帰り道 明神の森 ~ 柳ケ瀬トンネル

さざれ石公園からの帰り道は狭い林道の序盤戦と、明神山の登りはありますが、その多くは急激な下り坂の約15キロ。。 明神山は標高659m、さざれ石公園もそれなりの標高の地ですから登りはそう思ったほどでもありません。まあ、狭い林道と川があるのでそろそろ運転でしたが、下りは一気に頂上から関ケ原に駆け降りるスラローム。久しぶりに飛ばしたなあ^^V助手席に相方が居たら決して出せない走り方^^V 関ケ原まで明神山越えで関ケ原・垂井町の境界線上を走る総距離約15キロの山道走破。 上:関ケ原明神の森・第四駐車場付近から 濃尾平野と関ケ原東口 右:関ケ原明神の森・管理事務所前  濃尾平野 前述の岩手峠の手前を越えると明神山の最高点になるのですが、ここは非常に眺望が良くて展望台からは天気が良ければ琵琶湖も見えますし、垂井・大垣から広がる濃尾平野が一望できます。夜間には夜景のビュースポットだそうです。そして歴史ファンにとっておすすめが、関ケ原合戦の東軍本陣が上空から見るように観望出来るんですね。一度は登って欲しい場所の一つです。 関ケ原明神の森 ⇒ HP 明神の森 管理事務所前から 展望台に登ればもっとはっきり見えます。 手前の白っぽい細道が関ケ原東口・中山道で、真ん中の山が南宮山稜、右手前山裾に家康本軍が陣を布き、東山上に毛利秀元軍、左側面裏側に安国寺・長曾我部が陣取っていました。右奥の山稜が小早川の陣取った松尾山の東部山稜、木で隠されているところが松尾山になります。 ここから見るだ…

続きを読む

さざれ石公園

君が代は 千代に八千代に さざれ石の いわおとなりて 苔のむすまで ♪ 御存じ 「君が代」の歌詞ですねえ。歴史の経過と共に、いろいろな論議を醸す歌なんですが、、、それはさておき国歌としては馴染み深いものがあります。あの独特なメロディーも僕は好きですねえ。。ただ、独唱となると非常に歌いにくい歌で、いきなり歌うと千代に八千代に↑↑で声が裏返っちゃう人が続出。。プロでも失敗は多々、それと、さざれ石は本来つなげて歌うのが本当なんですが、歌い難いので一度さざれと石を切る歌手も多いですねえ。 入学式や卒業式はもちろんですが、各種国際イベントのスポーツではいろいろな人が歌っていますが、僕はテレビで観ることが多いのですが、覚えているというか印象に残っているのは。。。ちょっと対照的ですが。。この二人 小柳ゆき 日米国歌 ポップス調 2000/11 小柳ゆき 2012/2 サッカーWC アジア予選 2012/2 野々村彩乃 選抜高校野球大会 2012/3 小柳ゆきさんは「あなたのキスを数えましょう~~」で、デビューして、「愛情」「be alive」といきなり連続ヒットしました。今はライブ中心ですが、僕は今でも好きで何枚かCDを持っています。 野々村彩乃さんはこの時高校生ですが、声楽コンクールでは名を知られていたようです。その後、プロのソプラノ歌手で活動しているそうです。2.3年前にTVで歌ってる姿を観ましたが、相変わらず耳を惹きつける歌声でした。 ついでに、…

続きを読む

長滝白山神社

国道156号線を南下してくると、ヒルガノ高原を過ぎて北濃の長良川鉄道の線路を見ると美濃に入ったと僕は感じます。正確な飛騨と美濃の境は良く知らないんですが、線路を右にみながらしばらく行くと素朴な駅とホームの側に駐車場が、そこに大きな神社が見えます。「長滝白山神社」 神仏分離前は「白山中宮長滝寺」と呼ばれていました。現在は神社と長滝寺に分かれています。でも、同じ境内に存在します。元々ここは白山登山の三つの禅定道の登り口のひとつです。美濃馬場と呼ばれた地です。 建物群は明治に焼失して大正期のものですが趣があって、特に本殿の大きさは眼を引きます。 参道途中には郡上一揆の義民慰霊碑など大きな寺域は一つ一つ見て廻るのも良いですね。宝物殿には普賢菩薩と四天王像・一切経などが展示されていましたが、宝石や色彩豊かな装飾は一見の価値ありのものでした。 旅行日 2010.7.18

続きを読む

幻の帰雲城

世界遺産の白川郷を室町・戦国期に治めていたのが内ヶ島氏と言います。 内ヶ島氏は飛騨の金銀採掘で豊富な資金を得ていたそうです。 その豊富な資金で、足利義政の銀閣寺の援助もしていたと言われています。その内ヶ島氏の居城が帰雲城(かえりくもじょう)です。 豊臣秀吉の佐々成政征伐の際は佐々成政の援軍となっていましたが、豊臣への帰順を許され白川郷も安堵されて帰郷していました。 しかし帰郷3ヵ月後、天正の大地震によって帰雲山が崩落、山津波によって城及び城下郡家全てが一晩で滅び去ったといわれています。 天正の大地震はM8と推定されていて、越中の木舟城も倒壊していますし、美濃の大垣城・近江の長浜城も倒壊全壊しています。 また、大河ドラマ「功名が辻」で山内一豊の娘が城で亡くなっていますが、これは長浜城の出来事です。三十三間堂では千体の仏像の内、六百体が倒れたそうです。 金銀の採掘で裕福だった内ヶ島氏ということもあり、1夜にして一族郎党ことごとくが消え去ったことから埋蔵金伝説が古くから語られています。 古くから発掘・調査が行われていますが、未だ位置さえ、遺物さえも発見されていません。 現在この保木地区、城址跡の記念碑と慰霊碑が建つこの場所はあくまで有力地のひとつです。古い文献の地名とここの土質が帰雲山と同じ物なんだそうです。遠くに見える帰雲山の崩落の痕は、今も痛々しく見られます。 崩落の写真を撮ったつもりだったんですが消えていて申し訳ありません。 戦国期、戦乱ではなく自然災害によっ…

続きを読む

津保川の鯉のぼり

「関の孫六」で有名な関市の小屋名という所で、川に鯉のぼりがかかっています。綺麗。。。凄い。。。 ついつい、道を曲がって見物に 僕、勘違いしてたんですが、川は長良川だと思ってたんですが実は津保川だったんですね。 岐阜県百年公園の入り口にかかる百年橋の横に40匹の鯉のぼりが川の上に泳いでいます。天気が良くて青空の中を気持ち良さそうです 川岸の芝生の上でおにぎり食べながら、 すっかりピクニックタイム本当に良い場所ですねぇ。川面をノンビリ眺めるだけでもいい場所ですよ。 4月上旬から5月上旬まで鯉のぼりがあるそうです。 来年も見たいなぁ。 旅行日 2008.4.11 関観光ホテル楽天トラベル ◆奥長良川の清流沿い。5月~10月ホテル眼下での小瀬鵜飼は必見!◆地の物料理と心づくしのおもてなしを 楽天市場 by

続きを読む

分水嶺公園

公園の名前は、「分水嶺公園」 この近くの大日ヶ岳を源にして、此処から日本海側に庄川、太平洋側は長良川として流れています。 早い話が、ここが日本海側と太平洋側の分かれ目ということです。その2つの川の水脈が直に観られる唯一の場所なんですよ。さすが、日本のへそを自認する岐阜県です。 旅行日 2008.4.11 ひるがの高原ロールケーキ【PUP090713MJ02】みのばんば 冷凍便でお届けします。冷蔵室で12時間ほど解凍してお召し上がり下さい。ひるがの高原シュークリームとの 楽天市場 by ひるがの高原 ペンション ミルキーハウス<岐阜県>楽天トラベル 洋食コースディナーと24時間入浴可能の風呂には、ソープ、タオル完備。乾燥室、テニスコート隣接の宿。 楽天市場 by

続きを読む

阿弥陀滝

美濃禅定道の起点・白山長滝寺から白山中居神社に向かう途中に阿弥陀滝という滝があります。 元々、禅定道は修験者の白山修行の道ですが、美濃禅定道においてはこの滝は白山登山への禊や修行に使われていたようです。 この「阿弥陀滝」は養老6年(723年)、白山開山の泰澄大師によって発見され、一直線に長く落ちる姿から「長滝」と命名されました。美濃馬場の長滝寺はこの名前が由来になっているようです。 天文年間(1532~1555年)、長滝寺の道雅法師がこの滝の近くのと洞窟で護摩修行中、眼前に阿弥陀如来が現れたということで以来「阿弥陀滝」と呼ばれるようになりました。 幅7メートル、落差60メートル、一直線に落ちる姿はなかなか見ごたえがあります。 日本の滝100選にも選定されており、美しい滝の一つです。古来から滝行に使われていて、今も7月最終日曜には「みそぎ祭」が行われ、多くの人が参加しています。 滝壺のすぐ側まで行けますので、 滝からのしぶきが受けられ、夏の納涼には最適 滝の裏側には洞窟があり、多くの阿弥陀如来像の石仏が奉納されています。この石仏たちは流れ落ちる滝の姿を見つめるように並んでいるのが印象的です。 頭上から雫がしたたり落ちてきますから、びしょ濡れになるのは覚悟しましょう。足元も滑るので要注意 滝からの水が作る谷川もなかなか美しいですし、深山の中という雰囲気があって、二つの散策路もなかなか趣があり…

続きを読む

白山中居神社

古来からの白山信仰による白山登山の道は大きく分けると越前禅定道・加賀禅定道・美濃禅定道と三つに分かれていました。別名として白山古道とも呼ばれています。起点になる場所は馬場と呼ばれ、開山後は寺社がそれに当たります。 白山を最初に開いた越前出身の泰澄大師が越前大野の白山平泉寺を起点にしたのが越前禅定道。 全国の白山神社の総鎮守とされる加賀・鶴来の白山比咩神社を起点にした加賀禅定道。 美濃の郡上にある長滝白山神社を起点にする美濃禅定道。 今回紹介する「白山中居神社」は美濃馬場・長滝白山神社(明治維新前は白山中宮長滝寺が呼称)から阿弥陀滝を経由する美濃禅定道の白山の登山口に当たる石徹白(いとしろ)にあります。 古くから知られた神社で、創祀は景行天皇(第12代)の時代と云われています。この天皇は実在性は不確実ですが、もし実在したとしたら3世紀頃ではないかと云われています。更に雄略天皇が剣を奉納したという伝承もあります。その後も平安期から江戸初期にかけて時の権力者や有力者が進行した記録が残っています。 江戸期には白山登山の巡礼者の世話を住民が行い、石徹白の住人は藩に所属せずこの神社の社人として無税・名字帯刀が許されていました。近在には現在も上村姓が多く見られますがそこからの物と思われます。 江戸期においては天領ですが金森家郡上藩の管轄でしたが、郡上一揆と同時期に起こった「石徹白騒動」によって一時衰退しましたが、その後も天領として貴重な存在として今に伝わっています。 明治以降石徹白は…

続きを読む

最近のコメント