松任グリーンパーク 藤棚

昨年の記事で紹介した「松任グリーンパーク」    http://72469241.at.webry.info/201208/article_38.html 今年も藤棚が見事な花をつけていました。 この藤は、旧の松任市時代に、姉妹都市だった静岡の藤枝市から送られたものです。最初はあまり綺麗に咲かなかったんですが、近年は美しい花が見られるようになりました。 池を囲むように配置されていて、総延長は310メートル。一番長い直線で、100メートル以上あります。 郊外で田園地帯にあるので、思ったよりも訪れる人が少ないんですが、この季節には年々訪れる人が増えているようです。 藤棚の下にはベンチがたくさんあって、藤棚のおかげで木陰となっていて、涼しい休憩場所になります。 グリーンパークの横を走るバイパス道路は、加賀産業道路と呼ばれていて別名「かがさん」と呼ばれています。金沢大学の角間キャンパスの入り口の杜の里から小松の八幡のICまでの道路なんですが、小松から白山市に掛けては広告看板禁止道路で風景の美しい道路です。 元々は、産業誘致のための道路でしたが、緑の多い地区を通るし、途中に「いしかわ動物園」もあるように、観光道路の要素が強い道にもなっています。 現在はICで国道8号、金沢で山側環状道路とアクセスしますから能登海浜にも直接行けますし、石川の山と緑を満喫するには良い道です。 一度試してみてください。あまり渋滞も無いですし、町の繁華街も無く、自然を感じながら走れる道です。その途…

続きを読む

徳光海岸 コスモス畑

9月に入って、辺りはすっかり秋めいてきました。 北陸自動車道の徳光PAの近くのコスモス畑も今が盛りになっています。 細い茎にピンクや赤の花が爽やかに風になびいているのを観ると秋の足音と、心がなんとなく休まりますね。 徳光SAは温泉の源泉があって、温水シャワーを浴びられるPAですが、PAのエリアから海岸はもちろん商業施設「まっとう車遊館」、温泉施設「CCZ温泉」、県民海浜公園などに歩いていけます。 そのついでに、この季節には、爽やかなコスモスを見るのもいいものですよ。 追記 春には一面の菜の花畑と、春秋と市民や通行客の目を楽しませてくれましたが、今年で終了になってしまいます。市の広報からは土壌が弱ってきたからと云ってますが、実際は財政緊縮というのが本音のようです。 新幹線も停まらない松任駅や駅広場を開発するくらいなら、こういう全国的に知られ始めている観光資源を育てて欲しいものです。まったく。。。。白山麓のスキー場、美川県一の看板なんか地元より他県の人の方が知っていたのに、もったいない 旅行日2009.9.2

続きを読む

松任グリーンパーク

金沢と加賀を結ぶ幹線道路「加賀産業道路」 金沢から南に向かうと100円を払う「川北有料大橋」があります。 川北大橋の手前の左手に「松任グリーンパーク」があります。 「松任グリーンパーク」は、<水と緑のふれあい広場> <いこいの広場> <ふれあい体験館> <ふれあい広場> <サンスポーツランド松任> <農村広場> <ゴルフ練習場>の7つのゾーンからなる複合広場なんです。 ゴルフの打ちっぱなし、テニスコート6面、サッカー&ラグビーグラウンドのスポーツ広場。 バーベキューや野菜果物の栽培収穫のできる農村広場。 そして全面芝生の斜面広場のいこいの広場。頂上に登ると白山の遠景も見られます。長さ60mの滑り台(パイプスライダー」も併設されているので子供には大人気。けっこう角度があって滑り面も回転パイプなので意外にスピードが出ますよ^^ここには子供連れの若い夫婦連れの姿が多く見られます。 さて一番のお奨めは、是非春・初夏に来て欲しい場所<水と緑のふれあい広場> 池を中心に通路を配した回遊庭園です。桜・躑躅・菖蒲そして藤の花。 特に藤は池の周りの道の更に外側を囲むように配されています。長さは県内随一の長さです。藤棚の下にはベンチも配されていて、歩き疲れたら藤の花を眺めながらゆったり出来ますよ。年により出来不出来はありますが、今年の春は最高の出来でしたね。ちなみにここの藤は、旧松任市の姉妹都市で静岡県の藤枝市から贈られたものです。 他にも直径7mの水車小屋、もちろん水を使って回して…

続きを読む

松任城址

僕の家から一番近い城跡と言えば、この「加賀松任城」になります。 松任駅前の交差点の一角の公園がそうです。以前までの公園の名前は「オカリヤ公園」と呼ばれていました。オカリヤは昔、この場所に現在違う場所にある若宮八幡宮の御仮屋が置かれた所からつけられたそうです。 本来の城址はもっと大きく広がっていましたが、今はこの公園だけ。この公園がちょうど本丸跡になります。 昨年(H23.4)、改修工事が施されて、芝生広場が拡張されて「松任城址公園」と改称されました。 松任城が大きな歴史に出てくるのは、上杉謙信と織田信長軍(柴田勝家主将)が唯一、直接対決した手取川合戦。この時、上杉謙信が攻略して本陣を置いたのがこの城です。天地人でご存知のように合戦は渡河作戦を決行した織田軍に対して、雨中の奇襲と追い討ちで上杉軍が勝利しています。 その後、柴田勝家に攻略され徳山則秀・前田利長・丹羽長重と城主が変わり、関が原後に前田家に編入されました。その後、佐々征伐で出陣して来た豊臣秀吉を前田利家が出迎えたのもこの城です。 今は、城の雰囲気はありませんが、駅前の森の公園といった雰囲気で、静かな佇まいです。避暑には最高の場所になってます。ちょっと暗いけど^^; 旅行日 2009.5.8 グランドホテル松任楽天トラベル 松任駅から一番近い!!大浴場のあるホテル!! 楽天市場 by

続きを読む

最近のコメント