古九谷の里~九谷焼窯跡展示館

石川県を代表する色絵磁器・九谷焼、時代ごとや先駆者によって開発改良で特徴が変わっていますが、華やかさに定評があって人気を得ています。
画像
画像
画像
九谷焼の始まりは、寛永17年(1640年)頃、大聖寺藩始祖・前田利治が、山中温泉の奥地(九谷)に良質の陶土を発見したことから、殖産業振興のために藩士・後藤才次郎を有田に派遣して製法を学ばせて、明暦年間(1655年)に後藤才次郎が帰国後に九谷の地に開窯(九谷初窯)したのが始まりと云われ、同年、初期のの作陶の花瓶(田村権左衛門銘)を当地の九谷八幡宮(現・三柱神社)に奉納したというのが九谷焼の創始と云われています。(画像はH24.9.29)
画像
画像
画像
現在の三柱神社は、九谷ダム建設による離町後の平成12年(2000年)に再建されたものです。九谷町はダム建設によって離町を余儀なくされましたが、九谷初窯・吉田屋窯跡が国指定史跡に指定されたことから、九谷の里としてダム湖(五彩湖)計画が変更され建物や町民はいませんが大部分が残されています。(画像はH24.9.29)
画像
画像
画像
九谷の地名の由来ですが、最古の九谷の名が出てくるのは文明18年(1486年)浄土真宗・蓮如の四男・蓮誓が九谷坊を開基したという記録がありますが、古来から山中温泉の中心地を一番にして、西の谷村と呼ばれる地区を隣接する柏野が2番、柏野は以前紹介したことのある柏野の大杉のある所です。その先の今はダム湖の下ですが我谷が3番といった具合に、奥に向かって村落に番号が振られていました。九谷は名前の通り、最奥の九番目の谷にあった村の名前と云われています。また一説には山が深く谷が多く、九百九十九の谷があると云われたことから来ているとも言います。

後藤才次郎が開いた九谷焼はその後50年ほどで製造を取り止め閉窯となっています。この時に製造された作品を総称して古九谷と呼んでおり、好事家には珍重されています。しかし、何故に閉窯となったのかという原因はいまだ不明と云われています。九谷の里の窯跡地には九谷焼の祖として後藤才次郎の顕彰碑があります。

現代においては伝統工芸の王国のように思われている加賀藩・大聖寺藩ですが、こと磁器や陶器に関しては、加賀藩では茶器を主とした大樋焼があるくらいで、この古九谷の閉窯以降は他藩から多くの作品・調度を買い入れていました。大藩の儀式や格式に使われる費用は尋常なものではなく、加賀藩・民間を合わせると年間購入数は約36万ともいわれ、運賃や商人の利ザヤを含めると高額に上り、藩財政を大きく圧迫していたと云われています。
その当時、陶器の独占全盛を誇っていたのが肥前有田の伊万里焼でした。そこに風穴を開けるように有田の技術を取り入れた染付磁器で台頭して成功を収めたのが瀬戸焼でした。瀬戸焼の成功に刺激を受けて、各諸藩も陶磁器の自家製法を研究したり、開窯をするところも増えます。それは加賀藩でも同じでした。

文化3年(1806)加賀藩では京都から青木木米を招聘して、卯辰山に春日山窯を開窯させて試作を開始、最初は九谷から陶土を取寄せていましたが、近くの河北・能美から陶土を開鉱して目途がつきかけたところで、文化の大火が起こり、緊縮・民営化と簡素化を迫る加賀藩と芸術作志向の青木木米の方針が合わず、怒った青木木米が帰京すると僅かな年月で衰退してしまいます。後年、この春日山窯を再興して民山窯を開窯したのが金沢城内の遺構として残った数少ない建物の中村神社の拝殿(金沢城時代は舞楽殿)の欄間を制作した武田秀平(友月)になります。

しかし、この春日山窯の開窯と県内の陶土発見による功績は大きく、陶土の発見された能美・若杉(現・小松市若杉町)に文化13年(1816年)木米と共に招聘され残留し、能美(小松)の林屋八兵衛の元に移った本多貞吉によって若杉窯が開窯され、更に近くの花坂に良質の陶石を発見して発展、加賀藩で最初の量産に成功した窯となります。加賀藩は改めて官営の若杉陶器所として、本多貞吉を職長として京都・平戸・信楽から職人を招聘して加賀藩の九谷焼の中心地となっていきます。
本多貞吉の元からは多くの名工が輩出されており、九谷焼再興の祖ともいえる人物です。
画像
文政6年(1823年)、発祥地と云える九谷のある大聖寺藩では、藩は動かず民間の豪商吉田屋・吉田伝右衛門が後藤才次郎が開いていた窯跡に開窯をします。徐々に発展しましたが、製品の運搬ほかの事情から窯を山代温泉の地に移しています。商品としての磁器を重視していますが、芸術性の調度の評価も高く「青九谷」として再興九谷の中では最高格と評価されており、青色の技法は現代にも引き継がれています。ちなみに主工は若杉窯の本多貞吉の養子・本多清兵衛。軌道に乗ると共に成形担当に京都・信楽の職人が招聘されていました。また九谷の命ともいえる絵付・焼き着けの錦窯には加賀の名工として名高い粟生屋源右衛門がいました。本多清兵衛・粟生屋本多貞吉の門下に当たります。しかし吉田伝右衛門一代で吉田屋窯は幕を閉じます。

その吉田屋窯を引き継いだのが番頭の宮本屋宇右衛門で、宮本窯として同じ地に再興しています。宮本窯では金沢の民山窯の赤絵技法を取り入れて金彩を施し吉田屋窯とはまったく違うものになっています。、更に細密画的な絵柄で赤九谷として人気を博し発展していました。加賀(山代)九谷の発展の基盤を造ったと云えます。
しかし、財政難に苦しむ加賀藩が活況を示した若杉窯を官営にしたように、宮本窯も大聖寺藩の官営として取り込まれてしまいます。官営化は収益を義務付けられるために、技術の継承には向きますが芸術性や独自性が置き去りにされやすく販路も限られる機来があり、加賀の九谷焼の勢いは能美・寺井に移り、しばらく不遇の時代を迎えます。
画像
画像
画像
春日山窯から始まる金沢の民山窯、小松の若杉窯、加賀山代の吉田屋窯・宮本窯、その他にも能美の斎田道開の赤絵二度焼き・細密意匠の佐野窯、吉田屋・宮本窯の流れを引く粟生屋源右衛門などが開いた小野窯、彩色金欄手で寺井九谷の源流となる九谷庄三など江戸末期から明治初頭の復活は再興九谷として現代の九谷焼の源となっています。

画像は寺井の九谷焼茶碗祭りです。毎年GWに開かれるイベントは人気があって多くの人出で賑わいます。画像の200円の灰皿、今も僕の愛用の灰皿になってます。(H25.5.3撮影)
画像
画像
九谷焼ですが前述のように、金沢・能美・寺井・小松・加賀(山中・山代・大聖寺など)と加賀地方それぞれに諸派や町割で分かれ交流しながらも各地独自の進化を遂げてきたのですが、加賀市における古九谷・再興九谷の流れを受け継いで来たのが、ご紹介する九谷焼窯跡展示館の地になります。




吉田屋窯は最初は始祖・後藤半次郎が開いた九谷の里に窯を開いたのですが、山間地の為に運搬や販売に支障をきたすために、わずか2年後の文政9年(1826年)九谷の里から移転・造成したのが、山代温泉(越中谷)にあるこの地になります。
吉田屋窯、宮本窯、藩営・九谷本窯(山代窯)、民営・九谷本窯、九谷陶器会社、九谷陶器本社、大蔵寿楽、嶋田寿楽と、この地は運営は変遷しつつも窯は修繕を重ねつつ、昭和15年(1940年)まで吉田屋の築いた窯が使用されていました。同敷地内に焼成窯が新しく築かれて昭和40年頃まで使用されていました。なお、嶋田寿楽は協会に展示施設として管理運営を任せ、隣接地に工房と店舗を置いて三代目が良品を生み出しています。
画像
平成に入ってこの地が発掘され、吉田屋窯から続く重層の窯跡の全体像が発見され、国指定史跡「九谷磁器窯跡」となっています。吉田屋窯として造成されて115年間使われた窯跡を保存・保護するために柱を使用しない特殊構造の覆い屋で囲っており、出入り口から入ると斜面を利用した登り窯跡には圧倒されます。
画像
画像
画像
焼き物の窯に関しては詳しくないのですが、焼成の炎や熱が循環する登り窯には目を惹きつけられます。
画像
画像
画像
説明板によれば、大小の修理修繕が加えられ120年近くの長期間に渡って継続使用されて来たようですが、大きく造り直した形跡が3回あったことが判明しています。吉田屋窯草創期登り窯の焼成室は4房でした。文政10年に大規模改造が加えら、藩営九谷本窯時代(1860~1870年)に5房になって、明治12年(1879年)九谷陶器会社が6房に拡大していることが解ったそうです。また通常残りにくい色絵皿窯も残っているそうです。
画像
国指定の窯跡を出て右手にある建物は、小松・加賀ではお馴染みの赤茶の瓦に木造建築ですが中に入ると、昭和15年(1940年)に造られた後継の登り窯があります。前述の約120年近く使われた登り窯の後継が造られています。この登り窯は昭和40年(1965年)まで使われていたそうで、現存する九谷焼の登り窯としては最古と云われ、加賀市指定文化財に指定されています。
画像
画像
画像
本焼きの登り窯としては小振りなんだそうですが、実際に目の前で見ると大きく見えます。この窯でも一度の窯詰めに1000個が入るそうです。構造形態は前述の吉田屋窯跡も同じ基本構造だったそうです。その他に窯焼きに使われる道具類も同じく展示されています。
画像



入場受付のある大きな木造建築住宅は、窯元の社屋・経営者の住居兼工房として使われていたもので、築年は明治30年代と云われています。築100年以上の旧家としての雰囲気がありますが、屋内には昔ながらの足蹴り轆轤場(ろくろば)、はがし場、絵付け場が復元されて、轆轤・絵付け体験も職人による指導体験ができます。僕が訪問した時も4人連れ家族とカップルが轆轤に、老夫婦が絵付けに挑戦していました。作業場横の座敷には企画展示とビデオが見られますし、以前は店舗だった部分には常設の展示、お洒落な小物から重厚な伝統工芸士の作品までの販売コーナーもあります。観光施設のため、手ごろな現代作品が多いようです。

入場料は一般310円、絵付け2000~3000円 、轆轤;体験コース 作品1個3000円2個4500円
                                 陶芸教室  一時間1200円
駐車場は施設から少し離れた場所で、住宅などの路路を巡るように歩くので要注意。

独りで行くより二人以上で行って、轆轤や絵付け体験が面白いかも。。

旅行日 2016.05.04
























未使用「嶋田寿楽」作九谷焼染付 銘々皿 5枚組(z3730)R'【smtb-m】作家物
金沢 花友禅
□□□ USED(古物) □□□ <商品内容詳細> 直径 17cm 高さ 4cm 重さ 230g 【


楽天市場 by 未使用「嶋田寿楽」作九谷焼染付 銘々皿 5枚組(z3730)R'【smtb-m】作家物 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"古九谷の里~九谷焼窯跡展示館" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント