医王ダム

石川県の特に加賀地区は白山山系や医王山系といった山岳地から日本海や河北潟・木場潟といった湖沼に流れ込む河川の高低差が大きく、昔から暴れ川などと呼ばれる河川が多いのが特徴です。また、山岳が終わるとすぐに住宅地になるという特徴もあります。更にそれを過ぎると農地の扇状地という具合です。
そのため、昔から洪水対策となる治水ダムが多く存在するのですが、住宅のために堤防改修が高額になるため、上流で調整しようとする補助治水ダムというのも存在します。

画像

今回ご紹介する「医王ダム」もそのひとつです。
このダムが医王山から流れる森下川(もりもとがわ)の上流にあります。森下川は医王山から北金沢を流れ、河北潟に注いでいます。
ダムのある二俣・荒山は山深くにあり、またダムも県道から脇に入った位置にあるので、県民も名前くらいで訪れたことのある人は意外に少ないかもしれません。

画像
画像


上流の治水ダムは山深い位置にあるので馴染みが浅いし、一歩間違うと生態系破壊にも繋がるので、建設には反対運動が多いのですが、訪れてみると自然の中にマッチしているものが意外に多いのです。
補助治水ダムは名前の通り、国補助が入っているのですが、基本的に県営のため地元の景観保存には力が入るのでしょうか。

画像
画像


医王ダムは北陸に多いロックフィル型のダム。
ロックフィルの良い所はむき出しのコンクリートが少ないこと。やはり山間でのコンクリートは違和感が多いですからね。治水調整の人工池もなかなかの景観です。

画像


訪れたのは5月でしたが、陽射しが強い日でしたが、、、、水や草木の上には虫が多いみたいで、ツバメが多く集まってました。平野ではまだそれほど多く見ていなかったツバメがこんなに多くみられるとは再発見

画像
画像

画像


福光・金沢間の意外な休憩場所としていいかも^^V

旅行日 2013.05.14






"医王ダム" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)