粟津(あわづ)温泉

粟津温泉総湯前 開湯の碑 11月にいつも行く粟津温泉近くのお客さんの所。でも昨年に続き、早く行き過ぎて一時間ほど時間調整をすることに、ということで、昨年は文字だけになってしまった粟津温泉の中心地の風景を散策してきました。 昨年の記事は・・・  2017.11.09 粟津温泉 おっしょべ公園      旧養老公園 祈りの小径      養老山 大王寺     粟津白山神社  粟津温泉の起源は、白山開山・平泉寺創建を行った泰澄大師が、翌年の白山登頂から丸岡・豊原寺への帰路。霊夢に現れた白山権現のお告げによって、住民を集めて掘削させ温泉を発見。弟子の雅亮法師に湯守となることを命じ、雅亮法師は還俗して名を(法師)善五郎と改め湯宿をつくります。これが粟津温泉並びに世界最古第三位の温泉宿・法師の起源になります。 粟津温泉街に向かう玄関口に立つ泰澄大師像 まずは粟津温泉中心地から離れた産業道路(国道8号線)の津波倉東ICから見える泰澄大師立像。 塔のような土台に立つ泰澄大師像は近くで見るとやっぱり高い@@ 粟津温泉の玄関シンボルと云えます。石組仕立ての土台もよくも建てたという灯台のようです。 泰澄大師は越前・麻生津に生まれたと云われ、生まれながらに白髪だったと云われます。 14歳で出家・法澄と名乗ります。役小角と共に愛宕山の悪霊退治・開山、神社建立で名を挙げ、大宝2年(702年)に文武天皇から弱冠20歳で鎮護国家法師に任じられ、北陸白山信仰の本拠として丸…

続きを読む

めおと岩 

今年のGWに上越の嫁さんの実家から、義母と義兄が遊びに来てくれました。 嫁さんはもうニコニコで、何日も前からニコニコそわそわで、部屋掃除と整理に大忙しになっていました。日頃からまめにやってれば良いんでしょうが、そこは掃除が苦手な我が家族。これだけはなかなかうまくいきませんねえ。 5月3日は朝から風邪が強く雨ふりでしたが、午後から嘘のように綺麗に晴れたんですが、 義兄曰く、「黒部の辺りから富山過ぎるまで嵐のようで前も見難かった。。疲れた~~」 我が家に着いた時には二人とも疲労感いっぱいでした。。 本当は午後から観光に行こうと思っていたんですが、この様子では無理。 というわけで、日帰り温泉に行って、家でゆっくり食っちゃ寝にしようと予定変更 いつもは家から近いCCZ温泉なんですが、たまに…

続きを読む

山中温泉 湯気街道

この日は素晴しいお天気でした 運転するにも最高の良い日和です という事で、越前海岸に行ってきました。越前海岸は国定公園として指定されていますが、なにせ長い海岸線です。目的地は越前町の水仙畑です。 本当は、先週か先々週に行きたかったんですが、今週になってしまいました。水仙の花は現在満開中というより、少し盛りが過ぎていましたが、山の方に入ると水仙畑の花が綺麗でした。 越前海岸の日記は、また後日書きますね ほんとの事を言うと、前日に行こうと思ったんですよ。 ところが、午前中仕事をしていたら出発が遅くなってしまって、出掛けたのは2:00過ぎになってしまいました。しかも、道路を走ってみると結構混んでいるのですよしかも、国道はのろのろ運転。。。加賀温泉に入った頃には3:00を過ぎちゃいまして、結局諦めて娘のご要望で万代書店に 娘がCDを物色している間、漫画を立読みして30分、駐車場で30分ほど このままUターンするのも悲しいし、方角を変更して山中温泉街に 山中温泉街に着いた時には4:30になってしまっておりました。 駐車場に車を停めて、湯気街道を菊の湯に向かって歩いてみましたよ  あっと忘れていました{%ビッ…

続きを読む

松任CCZ温泉

嫁さんの実家から、義母と義兄がやって来ました。 嫁さんの実家は新潟県上越市の高田です。     嫁さんは昨日からウキウキと掃除に精を出していました     例の中越沖地震で来れるのか心配していたのですが     何事もなかった?ということで予定通り、よかったよかった     天気も向こう出る時はだったけど途中からは     スムーズに来れたと言ってました。 義母とは半年振りでしたが義兄とは1年ちょっとぶりです。久しぶりに会うってのは嬉しいものですね。     お土産もたくさん持ってきてくれました。     の嫁さんの顔がますます お米に野菜、漬物、お菓子、ソーメン、サランラップ、ティッシュ他にもいろいろと本当にうれしい    嫁さんのは、もう{%顔文字ファイトhde…

続きを読む

玉泉湖 湯涌温泉

湯涌温泉街の通りの一番奥、夢二と彦乃が泊まった「お宿 やました」の奥にある湖「玉泉湖」 元々は東洋一と言われた「白雲楼ホテル」と対を成すように作られた人工湖でした。この湖とそこに写る白雲楼の建物の姿は美しいものでした。本来、湯涌の氷室小屋はこの湖の辺にありました。 ところが、平成10年に「白雲楼ホテル」が経営会社の倒産によって、ホテルの閉鎖、その後管理会社との係争などで荒れ果ててしまい、進入禁止地帯になってしまい。氷室小屋も出来なくなってしまいました。 幾度かの係争や入札の結果、5年前に湯涌温泉組合が保有できるようになりました。その後、湖も整備が進んだのですが、2年前の河川の氾濫で泥で埋まってしまいました。緊急の修復工事で、今はまた美しい姿が戻っています。 昨年、新しい氷室小屋が建てられ、(H22)6/30に氷室開きが本来の場所で行われました。全国ニュースでも流れたようで知っている人もいるかも。湯涌の夏の風物詩になっています。僕もテレビで見ましたが美しい氷雪が見られました。今回の氷雪は将軍家への献上にちなんで、東京のほうにも送られたそうです。 湖の周りには遊歩道が配されていますが、距離にして500メートルほどです。しかし、美しい碧の湖と周囲の木々や花が美しいコントラストを見せてくれます。湯涌に泊まった際には是非散策してみてください。 山の静けさと山すそに咲く草花、湖の碧、川の流れ。余計な音が聞こえない世界があります。 追記 白雲楼ホテルは現在は存在しませんが、今年…

続きを読む

金沢湯涌夢二館 湯涌温泉

金沢の犀川の上流にある湯涌温泉卿 湯涌温泉は養老2年(718年)に泉に身を癒す白鷺を見て発見されたといわれています。別名「白鷺の湯」とも言われています。 江戸時代には加賀藩主一族の常用湯とされていました。たびたび病や怪我が治癒したということで、湯宿の主人には名字帯刀が許されていたそうです。また、金沢の山奥にあるため豪雪地帯でもあり、氷室が造られて夏に雪氷を作っていました。この雪氷は毎年、天皇家や将軍家にも献上されていたそうです。 現在も毎年、氷室開きが6/30に行われ、夏の風物詩になっています。 http://www.yuwaku.gr.jp/ 大正時代にはドイツの万国鉱泉博覧会に日本代表として紹介され、全国的に名前が知られるようになりました。その後、文人文豪も訪れるようになり、美人画や詩人として有名な竹久夢二が愛する女性・彦乃と長期の逗留をしたことでも知られています。 そんな竹久夢二の作品や遺品を収集展示しているのが「夢二館」です。 また、女遍歴が激しい夢二ですが美人画が示すごとく、彼に大きな影響を与えた妻の「岸たまき」、最愛の人といわれた「笠井彦乃」、最高のモデル「お葉」も多くの資料とともに紹介しています。 今年、開館10周年を迎えました。特別展として金沢出身の「岸たまき」の特別展が開かれています。たまきが夢二に負けないほどの才女だということが偲ばれます。 夢二作品は女性に人気がありますが、詩と画を組み合わせた作品などは男性陣にも好む人が多いようです。 旅行日 …

続きを読む

山中温泉 湯気街道

山中温泉街の中心地 こおろぎ橋の北側から総湯の菊の湯までを繋ぐメイン道路を湯気街道と呼んでいます。 街道の店も町並みに合わせた造りになっているし、店先にはオブジェや趣向を凝らした置物が飾られています。散策するにはうってつけの道で、観光客の数も増えているそうです。 観光スポットのこおろぎ橋やあやとり橋も近くにあります。 街道沿いの店も凝っていて、午前だけの限定ですが地元出身の料理の鉄人 道場六三郎さんの鍋を一杯100円で提供する旅人亭、片岡鶴太郎さんの店もありますよ。僕のお気に入りは手作り横丁のだんご 街道の一番南にあるのが、総湯「菊の湯」と舞台を持つ「山中座」 菊の湯は古風で大きな建物です。一般の大衆浴場になっていて気軽に入浴が出来ます。ただし、ここは男湯のみ。女湯は以前までは役場センターの中でしたが、山中座の隣に新設されました。 山中座は、舞台を持つ劇場です。お湯を戴いた後に山中節の上演や舞台劇を寛いで見るのもいいなぁ。建物も地元の宮大工も勤める建築工や瓦工によるものです。柱、天井絵、瓦は一見の価値ありです。 また、広場には大きなからくり時計があって、1時間ごとに5体の人形が現れて山中節を演奏してくれます。 山中温泉は鶴仙峡など緑と水の織り成す名前のごとく山の中の温泉街です。新緑と紅葉の頃が最高に良いスポットです。夏も納涼の避暑地になりますよ。 旅行日 2009.2.7 山中温泉 翠明 桂御園楽天トラベル 自…

続きを読む

最近のコメント