尾山神社④ 神苑

神苑東側から 手前の飛び石が沢渡り、女性が渡っているのが八ッ橋、右手には水上に藤棚が配され、左手は琵琶島で奥に図月橋、図月橋の向こう岸は鳥兜島 尾山神社の南面に広がるのが神苑になります。10年程前は神仙苑と呼んでいたのですが、今は神苑と統一したようです。別名は和楽器の庭。明治になって尾山神社が創建されると、それまで荒廃した庭園に大きく手を入れて整備し直しています。⇒ 2009.07.29 尾山神社 神仙苑上:西丘陵から 右:南丘陵から神仙苑は元々は金谷御殿庭園となっていました。その創始ははっきりしませんが、以前までは池泉の存在と小堀遠州作と伝わったことから1620年頃と推定されていました。ただこの推定の問題点はまだ戦国の風が残った時代に出丸の地に御殿はまだなく、庭園だけを造るかという疑問が湧いてしまいます。18世紀初頭には庭園が作庭されたのは確かでしょうが、個人的には現在の泉水を配した庭園は前田斉泰が金谷御殿を大きく増築したころ文化15年(1844年)以降に整備したのではと思っています。辰巳用水導水管現在の神苑の池水は地下水を利用していますが、金谷御殿庭園時代は金沢城から辰巳用水の水を通水していました。この通水には兼六園霞ヶ池から金沢城内に通水した方式と同じ逆サイフォンが採用されていました。文化15年(1844年)に導水管が木管から、庄川上流の金屋石の石管に変えられています。この時に泉水や滝が配されたと思われます。神苑 響遠瀑 水が勢いよく流されてる時もあるらしいんですが、僕は未体験、観られたらラ…

続きを読む

土山御坊跡② 庭園「御壺」

蓮乗(蓮如次男)は本泉寺退却時の落馬で負傷を追いながらも一揆衆を指導しましたが、病がちとなり、補佐として蓮悟(蓮如七男)を蓮乗の娘の養子として迎え入れて本泉寺を任せ、実悟(蓮如10男)を蓮悟の養子につけています。 この蓮悟が二股から若松本泉寺(金沢市若松、現・専徳寺)に本拠を移し、加州三箇寺を主導していきます。瑞泉寺は妹(了如、蓮如9女)の婿・蓮欽(勝如の甥)を住職としています。 蓮悟に実子が生まれ、疎まれた実悟は独立して白山麓の鶴来に清沢坊願得寺を創建しています。この実悟が加賀一向一揆を例えた言葉「百姓が持ちたる国」を残した人物です。清沢坊願得寺は後に現在にも続く河内願得寺で、明治まで東本願寺法主を選ぶ5箇寺(勅許院家、別院、一家衆)の一つとなっています。 蓮乗は病を押して越中全土を主導していましたが、蓮如が京都に去って以降、病で父の死に目にも会えず、父・蓮如の死の5年後に逝去しています。 瑞泉寺を起点にして、三人もの息子を瑞泉寺・本泉寺に投入した蓮如が、後の勝興寺となる土山(どやま)御坊を重視したことが窺われます。蓮如の構想には越前・吉崎御坊に三男・蓮綱を中心にした超勝寺・本覚寺と越中の次男・蓮乗を中心にした土山御坊・瑞泉寺・本泉寺の協力で、加賀御堂(金沢御堂)の成立を企図。北陸を真宗布教の王国にしようと企図していたようです。 将来的に京都の本願寺を預かる長男・順如を法主として、真宗の教生と集団を平和的に固めたかったようです。それに応えるように順如は、朝廷・幕府へ…

続きを読む

鶴来浄水場(手取川水道事務所)

毎日、口にする水道水の浄化・管理をおこなう水道施設は、通常は安全のために立入制限が厳重なものの一つです。それでも、団体見学などの申請をすれば、意外に公開見学ができます。 でも個人となるとなかなか難しいし、説明職員が居ないと駄目なので、今日の今日と云った飛込み見学は断られます。 その水道施設が一般に公開されるのが水道週間の時、6月の上旬になりますが、個人としてはこの週が狙い目です。とはいえ、予定や仕事でなかなか合わせにくいのですが。。。 以前、ご紹介していますが、園地が国名勝に指定されている金沢の.末浄水場、同じく文化財指定の犀川浄水場など、水という大切な物を扱うために自然で清浄感の安定した場所が必要なために、水道施設のある場所や施設は美しい所が多くなります。 毎日使っている水道水ですが、水道施設の取水場やポンプ場、浄水場や配水場を意識している人はそれ程多くないと思います。実際、あって当たり前的な感覚だと思います。 たまたまなんですが、請求書類の打合せでお客さんに会う必要があったのですが、お客さんが指定してきた場所が、なんと今回は手取川水道事務所。金沢の末・犀川には何度か入場しているんですが、白山市の鶴来浄水場は初めての入場正直、内心ワクワクドキドキラッキーなんちゃって こういうときだけは、営業外回りの良い所と感じちゃいます。これで、石川県の水道の三浄水場は…

続きを読む

苔の里 ~ 荒俣峡

先日、ブログ友達のgoさんが日用町の苔の里をUPしていました。 goさんのブログ goさんは僕と生活圏が同じなので、僕の行く場所やgoさんが行かれる場所は、お互いに7割方は解る場所であり、違った視点で新鮮な感覚を知ったりなるほどと思うことがしばしばです。 まあ、goさんが得意な登山や渓流や海釣りは、ぶきっちょで運動不足の体力不足な僕の不得意分野で羨ましいかぎりが多いんですが。。 ところが、同じ生活圏でちょっと足を延ばしても大概の場所は知っているはずなんですが、「え~~@@こんな所があったの@@」と驚かされる時があります。今回の苔の里もそんな場所です。苔の里とは全く知りませんでした。 実際、訪れて観ると、少なくとも3.4回は通っていたはずの道路なのに、何も気づかずに通り過ぎていたんですねえ。。人家も少なく日用町の道路は田舎の割に拡幅されて広いんで、気持ち良く飛ばしていたんですかね~~~ goさんのブログを観て、あまりの美しさに近いうちに行ってやろうと思っていたんですが、そういう時に限ってなかなか近くに行く機会がなかったんですねえ。。 そして、ついにこの日、嫁さんは仕事で不在でしたが、暇そうな顔をしていた娘を連れだして、二人でドライブがてら苔の里を観に出かけました goさんのブログの予備知識のおかげで、駐車場に無事到着 詳しい説明はgoさ…

続きを読む

シーサイドガーデン&カフェ ヴァン・ベール美岬

尼御前岬を出まして、次にお隣に建つカフェ・レストランへ 「ヴァン・ベール美岬」 シーサイドガーデンカフェです。 凄く広い英国風の庭園とお洒落な建物です。 実は、ここのオープンも存在も知らなかったんです。 以前、makoちゃんさんの日記を読んでいて、上島珈琲をみたんです  学生時代大阪にいたり、10年ほど前まで滋賀にいた時よく飲んだのですが、石川に戻って来てみると上島珈琲はないんですよ。日記を読んだ後に、ネットで検索してみたら、なんとここで上島珈琲を飲めるという事を知ったのです。これは行かずばなるまい という事で、この日家族を誘ってレッツらGO  ところが、家を出たのも遅かったんですが、尼御前岬でノンビリしていたら、すっかり遅くなっちゃって、もPM16:00 こりゃ、ご飯は無理かなと恐る恐る聞いたら、大丈夫ですの一言     でも、ライスが切れてるので、ナンでもいいですか?        そんなの、文句言いません。是非ソレで。。。 で、注文したのが、 「ハンバーグプレート(デミグラスソース)」 ハンバーグも美味しいけど、一緒についている野菜が美味しい{%ハ…

続きを読む

松風閣庭園

金沢城と兼六園の間を通るお堀通りを南下して広坂の交差点から先は「本多通り」と呼ばれています。左右に広がる本多町・下本多町・出羽町があり、21世紀美術館・県立美術館・歌劇座・北陸放送・社教センターなど金沢の文教地区になっています。この3町は名前が示す通り、加賀藩の一番家老・本多家の所領・屋敷地があった場所です。本多家は所領5万石、本多政重の最盛期には7万石で下手な大名より大きな石高を誇っていました。 加賀・本多家の創業者は「本多政重」。戦国末期の武将で波乱万丈の過去を持っています。父親は徳川家康の軍師・謀将と呼ばれた本多正信でその次男です。もちろん、最初は父と共に徳川家に仕えていたのですが、徳川秀忠の乳母・大姥局の息子・岡部荘八を惨殺して出奔し、大谷吉継・宇喜多秀家・福島正則・前田利長・上杉景勝と主に徳川の敵対勢力に仕えています。関が原では西軍の宇喜多軍の右翼として戦っていますし、上杉家では直江兼続の婿養子として親子関係になっています。 加賀藩に移っても上杉・直江家とは親交が続いており、加賀前田家に復帰後、本多家の家臣の半数以上は両家の出身者が占めています。 その本多家の中屋敷側にあったのが「松風閣庭園」です。 この辺りは本多の森と呼ばれるように原生林もある緑に恵まれた場所ですが、元々あった池を中心に2200平方メートルの規模の回遊式庭園です。国の有形記念物にも指定されています。 池の名前は霞が池、その中に蓬莱島、といったように兼六園に似た形式名称です。5代藩主・前田綱紀が創始した…

続きを読む

石川県庁 県民の杜

もちろん県庁は県の行政庁舎ですが、建物には展望台や周辺には県民のための憩いの広場があり意外に人気のある場所です。 県庁の南側に駐車場があり、訪れる人たちや議会関係者も南口から入るため、ここが正門だと思っている人が多いようです。ところが実は北口が正面玄関になるのです。隣りの県議会議事堂も北側に正面玄関があるんですが出入りする人は数えるほどなんですよね。 そんな北側の一画に回遊式の庭園があります。「県民の杜」 ここには石川県に樹生する原生樹木と山野草が植えられ、四季折々に風情を醸し出しています。また金沢城石垣・兼六園の石橋・用水の水道管として多く使われている医王山系の「戸室石」、手取川で産出する「胴割石」、白山鳥越産の「六方石」を使った噴水池やせせらぎが配されています。特に戸室石はマイナスイオンを発生すると云われています。 この庭園は出入りが少ない北側にあるためか、意外に訪れる人が少ないので、とても閑静でホントの憩いを感じられる隠れ家的要素もあります。 県庁の展望台を訪れた際には、試しに北口から庭園によってみるのもおすすめです。そうそう、ついでに議事堂の正面玄関にある吉田三郎作の「杜若(かきつばた)」の像を見ることをお忘れなく^^ 石川を代表する彫像です。以前は金沢駅にあったので年配の人は皆なが解る像です。若き頃はこの像の下で待ち合わせをしたもんです。今は能楽堂に移設され、県立美術館と3体があるんですが、若い世代は知らないかも。。 http://www.ishibi.pre…

続きを読む

金沢市末浄水場(国指定名勝)

金沢市の末町にある「金沢市末(すえ)浄水場」。 昔から金沢の人達の喉を潤してきた犀川の水。昭和5年(1930年)、江戸時代に造られた寺津用水から分水する形で作られた金沢市初の浄水場です。 当初の1日の浄水能力は19,500立方メートルでしたが、その後、水源としての犀川ダムの建設や5度の増設・急速濾過導入で現在は105,000立方メートルと開設当時の5倍以上の能力になっています。 金沢市の水道・用水は末浄水場と同じ町の西にある犀川浄水場と県が運営する鶴来浄水場からの分水で各施設から約10万ずつ総計30万以上が毎日供給されています。 末浄水場は市議会を通して造った関係で、ここを管理するのは金沢市企業局という金沢市の部署ですが、ダムによる水力発電も行っていて公営電気事業者としては一都市が行っているのは金沢だけなんだそうです。 「末浄水場」には入場すると正面に庭園があるんですが、こちらは昭和7年(1932年)に造られたものです。この庭園の独楽の形のような東屋を中心軸(基点)にして左右対称に作られ、導水線と送水線を成すように設計されたそうです。浄水場の増設もこの庭園を基軸に作られ、幾何学的な美しい形を成すようになっています。 この幾何学的な造形から昨年(H22)、水道施設としては初めて国の指定名勝に選出されました。 庭園の真ん中にある噴水池には鯉が泳いでいるのですが、この噴水池の水は濾過された水道水が一番最初に流れ込むようになっています。この鯉たちは金沢市民より先に水道水を…

続きを読む

諏訪館庭園跡 一乗谷

一乗谷は4つの庭園が国の名勝に指定されています。「館跡庭園」「湯殿跡庭園」「南陽寺跡庭園」「諏訪館庭園跡」がこれにあたります。 朝倉氏滅亡後、「館跡庭園」以外は地表に残っていたものです。 その中で規模の大きなものが「諏訪館庭園跡」です。 この庭園は2140㎡。朝倉屋敷跡の3分の1の大きさを誇ります。 4段組みの滝と滝副石組、楓の古木、は美しい配置です。 滝副石の最大なものは4m以上で日本最大の物です。石には文字が彫ってありますが、これは朝倉宗滴・貞景・孝景の法名で、江戸末期に掘られたものです。ちょっと無粋と思ったのは僕だけ? これほどの豪勢な庭園を持つ館の主は朝倉義景の4人目の側室で小少将です。義景は彼女に夜も昼も溺れ込んだと云われ、傾城の美女として、義景が政治から遠ざかった原因の一つとされています。後日談ですが、義景は一乗谷から落ちる際、自刃した大野六坊賢松寺にもわざわざ連れて行っています。 そんな彼女ですが、義景との間に男子「愛王丸」を授かりましたが、義景死後に捕えられ護送途中、信長の命により親子共々虐殺されたと云われています。 旅行日 2010.11.07

続きを読む

平泉寺・白山神社

国道157号線沿いにある勝山城博物館を曲がって登っていくとある神社です。加賀白山比咩神社・美濃長瀧寺と同じく禅定道の入口に当たり、越前馬場と呼ばれるのが平泉寺(へいせんじ)白山神社です。 平泉寺白山神社は「霊応山 平泉寺」と呼ばれ、養老元年(717年)に白山を開山した泰澄(たいちょう)が開いたそうです。最盛期には48社36堂6千坊、僧兵8千人を擁していました。ちなみに越前海岸の名所・東尋坊はこの神社の僧兵の代表の名前です。戦国期、一向一揆との抗争で衰退しましたが、豊臣秀吉・越前勝山藩に保護を受けました。神仏分離で元々の神社になりましたが、大きく衰退しています。ちなみに寺としての平泉寺は参道の反対側の平泉寺小学校の跡地にあります。 この平泉寺神社は京都の西芳寺と並んで苔の庭園と境内が有名です。別当宮司の平泉家の住まいにある「旧玄成院庭園」「平泉寺白山神社の境内」は国の名勝・史跡に昭和初期に選定されています。「旧玄成院庭園」は室町時代の作庭で現存するものとしては北陸最古の庭園と云われています。 ちなみに庭園の拝観は50円です。玄関の小箱に入れるだけ 往時の建物等は少ないですが参道から拝殿までの遠いこと。境内の広大さには驚かされます。往時の繁栄が覗われます。 三禅定道のひとつですが、最初に開かれたのがこの道だといわれています。開山の祖泰澄がここから白山に登頂したということです。 奥に向かって登っていくと、拝殿や祠が見られます。ここも多くの苔に覆われた地と古…

続きを読む

金城霊澤(きんじょうれいたく) 金沢神社

県立美術館の前から入る随身坂口の手前に丸い水盤を覆う瓦葺の柵囲いがあります。これが「金城霊澤」といいます。料金所の外側なので、観光客の人も意外に訪れない場所ですが、金沢に来たら話の種に覗いて見て下さい。そうそう、一旦兼六園に入場したら、出ては駄目だと思っている人が多いのですが、当日なら同じチケットで出入りはOKですよ。ちょっとだけ、出てみてください。 この「金城霊澤」が、金沢の名前の由来だと言われています。 水盤を見ると解かりますが、水がすんで輝いて見えるほど、良質の水です。隣の金沢神社では神水として使われています。 金沢神社は加賀藩前田家が自称していた祖先「菅原道真」を祭った神社です。最初は藩の学問所「藩校」の鎮守として建てられました。学問の神様ですから、金沢市内でも一番人気の受験の願掛けの神社でもあるんです。 入り口の階段下の脇には板屋神社の謡拝所があります。これは兼六園や金沢市内に水を供給している辰巳用水を作った板屋兵四郎を祀ったものです。石川では土木工事の神様として崇拝されています。 話が脱線してしまいました。昔々、山科村に住んでいた藤五郎という人が、長芋を掘って泉で泥を落としたら金だったというものです。その洗った泉がこの場所だったということです。藤五郎については、金沢では「芋掘り長者」伝説として昔話になっていて、結構知っている人が多いんですよ。 山科は金沢の南東部に現在も地名としてあります。その山科に芋掘り藤五郎を祀った神社も有ります。こちらは、金沢の人でも知…

続きを読む

明治紀念之標 日本武尊像

兼六園の霞が池の東側に大きな銅像があります。 日本武尊の像です。石積みの上に5.5mの像が建っています。 明治13年に建立されたものです。 何故にヤマトタケルが兼六園にといえば、明治の頃、西南戦争出征の石川県軍人270人の慰霊塔なのです。熊襲征伐と出征先で亡くなったという事で、日本武尊が選ばれたとも言われていますし。また日本武尊の死後、白鳥が三重から奈良に向い、その後北へ向かったという伝承から、北陸の幾つかに白鳥伝説が伝わっていたことも関係しているのかもしれません。 ちなみにこの銅像が日本最初の銅像といわれています。 高岡の鋳物職人組合が作成したものです。その後、銅像といえば高岡というほどの発展を遂げています。日本の銅像の7割以上が高岡で作られたものですが、その始まりはこの銅像からとなります。 金沢にとって製作を高岡に獲られたという事で紆余曲折があったのですが、戦時供出や国からの排出指示などを、金沢市民からの反対運動で乗り越えた歴史も持っています。この像は長い年月を経て20年ほど前に改修されたものです。 像の左右に立つ松は「手向け松」と、呼ばれていますが、京都の東西の本願寺から移植されたものです。対立する東西本願寺が並立するのは忠魂ならではのものです。 100年以上建っていると、色々な伝承や異説があります。幾つか挙げると、こんな感じ。 ・この像には鳥がとまらない。実際、糞を掛けられていないんですね。噂では防錆のために砒素を混ぜたためとも言われています。 ・石積み…

続きを読む

兼六園 瓢池(ひさごいけ) 噴水

兼六園の南西の真弓坂口と西の瓢池口の近く、瓢池はそのくびれた形が瓢箪に似ていることから名づけられました。 池の中に大小の島がありますが、不老長寿の伝説、神仙島を模しています。この池を中心にした庭園は蓮池庭(れんちてい)と呼ばれ、兼六園の発祥の場所と言われています。五代藩主・前田綱紀がここに蓮池亭という別邸を建て、その庭園がこの蓮池庭というわけです。つまり、兼六園の発祥の地と言うわけです。 翠滝や神仙島、神仙島にある朝鮮から持ち帰ったとされる海石塔、夕顔亭の茶室と、兼六園の中でも端の方にあるため、観光客の数も意外に少ない場所ですが、なかなか風情がありますし、ここを起点に回ることをお奨めします。 瓢池から北に坂を登っていくと噴水がありますが、霞が池からの高低の圧力を利用したものです。勢いよく飛び出す水が涼しげに見えます。 この噴水は日本最古の噴水と言われています。 兼六園  http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/japanese/top.html 旅行日 2010.3.14

続きを読む

尾山神社 神仙苑

尾山神社の境内の南側に庭園があります。 鯉が泳ぐ池に噴水、島に灯篭、池泉回遊式庭園です。 初期の庭園は庭園造作の名人といわれた小堀遠州の作と言われています。 ここは金沢城の出丸に当たり、歴代藩主の隠居所として「金谷御殿」があり、その御殿の庭でした。現在の庭園は江戸末期の作庭ではないかといわれています。 辰巳用水からの水を利用していて奥には滝石組があって、その名称「響音瀑」美しい水流が音をたてて池泉へ流入しています。池に古楽器の名をつけた島が幾つくかの橋によって回遊できるように設計されています。池泉の島は、中央の手前に笙島、その背後に鳥兜島、琵琶島と三島を配し、島々を巡る形で、図月橋・琴橋・八ツ橋。特に石橋の図月橋は江戸初期の作と言われていますが、3連アーチの斬新なデザインです。神門のデザインはこの橋から採ったようです。境内側からは見えない位置なので庭内の島にまで入ってみてください。 旅行日 2009.7.29

続きを読む

最近のコメント

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by 藍上雄 (12/08)

「金谷出丸 南面」- by tor (12/08)