稲葉山牧場(稲葉山牧野)

体調が悪くてクサクサしていた頃
家に閉じこもってるのが我慢できなくなった僕
ちょうど家族全員休みだったんで、ちょっとドライブに

行った先は稲葉山。名前を聞くと,岐阜城のある稲葉山を想像する人が多いと思うんですが、実は富山の小矢部にあるんですよ
画像
画像


国道8号線をよく通る人は何となく見覚えがあると思いますが、桜町の交差点を過ぎた辺り・道の駅メルヘン小矢部のむこうに、山の上に風車が見えると思うんですが、それが稲葉山です。
この稲葉山は標高386メートルほどですが、下から見上げても登ってみても、もっと高く感じます。登ってみると小矢部市内が綺麗に見下ろせるんですよ
建物もメルヘン建築でライトアップされるのですが、小矢部の町の灯りと共に、夜景スポットとしても知られています。ただし夜間は街灯が少ないので、山頂への走行には要注意
画像














でも、今回は真昼間で天気も良好
実は盆の時にも寄り道したんですが、5時過ぎで頂上施設は閉園していて、山羊の広場も入れず、ソフトも食べられず、悔いが残っていたんですよね 景色よりも食い気の我が家族
でも牛たちが柵に近寄っていて、間近で見られましたが、運転手の身なので写真が撮れませんでした。今回は撮るつもりだったんですが。。。。。。

画像
画像


この日は祭日ということもありまして、けっこう家族連れが訪れておりました。
当然ながら、気温が高いし、頂上に向かう車が多いみたいで、牛の姿が道沿いの牧地には見当たりませんでした

う~~む 牛を観るなら、平日の早朝か夕方の方が良いみたいですねえ
それから、牛の放牧は年によって違いますが、今年は6月から行っています

牛君たちは道路や柵からずいぶん遠くにいるみたい。遠くにちらほらと歩いてるのが観られました。
下の写真に牛がいます。さてどこでしょう? アップにしても遠すぎる~~望遠じゃないんだもん。。
画像
画像
画像

平日に来る機会があったら、間近アップの写真を再アップしますねえ。観光客が少ないと逆に見学の人に近づいてくるんですよ

稲葉山牧場(稲葉山牧野)は昭和41年(1966年)に富山県内の酪農家の乳牛の子牛を預かり育成することを目的に作られた市営公共育成牧場です。しかし、どの県でもそうなんですが酪農家はどんどん廃れているのが現状で、こういう育成牧場も全国的に減少の一途です。僕の住む石川でも押水や内浦の放牧場が廃止になっています。
富山でも事情は同じで、酪農家の減少に伴って経常赤字に苦しんでいます。この稲葉山も赤字計上打破と共に、独立採算を目指して和牛の肥育に乗り出したものです。
試行錯誤の末、平成20年に和牛肉の初出荷にこぎつけ、肉質も大幅に向上してA4/A5ランクの和牛肉が7割を超すほどになっています。まだ100頭ほどの出荷頭数ですが、22年には「稲葉メルヘン牛」の商標登録もなされて、徐々にその名を広めてきています。

小矢部市は石川の津幡町と接する源平の古戦場として有名な倶利伽羅峠がある市です。
木曽(源)義仲軍が平家軍を地獄谷に落とし込んだ倶利伽羅合戦の際に、火牛の計を使ったという故事があります。また倶利伽羅峠は八重桜の桜の名所として知られています。また小矢部市の公共施設はヨーロッパの建築を模したメルヘン建築が多く存在します。これまた観光巡りにはうってつけ
この稲葉山の牛と倶利伽羅合戦の火牛を合体、メルヘン建築のメルヘンをくっつけたのが「稲葉メルヘン牛

マスコットのメルギューは、当然火牛だから角にタイマツをつけています。稲葉山の展望台広場にそのモニュメントがあります。
なかなか可愛いでしょ
画像

実はこのメルギューには彼女がいて「メルモモ」といいます。色がピンクで、倶利伽羅の八重桜のピンクからこの色になっています。興味のある人はこちらをどうぞ→小矢部観光振興課

稲葉山牧場のもう一つの売り物が、ふれあい動物園と休憩所。
休憩所では小さいながら売店があり、お座敷もあるし簡易売店もあります。ここのメロンソフトとマロンソフトはなかなか美味しいです。暑い時には最高
画像

休憩所の屋上は展望デッキになっていて、ソフト舐め舐め景色を眺めてきました
展望台はこの丘陵でも高い位置にあり四方の眺めが良いですねえ天気が良いと羽咋・氷見の海、砺波平野、立山連峰が観られます
画像
画像















ふれあい動物園にはこれと云って、珍しい動物がいるわけじゃないんですが、広い芝生公園内には山羊が放し飼いにされていますし、建て屋内ではリスやウサギが間近で見られます。
画像
画像

画像
画像
画像

画像
画像


他にも遊具のある広場や松が生い茂る広い木陰など、子供を連れて行くなら最高の場所かも
画像

子供達が動物と戯れたり、遊具で遊ばせたりしながら、親はのんびり景色観ながら。。。。飲食以外はすべて無料(当然、入場無料)でお財布にも優しい

そうそう、この稲葉山には風力発電用の風車が3台あるんですが、訪れた日はプロペラの塗装作業をしていました。初めて見たけど、昇り降りや横移動を二人の連携で電動で行うんですが、もう名人芸みたい 一方の人が指示しながら動くんだけど、あんな上空で揺れ一つしないように作業するとはすごい
家族三人、アングリと口を開けたまま「高~~い!! 凄~~い!!」上空を見つめておりました
画像
画像


近くには子撫川に沿った宮島峡・温泉もあるし、山を下りると倶利伽羅はすぐ近く、富山西部でも屈指の景勝地を抱えています。3~11月が開放期間なので冬は避けましょうね。

久しぶりのブログでしたが、なかなか文が浮かばないし、すぐ頭が痛むしで、休み休み書くと時間がかかっちゃいました。まだまだ完調には程遠いみたい

旅行日 2013.09.23





宮島温泉 滝乃荘
楽天トラベル
金沢市内へも車で約40分!宮島温泉を愉しむ山間の一軒宿。温泉と富山湾直送の鮮魚を使用した料理が自慢♪


楽天市場 by 宮島温泉 滝乃荘 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"稲葉山牧場(稲葉山牧野)" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント

「江馬氏館跡庭園・下館跡」- by つとつと (11/25)

「江馬氏館跡庭園・下館跡」- by アルクノ (11/25)

「伝燈寺 富樫守護家・終焉の地」- by つとつと (11/25)

「江馬氏館跡庭園・下館跡」- by つとつと (11/23)

「江馬氏館跡庭園・下館跡」- by 藍上雄 (11/23)