金沢南総合運動公園バラ園 雨の残り花

今年はどうも花の盛りに、花の名所を訪れるというのが、なかなかできずに盛りが過ぎてから通るという、どうもタイミング自体にも恵まれていませんでした。しかも、残った花を見ようとすると天候に恵まれないというのが続いています。
金沢南総合運動公園 緑地広場
DSC_6528.JPG
DSC_6498.JPG
バラ園への道
金沢のバラの名所と云われるのが、今回の金沢南総合運動公園にあるバラ園になります。
今年は残念ながら見頃の4.5月は入園禁止の閉園状態で入れず、解禁となった6/1には、新聞に画像が載って最後の見頃にどっと人が集まっていたようです。
どうも人が多いのを避ける僕としては今年は諦めていたのですが、たまたまこの日真ん前を通ったら、雨降りということもあって駐車場もがら空きで、ちょっと寄り道をしてみる気になったんです。駐車場に着いたときには雨が強く降ってきてあちゃ~~~っと思っていたんですが、バラ園に向かう頃には小雨に。。
DSC_6530.JPG
噴水園地
ちなみに金沢南総合運動公園は、皇太子(昭和天皇)成婚記念事業として、大正14年(1925年)に完成した400mトラックを持つ多目的(野球・テニス・バスケット)運動場として造られた金沢市公設運動場が創始になります。昭和22年(1947年)第2回国民体育大会(国体)の為に、主会場・陸上競技場に改修。

昭和33年(1958年)サブグラウンド(球技場)・屋内外プール施設(金沢市総合プール)更にバラ園を含めた緑地公園を整備、面積も2倍となって完成させて都市計画金沢総合運動公園となっています。
DSC_6529.JPG

平成2年(1990年)に金沢北部に城北市民運動公園が出来たために現在の金沢南総合運動公園に名を改めています。翌年には第46回石川国体の為にサブグラウンドを改修してサッカー競技場に全面改修。そして昨年、金沢市総合プールの老朽化で閉鎖撤去で大駐車場となって現在に至っています。
DSC_6502.JPG
バラ園
DSC_6508.JPG
しかしついてみて、あ~~~やっぱり バラの盛りをとうに過ぎて、多くが散ったり、しぼんだり、花の色が枯れた色に
というわけで、その中で花が残っていたもののアップということで。。
それと植物や花の名前が覚えられない僕としては、当然解説なんて無理なんで、今回は画像メインで。。こそっと撮った名札からのカンニングのバラの名前ということでよろしく。。。秋の見頃は今度こそ
ディズニーランドローズ
DSC_6499.JPGDSC_6501.JPG
レディビューティ
DSC_6504.JPG





パパメイアン
DSC_6506.JPG

プリンセスミチコ
DSC_6509.JPG
賛歌                     ラブ
DSC_6511.JPGDSC_6513.JPGDSC_6515.JPG









希望                    ジッフェ
DSC_6516.JPGDSC_6518.JPG
ホワイトマドンナ
DSC_6526.JPGDSC_6525.JPGシュネ―プリンセス
和名・白雪姫 ピンボケでごめん
DSC_6521.JPGフリージア
DSC_6523.JPG




おまけ画像

帰り道に国道157号線で自宅に向かったのですが、もう土砂降りでまいったまいった。。横宮交差点の信号で停まると目に付くのがこれ^^;何とも言えない色と形ですが、野々市市の市花・椿の大型モニュメントです。うろ覚えですが、僕の記憶では野々市町時代の25.6年前に設置されたと思います。どうせなら色をつければもっといいのに。。といつも通るたびに思っちゃいます。
DSC_6534.JPG
野々市市役所が本町から現在の三納に移転したために、野々市の商業集積地は三納と御経塚に移りましたが、野々市町時代の商業集積地は少しの面影を残しますが、この横宮が中心地でした。そのメイン交差点に野々市町時代に設置されたものです。野々市町の町花、正確には町花木が制定されたのは昭和49年(1974年)になります。
DSC_6533.JPGDSC_6532.JPG
野々市市HPより・・・
野々市市は、昭和49年6月19日に市花木を「椿」に制定しました。(当時は野々市町)また、「椿」を通じて新しい共同社会づくりを目指す「愛と和の都市宣言」を併せて制定しました。「花と緑 ののいち 椿まつり」は愛と和の市民憲章に謳われている「郷土を愛し緑豊かな住みよいまちづくり」を推進するため、市花木に指定されている「椿」を介して各種行事を開催し、文化的な潤いのある地域環境の創出に寄与することを目的として、平成2年3月開催を第1回として現在も開催されています。
1036.jpg
椿「野々市」 野々市市HPより拝借

町花木「椿」(当時)
古い歴史と文化を育んでいる野々市町には、身近にあって、生活に融けこんでいる椿が多くみられます。
椿は先人が「椿十徳」※1で讃えているように、無駄なところが少しもない木です。町ではこの木の徳こそ、花と緑と和の町づくりに最もふさわしい木として、町花木に指定しました。
この椿の中には、淡い朱鷺(とき)色の「野々市」※2と名付けられた古木があり、秋から花を開く極早咲きの上品な椿で、昔から生け花として親しまれています。
※1「椿十徳」 不老•公徳•相互一致•謙遜•清浄•矜持(きょうじ)•常緑不変•操節•奉仕•厚生
※2椿「野々市」 •花 ごく淡い朱鷺色 一重咲き、筒咲き(ややラッパ咲き) 筒しべ(小輪)•花期 9月から4月•葉 楕円形中型•樹 立性で強健。1950年頃に石川つばき同好会が命名。
補足:市花木「椿」は椿「野々市」を指定したものではありません。
補足にもありますが、野々市では野々市という椿を指定しておらず、椿全般を指定したとしています。

旅行日 2020.06.12

"金沢南総合運動公園バラ園 雨の残り花" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント