待ってました^O^ 嫁さんのお土産は焼き芋でした^^;
どちらも、完食
甘くて美味しい 冷たい温かい 至福のひと時でした。

旅行日 2020.05.04

"河北潟干拓地 だいこんの花" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント