大浜埠頭 金沢港

金沢市の北西にある金沢港。その金沢港の一番北端にあるのが「大浜埠頭」です。石川県のエネルギー源ともいえる石油基地の西側に位置します。
画像

岸壁水深12mで金沢の埠頭では一番深くなっていて、大型船の入港を可能にしています。現在も水深掘削は続けられています。
画像

道路の横に車用の休憩スペースがあって、そこから大浜埠頭の集積所を見下ろせるようになっています。
しかも金沢港の一番端ということもあって、海が綺麗に見渡せるんです。
防波堤に打ちつける波が見られるし、海上の夕陽を見るには最高の場所です。
画像
画像
防波堤の波を見るなら荒れた冬場。夕陽を見るなら静かな晴れた夏秋。

この日はバハマ船籍の貨物船が停泊していました。
やっぱり船が停泊していると絵になりますねえ。
画像

旅行日 2010.12.29

"大浜埠頭 金沢港" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント