斐太(ひだ)神社・雁田神社

昨年、上越に行った際に家族でドライブがてら鮫ヶ尾城に登ろうと思って妙高の方に行ったんですが、山裾を車で登っていくと公園の入り口にはパトカーが二台がトウセンボ><前日の大雨で崖崩れでもあったのかと引き返したんですが。。。家に帰ってネットを見るとお城のお祭りだったんですねえ。大失敗でした。。滅多にない好機だったのに。。歩いて登ってみるべきでした家族が一緒だとこれがあるんですね。。 みょうこう景虎物語~山城の陣~ 鮫ヶ尾城は上越でも信州との北国街道における国境警備の城で、春日山城直近の最前線基地に当たりました。 上杉謙信死後の家督争いに端を発した上杉景勝と上杉景虎が戦った御館の乱の決着地です。 画像:上越埋蔵文化財センター前 上杉謙信公像 上杉謙信は御存じのように戦国時代、軍神・越後の虎など軍事では戦国最強とも云われていましたが、その信仰から女犯をしない聖将としても知られるように実子はいませんでした。長尾守護代家の生まれとはいえ四男坊主、栃尾城という中越の一角から台頭して越後を統一、31歳で上杉姓を譲られ関東管領・北国探題の名のもとに勢力を広げていました。 国が広がるごとに人質となる子を受け入れていますが、養育と教育に熱心で気に入った人物は自身の養子や側近としたものが多く存在しました。 画像:上越埋蔵文化財センター 謙信公と春日山城展 ドラマ天地人使用甲冑 左・上杉景勝 右・直江兼続 名前の知られたところでは、七尾の畠山義春(上条政繁、七尾城主・畠山義読の次男)、村上国…

続きを読む

滝寺不動 吉祥寺跡

上越のヒーロー・上杉謙信は、自身を毘沙門天の転生・化身として深く信仰していたことで知られています。主城・春日山城の山頂に護摩堂や毘沙門堂を建てて、平素・出陣前にも籠っていたと云われています。 日本では毘沙門天は、天部の御法神・四天王神の一神、北部を守護する多聞天として知られています。つまり、四天王の一神として呼ぶときは多聞天、独尊とした時には毘沙門天と呼ばれています。夜叉・羅刹を率いるところから夜叉王・羅刹王と荒ぶる神として呼ばれるときもあります。 また、神仏混交では恵比寿の本地仏にされますが、七福神では別々になっていますね。日本では甲冑姿で現わされるので勝負事や守護神の要素が強調されていますが、元々の発祥とされるインドではクベーラ、ヴァイシュラヴァナ(神の息子の意)と呼ばれ北の守護神ですが、武装はなく財宝の神とされています。中国を経由して日本に伝わるまでに財宝神としての恵比寿が分離して北面の守護神・多聞天・毘沙門天が強調されたと思われます。 上杉謙信が深く信仰し春日山城に建てて籠ったとされる毘沙門堂、堂内に安置して拝んだとされる毘沙門天像は泥足毘沙門天と呼ばれていました。謙信の死後は遺骸を収めた甕と共に安置され、上杉家が米沢に移った後も江戸期を通じて謙信の遺骸の甕と善光寺如来像と共に城内の謙信霊柩(御堂)に収められていました。明治維新後、米沢城の破却で現在の上杉家廟所に廟所を移された際に上杉謙信の位階を上げて神式に変えたために、泥足毘沙門天像は上杉家菩提寺の法音寺に安置されてい…

続きを読む

前島密記念館

少しずつですが、バタバタしながらもブログを書き進めていたんですが、先日お客さんチで契約計上をPCで進めて完了した途端、液晶が不良になってピンクとグリーンの世界になってしまいました。PCがないと仕事が全く進まなくなる僕としては、慌てて買いなおす羽目に陥ってしまいました。その後は仕事関係ソフトのインストールや計算ソフトのデータ移行、そもそもウィンドウズ10は初めてで何がなにやらチンプンカンプン。。すっかり嵌まり込んでいます。それにしても、今年は異常なくらい電化製品が壊れて買い替える羽目になってます。。洗濯機・冷蔵庫・オーブントースター・テレビ・電子レンジのコードが断線・娘のアイパッドにスマフォにイヤフォン、CSのリモコンを嫁さんが洗濯機に水没、そしてついには自分のノートPC。。毎月何か壊したり故障したりで超出費。。これでおしまいと思ったら3日前には風呂の湯沸かしが不能で交換修理、久しぶりの日帰り温泉しちゃいました。。。もうお祓いしかないかも 先日、嫁さんの実家のある上越まで行ってきました。。行く日は途中で小雨が降ったりでちょっと心配でしたが、大降りの雨は初日の夜だけでのんびりできたし、久しぶりの義母や兄弟とあえて、ウキウキしてる嫁さんや娘を家において、のんびりと近場を巡ることも出来ました。 僕が初めて上越市に訪れたのは25.6歳の時ですから、もう随分時が流れたものです。 上越市は昭和46年(1971年)に直江津市と高田市が合併し…

続きを読む

能生白山神社

弁天岩の駐車場から国道8号を潜って登った所にある神社が「能生白山神社」 起源ははっきりしませんが、当初は奴奈川神社と呼ばれ、能生川と支流の島後川を遡った大澤岳の山頂にあったと伝わっています。  祭神は奴奈川姫命(ぬなががわひめのみこと)、伊佐奈岐命(いざなぎのみこと)、大己貴命(おほなむちのみこと)となっています。ちなみに大己貴は大国主の別名です。元は奴奈川姫と大国主を祀っていたようです。 マリンドームの記事で書きましたが、元々はこの辺りは奴奈川姫の勢力圏であり、その中でも島後川の流域には奴奈川姫の生誕から生活を過ごしたと云われた産所があり本拠地とされています。 大澤岳から連なる山稜に神道山という山があるのですが、日本海から能生川を遡った大国主は、この山を越えて奴奈川姫に求婚に行ったとされています。 話は変わりますが、現在、神道山は「神道山公園」として整備されていますが、ここには北陸最長の石段があります。その段数1088段。なかなかというより、とんでもなくハードな石段です。能生にはあまり馴染のない僕ですが10年程前に登りましたが、もう息切れしてしまいました。。 神道山はカタクリの自生地として有名で、4月中旬から5月にかけて石段の側にはカタクリの可憐な花が多く観られます。また山頂からの眺望も日本海が観られる美しい風景です。 僕が登った当時は山頂に平和の鐘があるだけでしたが、今は休憩所兼飲食処もあるようです。足腰に自信があって、花が好きな人にはお奨めスポットです。 …

続きを読む

弁天島(弁天岩)

能生でのんびりと観光してたんですが、、、、 考えてみれば、石川・上越間を何度も往復してる割には、じっくりと観て回ったことがなかったんです。 今回が初めての能生での名所巡りだったかもしれません。 能生町のシンボル的存在は今回の弁天岩だと思いますね。 先にも書いたように、8号線を何度も通っている割には、ここに立ち寄ったことがなかったんです。 石川から車で走ると、能生町の住宅街を抜けて、勾配のカーブを解放感と共にアクセルを踏み込んでいる場所なんですね。天候の良し悪しに関係なく、ゴツゴツした岩山のような島に赤い欄干の橋を横目できれいだなあと思いつつ通り過ぎてましたから。上越出身の嫁さんはあの島なら見たことがあるということで、寄ろうとは言わないですから。。帰り道は大概、夜で急ぐから闇夜を通り過ぎるだけですからねえ。。 と、いうわけで、初めてこの島に渡ってみたわけです。それとこの弁天岩は石川県とは浅からぬ縁もありますからね。 能生海岸はゴツゴツした岩が沿岸沿いに観られるのですが、この岩場は安山岩・凝灰岩など火山性鉱物や砂泥岩で形成されています。これらのほとんどが100~300万年程前の海底火山の爆発による噴出物や海底隆起でできた物と云われています。 先の記事で紹介した「マリンドリーム」の辺りは広大な空き地に観えますが、筒石駅でも書きましたが12キロに及ぶ頸城トンネルの工事の際の掘削土砂の利用が問題になり、海岸を埋め立てたものです。もったいないと思う人も多いと思いますが、能生・谷…

続きを読む

道の駅 マリンドリーム能生

相変わらずですが、この時期になると仕事が混んで、更にトラブル処理が集中します しばらくサイトに来られなかったことをお詫びします。 コメント下さったgoさんやsomaさん、がにちゃんさんにコメント返しも出来ず、気持ち玉を下さったイータンさんやmikomaiさんにもご訪問できず、申し訳ありませんでした。 これすべて、日頃の不摂生で体調崩し、動けない分溜めこんだ仕事もなかなか消化できずにいる僕が悪いのです(超反省) 今回も前回と同じく、昨年10月の上越への往復の立ち寄り地です。 前回の筒石駅は上越に向かう途中で寄って行ったのですが、今回は帰り道の立ち寄り地です。 実はこの時の予定では嫁さんの実家を出たら、今夏(H25)に行った小布施に行くつもりだったのですが、体調が悪いという嫁さんと録画を忘れて早く家に帰宅したい娘に拒否権を発動されて、家路に国道8号をひた走って戻ることになったのです。特に娘の生意気な口のきき方にはカチン おかげさまというか、根が単純な僕は超不機嫌。。。 能生の道の駅に着くまでの運転の間、よりにもよって車の流れが悪くて、ますます不機嫌に。。一言もしゃべらず・ただでさえ目つきの悪いのが更に険悪な眼となっておりました。道の駅に着いたら、母娘を見向きもせず、サッサとトイレにダッシュ。。。{%大変we…

続きを読む

筒石駅

夏以降に体調を崩したおかげで、仕事以外はほとんど家に籠っていたおかげで、とんと名所旧跡めぐりも出来ずにいたので、ネタがない というわけで、過去に行った所でアップしていなかった場所をご紹介 昨年(H24)、嫁さんの実家に行くついでに寄ったのが「筒石駅」 新潟は細長い県なので面白い駅が多いんですが、以前紹介した「日本で海に最も近いホームがある」「青海川駅」もそのひとつ。 ところが、こちらも違う意味で珍しい駅です。 「筒石駅」は北陸本線の終点・直江津駅の四駅手前、能生と谷浜の間になります。 鉄道ファンにはお馴染みの駅なんですが、知らない人は全く縁のない駅でもあります。なにせ一日の乗降客が50人前後という人気(ひとけ)のない駅なんですから。駅舎も山に登った所にプレハブ仕立ての簡素なもの。 ところが乗降客は少ないけれど、駅員は常備5人在中で年中無休で5人が交代で24時間体制の勤務になっています。北陸本線はJR西日本管轄ですが、おかげでJR西日本の有人駅としては最も東端の駅になります。 それというのも、この駅は乗降客よりも鉄道ファンが入場券で見学していく方が多いという変わった駅のためです。更に駅舎からホームまでの距離が約200メートルという大きな施設ということもあるみたいですけど。 200メートルと聞くとそうでもないみたいに思うかもしれませんが、この200メートルがただの距離ではないのですよ。そのほとんどが…

続きを読む

親不知 如砥如矢

昨年(H24)、このサイトで人気のあるgoさんのブログに、「一枚の写真~ウォルター・ウェストン像 」という記事がUPされていました。 goさんの思い出の一枚の写真から人物像が書かれており、信州への思い入れが感じられて拝読しました。 ウォルター・ウェストンは登山が好きな人には「日本アルプスの父」として一般常識となるほどの有名な人物なんですが、、、、 山のことになると、ど素人の僕は、、、詳しい経歴を知らず、「日本アルプスの父」「親不知が日本アルプスの起点(北端)と提唱した人」「英国人の宣教師・登山家」 といった具合に箇条書き程度の認識しかありませんでした。このブログのおかげで、人となりを詳しく知ることができました 僕がウォルター・ウェストンを僅かながらに頭の片隅に残していたのは、いつものような書物やドキュメンタリー映像ではなく、やはり記念像でした。なかなか面白いポーズをとった像ということで印象に残っていたんです。 そのブロンズ像があるのが親不知。 親不知は以前の日記にも書きましたが、親不知駅がある歌地区から青海川までが子不知。そして歌地区から市振の境川までが親不知になります。その親不知の最大の難所に当たる「天険(天下の険)」にある親不知観光ホテルの横を登ったコミュニティロードの展望台の横にウォルター・ウェストンのブロンズ像があります。 この像は明治27年(1894年)にウォルター・ウェストンが親不知を訪れ…

続きを読む

上越でのラーメン

長野からの帰途 長躯運転に疲れ果て。。新井から上越近くまで嫁さんに運転を交代してもらって 義母には食事してから行くと云ってあったので、まずは晩御飯 昨昨年、義母たちと来た「くいどころ 里味 飯店」 嫁さんはここがけっこう気に入っちゃったみたい 前回の日記で、何を観てそう思ったのか記憶してたのか。。飯店を「めしてん」と記憶していたんですが、それを嫁さんに云ったら 「うんにゃ いいてん のはずだよ」 あちゃ~~ 2年間、間違って覚えていたよ~~  というわけで、前の日記は訂正させてください 「くいどころ 里味 飯店」 → 「くいどころ さとみ いいてん」 さらに、このブログを観たレルヒさんにも指摘されていました 恥ずかしい~~~ で、ここで注文したのが。。うま煮らーめんセット 野菜と魚介が入ったあんかけ仕立ての五目ラーメンです。 石川に比べて、色目も濃くて、味がしっかりしている。とっても美味しかった~~ コメントくれたレルヒさんも美味しいと云ってました。なかなかの美味です。機…

続きを読む

金谷山

ケーキを買って、一路上越市に向かいます。と、いっても前の日記のケーキ屋さんも上越市だったんですけどね。例の市町村合併で大きく地図が変わってしまいました。犀潟・大潟・柿崎も上越市になったんですねえ。 新潟にいた頃の僕の感覚では、柿崎は柏崎と同地区で中越地区のつもりでした。嫁さんはそうじゃないと云いますけど。たまに行くと市町村が変わって、地名表示が変わって混乱しちゃいます。 実家へ行く前に遅いお昼ご飯にラーメンを食べて行くことに 上越出身の嫁さんは石川や滋賀に住んだせいで、薄口出汁が多いのに辟易してたみたいで、濃口の上越が恋しかったみたい。濃口ラーメンが食べた~い 道沿いにあったラーメン店に             「こだわりのちゃーしゅーめん 昭月」 嫁さんのご希望とは異なり、濃口ではないあっさり系、僕と娘はムフフ 口当たりも良かったし、麺もコシがあってまずまずのお味でした 看板にチャーシューが売りだと書いてあったのに、何にも見ていなかった僕は、いつものごとく味噌ラーメン。しっかり見ていた娘はチャーシューメン。 ということで、チャーシューの写真は娘のをパチリ

続きを読む

親不知駅 ~ 春日山城

寝過ごしたといえど、相変わらず高速道嫌いの僕は、国道をちんたらと走っていきました 写真は2度クリックすると大きくなりますよ それにしても年末には道路工事が多いですねぇ。あっちこっちで交互通行ですよ。信号や警備に止められて時間の掛かること。。。 親不知でもトンネルの清掃・補修工事で長い列になっていました  という事で、親不知で小休憩。  親不知駅に車を停めて、缶コーヒーで一休みです ひなびた駅舎の静かな場所で、ここから一番の難所<子不知の始まる場所です。            また、この辺りは豪雪地区でもあります。構内には除雪車が準備万端 親不知には「歌」という地区がありますが、ここは水上勉の「越後つついし親不知」の舞台になっていま…

続きを読む

上越高田・会津墓地

金谷山スキー場の「スキー発祥の地記念館」の脇の道から降りて道路を県道に向かうと、杉林に墓地があります。知る人も少ないですが、これが「会津墓地」です。 会津戦争を戦い抜いた会津藩士1742人は降伏後、上越高田藩に預け入れとなりました。上越高田藩は維新時は官軍の先方として戦いましたが、元々は徳川四天王の一人・榊原康政の流れをくんでいたこともあり、旧幕軍としての会津藩への同情が強かったようです。 政府からの給費の他に藩庫からの金品を開放して、会津藩士を厚遇したそうです。 しかし、戦傷を負った者、異国と捕虜生活、栄養失調による脚気などにより、1年余りで68人が亡くなりました。68人を葬ったのがこの「会津墓地」です。更に、その後会津から移住した藩士関係者30余人が加わりました。 金谷山の裾野の静かな杉林に眠る会津藩士達。 正直、僕もここは近年になって存在を知りましたが、苦しい戦いと更なる捕虜生活で亡くなった方々が眠る地には胸に迫るものがありました。 尚、この墓所から南、臥蛇池を挟んだ場所に官軍兵士の墓所があります。 旅行日 2011.6.19

続きを読む

金谷山スキー場

1911年1月12日、オーストリア=ハンガリー帝国の軍人・レルヒ少佐(テオドール・フォン・レルヒ)によってこの地で日本に近代スキーが伝えられました。その為、この金谷山は「日本スキー発祥の地」とされています。 今年がちょうど100周年で、高田市内でイヴェントが開かれていたそうです。新潟出身で近くの関根学園に1年間在学した皆川健太郎・上村愛子夫妻や天地人に出ていた加藤清史郎君が花を添えていたそうです。 観たかったなあ^^; 当時、日本は日露戦争で勝利、世界各国から注目を集めた時期で、各国の軍事使節や軍事研究に訪れており、レルヒもその一人でした。 レルヒ少佐は自ら北方軍を希望し第13師団が置かれた高田に赴任しました。国内では八甲田山事件もあり、雪中行軍の難しさに直面していた当時の師団長・長岡外史はレルヒにスキー技術の教示を依頼したそうです。 レルヒ少佐はアルペンスキーの開祖と云われたマティアス・ツダルスキーの高弟で有名な人物だったようです。それを見越してスキーを用意して待った長岡外史も新規に優れた人物だったようです。 レルヒ少佐の「メートゥル・スキー(スキーを履きなさい。)」に始まった14人の将校達へのスキーの教練が高田のスキー隆盛に繋がりました。その後、将校夫人達へ、郵便配達夫・警察官へと広がって行きました。更に裾野は広がり、高田市民にも大きく広がり、レルヒが教示した1か月後には「高田スキー倶楽部」が発足したほどです。 レルヒは1年で旭川に赴任し帰国しましたが、毎年2月1…

続きを読む

親不知ピアパークの亀さん

国道8号線沿いの道の駅「親不知ピアパーク」 北陸自動車道の橋脚の下にある道の駅です。国道を走ると曲がりくねった道をずっと走ることになるんですが、そんな時休憩するには最適の場所なんです。 翡翠の産地で120tの原石を展示している「翡翠センター」 魚介類をうる「お魚センター」お土産類の「レストピア」 蕎麦打ち体験や魚料理教室のある「ふるさと体験館」 レストラン「漁火」 漁火と言えば、夜の国道を走っていると沖合に烏賊釣り船の漁火が見られます。 親不知海水浴場が併設されているので、そのまま海水浴場に直行も可能です。ただし夏場の昼間は車が混雑しますから、気をつけてください。 そんなピアパークの一番奥にここのシンボルが鎮座しています。 世界一の大きさの海亀像です。 高さ2.2m・幅3.9m・全長6m・重さ5t 名前は「ミリオン」両隣には1m位の小亀が2匹「マリン」と「オリオン」と、言います。 側で見ると、大きさに圧倒されますよ。是非、昼間見ることをお勧めします。優しい顔に見えますから。  怖くて不気味なのをお望みの方は真夜中にどうぞ、真っ暗なパークの中に緑のライトに浮かび上がる亀様は、ちと不気味な雰囲気です。 夜もゲートが開放されているので、トイレ休憩や仮眠のために多くのドライバーが立ち寄っています。 このピアパークから少し新潟よりに行った所に親不知駅のある「歌」という場所があります。水上勉の小説「越後つついし親不知」の舞台になった場所です。そこから富山方向が「親不知」…

続きを読む

親不知駅付近

親不知は、親不知駅から東が子不知、西が親不知になります。 駅の近くには水上勉の「越後つついし親不知」の舞台になった歌という地区、北陸高速道の下にある道の駅「親不知ピアパーク」、東からきても西から来てもくねくねして、しかも狭い国道を走ってきた人に、ちょっとした人心地を与えてくれる場所です。 親不知の駅も無人駅でひなびた駅ですが、横を走る近代的な高速道や国道と、一味違う雰囲気を与えてくれます。 旅行日 2008.12.3 親不知観光ホテル楽天トラベル 日本海を望む断崖絶壁に建ち、北陸街道の歴史を偲ぶ。 楽天市場 by 越後つついし親不知 (新潮文庫 み 7-7)新潮社 水上 勉 Amazonアソシエイト by

続きを読む

春日山城

北信越で人気投票をすれば、トップに上がってくる人気者が上杉謙信です。義の武将とも呼ばれていました。 その上杉謙信の居城が春日山城です。 標高189メートルの山城です。急峻な山肌の山上にありました。 江戸時代に廃城となり建物は在りません。 山頂まではひたすら登りが続きます。登ってみましたが、日頃運動不足の僕にはつらかつたぁ。。。。頂上に着いたら、息が切れてゼイゼイでした。 でも、山頂からの眺望は美しいですよ。しかも、四方を見下ろすように。。。体力に自信のある人は挑戦してみてください。辛かった登りの見返りに余りある眺めが待っています。 来春の大河ドラマは、「天地人」の直江兼続ですが、前半戦はこのあたりが舞台になります。上越市のあちこちにポスターや幟が立っていました。 旅行日 2008.12.3

続きを読む

最近のコメント