金沢城 河北門 菱櫓

延宝年間(1673~1681年)の金沢城図(下が北・上が南)寛永の大火後、本丸・東丸から拡張した二の丸にある二の丸御殿の表向が加賀藩の政庁になります。現在発掘・資料調査が行われ、次回の復元はここに決定しています。二の丸御殿表向に家臣団・使節が向かうのが尾坂口から新丸を経由する大手道、石川門橋を渡ってくるのが搦手道。この二筋の道が合流するのが三の丸の中心部で堀際を右に五十間長屋に見下ろされながら、渡し橋を渡って二の丸に至ります。この間には多くの門がありますが、その中で枡形を設けた門(河北門・石川門・橋爪門)を、金沢三門と呼んでいます。この三門の内、河北門と石川門が金沢城内への正式な入口になっていました。橋爪門は政庁でもあり殿様御殿への式台門の役割を果たしていました。金沢城 河北門 一の御門 石川門をご紹介した時にも書きましたが、河北門も石川門と同じく表門+枡形+櫓門の順で通行するもので、周囲を櫓・長屋・石垣で構成されています。この為に河北門の名もこれらの総称となります。 新丸が造成されて大手堀が外堀となったために、石垣下は第二の外堀兼内堀となっていました。明治の埋立でお堀通りやいもり堀という水源を失ったために荒れ地でしたが、発掘調査後に湿性池として往時の半分ほどですが湿性池として堀を復元しています。新丸側は往時の護岸を復元したそうです。本来は二の丸は現在の三分の一にも満たない広さで北側の多くは三の丸でした。本来はこの石垣は三の丸下石垣だったわけです。3代藩主・前田利常が二の丸御殿増設のために二の丸…

続きを読む

10代前田重教(七男)~11代前田治脩(十男)

石川門 表門・続櫓 宝暦9年(1759年)宝暦の大火によって石川門も焼失していました。再建は案内では天明8年(1788年)となっています。しかし、正確には明和2年(1765年)の石垣の修復が手掛けられ、櫓などの構築物が天明8年に完成しています。金沢の城下町の9割を焼いた大火からの復興は限られた予算によって30年近い歳月が掛かっています。これには二人の兄弟藩主の地と涙の努力が表されています。 宝暦9年(1759年)宝暦の大火で金沢城が全焼した際に石川門も焼失し、明和2年(1765年)に10代藩主・前田重教(しげみち)によって石垣が補修されています。予算の調達や城下町や産業の復興が優先されたこともあり、櫓などの建物は天明8年(1788年)11代藩主・前田治脩(はるなが)によって再建されています。ちなみに加賀藩主の7代から11代は兄弟が藩主を繋いできましたが、治脩はその最後の兄弟藩主になります。ここからは、本来ならば家臣の婿養子になったり、仏門で人生を過ごすはずだったのに、運命の変転で、苦労に苦労を重ねて石川門を再建した二人の兄弟藩主について。。六代藩主・前田吉徳の野田山墓所 加賀騒動の主役・大槻伝蔵を抜擢して藩主独裁による急進改革・経済改革に着手しました。それなりの成果を挙げつつあった中で逝去。彼の死と共に守旧派の巻き返しによって政策は頓挫しています。死後に、藩主独裁が頓挫するかもとは予測できても、自分の後継が長男から十男まで続くなどとは想像もつかなかったでしょう。大槻伝蔵朝元の墓所(妙成寺)200…

続きを読む

金沢城 石川門・石川櫓

金沢城 石川門 表門(高麗門)・太鼓塀 石川門は金沢城の搦手門として江戸期は金沢城の第二の門でした。明治以降、そして金沢大学時代、そして現在は兼六園側からの入口として、誰にも金沢城の正門として認識されてきました。この日もここだけは観光客が多く、密になるので早々に退却。。画像が少なくて申し訳ありません。石川門は表門・多聞櫓・渡り櫓・続櫓・菱櫓・太鼓塀から構成された枡形門の総称になります。画像の門は表門で高麗門の形式で、左右(南北)に太鼓塀を有しています。 金沢城石川門 表門・表門北方太鼓塀・表門南方太鼓塀・櫓門・続櫓・櫓・附属左方太鼓塀・附属右方太鼓塀(8棟)天明8年(1788年)再建 重要文化財 昭和25年(1950年)8月29日指定 金沢城公園の入口となっている石川門は、金沢城の時代は搦手の門で、石川郡の方を向いていたので「石川門」と称した。型式的には桝型門で、表門・多聞櫓・渡り櫓・菱櫓・太鼓塀から構成され、その全体を石川門といっている。石垣の上の、腰に海鼠壁を付けた白壁に、鉛瓦のにぶく光るその姿は、周辺の樹木と相映じて四季を通じて美しい。前田利家の入城以来整えられた金沢城は、宝暦9年(1759)の大火で全焼し、その後、天明8年(1788)に至って、ようやく再建された。寛政11年(1799)の大地震で損傷を受けており、文化11年(1814)に櫓を解体修理している。その後も修理を重ねながら、昭和28年(1953)から同34年(1959)にかけて大修理が行われ、現在の姿となった。 (石川県HPよ…

続きを読む

金沢城 鶴の丸 +三十間長屋

鶴の丸跡 左の建物は平成29年(2017年)に新設された鶴の丸休憩館。以前にも簡易な休憩所があったのですが老朽化で建て直されました。東側が入口になりますが西側は全面ガラス張りで、橋爪門・続櫓から五十間長屋・菱櫓を一望できます。館内には金沢城の発掘調査結果の展示、カフェレスト「豆皿茶屋」で九谷焼や山中塗りの器や皿で食事やお茶が楽しめます。館外には石垣や土塀の構造展示などが見られます。鶴の丸広場(鶴の丸休憩館からの眺望) 復元された橋爪門・続櫓・五十間長屋・菱櫓が一望できる絶好スポット。鶴丸御殿はこの広場になるのではないかと考察されます。以前は近代に造られた泉水の庭園になっていましたが、休憩館が出来てイベント広場に替わっています。延宝年間(1673~1681年)の金沢城図(下が北・上が南) 濃紺の丸点は井戸で鶴の丸には五カ所もあり、これは他の丸や郭よりも非常に多いものです。三の丸は新丸から河北門を抜けて来る大手道、石川門からの搦手道が合流する処で、三の丸から内堀の橋を渡って橋爪門から入城するのが正式な経路でした。 東の丸・本丸から下りて来た広場が鶴の丸になります。金沢城初期には三の丸の一部もしくは丘陵の一部だったと思われます。内堀が整備されてからは隔絶した広場として、庭園の要素が強く歴代藩主が植えたと伝わる各種の木々が植樹されています。 鶴の丸から東の丸  於松の方は築城当時から江戸に行くまで東の丸に在住でした 鶴の丸の名の由来は、芳春院(利家正室・於松)が東の丸在住中に、東の丸直下の郭に鶴が舞…

続きを読む

金沢城 鶴丸倉庫

東の丸北石垣(丑寅櫓下高石垣) 金沢城内で現存する最も古い技法・野面積による石垣になります。ちなみに野面積みは自然石その物や荒削りの石を組み上げたものです。右は東の丸附け段の石垣で上部に鶴丸倉庫があります。前回の丑寅櫓を紹介した時に北側の石垣画像を載せましたが、実は全体画像があったはずなのに見つからず、鶴丸倉庫での画像を載せて誤魔化していました。見つけたので、まずはその画像を。。金沢城絵図(延宝年間(1673~1681年) 金沢市立玉川図書館近世資料館蔵今回はこの絵図を多く使わせて頂きましたが、一目でわかるのが石垣ですが、オレンジ色は建物を表しています。L字、細長いものは長屋(多聞櫓)になります。(一部、門もあり)東の丸御門から本丸裏手門への遊歩道 虎口のような導線に、往時には正面石垣は本丸の一体の本丸高石垣でした。本丸石垣の右端に沿うように本丸裏手門があり、右石垣下には大きな枡形でそこに鶴丸倉庫があります。鶴丸倉庫 本来は東の丸附段にあるのですが、鶴の丸に隣接することから明治頃から呼称されてきたようです。本丸・東の丸から藩主の政庁・御殿が二の丸に移り、半分放棄状態されてから呼称されたと思われます。金沢城内には多数の倉庫・土蔵がありましたが、防衛施設の長屋(多聞櫓)も平時は倉庫として使用されていました。全国の城郭内の土蔵としては最大級(延べ床面積636㎡)と云われていますが、古絵図には鶴丸倉庫より数倍規模の土蔵が幾つも描かれています。金沢城は倉庫・蔵だらけの城でもあったわけです。鶴丸倉庫 右の石垣…

続きを読む

金沢城 辰巳櫓跡・丑寅櫓跡

本丸・東の丸北側の遊歩道の森東の丸跡 辰巳櫓台の木々 丑寅櫓と辰巳櫓の間には今は鬱蒼とした森になっています。上の遊歩道北面(本丸・東の丸)は自然林が多く城壁側は明治の植林と自然林が混在しているそうです。 本丸の森 本丸・東の丸の南面の森の遊歩道を東に進むと、辰巳・丑寅櫓跡に抜けられます。金沢城絵図(延宝年間(1673~1681年) 金沢市立玉川図書館近世資料館蔵 一段目の高石垣は埋めてなだらかな斜面地の土台にしていたようです。明治の災害はこの平地部の土砂を掘り起こし、高石垣を壊したのが原因ではないかと考えらます。小立野台地の最西端になる金沢城では防衛の最重要地と見なされていたのが、同じ台地上(兼六園など)となる東側及び東南部が重視されていました。この為に東面に百閒堀(長さ270m・幅68.4m・水深2.4m)、南面に宮守堀(いもりぼり、最大幅40m・最大水深10m)の直線的な外堀が配され、城壁も20m以上に及ぶ高石垣を巡らしていました。この石垣上に配されたのが角地の隅櫓となる辰巳櫓と丑寅櫓でした。古絵図などから両櫓は石垣からはみ出すような造りで石落としも備えられ、間には鉄砲狭間を備えた土塀・矢倉塀・長屋が配されていました。特に辰巳櫓は角にあることから、金沢城でも一番目立つ建物だったと云われています。上:辰巳櫓跡 明治の改編で敷地は狭くなっています。金沢城から城外眺望を見るには最高の場所右:下:辰巳櫓下石垣 2021.2.7撮影金沢に訪れて中心通りとなる金沢市役所やしいのき迎賓館のある広坂通から兼…

続きを読む

金沢城 戌亥櫓跡

金沢城本丸西端 戌亥櫓跡 左奥にあるのが戌亥櫓跡の土台石垣になります。本丸の森に入って最初の三叉路を左に行くと本丸の西側部広場にでます。江戸初期、寛永8年(1631年)の寛永の大火によって、城下町の殆どと金沢城が全焼した際に3代藩主・前田利常は金沢城再建・改造だけでなく金沢城下町の縄張り・区割りを再整備しています。この時の大改修が現在の金沢城の縄張り、城下町の区割・道路などの基礎が出来たと云えます。大きな事業として辰巳用水の開削による大量の堀や導水路による防火・生活水の導入。それまでも多少の浅野川・犀川の直接導水はあったものの、金沢城内の水堀が整備強化されたのもこの頃だと云われています。それまで城内に居住していた家臣団を城外に出し、城下町の区割を確定しています。金沢が武家の都市となったのもこの時からが正式なものと言えました。政庁の機能を有していた本丸を放棄し、二の丸と三の丸の境目を開削して二の丸を大拡張し、政庁と殿様御殿を合わせた二の丸御殿を造営して、金沢城の政庁機能・防衛力を増強したわけです。本丸(戌亥櫓)からの金沢城 正面に金沢城三門の橋爪門、後方は橋爪門続櫓、後方に長く伸びるのが五十間長屋になります。橋爪門は石川門(搦手門)・河北門(正門)と合わせて金沢城三門と呼ばれますが、格式が一番高く枡形も金沢城最大の広さを誇ります。橋爪門の右が三の丸、左が二の丸になります。金沢城橋爪門戦国気風が残る江戸初期とはいえ、城下町の整備や城の改築増強は幕府の監視に引っ掛かる重要案件でした。大火災による惨状は、…

続きを読む

金沢城② 極楽橋~三十間長屋

二の丸御殿跡から本丸付け段 左端がニの丸と本丸を繋ぐ極楽橋、右上に見えるのが三十間長屋極楽橋 尾山御坊時代の施設で唯一名を遺すと云われています。現在の極楽橋は平成3年(1991年)に改修工事をされたアーチ橋です。冬場には筵が敷かれ歩行者の滑止となっています。極楽橋 本丸付け段の石段から、観光客の多い日でもこの辺りは意外に人が少なく静かな場所です。二の丸御殿の御居間廻と奥向の境(台所)から南に極楽橋があります。極楽橋は切通(涸堀)を渡る橋ですが、加賀藩以前の尾山御坊時代から存在した名だと伝えられています。加賀一向宗の本拠・尾山御坊(金沢御堂)は現在の金沢城内に存在したと云われていますが、天正8年(1580年)に柴田勝家が攻略し、城主として佐久間盛政が入城しています。佐久間盛政は尾山御坊の施設を御堂及び周辺を徹底的に破壊し、名前さえも消し去って、加賀一向宗を排除して金沢城を築いています。このために、金沢御堂の所在地も不明状態になっていました。涸堀の発掘で極楽橋下に一向宗時代の遺構があることが発見され、城の形態の研究からも、、現在の金沢城の本丸から御宮広場・藤右衛門丸(北の丸)にかけての金沢城西側が尾山御坊の城塁になると推測されてきています。しかし石川門橋には一向宗時代から御坊の土橋があったといわれ、正式な位置は不明です。涸れ堀(かれほり) 極楽橋上から、上が西方向(玉泉院丸・いもり坂)、右:東方向(橋爪御門)、右が本丸石垣上に長屋、左の石垣上には門まで土居が積まれていました。極楽橋は東西を見通せるよう…

続きを読む

金沢城① 玉泉院丸~数寄屋敷跡

今更ですが、新年明けましておめでとうございます。相変わらず時季外れや拙いブログですが、本年もよろしくお願いします。今回も前回の続きですがおつきあいください鼠多門橋と鼠多門 鼠多門は創建は不明(推測では寛永初期)ながら、金谷出丸(現・尾山神社)と金沢城・玉泉院丸を繋ぐ門として江戸期を通じて使用され明治まで残存していた門になります。金沢城を全焼させた宝暦の大火(宝暦9年(1759年))、陸軍の不始末による大火(明治14年(1881年)にも類焼を免れた金沢城最古の建造物の一つでしたが、明治17年(1884年)に火災で全焼していました。昨年(2020年)7月に復元が完成して御目見えした門になります。 前回詳細 ⇒ 2020.07.27 金沢城 鼠多門・鼠多門橋鼠多門橋は門と同時期の創建と云われていましたが、江戸期には少なくとも3度以上の架け替えの記録が残っているそうです。明治10年(1878年)に老朽化により撤去されて以来、金谷出丸と玉泉院丸を隔てた堀が道路となったこともあり、142年間姿を消していました。鼠多門と共に今年7月に復元が完了。これまでは東の石川門が主要観光路でしたが、武家屋敷・近江町市場・尾山神社からの新たな観光連絡として期待されています。元々、玉泉院丸を囲む南西石垣は美しさで人気がありましたが、木々で覆われていた西側石垣も再整備されて上部石垣が組み直されています。もう少し歳月を経れば、右の南西石垣と馴染んでくると思われます。玉泉院丸庭園 泉水部嫁さんは登り降りは…

続きを読む

尾山神社

11月18日、営業仕事が一軒+訪問一軒だけ、しかもサインをもらうだけ。。そして場所は尾山神社の門前横丁(尾山町商店街)。ちなみに尾山町商店街は戦後の引揚者のために造られた四軒の長屋風建物が始まりで、尾山神社門前の左手には当時の建物が残っていて、独特の雰囲気があります。天気も上々だし、少しは気晴らしに金沢城内を歩いてみようかと、まだ鼠多門どころか玉泉院丸も観ていない嫁さんを連れ出して、金沢城内を散策しようということに。。嫁さんは河北門が復元工事の際に来て以来ですから、12年ぶりに城内に入るかも。。尾山神社の門前のコインパークに車を駐めて、40分後に尾山神社の境内で落ち合うことに。。 前回一人で訪れたのは7月末の雨の日で、緑の濃い時期でしたが、今回は紅葉混じりで一部散ってしまった木も多いですが、見比べると景色の違いも感じられるかも。。 尾山神社神門 上:門扉・梅鉢紋透かし彫り 右:中央欄間透かし彫り尾山神社は明治となって藩祖・前田利家を卯辰八幡宮(現宇多須神社)から遷座するために旧加賀藩家臣団が建立したものです。明治となったこともあって、レンガやステンドグラスと云った新しい洋風を取り入れながら、加賀藩時代に培った彫刻技術が織り込んでいます。神門も和洋折衷ながら、門塀・扉・桟の欄間などには細かな意匠の伝統工芸の透かし彫りが見られます。尾山神社拝殿前境内 神社の境内は結構広いのですが嫁さんはすぐに発見@@ 真剣に物を観る時は、後ろに手を組むのが癖ですぐ分かる@@上:尾山神社拝殿 中:拝殿内 右:拝殿横…

続きを読む

野田山④ 加賀藩主墓所 息女たち+六男・利貞

前回は篠原家が多くなってしまいましたが、墓所としては前田利久(利家長兄、真寂院)・前田利家(高徳院)・松(芳春院)夫妻をご紹介しました。今回はこの三人を取り囲むように築かれている墓所群になります。配置図にあるように利家・松夫妻の子供たち、2代前田利長・永姫夫妻、長女・幸姫、四女・豪姫、七女・千世姫・六男・利貞になります。利貞は敷地内かという問題と墓所の規模が小さめですが、他の5人の墓所の敷地面積は地形に影響されて多少の大小はありますが、墳墓の規模や構造は共通の大きさ、高さで構成されています。前田利久・利家兄弟を除く7人の墓所位置は、逝去順もありますが、3代利常の指示によると推測されています。また利家の崖下の九女・保智姫は利長か利常の指示かは微妙な所。。戦国期の子だくさん夫婦、前田利家・松夫妻には二男・九女の実子がありますが、松が閨房を離れた30歳以降は利家は側室との間に多くの子を生しています。ちょっと長いですが、生まれ順に羅列していくと。。生母は割愛。。(他に早世、幼世で代数に入っていない人、養女は含めていません。含めると不明も多いので20~30人になってしまいます。) 続柄 諱名 院号            生年         没年      享年  墓所長女 幸  春桂院 前田長種室  永禄  2年(1559年) 元和  2年(1616年) 58歳 野田山長男 利長 瑞龍院 二代当主   永禄  5年(1562年) 慶長19年(1614年) 50歳 高岡本墓次女 蕭  瑞雲院 中川光重室 …

続きを読む

野田山③ 前田利久 前田利家夫妻 篠原弥助長重

加賀藩主墓所の初めの埋葬は、家祖・前田利家の長兄・利久からと云われています。天正11年(1583年)に能登に入った前田利久は天正15年(1587年)8月に亡くなり、利久死去の報を聞いて驚き色を成した弟で家祖・利家が自ら「いづみ野迄野おくり」、を行い当時はまだ名前のなかった泉野の山頂に葬っています。慶長4年(1599年)閏3月に前田利家が亡くなると、遺言により野田山の利久墓所の下段に葬らせています。この二人の埋葬と墓所の造営が野田山の藩主墓所及び野田山墓地の始まりになります。この後には3代利常の意向によって7名の墓所を同高所の一角に葬ったのが初期前田家墓所になります。 加賀藩の系譜(過去帳)によれば、草創期の前田一族の野田山被葬者(利久・利家は利家指示、蕭は利長、利長遥拝墓以降が利常指示)を羅列すると名前 読み   院号  続柄   没年年月     西暦    享年 利久 としひさ 真寂院 利家長兄 天正15年 8月 1587年  ?  (生年不詳)利家 としいえ 高徳院 初代家祖 慶長 4年閏3月 1599年 62歳?(生年不詳)蕭  しゅく  瑞雲院 利家次女 慶長 8年11月 1603年 41歳            中川光重正室利長 としなが 瑞龍院 利家嫡男 慶長19年 5月 1614年 50歳  2代拝墓保智 ほち   清妙院 利家九女 慶長19年 8月 1614年 20歳            松平信吉婚約者・篠原貞秀正室幸  こう   春桂院 利家長女 元和 2年 4月 1616…

続きを読む

野田山② 村井長頼・奥村永福 利家の両輪

野田山加賀藩主墓所から金沢市街 中央の大きなベージュの建物は金沢大学付属病院、その左端裏が菩提寺の宝円寺、右端手前が天徳院になります。その後ろの山稜は卯辰山稜、山稜の左端手前が金沢城になります。前田利家の墓所は金沢城本丸から南東の方角(辰巳の方角)で、鬼門(北東)に次ぐ不吉な方角と重視していた方角です。鬼門には利家の霊を祀った卯辰八幡宮(現宇多須神社)。重要方向に家祖・前田利家を祀っていたわけです。また、裏鬼門(南西)には小松天守台を3代・利常が築いていました。手前の大きなグラウンドは陸上自衛隊金沢駐屯地。今年の2月にはじっこだけの画像に、長々と説明を加えた加賀藩主墓所。今回は初期の主要墓所群を訪れてきました。今回は久しぶりに駐車場まで来ました。墓所までは狭い道を通らねばなりませんが、駐車場は広々としています。いつも平日に来ると寂しいくらいに誰もおらず静かな場所です。駐車場は前田利家の眠る墓所からはちょうど真下の下段に当たり、利家の目線と同じく金沢の城下町が一望に出来る位置になります。2020.01.18撮影 藩主墓所表参道石段 起点江戸時代は前回紹介した表参道入口からひたすら登り続け、最後に長く急な石段を登ることになります。右の画像は表参道の石段となる前田家墓所の玄関口になります。藩祖・前田利家の正室・松(芳春院)は慶長19年(1614年)に長い人質生活から解放され金沢に戻っていますが、晩年には足腰の衰えでこの石段を登ることが出来ず、麓の墓守寺に利家の遥拝墓を建て墓参としていました。その長い石段…

続きを読む

玉泉院丸庭園② 借景の石垣群

色紙短冊積石垣 玉泉院丸庭園北東面の借景。色違い・大きさの異なる石を組合せて積み上げた石垣。色も青・赤戸室石、そして黒は藩主親族のみの使用に限定された坪野石が使われています。綱紀時代に製作されたと予想されていますが、利常が築城した小松城天守台の石垣にも使用されており、鵜川石も使用され5色遣いでした。小松城石垣を手本にしています。段落ちの滝の水源にもなっていました。右上部に水口のような蛇口があり、水を落としていました。滝つぼと呼ばれる水の落ち口には玉石が敷かれていました。残念ながら水源がないために水落の再現はなされていません。惜しい。。元和9年(1623年)玉泉院が逝去し屋敷が撤去され、玉泉院丸と呼称されてから10年ほど後、寛永8年(1631年)加賀藩政期における四大火のひとつ寛永の大火が起きます。金沢城外南西部から出火した火事が強風であっという間に金沢城や金沢市街地を嘗め尽くしました。当時、金沢城内には水の手が少なく、堀も空堀に近いものだったと云われます。金沢城内の本丸の辰巳櫓が類焼、燃えるに任せたまま更に二の丸・三の丸と惨状を拡大して、中心部にかけて石垣も含め家臣屋敷も焼き尽くす大火となっていました。 火事の原因が藩士による色恋沙汰の放火ということも加わって、前田利常は家臣団の組織変更を含め、金沢城や城下町の町割り編成など大胆な修理と変更を加えています。特に本丸に天守替わりだった辰巳櫓を失ったことは大きく、本丸を放棄して政庁を移すために二の丸を拡大、二の丸と三の丸の間を整地して堀を北上させて4…

続きを読む

玉泉院丸庭園① 玉泉院(永姫)

鼠多門を潜って石段を登ると広がるのが玉泉院丸庭園。江戸期に存在した殿様のプライベート空間の大名庭園を復元再現したものになります。玉泉院丸庭園 北西側遊歩道 右の建物は玉泉庵、中央上部石垣上に見えるのは三十間長屋。ちなみに玉泉庵は緑茶と上生菓子を呈茶(730円)する観光施設で茶室や休憩室から庭園を一望できます。藩政期には露地役所(庭園の整備管理をする役所)が置かれた場所でした。三十間長屋は安政5年(1858年)築造の多門櫓で石川門・鶴丸倉庫と藩政期の建築物として国重文。玉泉院丸案内図(石川県HPより、上が東、下が西、右が南、左が北) 玉泉院丸庭園 北側水路船溜まり 上:紅葉橋址 右:北石垣沿い水路跡様々な古図などによれば、往時の泉水は倍近くの大きさがあり、右の三の島から玉泉院丸口まで東西の谷間を縫うように泉水があり、玉泉院丸を囲むような内堀(宮守(いもり)堀から揚水を行っていました。南側水路を暗渠にしたのは幕末の13代斉泰が唐傘亭を築いた頃と推定されます。逆に北側は象の鼻先のような船着場から北に石垣群に沿うように水路があり橋を潜って船上から石垣群を見られるようにしていました。北水路は前回紹介した丸の内園地の内堀手前までで、そこから内堀に排水していました。 天正11年(1583年)の前田利家の金沢入城から江戸初期にかけては西の丸の一部としての扱いでした。寛永の大火以前は、藩主及び家族は本丸御殿、利長が建てた鶴の丸別邸が藩主の住まい&政庁として使用され、家臣団は本丸以外の城内に住居していたのですが、二…

続きを読む

金沢城 鼠多門・鼠多門橋

尾山神社がある旧金谷出丸と金沢城の外丸の玉泉院丸を連結していた鼠多門橋。そして出入口となっていた鼠多門の復元が完成しました。鼠多門・鼠多門橋 同じく石垣を復元した北櫓跡から 往時は橋の幅いっぱいに堀となっていました。鼠多門は明治の写真2枚と遺構調査により忠実に再現されています。石垣部も残存石と3D加工石を組合せ、建物も釘を使わない伝統工法と、古式と現代建築の融合物です。橋は明治の老朽撤去の桁礎石を採用しています。当初の計画では年末完成予定でしたが、東京五輪の開催に合わせた完成に修正していましたが、予定通り7月初旬に完成しました。この完成によって金沢の顔となっている尾山神社から金沢城公園へ直接入れるようになりました。新しい観光コースと期待されています。7/18に一般公開と共に尾山神社・金沢城公園の共用が開始されたんですが、もう一つの朗報が外丸となる玉泉院丸庭園が無料開放になったこと^^国立工芸館正門&連結廊下上:旧陸軍金沢偕行社(明治42年(1909)築) 右:旧陸軍第九師団司令部庁舎(明治31年(1898)築)以前までの建物を知るせいで、あまりの綺麗な色目に驚き@@ 移築時の調査で判明した新築時の色に塗り直したそうです。もう一つ目玉となる東京国立近代美術館工芸館が金沢に移転する国立工芸館も、旧第九師団司令部庁舎と旧金沢偕行社の建物を移築改造して昨年秋には完成、建物および館内の完熟期間も終えて展示品が東京から搬入、ただ開館はコロナ対策もあって10月31日に延期となっています。それでも現在は目隠しとな…

続きを読む

金沢南総合運動公園バラ園 雨の残り花

今年はどうも花の盛りに、花の名所を訪れるというのが、なかなかできずに盛りが過ぎてから通るという、どうもタイミング自体にも恵まれていませんでした。しかも、残った花を見ようとすると天候に恵まれないというのが続いています。金沢南総合運動公園 緑地広場バラ園への道金沢のバラの名所と云われるのが、今回の金沢南総合運動公園にあるバラ園になります。今年は残念ながら見頃の4.5月は入園禁止の閉園状態で入れず、解禁となった6/1には、新聞に画像が載って最後の見頃にどっと人が集まっていたようです。どうも人が多いのを避ける僕としては今年は諦めていたのですが、たまたまこの日真ん前を通ったら、雨降りということもあって駐車場もがら空きで、ちょっと寄り道をしてみる気になったんです。駐車場に着いたときには雨が強く降ってきてあちゃ~~~っと思っていたんですが、バラ園に向かう頃には小雨に。。噴水園地ちなみに金沢南総合運動公園は、皇太子(昭和天皇)成婚記念事業として、大正14年(1925年)に完成した400mトラックを持つ多目的(野球・テニス・バスケット)運動場として造られた金沢市公設運動場が創始になります。昭和22年(1947年)第2回国民体育大会(国体)の為に、主会場・陸上競技場に改修。 昭和33年(1958年)サブグラウンド(球技場)・屋内外プール施設(金沢市総合プール)更にバラ園を含めた緑地公園を整備、面積も2倍となって完成させて都市計画金沢総合運動公園となっています。 平成2年(1990年)に金沢北部に城北市民運動公園が…

続きを読む

犀川・犀川神社

金沢の城下町を形作っているのが、犀川と浅野川になります。この二つの河川に囲まれたのが金沢の城下町になります。対照的な流れとして優美な流れの浅野川は女川(雌川)。雄々しい流れの犀川は男川(雄川)、雅名・菊水川と呼ばれて、金沢の様々な景観や産業、生活に根付いています。水源の両白山地からの雪解け水、いつ開けるか解らない梅雨、「弁当忘れても、傘忘れるな」という言葉があるほど、県庁所在地では高知と全国一位を争うほどの降水量、雨の多い金沢という土地柄から、何時も水量豊かな川と用水路の流れをもたらしてくれています。水不足を知らない土地柄として恵まれています。犀川 犀川緑地から上流方向ところが、今年は暖冬で上流部も雪なし状態で雪解け水が少なく、春は例年の1/3と云われるほど雨が少なかったこともあって、極端に川の水量が少なく、少し寂しいものがありました。ちょうど、今の時期には犀川では鮎が産卵のために溯上を始めているのですが、あまりに川水が少なく川底が浅くなったために上流に遡上できないという異常事態で、ついに水量調整で上流貯水を増やし放流が計画されています。というわけで、普段なら水量豊かな川が流れているのですが、水の少ない画像で申し訳ありません。 北陸特有の高所から低地に流れる短い河川から過去には何度も水害をもたらしてきました。有名なものでは大正11年(1922年)大雨で浅野川・犀川が氾濫、両川の橋が天神橋を除き全て流出、犀川大橋は流木などで危険性を増し、繁華街も浸水し、…

続きを読む

河北潟干拓地 だいこんの花

今年はゆっくりと花見が出来なかったので、ずっと残念に思っていました。ゴールデンウィークも外出自粛で、人が集う花の名所にもいかずじまい、、今年の春はお花見なんて無理だなと思っていたのですが、ゴールデンウィークはせめて2.3度でも実家の草刈りをせねばならないし、ここ何年か夏になってからだったので草というより草叢・草木になっていましたから・・今年は少し心を入れ替えて、頑張ってみようと思ったんです。 今年のコロナ騒ぎでは各種のイベントが中止されていますが、河北潟の干拓地でも平成7年(1995年)から続けられてきた35万本の向日葵が咲き、大きな迷路を作る「ひまわり村」の種植えが今年はまだ行えずにいます。毎年、保育園児や小学生が種植えに多く参加しているのですが、なにせ今年のコロナ騒動では感染率の高い石川県では、現在のところ様々なイベントが中止・順延となっています。今回の危険宣言も延長になったことで、ひまわり村も難しくなったと云わざる負えません。 草刈りの帰り道、嫁さんとドライブがてら河北潟の干拓地を通って自宅に戻ることにしたんですが、そこで思い出したのが花畑。今年は春になってから、前述のように梅も桜も、そして藤も牡丹も観ていないんです。我が家では嫁さんが喘息持ちということもあって、例年花粉症もあって外出は避け気味ですが、今年は完全に人混みは避けていましたから^^;でも僕の知る干拓地の一隅なら、そもそも人がいるのはまれな場所^^と、いうわけで少し寄り道してみました。河北潟干拓地 津幡町 小麦畑河北潟は昭和3…

続きを読む

霊寶山 善性寺

山側環状道路を能登方向から加賀方向に向かって、四十万町東の交差点を左折してすぐの場所にある寺院が善性寺になります。浄土真宗の真宗大谷派(東本願寺)の寺院になります。善性寺のある場所は金沢市四十万町にあります。 四十万(しじま)の町名の由来は解らないのですが、中世には富樫の庄・額(ぬか)七か村(大額・額谷・額乙丸・額新保・額三十苅(現・三十苅町)・額助九(現・四十万?)・額栗林(現・馬替?)、明治22年(1889年)に合併・額村、昭和29年(1954年)に金沢市編入村の一つだったと云われています。善性寺のある場所は加賀一向一揆に滅ぼされた富樫政親が最後の牙城とした高尾城から同じ峰筋の南2キロほどになります。 平安期から戦国末期まで、加賀に古く根付いていた富樫氏ですが、その基盤となっていたのが富樫の庄と呼ばれる地盤でした。本拠の富樫館のあった野々市を中心に、白山市の一部(郷村など)、明治以降昭和にかけて編入された金沢の前述の額村・富樫村・押野村・三馬村辺りが中心的な主要基盤の地だったと云われています。富樫の名を引き継ぐ富樫村、12代・泰家(加賀守護初代)の弟・家忠・景家からの額田・額氏を引き継ぐ額村などは、以前にご紹介した芋堀等五郎伝承などが残るように発祥地的な存在と見られ、高尾城が示すように最終防衛地でもあった富樫家の重要地だったと思われます。善性寺 本堂大屋根善性寺は明応8年(1499年)に前述の富樫政親を滅ぼした富樫泰高によって寺地と寺院寄進により法慶(ほうきょう)によって開基されたものです…

続きを読む

波自加彌(はじかみ)神社

神社に行くと、神社の奥山に先座地や奥宮がある場合があります。今回の波自加彌(はじかみ)神社も、だいぶ前になりますが奥宮の方をアップしていました。 ⇒ 2017.05.10四坊高坂八幡神社(波自加弥神社奥の院)  今回は改めて本社の方に伺いました。神社の駐車場は山上になるため表参道を右折して山道を登ると便利ですが、なにせ参道は長い石段に急な傾斜。。一応、山上から一往復しましたが、きつかったあ。。冬の間にすっかり運動不足のつけがたまってますねえ。。というわけで進行(撮影)方向とは逆になりますが、表参道入口というより時間が無くて立ち寄れなかった遥拝所付近からスタート。。 波自加彌神社標柱 花園小学校から100m程北に進んだ旧北国街道沿いの三叉路に建っています。標柱の方向に進むのが波自加彌神社の本宮への表参道になります。北国街道をここから、更に北に7,80m進んだ右に遥拝所兼神主さんの自宅があります。御札やお守り、御朱印帳は遥拝所で授与して貰えます。ナビに頼るとこの標柱に案内されてしまいますが、この標柱から500m程、IR七尾線の踏切、国道8号の二日市交差点を越えて行った山の突き当りにあるのが波自加彌神社の本宮になります。表参道入口には河原市用水に立派な神橋が掛かっていていますから、それが良い目印になります。波自加彌神社 神橋 河原市用水(浅田用水)河原市用水(浅田用水)は医王山を源にする森下川の不動寺町から取水して山裾を縫うように流れ、更に旧国道8号に沿うように10.2キロを流れて津幡町の加賀…

続きを読む

野田山墓地

今冬は雪が降らない降らないと云っていたら、ここ3.4日雪が降って、うっすらと積雪が道に積もって久しぶりに、雪道を車で走りました。。久しぶり過ぎて怖々ハンドルを握っていました。さすがに朝は凍結で、雪に慣れてる石川県人もそこここでスリップ事故や立ち往生があったみたいです。(2/10)しかし、その後は温かくすぐ溶けちゃいましたが。。。 コロナウィルス騒ぎも収まりませんねえ。。今週風邪をぶり返した嫁さんが医者に行ったら軽い肺炎で、一週間の絶対安静でドクターストップ、家でどんよりテレビ三昧の日々を送っています。時期が時期だけにインフルやいろんな検査をやられて、落ちこんどりました。。(風邪をこじらしたで、チョン)。。クルーズ客船も日増しに陽性患者が増えてて心配ですねえ、、足留めを喰らったみなさんには頑張って欲しいものです。ダイヤモンド・プリンセスは昨昨年寄港した「MSCスプレディダ」が寄港するまで、金沢港の最大のクルーズ客船の記録を持っていた船で、僕も眼の前で見て思入れがあるんで、早く収束することを願っています。 2014.07.20 無量寺埠頭 護衛艦ちくま加賀藩主墓所本参道 ここから長い石段を登ると前田利家夫妻の墓所正面に直接向かえます。僕は車を左に進めて墓所手前から歩いてみました。1.2月は雪がないとはいえ氷雨や冷たい雨降りが多く、遠出をほとんどしないのですが、この日も冷たい雨降りでしたが河北からの帰り道、久しぶりに野田山墓地に立ち寄ってみました。一応目的地は加賀藩主墓所のつもりだったのですが。。右の…

続きを読む

河北潟野鳥観察舎

石川県運転免許センター先月のお話になりますが、嫁さんの免許更新があって免許センターまで送り迎えすることに、、嫁さん、近場の買い物とかは車も運転するのですが、石川の道は狭いし解り難いからヤダ、キライといって片道5キロ圏内しか運転しない。おかげで遠出の買い物なんかは僕がお抱え運転手。おかげで金沢の北端にある運転免許センターには毎度、僕が送り迎えしているのです。 まあ、おかげで僕とは大違いで、ゴールド免許で小一時間の免許更新で済むのですが、、、どうせ僕なんて、半日かかる青い免許ですからね。来月、また来ます。。あ~~あ、あの時、覆面さえ抜かなければ。。🚓 その小一時間の待ち時間、免許センターにも食堂はあるんですが、どうも落ち着かないんですね、、その辺はブルーのトラウマですかねパンと飲み物買ってどこかで食べようかなと。。周辺をうろうろ。。駐車場も味気ないしなあ。。思いついたのは野鳥観察舎、、河北潟を眺めながらもいいなあと。。しばらくぶりに天気もいいし。。このあたりは河北潟の半島のような場所で水辺もばっちり 河北潟野鳥観察舎 石川県には県営野鳥観察舎としては、舳倉島(へぐらじま)・珠洲市三崎・七尾西湾・河北潟・県民海浜公園・ノミレイク河内(手取川第三ダム)・加賀市鴨池と大小の観察小屋を持つ施設があります。そういえば、いずれも何度か立ち寄…

続きを読む

金谷出丸 南面

尾山神社は金沢城の金谷出丸の地に創建されたものです。 金沢城は北の浅野川、南の犀川に囲まれ、東の小立野台地と自然の要害地に囲まれた城郭でした。特に搦め手の東は小立野台地の東端の千歳台(現・兼六園)とは大きな段丘の落差に百万石掘(白鳥堀)という最大幅・深度の堀が配されていました。南は台地の断崖に石垣と宮守堀(いもりぼり、復元堀は往時の半分幅)と二重の大障碍を設けていました。また大手(尾坂口)となる北側は城外よりも城の方が高台になり大手堀と百万石堀に匹敵する堀及び三の丸・二の丸と幾重の障碍が配されていました。尾山神社西神門よりところが堀は配されているものの西側は高低差が少なく、攻城軍の主力が配されるであろう平地が多い西側は、金沢城最大の弱点地とも云えました。城方の前線基地となる出丸が必要となり設けられたのが金谷出丸でした。江戸初期には金谷出丸の南(現在の広坂合同庁舎)にも外出丸があったと云われています。 延宝年間(1673~1681年)の詳細な金沢城図が残されています。              ⇒ 金沢城図(奥村家鎧袋内・箱入)(玉川図書館蔵)上が南、下が北、左が東で右が西になります。是非クリックしてみてください金沢城図は城構造や建造物を詳細記入、彩色した精緻な図絵で建物名称・主要室名も記し、辰巳用水から城内への通水水樋の埋設経路更に幹支線に渡り書かれたものです。ここまでの詳細図は珍しく、本来藩主格の持ち物で機密重要書類と想像されます。初期の金谷御殿が描かれているために加筆あるいは18世紀半ばと…

続きを読む

尾山神社遥拝所と雑話

実は前回のブログに続け書きをしてたんですが、あまりに長く煩雑なものになったので、別枠の雑話ということで。。。 気分が悪くなるような宗教話や批判ばかりが目立つと思うんで、、、、ご容赦を。。。 右:遥拝所入り口石段横 関口光生記念標 従三位神田孝一謹書 とありますが、僕には不明。。横に顕彰碑がありましたが、時間もなく、摩耗で真剣に読めませんでした。。下:遥拝所入り口 ここから神苑の背景の裏山を巡れます。 次回に回そうかとも考えていたんですが、神苑の背景となる出丸南面の山林の山は明治以降には通路が造られて、歩けるようになっています。南西面にある神輿庫前にある顕彰碑横の石段から登れます。入り口に遥拝所の標柱があり、それが目印。遥拝所 伊勢神宮の方向に向けています。尾山神社では春分・秋分の日をメインに遥拝所での遥拝が行われているそうです。 ここからの文章は個人的意見ですから、宗教話や神道支持派など反発を感じる方はパスしてください。。 遥拝所は山岳信仰として山を神体として拝む場所になるものと、今回のような伊勢神宮などを拝むものがあります。神社や仏閣を巡ることが多い僕は、たまにこういう遥拝所を観ることが有るんですが、前者の山岳信仰の遥拝所は良しとして、伊勢神宮に向けた遥拝所は存在自体が国家神道の押しつけのようであまり好きではありません。 そもそも今回の尾山神社にしても、先に何度も書いたように尾山神社創建時の神様は加賀藩祖・前田利家個人だと理解されていると思います。ところがそんな個人の神社で伊勢神宮…

続きを読む

尾山神社④ 神苑

神苑東側から 手前の飛び石が沢渡り、女性が渡っているのが八ッ橋、右手には水上に藤棚が配され、左手は琵琶島で奥に図月橋、図月橋の向こう岸は鳥兜島 尾山神社の南面に広がるのが神苑になります。10年程前は神仙苑と呼んでいたのですが、今は神苑と統一したようです。別名は和楽器の庭。明治になって尾山神社が創建されると、それまで荒廃した庭園に大きく手を入れて整備し直しています。⇒ 2009.07.29 尾山神社 神仙苑上:西丘陵から 右:南丘陵から神仙苑は元々は金谷御殿庭園となっていました。その創始ははっきりしませんが、以前までは池泉の存在と小堀遠州作と伝わったことから1620年頃と推定されていました。ただこの推定の問題点はまだ戦国の風が残った時代に出丸の地に御殿はまだなく、庭園だけを造るかという疑問が湧いてしまいます。18世紀初頭には庭園が作庭されたのは確かでしょうが、個人的には現在の泉水を配した庭園は前田斉泰が金谷御殿を大きく増築したころ文化15年(1844年)以降に整備したのではと思っています。辰巳用水導水管現在の神苑の池水は地下水を利用していますが、金谷御殿庭園時代は金沢城から辰巳用水の水を通水していました。この通水には兼六園霞ヶ池から金沢城内に通水した方式と同じ逆サイフォンが採用されていました。文化15年(1844年)に導水管が木管から、庄川上流の金屋石の石管に変えられています。この時に泉水や滝が配されたと思われます。神苑 響遠瀑 水が勢いよく流されてる時もあるらしいんですが、僕は未体験、観られたらラ…

続きを読む

尾山神社③ 本殿・金谷神社・東神門

尾山神社の本殿は明治6年(1873年)建立。古式に則ったという三間社流造・銅板葺屋根、拝殿と本殿の高さを合わせ間の低い位置に幣殿代わりの庭面(石の間)が置かれた権現造の様式になっています。本殿は拝殿との高さを合わせるために底部を懸け造の木組みで支えています。今年9月、以前までは緑青などで緑がかった屋根色でしたが、真新しい明茶色屋根に変わりました。20X36.5㎝の銅板4000枚を使用し、屋根面だけでなく鬼瓦・千木・鰹木にも銅板を巻いたり覆ったりで処理が施されています。本殿前の守護神? 遠目には狛犬?龍?身体は蛙? ピンボケで申し訳ありません。。本殿は尾山神社境内でも一番の神域で、勝手に中に入れないのと、観ようと思うと最奥の東出口に向かうため、金谷神社と木々に隠れて暗がりで観光客もほとんど居ない場所ですが、注目に値するものが一つ。本殿を囲む塀垣で、神社などでは玉垣と云います。拝殿・石の間と金谷神社の境界には銅板葺柵塀垣ですが、本殿南面には銅板葺レンガ塀が玉垣として重厚な守りとなっています。等間隔で梅鉢紋透かしを施されています。神社でこれはなかなか見られない代物です。ちなみにこのレンガ塀は、金沢で最初のレンガ建築になります。以前、金沢の代表色の一色としてレンガ色を紹介しましたが、代表となるのが赤レンガミュージアム(旧金澤陸軍兵器支廠兵器庫)としましたが、それよりも40年近く古い建築物で、金沢の代表色の原点と云える建築です。金谷神社 上:拝殿      中:拝殿・幣殿・神殿      右:金谷神社境内尾…

続きを読む

尾山神社②神門・狛犬・拝殿・菊桜

尾山神社と云えば、人気を集めるのは西の表参道石段上にある尾山神社神門 右:西表面 下:東裏面明治8年(1875年)11年、長谷川準也(金沢製糸場創業者、第2代金沢市長(M30~金沢区を含むと8代目))・大塚志良(長谷川準也の弟、江沼郡長)兄弟が願主となり、金沢大工・津田吉之助が設計・施工したものです。ちなみに津田吉之助は北陸のダヴィンチと呼ばれた大野弁吉の藩校や家にも通う弟子筋でもありました。石川製糸場の織機も富岡製糸場派遣で学び製作しており、吉之助の子・米次郎と甥・駒次郎は明治33年国内初の動力式絹織機を作製、明治42年に駒次郎が金沢で個人経営の「津田駒次郎工業」を開業、現代の高速自動織機で世界トップシェアの津田駒工業となっています。神門中央 透彫り 上:西表面 下:東裏面上画像中央門の床面の円盤は、後で紹介しますが神苑の大型灯篭の天板だと云われています。灯篭の崩落で人身死亡事故によって、天板に神罰の意味で人に踏まれる通路に埋め込んだと云われています。家紋の透かし彫りも撮影したんですが画像が消えていました。家紋透彫りに興味のある方はこちらをどうぞ⇒2009.7.29尾山神社神門は和漢洋の銅板四柱造三層建物になります。その異様な造りが徐々に人気を集め、金沢のシンボル的存在になっています。高さ18m、避雷針は8メートルになります。 基部にはレンガ積みが施され、全体を木造架橋で支持しています。門となる第一層は神苑の渡月橋をモデルにしたと見られ、戸室石が使用され、木製門扉には加賀梅鉢紋や透かし彫りが施…

続きを読む

尾山神社①

金沢観光でシンボル的存在と云えば尾山神社・西神門が挙げられます。尾山神社の地は、金沢城の金谷出丸と呼ばれた堀に囲まれた出丸でした。金沢城が攻められた際には最激戦の地となる場所のはずでした。しかし250年に渡る江戸の太平期ではそういった戦闘もなく、藩主の別邸と馬場が置かれていました。明治4年(1871年)廃藩置県により藩主が東京に去った後、とはいえ全国的に長い藩政を懐かしむ風潮から、士族会を中心に全国的に藩祖を祀る神社の造営が行われていました。尾山神社もその一つと云えるものでした。明治政府も慰撫政策から容認していたようです。 幕藩体制の時代には公に藩祖を神として祀ることは幕府への遠慮から大名家では忌避されていました。ところが加賀藩では、慶長4年(1599年)藩祖・前田利家が没した際、浅野川から引き揚げられた卯辰の鏡を神体に、式内社・物部神社(現・富山県高岡市東海老坂)の八幡神、榊葉神明宮(現・榊葉乎布(さかきばおふ)神社、富山県氷見市阿尾)を勧請して卯辰八幡宮(現・宇多須神社、金沢市東山)を創建して利家の神像を祀っていました。物部神社・榊葉神明宮ともに2代前田利長の守山城時代所縁の神社です。このことは幕府に隠れての公然の秘密とされ、加賀藩と東山の武家屋敷の住人の位別の拠出金で運営されていました。しかし幕末期の藩財政の逼迫と混乱により荒廃が目立ち、神像は卯辰山三社の卯辰山天神社(現・卯辰神社)に仮遷座していました。 ちなみにこの卯辰山天神社は江戸後期に造営された竹沢御殿の部材で建てられた表向きは撫…

続きを読む

砂子坂道場跡(光徳寺跡・善徳寺跡)

金沢大学のキャンパスを巻くように迂回して、富山県の福光駅まで行く県道27号線。金沢から向かうと県境の地、右手に殿様街道直売所があります。地元砂子坂だけでなく土山など近在の金沢・南砺の農家から作物や加工品が集まっています。殿様街道の謂れは、加賀藩13代藩主・前田斉泰が参勤交代に使用した道という所から。。加賀藩主の参勤交代の経路は当時の状況によって、いろいろと経路を変更していました。この県道27号は越中から加賀に入る道としては古くから使用されていたようで、現在では整備も進んで通りやすく、福光・城端・井波そして五箇山に向かうには便利な道路になっています。しかし、殿様街道は正確に言うと医王ダムを過ぎたあたりから山中に入り、直売所の南の山中の砂子坂集落を通って100m程先の坂道から県道に戻る経路でした。 しかし、この街道も古代には山間の険しい山間地で、相当の山道だったと云われています。この街道が整備されたのは浄土真宗本願寺派(東西分裂以前)法主5世・綽如が北陸下向後ですから至徳元年(1384年、南朝・元中元年)以降になると思われます。綽如は明徳元年(1390年)越中の本山として瑞泉寺(杉谷山)を開基していますが、越中に入る前には加賀二俣(二俣本泉寺)に仮寓居として庵を置いて越中への足掛かりとしていました。優れた先人とはいえ、まだまだ北陸では新興宗教の時代で次代で二俣本泉寺を開基した如乗もしくは土山御坊に入った蓮如・蓮乗の時代、15世紀中~16世紀初頭ではないかとも思われます。戦国から江戸期にかけては浄土真…

続きを読む

最近のコメント

「金沢城 河北門 菱櫓」- by つとつと (04/11)

「金沢城 河北門 菱櫓」- by つとつと (04/11)

「卯辰山三社」- by つとつと (04/11)

「金沢城 河北門 菱櫓」- by ミクミティ (04/11)

「金沢城 河北門 菱櫓」- by ゆらり人 (04/11)