浅井畷古戦場

加賀における最後の合戦が行われたのが小松城東方の浅井畷と呼ばれる一帯でした。
畷の名の通り、当時は小松の地は手取川による湿地帯が多く、そこをほそい隘路が通っていたそうです。また、その湿地を利用して桑の実畑が広がっていたそうです。
現在はその名残は観られませんが、住宅地の一角に九つの墓標が立つ園地があるのですが、ここが浅井畷合戦の最激戦地になった場所と云われています。
画像
画像


戦ったのは前田利長軍(25000)VS丹羽長重軍(3000)
これは前田軍の侵攻時のもので、実際は戦闘開始時は1万余VS1000と思われます。
画像

時は関が原合戦(慶長5年 1600年)直前
この時点ではご存知のように能登・加賀の前田家は東軍に服属した形でした。当然、そのままならば、大国の前田家が東軍になるのですから、加賀江沼・越前の小中名も東軍に与したはずだったのですが、石田光成との友諠によって大谷義継が西軍についたことで、北陸の様相は一変します。そもそも敦賀の大谷義継をはじめ加賀江沼・越前の各領主は豊臣秀吉による政策で、前田・上杉の抑えとして配されており、その元締めが大谷義継だったのです。
同じことは毛利・黒田の抑えの宇喜多秀家や、島津の抑えの小西行長・加藤清正、徳川の抑えとなる東海も云えるのですが、こちらは肝心の元締めとなる福島正則が徳川方の先鋒になったのですから、やんぬるかな秀吉の構想は一番大事な部分が破たんしたわけです。

大谷義継の西軍参戦は、前田利長にとっては脅威になったわけで、京・近江に向かうには強行突破と各個撃破しか道はなかったわけです。慶長5年7月、会津征伐に出た徳川家康の間隙をついて石田光成が挙兵したことにより東軍は反転したわけですが、これに合わせるように前田利長軍も侵攻を開始し、丹羽長重の居城・小松城を攻めました。

小松城攻めには、利長よりも猛将と云われた弟の能登領主の前田利政も居り、前田軍25000による総攻めだったわけですが、、、守る小松城の丹羽長重軍3000。兵力差は8倍強だったわけですが、、、
この小松城は小松軍記には「古今無双の城」、智将と呼ばれた明智光秀も「北陸一堅固な城」と云ったほどの堅城で、丹羽長重の勇戦もあり、結局落城できずに抑えを少数残して、軍を先に進め大聖寺城を陥落しました。
ところがこれが後々に響いて来てしまうのですから、歴史は解らないものです。
画像
画像

先を進んだ前田軍は大聖寺城を陥落したのですが、その頃には大谷義継が敦賀に到着、得意の謀略戦に出ます。詳細についてはまだ詳しく解っていませんが僅かに残る書簡から伏見城陥落・京伏見が西軍により占拠、上杉軍が越後の一揆を煽動・越中侵攻を画策(実際越後の堀氏から救援要請の書簡があるそうです。)、越前援軍に大谷軍が来着・艦船での加賀直接攻撃画策、前田利長がこの虚実ないまぜのどの情報を信じたのかは不明ですが、結局前田利長は撤退を決断します。
この時、利長の大軍は二分されており、本隊は能美の三道山に布陣、別働隊は小松の今江城(御幸城)に布陣していました。この別働隊は本隊より数は多かったのですが、撤退命令により本隊への合流が必要となったわけです。別働隊には七隊構成で有名な武将としては能登の長連竜、客将の高山右近、山崎長徳など。

ここで問題になったのが、小松城を落としていないため本体との間はまだ丹羽軍の勢力圏ということ。
本来なら大回りをして加賀から能美へ向かうのが無難なんですが、ここで別働隊は勢力圏を横断する策に出ます。数に勝っていること、勢威を見せつけるといった理由みたいですが、往々にしてこういうのが綻びの元になります。一応撤退は隠密裏に行われたのですが、大軍移動が簡単に行われるはずもなく敵軍の斥候に察知されます。更にその敵将の丹羽長重は小牧長久手でも活躍した人物で戦上手・勇猛だったこと。もう一つは前田軍にも有利のはずだったんですが、天候が豪雨だったこと。
察知した丹羽軍は待ち伏せに出たわけです。丹羽軍は最後尾の殿軍の長連竜軍に襲い掛かります。
更に豪雨により鉄砲の使用ができず、のっけからの白兵戦、更に隘路に寄るため兵数に関係なく攻勢軍が押しまくったようです。丹羽軍は小松城から適時増援を送って、前田軍に追い打ちをかけてもいます。
勝敗に関しては負けた前田家が以降の地元領主ですから、詳細は詳しく残されていませんが、前田軍は大きな痛手をこうむりました。長軍の粘りと山崎長徳軍の援護で耐え、丹羽軍が撤退したことで終了しています。まあ、丹羽軍の戦術的勝利だと思われます。
この一戦で勝利者と云える丹羽長重は西軍についたため一時改易、常陸古渡、陸奥白河と移りますが、その名は小松・松任の一部では高名で好感を持たれているわけです。加賀藩にとっては苦い名前なんでしょうけどね。意外な人気があります。

前田利長は帰城後、再度徳川家康から大垣・関が原への進行を要請され出陣しましたが、結局間に合いませんでした。この再侵攻には、浅井畷の激戦で兵力を減らした丹羽長重も戦わずに降伏。しかしながら利長の弟・利政は長重の戦い方に感銘を受けたのか、再侵攻には参加せず病を理由に七尾城に篭ってしまいます。それを理由に戦後、能登領主を改易されています。もちろん、能登は利長に戻されますが、利長にしてみると丹羽長重という名は悔しいものになったことでしょう。
画像
画像

浅井畷古戦場は石川県の指定史跡になっていますが、園地には九つの墓標が建っています。
この墓標は前田軍の殿だった長連竜軍の将士のものです。氏名や身分も判明しており、小林平左衛門・隠岐覚左衛門・長中務・鹿島路六左衛門・八田三助・鈴木権兵衛・堀内景広・柳弥兵次・岩田新助という名が観られます。墓碑の向きがバラバラですが、これは各将士が倒れた方角になっているそうです。
最初の墓碑は堀内景広(一秀軒)は万治元年(1660年)に建てられたもので、残りの八つは寛政年間(1791~1801)に能美の十村役・林八郎兵衛によって建てられたものです。ちなみにこの林八郎兵衛は再興九谷焼の最初の若杉窯を作ったと云われる本田貞吉を招いた人物として知られています。
画像
画像

画像

多くの犠牲を払った長家はその後、加賀藩の家老職として「加賀八家」の一つに数えられる家柄になっています。この一戦が長家を重要な地位にしたともいえます。

北陸最後の合戦場の名残がここにあります。

旅行日 2013.0408




"浅井畷古戦場" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)