犀川・犀川神社

金沢の城下町を形作っているのが、犀川浅野川になります。この二つの河川に囲まれたのが金沢の城下町になります。対照的な流れとして優美な流れの浅野川は女川(雌川)。雄々しい流れの犀川は男川(雄川)、雅名・菊水川と呼ばれて、金沢の様々な景観や産業、生活に根付いています。
水源の両白山地からの雪解け水、いつ開けるか解らない梅雨、「弁当忘れても、傘忘れるな」という言葉があるほど、県庁所在地では高知と全国一位を争うほどの降水量、雨の多い金沢という土地柄から、何時も水量豊かな川と用水路の流れをもたらしてくれています。水不足を知らない土地柄として恵まれています。
DSC_6464.JPG
犀川 犀川緑地から上流方向
ところが、今年は暖冬で上流部も雪なし状態で雪解け水が少なく、春は例年の1/3と云われるほど雨が少なかったこともあって、極端に川の水量が少なく、少し寂しいものがありました。ちょうど、今の時期には犀川では鮎が産卵のために溯上を始めているのですが、あまりに川水が少なく川底が浅くなったために上流に遡上できないという異常事態で、ついに水量調整で上流貯水を増やし放流が計画されています。
というわけで、普段なら水量豊かな川が流れているのですが、水の少ない画像で申し訳ありません。

北陸特有の高所から低地に流れる短い河川から過去には何度も水害をもたらしてきました。有名なものでは大正11年(1922年)大雨で浅野川・犀川が氾濫、両川の橋が天神橋を除き全て流出、犀川大橋は流木などで危険性を増し、繁華街も浸水し、工兵隊が出場して犀川大橋を爆砕したと云われています。室生犀星も手記を残していて、犀星の養家だった犀川大橋袂の雨宝院の広い庭面の岸壁のり面が崩れ現在の狭い庭になっています。昔、本堂の傾いた画像を見た記憶がおぼろげにあります。記憶に新しいところでは平成20年(2008年)湯涌温泉に大きな被害をもたらした浅野川氾濫では、犀川への分水放流量のミスや水防壁の閉め忘れなど人為ミスが重なっていますが市街地にも被害をもたらしています。
そのために、上流部のダム以外に浅野川・犀川の相互放流、護岸や河川敷など景観に配慮した、河川改修が施されています。
DSC_6466.JPG
犀川下流方向 右の河岸上の車道横が犀川神社、犀川上の片翼アーチは御影大橋
前述のように金沢の市街地を形作り、生活習慣に密着したこの二本の河川は金沢の住民にとっては、金沢城以上の親しみと自慢になっています。たぶん県内の河川の人気投票をすれば、金沢市民には絞り切れずに悩むところだと思います。しかし、金沢市外の人にすると、やはり訪れた時に市街地に近く流れている犀川の認知度の方が高いと思われます。名前にしても犀川の方がなんとなく響きも風情があるように聞こえますからね。県内でとなれば金沢=犀川がという印象で一番人気の高い河川になるんじゃないでしょうか。

ただ、全国には犀川の名がつく河川は僕の知る限りでは七カ所、町名では確か福岡にあったと思います。うろ覚えですが、福岡県なのに京都(みやこ)郡だったので頭に残っていたような。。

犀川の名で有名なのは長野県の犀川。。鞭聲肅肅(べんせいしゅくしゅく)夜河を過る 曉に見る千兵の大牙を擁するを 遺恨なり十年一劍を磨き 流星光底に長蛇を逸す 頼山陽作 有名な第四次川中島合戦を詠んだもので、古来から犀川の渡河を詠んだとされますが、実際には謙信が夜間に渡った雨宮の渡しは、現在よりも800m程南を流れていた千曲川なんですが、、この詩のおかげで犀川の名が有名になってしまいました。実際の犀川は謙信が大荷駄の拠点にした善光寺の南の川で妻女山への進撃時と、越後への撤退時の真昼間に渡河しています。
それから岐阜県大垣市の犀川、こちらは川の名より秀吉の一夜城で知られています。戦前に住民・県警・軍隊が衝突した犀川事件の地としても知られています。

とはいえ、石川県人特に金沢市民には犀川と云えば市街を流れる身近な川として絶対的存在・金沢のシンボル的存在になっています。そんなシンボル的な存在の犀川の名を冠しているのが、今回の犀川神社になります。DSC_6467.JPG
右:犀川神社標柱 昭和10年12月寄進銘
DSC_6459.JPG
犀川神社 正面鳥居 細長い河岸の上の境内で左の道が御影大橋袂、右の道は法船寺町旧家街の小路になります。
犀川神社(石川県神社庁HPより)
御祭神 天児屋根(あめのこやね)命 比咩(ひめ)大神 武甕槌(たけみかづち)命 経津主(ふつぬし)命
鎮座地 金沢市中央通町16-1 氏子区域・金沢市片町2丁目・大和町・中央通町・長土塀1丁目・長土塀2丁目・長土塀3丁目・長町2丁目~3丁目・元菊町
DSC_6462.JPG
由緒 天正2年(1574年)前田利家公封国の時、奈良の春日大社から御祭神を勧請したのが始まりと言われています。
犀川神社 門前の寄進灯籠 天保15年(1844年)寄進銘
金沢市中村町に鎮座する春日社(現在の中村神社)の別社で以前は「宝久寺の春日」と呼ばれ、修験派山伏の觸頭生廉山宝久寺が奉仕していました。普神会所舊記によれば、中村はもと大村(一説には三千石ともいわれる)で、旧町名 宝船路町・伝馬町・藺田町・西馬場・長土塀・高儀町・大豆田などで村落も犀川右岸でしだが、市街地拡張の政策により現在の左岸に移し、同社も移転しました。右岸の氏子等の強い要望により元車町に別社を設けました。明和5年(1768年)五月の洪水で流失した為、災害・災難等からの守護の願いを込めて、現在の地に改めて産土神として社殿を建立し今日に至っています。
明治元年(1867年)の神佛分離令により、明治2年に春日社と改め、同6年(1873年)犀川神社と改称しました。同12年(1879年)本殿を造営し、同13年10月拝殿を改造しました。
また、宝久寺の元祖空峰は、藩祖利家公と幼友達で、大和の国大峰山(山伏修験道の本山)への代参をした間柄でした。利家公が越前府中のときは府中に金沢に居城するや金沢に移住するほどの親友でした。

補足:犀川神社は氏子区域を見て貰えば解るように、武家屋敷などの長町・長土塀などを始めとして中下級武士の屋敷地があります。江戸初期、前田利家金沢入城後から金沢中心街の一つとして拡張の手が加えられた地でした。今でいう武家のニュータウン地でした。
DSC_6468.JPG
DSC_6470.JPG
上:犀川神社表参道 二の鳥居
右、下:寄進灯籠 大正8年(1919年)寄進銘
前田利家が勧請した社地(旧中村春日社)は御影大橋を渡って金沢駅前に向かう最初の大きな交差点(元車)の左手の元車交番の一角だったと云われています。元々、入植以前から中村(大村とも)と呼ばれ3000石の収穫地として、すでに大きな村落だったとも云われていました。その後、時期は不明ながら城下町拡張の為に対岸の現・中村町に遷座しています。推測ながら対岸の中村を開削した十村役・後藤家の5代・安兵衛(寛文6年(1666年)~享保18年(1718年))の時代だと思われます。
DSC_6471.JPG

対岸へ遷座したものの、旧社地(元車)には中村春日社の別社が残っていたようです。地元では地蔵院と呼ばれたとも伝わっています。明和5年(1768年)に犀川の氾濫で流され現在地に遷座。犀川鎮護の神社として改めて犀川社として創建されたものになります。明治の神仏分離令で修験道が廃され「春日社」。明治6年(1873年)に改めて犀川鎮護と周辺の産土神としての社として「犀川神社」と改称されています。明治12年に現在の本殿を造営、翌年に拝殿が改築されたとしています。
DSC_6473.JPG
右・下 犀川神社狛犬 
昭和14年(1939年)寄進銘
前田利家金沢入城の際に幼馴染の双子の山伏を伴っており、未訪の為(門前まで^^;)兄の名は不明ですが蛤坂に神仏混交の・祇園社を勧請して修験道の神仏混交の祇園摂社・願行寺(現八坂神社)を建立して城下の鎮護厄除疫病の祈願をさせています。同じく弟・空峰には前述の元車の地に、春日神を勧請して同じように春日社(犀川神社では中村神社としています。春日神社?)・宝久寺に入れて創建。
DSC_6472.JPG

この為に主祭神は春日四神になります。北陸では比咩大神というと白山比咩大神として菊理媛を指す場合が多いのですが、ここでは春日神の主神・天児屋根命の妻・天美津玉照比売命になります。ちなみに春日四神の扱いとしては、この二神が中臣氏(藤原氏)・皇室の祖神武甕槌命(鹿島神)・経津主命(香取神)守護神としています。

犀川と浅野川は前述のように城下町を構成するとともに、金沢城にとっては重要な軍事上の外堀の役目も果たしていました。現在は犀川に架かる橋は最河口近くの普正寺橋から犀川ダム下流の熊走大橋まで約30ほどの橋が架かっていますが、江戸時代には軍事上重要な外堀として犀川大橋だけが架橋されていました。明治に入っても金沢が軍事上の要衝とされたために犀川大橋のみ架け替えられたのみでした。初期には犀川大橋側の現在の桜橋や新橋付近に庶民が私的に架けた一文橋(簡易な一間幅の有料板橋)が架けられた程度と云われています。
DSC_6495.JPG
犀川神社から犀川対岸 中央の白と茶の建物の間の木の塊が、現在の中村神社の社豪です。
他の橋が架けられたのは、明治24年(1891年)の桜橋が皮切りになります。犀川大橋が最初に架橋した記録は文禄3年(1594年)ですから、約300年間、犀川には犀川大橋一本だけだったわけです。中村春日社の対岸への遷座は、橋がないことから、今とは違い大事業だったわけです。その後、明治26年新橋、32年上菊橋、39年下菊橋、42年に御影大橋が架橋しました。しかし、いずれも劣化の早い木製橋でした。
DSC_6465.JPG
犀川緑地(犀川自転車道)案内板 
犀川緑地は犀川河口から大桑橋まで(約13キロ)の犀川河岸の空間地を公園化したしたものです。案内板では省略されていますが、上流(左)の上菊橋から犀川月見橋・大桑橋まで2キロの両岸の緑地帯まで伸びています。この緑地帯を縫うように自転車道が整備されていて、河口の県民海浜公園まで続いています。自転車道の起点が犀川神社の門前入口になっています。  
犀川に永久橋と呼ばれたRC造りの橋が登場したのは大正8年(1919年)。明治31年に公札が行われ木製橋として計画されていましたが、市内電車を通すことになり大正6年に計画を変更して取り掛かり2年後に近代的な犀川大橋が完成しています。完成時の橋長32間(約58m)橋幅8間(15m)で、上部は開放型で電車軌道を持たせた6桁の桁橋(ガーター橋)でした。

ところが永久どころか僅か3年満たずで消滅しています。前述で書きましたが大正11年8月に集中豪雨による未曽有の大洪水によるものでした。この時の降水量は4時間で106mm、当時の犀川の平均水位の10倍、警戒水位の3倍となる15尺(4.50m)の水位となる未曽有の増水でした。上流部にあった大桑・上菊・下菊・桜橋の木橋は全壊で流され、犀川大橋の桁をその流木が埋め、堰となって陥没し被害を広げたと云われます。犀川の堤防決壊60カ所、市内浸水家屋4千戸、被災市民2万人。又下流の新橋・御影橋もこの時に流されています。危険増大を受けて、工兵隊が出動、堰となった犀川大橋を爆破して放流を行ったと伝わっています。ちなみに浅野川でも天神橋を除いて橋は全滅しています。浅野川流域の被害を含めると金沢史上最大の未曽有の大洪水になったのです。
142332782760085563177_DSC_0556.jpg
134620927191213208713_29792_0.jpg
上:2015.02.03撮影 浅野川大橋 右:2010.01.14撮影 犀川大橋
当時の対処の凄い所は、南北の出入口の橋を失い孤立してしまった金沢では、5日後には車両・軌道を持った仮設橋を通し、通行人用には桜橋の場所に船を並べた上に板を張った舟橋が軍隊によって設けられました。
驚くべきは同年12月に浅野川大橋、現在のRCアーチ橋をわずか4カ月で完成。大正13年7月に犀川大橋を現在のトラス式鉄鋼橋として完成させています。犀川大橋では水害の教訓を受けて桁を用いないトラス式鉄鋼橋としています。前年の関東大震災で鋼材の高騰や不足に悩まされながらも2年満たずで完成させています。急造ながら戦中も掻い潜り昭和32年(1957年)まで補修も行われない程の頑強さ、昭和42年まで市電と車道の共存として金沢の南北の大動脈となって来た金沢象徴の橋となっています。浅野川大橋犀川大橋は平成12年(2000年)に国有形登録文化財に共に指定されています。
さすがにこの二橋の建造は当時の石川県・金沢市の財政を注ぎ込んだもので、他の橋は木製橋で建造されていました。犀川大橋に続くRC・鉄鋼橋は戦後まで待つことになってしまいます。
DSC_6466a.jpg
158528568443098278356.jpg
上:御影大橋 右:先代・御影大橋を再生利用した金名橋(2020.03.02撮影)
犀川に架かる橋で犀川大橋に続いて鉄鋼構造橋として、昭和27年(1952年)に架橋されたのが御影大橋でした。重厚な鉄鋼橋として犀川大橋と姉妹的な存在として人気の高い大橋でしたが、交通量の増大により車幅の拡大のため、平成18年(2006年)に新しい片翼アーチパイプの単弦ローゼ橋として生まれ変わっています。
ちなみに先代の御影大橋は白山市の手取川橋梁(金名橋)として自転車道橋として一部改造されていますが再利用されて、雄姿を留めています。⇒ 2020.03.02 金名橋(旧手取川橋梁・御影大橋) 手取自転車道橋
DSC_6494a.jpg
犀川神社上流 手前が新橋 奥の水色鉄骨が犀川大橋
昭和30年には上菊橋、37年新橋、39年桜橋、41年下菊橋がRCや鉄鋼橋となり、40年代から50年代をピークに、犀川には約30の橋が現在までに架橋されてきました。
DSC_6477.JPG
DSC_6478.JPGDSC_6479.JPG
DSC_6489.JPG
上・中:犀川神社 拝殿・拝殿内部
右:拝殿右側面
拝殿は内部の梁や木材を見た感じでは古そうですが、明治13年(1880年)に改造・改築を加えたと云われています。拝殿上部に見事な武者絵が奉納されていましたが、ピンボケで載せられず。。
犀川神社は名前の通り、犀川鎮護の神社として創建されたもので、約250年に渡って犀川右岸に建っています。門前の河岸に立つと下流に御影大橋の美しいアーチが見られ、上流には桁橋の新橋鉄鋼橋のトラスの犀川大橋が見られ、景観も抜群の場所になります。
御影大橋の近くとはいえ旧家や商家が多く、道路が狭いために河岸道路は一方通行で、車だと犀川大橋もしくは新橋から犀川の右岸を進んでこねばなりません。今回は対岸の白菊町からの帰り道に立ち寄ったので、新橋で犀川を渡って左折、狭い道を真っ直ぐ300m程進んでくると、突き当たるように鳥居があるのですが、それが犀川神社になります。
DSC_6487a.jpg
DSC_6485.JPGDSC_6487.JPG
稲荷社
拝殿右脇には稲荷社が設けられていますが、非常に珍しい狐の像があります。
通常はシュンとしたスマートさを持つものが多いのですが、耳を大きくして全体に丸みを帯びた姿をしています。狛犬のように阿吽になっていますが、位置は左右が通常とは逆になっています。社紋と同じ尾玉が施されているのも珍しいかも。。
注目すべきは、紅白に塗り分けられていること。稲荷社の使い神となる狐は本来は人に見えないとされ、透明感を表すために白いものがほとんどです。たまに白色が剥げ落ちて、下地の赤や茶が現れた古いものは見かけますが、最初から赤色に塗られた狐は初めて見ました@@
DSC_6493.JPG
犀川神社 北側脇道 旧法船寺町を通る道になります。寛永8年(1631年)の寛永の大火後に犀川大橋爪から移って再建された法船寺によって構成された門前町でした。江戸時代には寶船路町と呼ばれ、明治4年(1871年)に法船寺町に改められました。昭和40年(1965年)に現在の中央通町と長町2丁目になっています。古い門前町として伝統の水引きや能・演劇衣装を伝える店があったりします。
DSC_6491.JPG
犀川神社 本殿 拝殿と本殿の間に低い位置の祭祀場(幣殿の代わり)を置く権現造 DSC_6490.JPGDSC_6492.JPG

現在の本殿は明治12年(1879年)に建てられたものです。
細長い島のような境内に一列に社殿が建ち、表参道には樹が少なく、正面から見ると地味で小さな神社に見えます。横に廻ってみると、意外に大きな木が多く規模が大きいことに驚かされる神社です。社豪となる巨木も拝殿と本殿の間の柵内にあり本殿を隠しています。是非、訪れた際には路地を歩いて、柵上を見上げてみてください。
DSC_6486.JPG
拝殿横の異形の松 登り龍のように見えますねえ@@
旅行日 2020.06.07






"犀川・犀川神社" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント