無量寺埠頭 護衛艦ちくま

連休で巷はあっちこっちでイベントが開催されていたようです。 ところが、我が家では嫁さんは仕事で不在。。日曜だというのに用事がないという父と娘が、ボケ~~っとTV見ながらお菓子を食べてる世界。。なんともはや。。 てなわけで、二人で暇つぶしのドライブに、そういえば二人でお出掛けは久しぶりだったなあ。。 まずは前日のTVのニュースで知った無量寺埠頭に到着 海上自衛隊の護衛艦「ちくま」の公開展示が昨年に続いて行われていたんですよ。自衛艦を無量寺で見るのは、3年前の多用途支援艦「ひうち」以来ですねえ。。 そこは僕も男の子ついついこういう展示は喜んで見ちゃいますねえ。一緒に来た娘も根は嫌いじゃないんで、ワクワクドキドキ。。(生まれて初めて自衛艦の艦上に立ったんですから) そういえば、金沢駐屯地や小松基地があるんで、航空祭や公開イベントとかで陸上部隊車両や航空機はナデナデしたことのある娘。でも、自衛艦を触るのは初体験。 護衛艦という名前から母艦や補給艦をを護衛するという印象を与えますが、航空母艦・戦艦を持たない海上自衛隊の中では大型水上戦闘艦艇の総称になっています。よく名前を聞くと思いますがイージス艦・ミサイル護衛艦、ヘリ搭載護衛艦もこの仲間です。 自衛隊の護衛艦は大きく分けると甲乙型の2種類あるんですが、前述のイージス艦・ミサイル護衛艦、ヘリ搭載護衛艦は甲型種別で外海・航洋性を持ったもの。 乙型種別は沿岸用護衛艦ともいえる存在です。「ちくま」もこの…

続きを読む

大野灯台

今は干拓されて以前の四分の一になってしまいましたが、石川県で一番大きな湖だった河北潟から流れ出ていた唯一の河川が大野川でした。現在は干拓用に作られた内灘砂丘を分断する河北水門が出来ましたが、昭和40年以前は唯一の河川でした。 大野川の河口は天然の良港として古代から大陸との交易などにも利用されていました。更には江戸・明治期には北前船の寄港地として賑わいました。現在の金沢港はこの大野川の河口を広げて海底を掘り下げて作られた物です。訪れた人は百人が百人、埠頭に立つと海だと思っていますが実は川の中なんです。そんな金沢港・大野川の河口の突端に建つのが「大野灯台」です。 「大野灯台」の始まりは明治11年(1878年)、夜間航行をする船の為に大野町の舟問屋・浅勘七が、私費で木柱を建てて上部で魚油を燃やしたのが始まりだそうです。その後、浅氏は何度も木柱を私設で建て替え20年間自身で管理したそうです。その後、大野町が灯り竿から電燈を乗せた11メートルの杉丸太を建てて管理を続け、昭和9年(1934年)に航路標識として公認され公設標識となりました。昭和25年(1950年)に海上保安庁に移管され現在に至っています。 現在の灯台は昭和26年に新しく新設された物です。高さは26.4メートルあります。建設当時は付近で一番高い建造物として、金沢港のシンボル的存在だったそうです。 灯台と云えば、円柱型や釣鐘型の物が多いのですが、「大野灯台」は灯台としては珍しい四角柱のコンクリート造りです。 四角柱の灯台と…

続きを読む

みなと中央公園 無量寺埠頭

日記に書きましたが、金沢みなと会館は金沢港の一番奥になる無量寺埠頭にあります。施設内には管理事務所やレストラン「ニューポート」・宿泊施設やセミナー設備もあります。 また、裏側が戸水埠頭の連絡口になり、貨物集積や飛鳥Ⅱやニッポン丸が停泊するのは大概ここになります。 また建物の真裏には海上保安庁や金沢港湾事務所の艦艇や船舶の停泊地になっています。 表には広い駐車場とみなと中央公園の広場、ウッドデッキ(日記のひうちが停泊していた所)の無量寺埠頭、お散歩にも打ってつけです。 施設内はもちろん、公園やウッドデッキにもベンチがあって、天気の良い時には打ってつけの休憩スポットです。 ベンチでポケ~~っと、海や船や対岸の石油タンク群を観るのも良い物ですよ。 金沢みなと会館 http://minatokaikan.chicappa.jp/ 旅行日2011.12.10 会館の裏側の船舶停泊地には金沢港湾事務所や海上保安庁の艦艇や船舶が停泊しています。 今回、訪れた日には金沢海上保安部の巡視艇「かがゆき」「わしかぜ」が停泊していました。海上保安部には他に巡視船「はくさん」がいます。「はくさん」は大型の為、大概は無量寺岸壁に停泊しています。 http://72469241.at.webry.info/201209/article_44.html 他にも石川県・金沢港湾事務所所属の「いぬわし丸」「てどり」などの係留船や監視艇がいました。 5隻が揃う姿はなかなか…

続きを読む

福浦港・福浦旧灯台 日本最古の木造現存灯台

巌門から少し南にある福浦港。断崖に囲まれた入江のような場所にある漁港です。古くから知られた港で奈良時代には遣唐使・渤海使の出港地になっていました。また渤海からの船もここを船の修復・中継地とすることを決められていました。古くは福良津・福良泊と呼ばれ国の管理下の重要な港だったようです。平安以降、一時期は衰退しましたが、戦国期以降・江戸期にかけて北方航路・北前船の中継点・風待ち港として栄えたそうです。昭和以降はだんだんと寂れて来ていたのですが、近年は好漁場が近くにあり漁の根拠港として役割を高めています。 福浦港は北港と南港の2箇所の入り江に分けられますが、南港の漁協前に行くと福浦港の立地が良く解ります。見上げると首が痛くなるような絶壁の断崖に囲まれ風を防いでくれる自然の良港が納得できます。そして多くの漁船が停泊しています。また、巌門などの能登金剛を巡る遊覧船もここを停泊地にしていますので、ここでイルカの風船を乗せた姿を観ることが出来ます。 福浦港の周辺は入江のため道路幅が狭く、大型車の人は通行に要注意です。住宅地や灯台は南側の断崖上にあるのですが、漁協前から登ることもできますが、極端な狭い急坂なので普通車や運転に自信のない人は遠回りですが県道36号を高浜側から広い道を廻った方が無難です。 その断崖上(日和山)にあるのが「福浦旧灯台」です。 金毘羅社のある小さい広場には福良津の記念碑・江戸期の方位盤や野口雨情の歌碑が置かれています。 野口雨情は昭和9年に能登を訪れ、能登の各地に句…

続きを読む

金沢港 無量寺埠頭

石川県庁の本通りの通称「50m道路」を西に行くと、金沢港の三叉路交差点に突き当たり左折してすぐの信号にあるのが「無量寺埠頭」です。 道路を挟んで港湾事務所と港湾合同庁舎がありますが、その向かい側に公園のような駐車場と広場があります。そこが無量寺埠頭になります。 北側には宿泊・飲食施設の「金沢みなと会館」があり、ここのレストラン「ニューポート」はあまり綺麗ではないけれど、朝定食600円・日替わり定食650円でなかなか美味しいですよ。 金沢みなと会館  http://minatokaikan.chicappa.jp/index.php 駐車場も大きく取っています。埠頭の波打ち際にベンチが幾つかあって、のんびり海を眺められるようになっています。対岸にはガソリン基地岸壁も見られるし景観がばっちりです。 もちろん釣り人もいますが、親子連れの多いのが特徴です。 合同庁舎に金沢海上保安部がある関係で、ここが海上保安庁の巡視船「はくさん」の母港に成っています。 ベンチからその雄姿を見ることができます。海猿・衝突と昨年は話題に事欠かない海上保安庁ですが、海の警察として頑張ってくれている存在です。 毎年、7月中旬に「港フェスタ金沢」が開催されています。昨年は新潟の巡視船「えちご」の体験航海も行われていました。 今年のイベントも楽しみですねえ^^ 金沢海上保安部  http://www.kaiho.mlit.go.jp/09kanku/kanazawa/ 旅行日 201…

続きを読む

大浜埠頭 金沢港

金沢市の北西にある金沢港。その金沢港の一番北端にあるのが「大浜埠頭」です。石川県のエネルギー源ともいえる石油基地の西側に位置します。 岸壁水深12mで金沢の埠頭では一番深くなっていて、大型船の入港を可能にしています。現在も水深掘削は続けられています。 道路の横に車用の休憩スペースがあって、そこから大浜埠頭の集積所を見下ろせるようになっています。 しかも金沢港の一番端ということもあって、海が綺麗に見渡せるんです。 防波堤に打ちつける波が見られるし、海上の夕陽を見るには最高の場所です。 防波堤の波を見るなら荒れた冬場。夕陽を見るなら静かな晴れた夏秋。 この日はバハマ船籍の貨物船が停泊していました。 やっぱり船が停泊していると絵になりますねえ。 旅行日 2010.12.29

続きを読む

最近のコメント