実性院①

昨昨年、訪れるのが遅れて白い花を見られなかった実性院でしたが、昨年は予定が狂ってこられず、今年は大丈夫と思って伺いましたが、今度は逆に1.2週早すぎた1分咲きといった感じです。花の時季に合わせるのは本当に難しいですね。
画像
実性院は大聖寺藩主・前田家の菩提寺になります。本堂横には御霊屋に歴代当主(初代~14代)の位牌が納められ、左手の参道から裏山に登ると山頂付近に、歴代藩主の墓所があります。大聖寺藩は加賀藩主三代・前田利常が三男・前田利治を7万石で分藩したことから誕生したものです。
大聖寺藩は廃城だった大聖寺城を本城としては使用せず、麓の大聖寺川沿いに陣屋を構えて政庁としていました。
画像
文政4年(1821年)10万石に高直しを行い大聖寺10万石となり、陣屋持ち大名としては最大級になっています。ただ、高直しというのは、実質石高はそのままで表高を引き上げたもので、最後までこのギャップに苦しんだ藩でもありました。前回、実性院を紹介した時に大聖寺藩の歴代藩主を簡単に紹介していますので、興味のある方はどうぞ・・・ 山ノ下寺院群② 実性院(H27.11.03)
画像
実性院の前身は宗英寺という大聖寺家臣・玉井市正が建てた寺院でした。万治3年(1660年)初代藩主・前田利治が江戸屋敷で亡くなった際に遺体を大聖寺まで運んで荼毘に付したのですが、発足間もない大聖寺藩(寛永16年(1639年))では、まだ菩提寺がなく新しい曹洞宗寺院は宗英寺(正保元年(1644年))しかなく、仮安置という体裁をとっていました。翌万治4年、現在地に寺院を建立して寺名を利治の法名から実性院と改めています。
画像
現在の寺院建物は、本堂は創建当時のものですが何度も改修や修復の手が加えられているそうです。また曹洞宗特有の屋根付き回廊で結ばれた庫裏や書院は江戸後期の建物だそうです。。現在は左右に石柱が立っていますが、元は開創期の大掛かりな山門が建っていました。しかし、昭和23年(1948年)福井地震によって倒壊し、再建はされなかったそうです。



実性院の前庭園の萩は数株の赤もありますが、2000株の萩のほとんどが白になります。満開時には白い花の庭園になります。今回は前回とは逆に早すぎましたが。。。ちらほらとは咲いていましたのでその余韻を。。。
前庭園には、白漆喰の塀と西国三十三観音の石仏が配されていて、白の萩の花にマッチしています。できれば満開に訪れたかったなあ。。。
画像
画像
画像

画像
画像
画像

画像
画像

画像

萩の花の紋様は御霊屋の板戸にも配されています。ハートマークに観えますね
画像
画像
画像

画像
画像
画像
前回のブログでは、UP出来なかった裏庭の泉水庭園です。大書院の縁側から望むことができますが、座って眺めていると物音ひとつしない世界に、ついつい庭園の石塔などに引き込まれてしまいます。この縁側からも御霊屋が観られますが、この寺院が御霊屋を中心に建てられ庭園が浄土を表しているように思われます。
画像
画像
次回は、実性院の本堂・御霊屋の内部をご紹介します。江戸期の加賀・大聖寺藩の工芸が随所に垣間見られます。







旅行日 2017.09.12

"実性院①" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント