押野高皇産霊(たかみむすひ)神社

高皇産霊(たかみむすび)神社神社沿革 霊峰白山を源とする手取川の支流・木呂川の清流に恵まれ、周辺の何処よりも早く居住した。そのことは、手取川扇状地では最も古い、今から四千年前の縄文式土器群が大塚遺跡で発見されたことからうかがえる。大塚の地名は、明治初期まで古墳が残っていたことに由来し、古墳時代の押野は、豪族が居住した地でもあった。中世には、押野荘地頭・富樫家善の館が建ち、大野荘湊と白山本宮を結ぶ白山大道が通るなど、押野は、古くから人々の往来が盛んであった。 押野の旧社として中世の押野山王社が知られている。江戸中期には神明社・春日社・観音社の三社が存在し、後期に多聞天社・国常立社・比咩社と改められている。明治期には旧高皇産霊神社と清水神社の二社となり、現在の高皇産霊神社は、神社合祀令によってこれらを合祀して明治四十四年に建立したものである。 旧高皇産霊神社 祭神 高皇産霊尊 押野山王社は当社と伝えられ、押野西部の「宮様跡」と呼ばれる地に鎮座した。江戸期の神明社・多聞天社にあたり、押野南西部鎮座(押野霊園辺り)の国常立社を合祀したとみられる。 清水神社 祭神 天照大神 比咩社とも呼ばれ、前身は江戸中期の観音社とみられる。押野東部に鎮座し、門前の村長が「宮前」姓を名乗る由来になった。 押野居住の十村役後藤太兵衛(一六一四~一六七三)は、野田山麓に泉野村などの新しい村々を開き、長坂用水を開発した。同用水開発には、石川郡内の徒歩通勤圏内から延べ三十六万人が動員された。江戸初期の…

続きを読む

富樫家俊 館跡~押野後藤家 屋敷跡

平安中後期から戦国後期まで加賀国武士団の有力者の筆頭とされたのが、富樫氏でした。 野々市町小史の略系図によれば、藤原北家・藤原房前の五男・魚名の流れで鎮守府将軍・藤原利仁を祖にすると称しています。藤原利仁の諸流には、各地域で諸説ありますが、北信越の各国の武士団創始の祖とされています。 利仁は長男を越前済藤(斎藤)氏、三男を越中井口氏を起こさせ、次男・叙用が加賀国守となり富樫姓を、それ以降は加賀介を世襲土着、小松国府に四代を住しています。利仁から七代目・富樫家国の代に野々市に富樫館を構え本拠を移し、石川郡・河北郡南部を領有したとされ加賀介から富樫介を名乗ったと云われています。この時に兄が林氏を起こして能美・小松郷を領しています。林・富樫両家は平安中後期から鎌倉初期に至って加賀を主導し両家から後の加賀武士団の各豪族が分家派生したとされています。承久の乱で林氏を含め加賀の多くの豪族が衰弱・没落する中、富樫氏は波乱の中を生き残り、戦国期を生き続け加賀の代表として600年以上に続いた名家でした。 ちなみに富樫氏当主が名乗った富樫「介」について・・・ 古代から中世にかけて、朝廷が派遣した国司(地方行政官)は、国の規模や格によって違いはありますが、守(かみ)・介(すけ)・掾(じょう、丞)、目(さかん)の四等官になります。職務が重なることもありますが原則的には守=地方国行政長官、介=副長官、掾=軍事・警察長官、目=記録・奏上などの書記官と思って頂ければ。。。 これとは別に重要地と見なされた西…

続きを読む

末松廃寺跡史跡公園

夏場に外回りの営業をしていると、日差しに負けて休憩場所が欲しくなります。お昼ご飯を食べるにしても炎天下よりも日陰が恋しくなります。営業や配送業務、工事資材の運送など車で動く人間にとって、夏の日陰は貴重な存在です。でも、住宅路や通園・通学路では駐車していると不審者扱いにされたり、駐車違反の注意を受けたりします。外回りの人にとって、だれにも邪険にされず、逆に迷惑を掛けない日陰の場所は貴重な存在です。 道路が拡充され住宅地が増えれば留める場所はますます減りますし、商業地が増えれば確かに駐車場は多くなるけど炎天下の日差しの下がほとんどです。緑の木陰に車を停めてのんびりできる場所はなかなか見つかりません。それでも、必要に迫られれば見つけるのが人間です。 木が多い神社なんかは最高の憩いの場になりますが、小さな神社では1.2台がせいぜいで、先客がいるとがっかりすることが多いものです。 そんななかで、商業地や住宅街近くでも、少し外れれば外回りの車が集まる場所があります。今回の末松廃寺跡もそんな隠れた穴場です。この史跡公園の駐車場は周りの木がせり出していて木陰が出来ているし、駐車場が砂利敷きで、アスファルトみたいに照り返しや熱が篭らない。。おかげでエアコンの為にエンジンをかける必要もありません。。車人間にとっては最高の場所です。気持ち良すぎて、ついつい眠り込んで、ハッとしたことも数知れず。。 場所的に歩いて訪れるところとしては距離があるし、意外に公園を訪れる人が少ないんですが、県内でも大規模な飛鳥時…

続きを読む

ケーキです

H23.5 用事があって京都まで半日で往復の強行軍を敢行したんですが、福井・滋賀の雨は尋常じゃなかったです。前は見づらいし、車は水で滑るしで、あ~怖かったあ~疲れた 相変わらず高速嫌いで湖西経由で行ったんですが、湖西道路が無料になったんですね。京都に行くときは次回も利用しようっと 記事を全然UPしてなかったら、携帯やカメラに画像が溜まっています。 哀しいかな。。。記憶が。。。名前が出て来ない物があります。 そんな中から気に入ったものを、商品名はすっかり忘れたので店別に。。や、やばい店名も出て来なかったりして まずは野々市の「トゥール・モンド・chouchou(シュシュ)」 時期は未詳(不明ともいう)で、石川県では珍しいお洒落な外観のお店。外から見ると何のお店って感じで、初めて見たときは美容室だと思っちゃった。中に入ると、そのものずばりのケーキショップ 石川県産の材料にこだわっていて、五郎島スイーツポテト、バームクーヘン「金沢匠味」が主力です。新作を次々に出して、旧作がすぐ消えちゃうのが良いのか悪いのか、 数年前に「苺のロールケーキ」がヒットして名前が知られるようになっています。で、この時はこ…

続きを読む

携帯とラーメン

昨年(H21)の10月にオープンしていた近所のラーメンのお店。 前々からこの目立つ看板が気になっていて、一度入ろうと思いつつ未達成でした。この日、14:00過ぎに仕事終了のつもりで前を通り、ついに入って見る事にしました。店名は「ラーメン龍のひげ」 目立つ看板でしょ 場所は以前に紹介した「笹寿司 合掌店」の隣りです。ちと、停めにくい場所ですが、我が家からは車で5~10分くらい 今回は「ねぎ味噌らーめん+ぎょーざごはん」を注文 店名はラーメンだけど、デザートや1品料理も充実しているみたい。 時間的にお昼ご飯の時間はすぎている感じだったけど、店内にはカップルが多かった一人なのは僕だけ店員さんも若いせいか、若いお客さんが多いみたい なかなか美味しそうでしょ。「いっただきま~す」一口目を口に入れると、すこしぴり辛だけど口当たりは悪くない。 ところが、ここで携帯が鳴り出すじゃないですか 大事なお客さんからの電話。出ないわけにも行きません。店の外に出て用件を聞いて返事をして、戻ろうとしたらまたしても鳴り出す携帯電話 別のお…

続きを読む

加賀一の宮 白山比咩神社③

ちょっと用事がありまして、家族でお出掛けしてきました。 用事の終わった後、どこかで遅いお昼ご飯にしょうと云う事になりまして、そういえば「大戸屋ごはん処」というのが、野々市にできてて、結構繁盛しているみたいなので、そこにすることに。。。 後で知ったのですが、関東じゃ結構有名みたいですね。ただ、ここが大戸屋ということも知らずに入ったんですよね  ガラス張りの洋風レストランかと思ってましたが、メニュー見たら完璧に  和 和 和 和 和 。。。。。。 席も店内装飾も洋なんだけど  大戸屋の名は、チラッと知ってたけど、イメージは和食堂だと思ってたんだけど、無知な僕。。。。 何はともあれ、お腹の減ってる親子3人組、メニュー見ながらあーだコーダと言いながら注文。 せいろご飯と玉子とじのセット、せいろに火をつけてたけど、何か意味があったんでしょうかね。全然熱くならないんだもん。ちとハズレかも 大戸屋風ばくだん丼、娘が頼んでました。オクラに納豆とまぐろにとろろ。とにかくネバネバ系。 納豆。。。。>< (二人は大好きなんだけど、僕は納豆とチーズだけはどうしょうもなくダメ) 温うどんとマグロとろ…

続きを読む

野々市市(ののいちし)

石川県に新しい市が誕生しました。その名も「野々市市」^^ これで石川県内の市制の市は11個目。単独の町から市になるのは、僕の住む松任市(現在は白山市)以来41年振り。平成の大合併でも、金沢や松任からのラブコールを拒否。単独市制にこぎつけました。エライ^^/ 元々は石川県石川郡野々市町 これで由緒ある石川郡の名が消滅してしまいました。 昨年、市制要件を満たす前に、何処も同じですが新しい名称募集が行われましたが、そりゃなんたって住民もその他県民も9割以上が「市」が二つも並ぶし、前の名も「野」が並ぶっていう、冗談みたいな名前^^を支持 反対したのは一部の町議だけ^^中には、悪乗りついでに野野市市なんて意見もあったくらい。 ということで、めでたく「のの・いちいち」ということで、「ののいちし」→「野々市市」が誕生。ついでにイチイチにちなんで2011/11/11をわざわざ市制開始日に選んだ凝りよう^m^ でも宛名書きは書き難いだろうなあ^^; 僕も石川に戻ってくる際、松任と野々市で最後まで悩んでました。けっこう好きな街なんですよ。商業地も郊外店や個性的な店が多いし、金沢工大や県立大学(旧農業短大)など教育機関も多いし^^ 県内でも巨大な環濠遺跡がある御経塚や加賀守護だった富樫氏は野々市に館を構えるほど、古代から加賀の中心だった野々市のこれからが楽しみ^^ 野々市の市花は「椿」 富樫用水 御経塚遺跡 ワーナー・マイカル・シネマズ御経塚 …

続きを読む

布市神社

野々市市で一番大きな神社がこの「布市神社」です。場所は旧野々市役場(現・野々市図書館)の隣りになります。 創建は康平6年(1063年)、富樫家国が加賀介(後の守護)となって野々市(当時は布市)に国府として富樫館を建てた際に、邸内に住吉三神を祀った祠堂を建てたのが始まりとされています。更に富樫泰家(勧進帳の富樫)が加賀国守として、加賀富樫家の開祖といえる「富樫忠頼」を合祀して護国神社と称していたそうです。 富樫館滅亡後は衰退していましたが、元和元年(1615年)に加賀藩3代藩主・前田利常による調査・保護によって復活したそうです。明治以降は富樫郷住吉社と呼ばれていましたが、八幡社2社を合祀して「布市神社」となったそうです。 境内には 「弁慶の力石」・・これは大野湊神社に泊まった源義経から答礼に富樫館に派遣された弁慶が富樫泰家の前で力技を披露した時に使ったとされる石。江戸期は雨乞いに使われたそうです。 「公孫樹」・・高さ20メートル・幹回り5メートル・樹齢500年以上豊臣秀頼の側近として大阪の陣で活躍した木村重成の伯父とされる木村孝信の墓標とされています。孝信の屋敷は旧役場跡だったそうです。 「道興の歌碑」・・、「風をくる 一村雨に 虹きえて のの市人は たちもをやまず」 道興は聖護院門跡から園城寺・熊野三山・新熊野社の長史・検校を兼務した人物で、大僧正・準后(皇族待遇)と僧侶としては最高位まで進んだ人物です。北陸・関東・奥州を廻国し、紀行文「廻国雑記」を著した人物としても知られ…

続きを読む

富樫館 堀跡

以前、高尾城址の記事で紹介したように、多くの教科書などには1488年に守護の富樫政親が倒され、加賀は一向一揆の「百姓の持ちたる国」などと書かれていますが、実際には加賀守護の富樫家は存続していて、実権は本願寺にありましたが、守護としての富樫家はそれなりの尊重を受け、一種の協調体制をとっていたようです。 http://72469241.at.webry.info/201210/article_5.html 1531年に守護追放がありましたが、実際には守護の二男・富樫晴貞が継ぎ富樫家は守護職待遇として存続していて1570年まで続いています。 その加賀守護家が本拠を構え政務を執っていたのが「富樫館」と呼ばれたこの場所です。以前から江戸時代の文献や古図からこの辺りではないかと推定されていたのですが、平成6年(1994年)の発掘調査によってⅤ字形の幅6メートル・深さ2.5メートルの大規模な堀跡や白磁器・鏡が発見され特定されました。特に鏡は奈良の法隆寺に奉納された物と同じものだそうです。古図や測量図から館の規模は1.5町四方(164メートル四方)在ったとされています。 写真で解るように空き地奥の窪みが堀跡で、その向こうの家からが館跡とされています。なぜに今まで特定できなかったかといえば、富樫家亡きあとは中心地が野々市から金沢御坊(金沢城)に移り荒廃したことと、江戸末期から明治初期にかけて野々市全域に大火を浴び、その後の急激な住宅化が進んでしまったことがあります。現在も館跡と推定される部分は住宅…

続きを読む

芝寿し 野々市合掌店

金沢市街から国道157号線と8号線が合流する三日市交差点の中途半端な敷地の一角にある合掌家屋を改造した店舗です。 「芝寿し」は昨年(H22)11月に亡くなった創業者・梶谷忠司氏が創業した寿し弁当の販売メーカーです。 元々、梶谷氏は幾つもの職業を経験し東芝のショールームを経営していましたが、特に炊飯器の実演販売に力を入れていました。ところが実演すれば当然炊いたご飯が出来て、その処分に苦慮したそうです。そこから思いついたのが押寿し。元々、県内では行事には押寿しを食べる風習があって、これが大盛況になったそうです。 昭和33年東芝との契約終了後、「芝寿し」を創業したそうです。「芝寿し」の芝は東芝の芝を頂いたそうです。 その後、鶴来の菓子をヒントに熊笹に包む「笹寿し」が大ヒット。現在も主力商品になっています。 20年程前、あるセミナーでお会いしてお話をしたことがありますが、何故かトイレと湯船の中という変わった場所でしたが若い人にも気兼ねなく話をする優しさがありました。その後、縁もなく年月が過ぎてしまいましたが、亡くなった報を聞いた際には、しみじみそれを思い出してしまいました。 ちょっと独断専行のところはありますが、義理と情に厚い一面を持った人でした。この野々市店の敷地も資金繰りに困った友人から頼まれ、どうしょうもない三角の扁平な土地を見もせずに即金で買ったものだそうです。 建物も手取川ダムにより水没する家屋を譲り受けたもので、移築費用は相当かかったようです。 そういうことで、SC…

続きを読む

最近のコメント

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by 藍上雄 (12/08)

「金谷出丸 南面」- by tor (12/08)