大聖寺関所跡

加賀藩は分藩した大聖寺藩7万石・富山藩10万石を含めると120万石の大藩でした。
その分国は能登・加賀・越中・飛騨の一部と広範囲に及び、国境の警備防衛・特産品の流出・不審者の流入・民の逃散には気を使っていました。このために、多くの口留番所を設置していました。

関所というのは元々は防衛目的が主務で、古代には武器庫と軍票を常備したもので、中世の出城の要素が強い物でした。
中世になると寺社・貴族・守護などが関銭目的の関所を設けて通行規制を行いました。あまりの乱立に通行税が高騰して、流通には大きな支障をきたしました。これを撤廃して商業流通を活発にして町を発展させ、大きな軍費の獲得と神速の移動を可能にしたのが織田信長でした。ただし関所を撤廃したために、通行が自由になりすぎて明智光秀の急襲を受けて本能寺の変を招いています。もし、丹波から京都にかけて関所があれば、そう簡単に明智軍が京に侵入を果たせなかったはずです。そういう功罪が関所にはありました。
信長の跡を継いだ豊臣秀吉も商業重視で関所を撤廃しています。

徳川幕府は両者の功罪から、江戸防衛の面から関所を53カ所設置していました。有名な所では東海道の箱根関、中山道の碓氷関、甲州街道の小仏関、日光街道の栗橋関、北国街道の関川関が有名です。主要道に配置された関所は、初期は江戸防衛の立場からでしたが、「入鉄砲出女」という言葉の通り、江戸での武器使用が可能な鉄砲持込みの規制、江戸屋敷からの大名の妻の勝手な帰国の阻止も役目になっていました。

前述のような観点があるため、幕府は大名には基本的に関所は許可していませんでした。
このため、大名家では国境の警備・特産品の密流出・流民の防止が必要なために、番所という名で簡易な警備体制の施設を設けていました。国境や地域境警備にあたる番所は「口留番所」と呼ばれていました。
しかし大藩になると、規模の面から警察組織の番所ではなく、軍組織の関所の必要性が生じ、幕府の許可の元に関所を設置していました。
画像

加賀藩では多くの番所・口留番所がありましたが、重要視される国境に8カ所の関所を設置していました。その内、富山藩2か所、大聖寺藩1か所が含まれています。
北陸に入る道筋となる、飛騨街道の神通川両岸の街道にある猪谷には加賀藩の東猪谷・富山藩の西猪谷関。北陸道の越中・越後の国境には境関。加賀・越前国境には大聖寺関。この三か所は特に重要視されていました。その中でも境関は江戸幕府最大の箱根関を上回る小さい城の規模と軍備を誇っていました。

大聖寺関所は慶長15年(1610年)には既に設置されていたと云われています。
越前からの侵攻を防備する目的が大きかったようですが、後年は前述のように国内安定の目的が重視されたようです。
画像

旧街道にもなる加賀温泉郷の山代・山中温泉からの国道364・305号と、北国街道の本道だった小松・菅生石部神社方向からの県道145号が東の菅生交差点で合流して、大聖寺の市街を経由して越前に向かいます。大聖寺城の在った錦山の真南を通過する街道の出口に大聖寺関所がありました。
ちなみに、大聖寺から平安期には皇室領の荘園もあった熊坂を越え、片山津GCの農道を越えた先に細呂木という集落がありますが、そこが幕府親藩の越前藩が番所を置いていました。つまり、対加賀藩対策に置いた出先機関です。番所の手前の橘には越前・加賀両藩の通信連絡の場と言える伝所が設置されていまっした。
画像

大聖寺関所跡地には、以前までは角柱の道標しかなかったのですが、近年になって土地所有者によって関所門が復元されています。
現在、関所の木柵と関門がある大聖寺関町の交差点は、大聖寺藩兵が常駐した番所館が置かれていた場所だそうで、本来の関門があったのは道路拡張で交差点道路の下になるそうです。

寛永16年(1639年)大聖寺藩成立。関所管理は加賀藩が支配権を持っていましたが、大聖寺藩に平素は委任されていました。
大聖寺藩では番兵10名余りを常駐させていましたが、有事発生時には加賀藩から兵が派遣される決まりになっていました。実績としては加賀藩主の死去、金沢城の罹災時などがこれに当ったようです。

関所の任務としては越前からの越境者の荷物検閲が重視されていました。関門は日の出とともに開門され、日没と共に閉門され、夜間は通行禁止となっていました。
加賀から越前に抜ける者には、宿の主人に身分証明の許可状を発行して貰い持参しなければなりませんでした。逆に入国者には通関札を持つ者しか通しませんでした。入国に厳しい詮議を行った薩摩藩程ではありませんが、加賀藩も対幕府には敏感で閉鎖的な面が多く見受けられます。
しかし、前述の加賀温泉への他国からの湯治客に関しては例外で、関所で村肝煎り連名の入湯人過書を持たせて通過させていました。大聖寺藩の重要観光資源の温泉湯治客が大きな資金源だったことが覗われます。奥の細道の芭蕉一行も山中温泉で長期滞在していますから、江戸時代にも人気の湯治場だったようです。
画像

前述の入出国の許可状(出切手)や通関札(入り切符)とは別に関銭も徴収していました。文化・文政時(1812年~)では、許可状の発行に銭八十文(約300円)を徴収していました。これが旅の一般民衆には評判が悪かったようで、修験僧で全国の山を修業として廻った野田泉光院が記した「日本九峰修業日記」の中で批判しています。
加賀百万石の国主の御掟至って理不尽のなされ方と存ぜられ候」要約すると、「百万石の大藩のくせに、なんてガメツイことをするんだ。せこい奴だ。
旅をする人にとっては関所前で一泊させられて、あげくに追加料金を取られるんですから、悪態の一つや二つつきたくなるでしょうね。
画像

現在は当地には復元柵と道標以外、関所の面影はありませんが、以前紹介した大聖寺の山ノ下寺院群の宗寿寺に山門が払下げられ、寺院の山門として残されています。東町の個人宅には、関所で使用されていた関所用具六点(刺又(さすまた)・突棒・袖搦(そでがらみ、もじり)・弓・槍・薙刀(なぎなた))の完品が残されているそうです。
画像

大聖寺関所は享保3年(1718年)以降は口留番所に改称したという文献が見られるようですが、多くの文献では大聖寺関となっています。明治2年(1869年)に撤廃され姿を消しています。

旅行日 2015.12.29





"大聖寺関所跡" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)