人間国宝館 庭園喫茶・洞夢

金沢のほうに仕事が集中しまして、3時過ぎ今度は反対方向のお客さんから書類を取りに来てというお電話
天気はあいにくの雨降りだったけど取りに行くだけなんで一気に

行き先は山代温泉街のど真ん中、あ~あ 昼間なら温泉なのになぁ
今度時間が早いときに来たら、のんびりと回ってみたいなぁ
仕事もさっさと終わらせまして、このまま帰るのもなんだし、嫁さんと娘にお土産も頼まれていたし、ちょっと寄り道をば

久しぶりにやって来たのは「お菓子城加賀藩」
画像

ここの名物は「加賀福」ちょっと伊勢の赤福に似たあんころ菓子です。
以前に紹介したことがあるので、興味のある人はこちらをどうぞ
         ⇒ 2008.1.20の日記

今回はそのお菓子城の奥にある「人間国宝館」に立ち寄りまして、ちと眼の保養をしようと思いまして
画像

大駐車場の一番奥の位置なので、知らずに帰ってしまう観光客の人も多いようですが、一見の価値がありますよ。たくさんの小型ドームの集まりが目印です庭園も美しいので窓から覗いてみると良いですよ
画像
画像


人間国宝の正式名は重要無形文化財保持者と団体、芸能と工芸技術に分けられています。伝統芸能や伝統工芸の最高峰ってことですね

工芸技術では、現在現役(H24)の人間国宝は57名、京都・東京・石川が多くて各々9名。石川の人間国宝の作品を各ドームに展示しています。

訪れた年の(H21)は8名で大場松魚(蒔絵)川北良造(木工芸)三代目徳田八十吉(彩釉磁器)前史雄(沈金)吉田美統(釉裏彩金)三代目魚住為楽(砂張銅鑼)中川衛(彫金)小森邦衛(漆)
(注:大場松魚氏と三代目・徳田八十吉氏が他界され、H23に新たに2名が選出されています。)

各ドームの展示室には各作家の作品と手を見られます。最高作品の集まりを堪能できますよ。作品の半分以上が非売品ですが、中には販売しているものもあって小さな価格表示もあります。
見たら、びっくりの価格のものがいっぱいです。
                     一番高かったのはこれ
画像

                     3代目 徳田八十吉作 にゃんと360万円

画像
画像

画像
画像

画像


各作家ごとにひとつのドームを使用しています。壁には作家の手の写真が
この手がこの作品たちを作り出しているんですねぇ
画像
画像

伝統工芸は時代に伝えられていくものです。石川の伝統工芸を見るのもいいものですよ。加賀温泉に来られた際はお立ち寄りを

人間国宝館の隣には庭園喫茶があります。「洞夢(どーむ)」
画像
画像

ここは、ほんとに庭園が綺麗なんですよ庭を眺めながら食事をするのも良いですねぇしかし、この日は一人だから、食事は無しということでやっぱりここで食べるなら相方が欲しいですねぇ
画像
画像


で、お土産にケーキを買って帰りましたよ
なかなか、変わったケーキが多くて面白かった

☆☆米粉とゴマのシフォンケーキ 350円
画像
画像


☆☆☆トマトのシフォンケーキ 350円 スポンジがふんわりして美味しかった
画像
画像


☆☆栗のタルト 220円   2種類の栗を使用。栗が美味しい
画像


☆☆☆ブルーベリー・レアチーズケーキ 350円 濃厚で美味しい(娘 談)
画像


日記日 2009.07.21


        

"人間国宝館 庭園喫茶・洞夢" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)