新潟ふるさと村

ホテルは黒崎IC近くの「ホテルディアモント新潟西」でした。
7/12に新規オープンしたばかりで、室内も綺麗でゆったり出来ました。

以前は何にもない場所でしたが、今ではすっかりR8沿いにいろんな業種が立ち並んでいます。信濃川のたもとに建っているので景色も良かったです(9階建の8Fだったので、窓からの風景もなかなかよかったですよ。)

疲れもあって早く寝ちゃったので 朝早くにが醒めちゃいました。2人は夜、ライブの話に夢中で夜更かししたらしくまだ夢の中&
よし、散歩して来よう
ホテルの横の平成大橋を渡って信濃川を横断、さすが日本一の川、橋が長かった
画像


橋を渡りきると小さな空き地が、そこにこんな場所が、、
画像


此処で、うん蓄をご披露しましょう
順徳天皇(順徳院)は後鳥羽天皇の息子です。承久の乱で首謀者の1人として、佐渡島に流されてそこで亡くなっています(絶食の自殺と言われています)
詩歌など芸術系に優れていて、その後の宮廷の作法・装束などを確定した天皇と言われています。陵は2か所、火葬した佐渡の真野陵、京都に持ち帰られ父親の後鳥羽上皇と共に並んで葬られた三千院近くの大原陵があります。この衣装塚は順徳院が生前、佐渡で着用していた衣装をここに埋めたとされています。

百人一首の100番目の歌人としても知られており、
 「ももしきや 古き軒端の しのぶにも なおあまりある 昔なりけり」
             なんとなく聞いた事が在る人もいるでしょう

これは異説なんですが、飛鳥時代以降、歴代天皇の諡号の文字は意味があって、徳の字は怨霊を鎮めるための文字と言われています。ちなみに後鳥羽は最初は顕徳院でした。ついでに崇の字は、弑逆・無実の憤死の意味が在ると言われています。この「崇」と「徳」の両方を冠するのが、日本最強の大魔王と呼ばれた天皇(上皇)です。興味のある人は調べてみて下さい。

朝から小雨模様で、散歩した時は丁度、雨がやんだときでした。
朝だというのに、、ムシムシした暑さで、汗びっしょり
ということで、朝風呂にしょうホテルには、岩盤浴とサウナ、大浴場まで完備してました
岩盤浴でうとうと 大浴場で一人ザブーン・スイスイ月曜の朝ということもあって、誰もいません。思いっきり満喫

部屋に戻ったら2人共出発の準備完了。。。イヤー満喫できたでした
        
     ということで、出~~~発 

まずホテルの近くにある「新潟ふるさと村」
画像

「観光情報館」「バザール館」「アピール館」その他に庭園・グリーンセンターなどを集積した大きな物産館といった所です。

まずは観光情報館に、、、、玄関では、まずお迎えしてくれたのが、、、
画像

                              犬夜叉 By 高橋留美子

新潟県は、漫画家王国でもあるのです。僕が読んだ漫画の作者だけでも
   上越・・片山愁「ドラゴンフィスト」
   柏崎・・新沢基栄「ハイスクール鬼面組」
       八神ひろき「Dear Boys」
   十日町・しげの秀一「バリバリ伝説」「頭文字D」他
   三条・・藤島じゅん「きらきらきら」
   出雲崎・たかもちげん「代打屋とーごー」「こちら本池上署」他
   長岡・・小川悦司「天使のフライパン」「中華一番」
       和月伸宏「流浪に剣心」「武装錬金」
   新潟・・赤塚不二夫 「天才バカボン」他 
       小畑健「ひかるの碁」「DEATH NOTE」他  
       近藤ようこ「見晴らしが丘にて」     
       小林まこと「1.2の三四郎」「柔道部物語」他
       高橋留美子「犬夜叉」「乱馬1/2」他
       寺田ヒロオ「背番号0」他 魔夜峰央「パタリロ」
       水島新司「ドカベン」他 安田弘之「ショムニ」
       わかつきめぐみ「SoWhat?」叶精作「ダミーオスカー」
   五泉・・宇田学「Drハーレー」
       柳沢きみお「流行唄」「特命係長只野仁」他
   新発田・聖悠紀「聖魔伝」他

パンフの名前観て書いたけど、他にも名前の知っている作家はいます。ただ作品名が思い出せないのは書きませんでした。まだまだいるみたいです。
それにしても、我ながらよく読んでると、自分で感心しきり

 (余談) 9/9 我家の娘、アニメの同人誌に嵌っていて、今日もサークルのだと言って出かけていきました。漫画好きの父母の血ですかね

「観光情報館」は主に新潟市の観光案内が紹介されています。此処で新潟観光の予備知識を仕入れて行くのも賢いかもですよ

続いて隣のバザール館へ
画像

ここには、新潟の魚貝や食材から工芸品、新潟各地の名産品が販売されています。お土産買うならここが最高です。
僕達もここでお土産を買いました  するの忘れちゃいました。
写真の中央ホールでは、白根の凧作りの実演と販売もやってました。
そういえば、我家にも2.3枚あるはず、どの箱の中だったかなぁ
画像


さてここで昼食タイムに、他にしょうとも思いましたが、
  後のことを考えると、ここで食べようと言う事になりました
画像
画像
画像
店の名前は「菜の花」
2人は普通の丼物たのんだので。。。
   「イカ焼き定食」です。 独りで、ちびちび焼いて食べましたよ。イカもご飯も美味しかったですよ
   でも店内、結構忙しそうなのに、店員2人だけ、、、モット運営を考えたほうがいいかもね。
   まあ、美味しかったからで許しましょう。。。

さてお腹も膨れたし、次は隣のアピール館
ここはジオラマや写真を使った新潟の紹介
   興味深いのは、時代風景の再現です。明治・昭和の店の再現
   雪の田舎風景、なんと本当の雪を降らせる降雪装置付きでした。
画像


螺旋になった展示館を1Fに降りると、
画像
画像

村上の山車の再現模型、金ぴかっピカピカ

ここから外に出ると花園です。とっても綺麗でしたよ
画像
画像

ゆっくり外の庭園を回ろうとした瞬間、いきなりどしゃぶり~~ 
庭園や花園にいたお客さんや作業の人たちが建物に走る走る

仕方ないので、グリーンセンターの中を通って出口に。。。
出口に着いた途端  なんだったんでしょうね

ここでふるさと村を離れ、娘のご希望の万代シティへ

日記日  2007.08.27


ホテルディアモント新潟西
新潟ふるさと村

"新潟ふるさと村" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント