実性院②

画像
実性院は江戸期の建物ですが、内外部共に補修や改造の痕が多く観られますが、曹洞宗特有の屋根付通路の伽藍配置、本殿内の正側三方丈・広縁(大廊下)・露地(土間)は基本的な配置と景観を保っています。曹洞宗寺院は仏間・正方丈が派手なものが多いのですが、思ったよりも簡素な造りです。ただし、正方丈を仕切る柱、仏間の装飾柱は立派な木柱で側方丈、広縁から隔絶した雰囲気を感じます。

画像
画像
画像

曹洞宗は臨済宗・黄檗(おうばく)宗と並ぶ禅宗の一派ですが、禅宗は武家階層に広く広まっており大名家の菩提寺に広く広がっています。密教系の天台宗・真言宗や浄土系の法華宗・浄土宗・浄土真宗の内陣・外陣に比べるとはっきりと広間が区別されたものが多いのが特徴です。特に大名家が訪れる菩提寺には、この区割りが更にはっきりしてきます。法要や葬式では座る位置は身分や序列がはっきりしますから、正側三方丈の他に広縁・露地は更にこれを助長していると云われます。
画像
画像
画像

また、九谷焼の本家ともいえる大聖寺藩の菩提寺ですから、再興九谷・現代九谷の良品も展示されています。
画像
画像
画像
上:実性院門前 九谷絵皿参勤道中一里塚碑
中:再興九谷 赤絵大皿
下:実性院 九谷焼コレクション

画像
画像
画像
上:海部公子作 色絵水注ぎ 以前、ご紹介した洋画・陶芸家、硲伊之助(はざまいのすけ)氏の弟子に当たり、硲伊之助氏が作陶した吸坂窯を継いで、ご夫婦で製作活動を行っています。まだ嫁さんを連れて行っていないなあ。。あの美術館。
中:下:現代九谷 コーヒーカップ 古九谷が廃された原因の一つに、真っ白な磁器色が出せず傷つきやすいことがありました。この九谷の長年の悲願と言える限りない真白を基調にした色絵と、持ち易さを追求しているのが、大聖寺前田家が後援する現代九谷の一つ。。

画像
実性院の最大の見どころは、やはり歴代藩主の位牌が安置されている御霊屋と裏山の墓所になります。
画像

前田家は前田利家を祖にする加賀の前田本家、三代利常の次男・利次の富山藩、利常の三男・利治の大聖寺藩、利家の五男・利孝の上野(こうずけ)七日市藩の四家があります。


画像
画像

この幕末まで続く四藩に共通することに、歴代藩主の墓所がまとまって存在することです。前田家は前田利家の意向もあったと思いますが、一族の連帯を重視した面が影響していると思います。ただし、七日市藩は定府大名の為、江戸の吉祥寺と上野・長楽寺に分かれています。



画像
画像

本家の規模が突出していますが、四藩の連帯・親族関係は非常に強く、一例としては七日市藩祖・前田利孝は幼年期、芳春院が江戸に人質として入った際に同行し、成人後は大坂の陣の武功で七日市藩(1万石)を立ち上げた経緯があります。加賀本藩では七日市藩を本領安堵の功労者として尊重しており、参勤交代では必ず立ち寄り、敬意を表するのが決まりとしていました。
画像

本家・富山・大聖寺・七日市では血脈が途切れそうな際には、養子交換が行われており、本家16代当主は七日市12代の次男・利為。七日市11代は富山9代の八男・利豁(としあきら)。富山13代は本家13代の十一男・利同(これは政争からみですが。。)。大聖寺14代は本家13代の八男・利鬯(としか)、16代は本家16代利為の次男・利弘といった具合。本家は利為の先妻の子、大聖寺は後妻の子、両家の当主は同父の兄弟になります。ちなみにその前田利為は駒場の前田侯爵邸を建て、前田育徳会を設立して、戦後の前田家収蔵物の散逸を防いだ功績者として知られています。
画像
大聖寺藩は三代以降は藩主の江戸在府による領地不在、度重なる藩主の暗愚や若死、更には悪政により財政・政治には本藩に頼り切った面があり、四家の中では主従関係に近い関係から大聖寺では本家を重視しており、御霊屋には本家の歴代当主の位牌も安置されています。
画像



前田本家では墓所は野田山ですが、菩提寺(位牌所)は宝円寺と天徳院、更に二代・利長は瑞龍寺に分かれています。富山藩も墓所は長岡御廟ですが、菩提寺は富山市内の光厳寺と大法寺になります。
唯一、大聖寺藩のみが歴代藩主の位牌が御霊屋として一カ所に安置されています。
画像

前田家は明治になって曹洞宗から神道に宗旨替えしていますから菩提寺はともかく。。野田山の様に墓石や祠堂を取り除いたり、富山の長岡御廟のように仏式の法名を神式の宮銘に彫り直したりされていますが。。大聖寺では初代から14代まで藩主の位牌と墓所は手つかずのまま残っており、大名藩主の歴代位牌と墓所がセットで観られる貴重な存在です。 大聖寺藩主の簡単な略歴は前回に記していますので参照ください・・・山ノ下寺院群② 実性院
御霊屋の歴代藩主の位牌は、黒漆に金蒔絵を施した重厚なものです。五段作りの芸術性も高く一見の価値があります。
画像
画像
画像
絵画も時期的には俵屋宗雪(宗達の後継者)門下あるいは、その跡を継いだ喜多川相説門下と思われますが、金箔の上に描かれた鳳凰や獅子は、なかなかの迫力で、花鳥図は琳派の影響が窺えます。俵屋宗雪は狩野探幽と共に初代・前田利治の江戸屋敷の屏風絵を描いているそうです。ちなみに、加賀藩の江戸屋敷は本郷にあったことで有名ですが、大聖寺藩の江戸屋敷はこの加賀藩江戸屋敷の一部を間借りしていたと云われています。
修理の為か扉絵が一枚外してありました。前ブログに遠目ですがありますので、そちらを見てください。本来は緑の獅子が描かれていました。ストロボやライトを使えないので全体に暗い画像ですがご容赦を。。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

本堂須弥壇裏にも家臣団・子孫の位牌所がありますが、見事な紋所が眼を惹きます。

旅行日 2017.09.12

"実性院②" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント