若宮八幡宮②

文中の補足・・・森林研究家が縄文期の面影を残すと比較に上げている森林        気多(けた)大社「入(い)らずの森)」・・・能登一宮・気多大社の奥宮がある1万坪に及ぶ原生林。住民の立入りが禁じられていて、通常12月の例祭で神主一人だけが奥宮に赴く人跡未踏の森でした。昨年12月、天皇の即位記念として、歴代天皇(昭和、平成)が入った場所までの参拝が公開されて話題になりました。国指定天然記念物。志雄路(しおじ)から 直(ただ)越え来れば 羽咋の海 朝なぎしたり 船楫(ふなかじ)もがも 大伴家持・赴参氣太神宮行海邊之時作歌一首        吉崎御坊「鹿島の森」・・・石川と福井の県境の福井側にある浄土真宗8代法主・蓮如が開創した北陸の拠点・吉崎御坊(越前御坊)の近くに、大聖寺川と北潟湖に囲まれた陸続きの小島の名です。ちなみに鹿島の森は石川県になります。加賀唯一の暖地性の原生林。滋賀近江八幡から金沢までに分布する絶滅危惧種の大型のカタツムリのツルガマイマイが生息し、アカテガニの産卵地となっています。国指定天然記念物。よもすがら たたく船ばた 吉崎の 鹿島つづきの 山ぞ恋しき 蓮如上人 吉崎退去時の作 横浜国立大学名誉教授・宮脇昭(1928年生)氏は、地球環境戦略研究機関国際生態学センター長。土地本来の植生の自然林が自然災害に耐える。土地の植生は鎮守の森にあると主張しています。植生の確認から「混植・密植型植樹」を提唱・実施しています。横浜国立大学キャンパスの森の設計実施、マレーシアの熱帯雨林再生の成功、…

続きを読む

松任 若宮八幡宮①

遅れましたが、明けましておめでとうございます。小難しいブログに毎度ご訪問頂いて恐縮ですが、本年もよろしくお願いいたします。松任 若宮八幡宮 表参道日頃、神社仏閣をちょこちょこ見て歩いているというのに、ここ2.3年初詣に出かけていなかった僕なのです。昨年は大晦日寸前に眼鏡を壊して、修理に2週間、、新品を購入しようとしたら、カラーや乱視を入れるとやっぱり2週間かかると云われ、度の合わない眼鏡とサングラスしかなかった僕は遠出が出来ずに、年末年始は家に籠っていました。昨昨年、昨昨昨年は年末年始に風邪ひいて完全な寝正月で、嫁さんも仕事というわけで一人布団の中から駅伝を見ながら寝ておりました。若宮八幡宮 表参道 一の鳥居(明治33年建立)そして今年こそはどこかへ行こうと思っていたのですが、今冬は雪も降らずに肌寒いけど天気の良い日が続いています。年中花粉症の嫁さんにとっては唯一の元気な時期のはずなのに、こう穏やかな日が続くと早くも何かが飛んでいるとグズグズ言っています。当然、出掛けたがらないのですが、休みのあった1/4、近くに初詣に行こうというわけで、近くの神社で済ますことに。。。表参道 門柱20数年前、滋賀に引っ越す前に3年程、旧松任の布市町にいたんですが、娘も幼い頃で近くにあった若宮八幡宮に初詣に行っていました。滋賀から戻った場所は東一番町で少し離れましたが、祭礼などでは役をやらされて何度か行っていました。。ところが、氏子地区ではない現在地に引っ越してからは、近くて遠い神社になってしまい、すっかりご無沙汰し…

続きを読む

味知郷神社

久しぶりに町の神社です。白山市の福留地区の鎮守社で味知郷(みちごう)神社。   味知郷神社南脇参道・社標 石川県神社庁案内 味知郷神社(みちごうじんじゃ)御祭神 経津主(ふつぬし)神・天児屋根(あめのこやね)命・比咩(ひめ、比売)大神・白山比咩(はくさんひめ)神・天照(あまてらす)皇大神・武甕槌(たけみかづち)神鎮座地 白山市福留町1 氏子区域 白山市福新町・福留町・福留南 由緒 創立の年代不詳 初め福留白山神社と号したが明治40年神明社、春日社、白山社を合祀し味知郷神社と改める。境内地は843坪周囲小高く中央が低く稀なる地形をなしている。       上:表参道 右表参道 鳥居扁額歴史や由緒を細々と書く石川県の神社庁ですが、いたって簡略な案内文です。味知郷神社の氏子区域となる福新町・福留町・福留町は旧松任市の南の国道8号線沿い、平野部のど真ん中になります。神社の西にある南北の道は松任宿から水島の手取川の渡し場に向かう北国街道になります。往時は田園と平坦な交通路になっていました。北土塁上の旧神明社跡碑創基は不明ながら江戸期以前から存在したようで、江戸期には手取川北岸の平野部の味知郷・山島組42村の総鎮守だったと地元には伝わっています。明治以降は福留地区の産土神として福留白山神社(白山比咩神)。明治40年(1907年)に近在の春日社(経津主神・天児屋根命・比咩(比売)大神・武甕槌神)、北土塁上の神明社(天照皇大神)を合祀して味知郷神社と改めています。上:北脇参道 神橋 左右に土塁が見られます。…

続きを読む

小舞子海岸

以前に歴史の道百選で批判的な記事を書いてしまいましたが、国内には多くの百選が存在しています。国・県・協議会・業界団体・選定委員会・組合・個人様々な百選が存在していて、有名・無名を含めて100や200では効かないかもしれません。とはいえ、この百選は各地から選定されていて、観光はもちろん僕のようなスポットマニアには目安の一つになっています。ただその後の開発や荒廃で首を傾げるものも出てきてしまいますが。。 今回、ご紹介するのは「日本の渚百選」。海の日(7月第三月曜)の祭日制定を記念して選定されたもので、平成8年(1996年)に農林省・自治体関連の選定委員会の選定したものです。日本は島国のおかげで多くの海岸線や渚が存在します。また狭い国土に水を生成する山々を抱え河川や湖も多く存在し、滋賀県や長野県からも選定されています。百選には地元以外には知られていないものも多くあり、再発見・評価には寄与しています。 ⇒ 日本の渚百選(日本の森・滝・渚全国協議会HP) 石川県は西側に長い海岸線と、日本海に突き出した能登半島、富山湾の西側を構成するように海に囲まれた県になります。おかげで越前海岸から続く奇岩や断崖と合間の砂浜が点在すると長い松林と砂浜の加賀海岸、きめの細かい砂浜、リアス式海岸の能登の海岸、七尾湾のような静かな海辺、富山湾の西海辺と様々な海岸線があります。海岸線の特徴的な種類の多さは国内でも突出すると思います。ところが昭和・平成初期の観光誘致の下手な石川県はあまり海岸線を発信していないせいか、お隣り福井県…

続きを読む

松任グリーンパーク

産業道路を小松方向に走っていくと、白山市と川北町の境界て前に大きな公園があります。 それが松任グリーンパークになります。水と緑のふれあい広場・いこいの広場、ラグビー・サッカー・ソフトボール使用のグラウンド、テニスコートのサンスポーツランド松任・ふれあい農場広場・ふれあい体験館など多目的な市民の憩いの場になっています。以前はゴルフの練習場もありましたが今は撤去されています。近年は周辺にIT・軽工業系の工場の進出も観られます。駐車場も広く、内面、外面合わせると360台分の駐車場があります。 冬の降雪時には外面駐車場は白山市近隣の雪捨て場になり、雪の多い年には巨大な雪山がよく観られます。 事務所がこの近くなので、このグリーンパークを横目に通り過ぎたり、御昼時ならお弁当やパンをもって駐車場や水辺でホッとしに立ち寄っています。ただ、駐車場には日影がないので、曇りに来てることが多いかも、、、でも水辺公園には晴れた日に。。。 子どもたちが走り回る傾斜の芝生広場がある「いこいの広場」ですが、子供を遊ばせて、お父さんは芝生の上で大の字というパターンでしたが、娘がでかくなってしまうとなかなか来る機会がなくて、すっかりご無沙汰してたら、60mのパイプスライダーが無くなってました。。いつの間に。。 白山市の南端れの為にバスか車でないと訪れづらいので、、、意外に訪問数が少ない公園なのですが、広い芝生公園があり家族連れ、保育園、小学生には隠れた人気があります。娘が幼かった頃にはよくここにきて遊ばせていま…

続きを読む

今年観た桜 山島の郷

ここに来て、最大の繁忙期を迎えながら、昨年よりは余裕があると、サボり気味に仕事をしていたら、またまた残務が。。営業人間には厳しい10連休が間近に迫って、泡喰っても後の祭りTT 前回の続きの芋掘り藤五郎②を書いていたんですが、調べ物をしてたら実は。。が出てきて、構想が崩れてグダグダに。。。で、半分諦め状態で。。。四苦八苦、、、まだまだ掛かりそう。。 今年も結局は車からの横眼で観る桜に終わってしまいました。連休は八重桜でも見に行こうかなとも思っていたんですが、嫁さんに実家の草刈りを命ぜられ汗流すことになりそうです。。 で、満開のソメイヨシノがあっちこっちで咲いていたのに、桜無し状態のブログは寂しいので。。。 昨年は曇天に最後は土砂降りの桜風景を載せました。。松南小学校 旧剣崎校舎跡(2018.04.06) さて今春の桜は、山島こども園の隣の広場にある桜並木です。昨年と違って晴れていますが、夕方近くで明るさが今一つですが、、、、 今年も結局、桜の下を歩けたのは一度だけになってしまいました。それも、昨年の松南(しょうなん)小学校に関連した場所。。まさか2年続きでお花見の場所が松南小学校・こども園絡みになるとは思いもしませんでした。。こうなったら来年は松南小学校の本校にしようかな^^;でも桜の木なんて在ったかなあ。。。。 この広場は旧山島村を記念した「山島の郷」、旧山島小学校の校庭広場から構成されています。平素は今年から山島こども園と改称した山島保育園の子供たちの遊び場にも…

続きを読む

竹松海岸 ハマナス群生地

竹松海岸河口部 右が倉部川、左が屋越川 白山市(旧松任市)の北西端、手取川扇状地を構成する手取川の支流、倉部川と屋越川の河口にあたるのが竹松海岸です。白山市の松任美川線から金沢の専光寺健民海浜公園の中を走るバイパス「しおさい道路」の入り口にあたります。この竹松海岸は河口ということもあって、多くの釣り人が訪れています。 そして、大正・昭和初期には県内随一といわれたハマナスの群生地としても知られていました。 ハマナスと云えば、僕らの年代にはこの歌がすぐに思い浮かんできます。知床=北海道のイメージが強く、北海道の道花にも指定されていますから、ハマナスと云えば北海道。。しかし北海道はもちろん東北の海岸線、日本海側の砂浜や砂丘に昼顔と共に観られる花になります。 石川県内でも、かほく市(旧七塚町・七塚海岸)、内灘町(権現森)がよく知られていて、両市町の市町花に指定されています。他でも白山市(旧美川町・小舞子海岸)、能美市(旧根上町・大浜海岸)が群生地として知られています。僕の子供時代は家から距離はありましたが七塚海岸の白尾に行っていましたが、海と云えば海水浴メインでハマナスや浜昼顔が咲く時期には滅多に行かず、咲いている姿は数えるほどしか観ていませんでした。それでも可憐な花は記憶に残っています。 とはいえ、お肌がデリケートな僕は日焼けが大敵でして、、ウン 誰かそこで鼻で笑ったでしょ 顔は慣れ…

続きを読む

松南小学校 旧剣崎校舎跡

バタバタした春を過ごしてしまったせいか、いつもの嫌々病に罹っている僕です。。 花が咲く春の多くは車からの横目で見た景色ばかりでしたが、そうはいっても息抜きに立ち寄った場所が幾つかあったんで、そのご紹介を。。。今更、桜と云われそうですが振り返るつもりで見て頂ければ幸いです。 まずは、白山市内(旧松任市)の旧松南小学校・剣崎校舎跡の現・市営剣崎グラウンド 少子化による小学生の減少によって多くの小学校が統廃合されていますが、中には統合のついでに新校舎を建設して新しい学校に生まれ変わるところも出ています。また、校区内で新築移転する小学校も見受けられます。 石川県内の鉄骨・鉄筋の古い小学校校舎は昭和40~50年代に建てられたものがほとんどです。以前ご紹介した津幡(つばた)小学校(津幡城址)が昭和40年(1965年)にそれまでの木造校舎から鉄筋コンクリート校舎(4階建て)になったのを皮切りに、昭和40~50年代に鉄筋コンクリートの小学校校舎が立て続けに造られていきました。しかし、その後の耐震基準変更(昭和56年6月)、築後40~50年以上の老朽化によって建て替えや改築を迫られている状況にあります。 今回の松南(しょうなん)小学校も、昭和47年(1972年)に建てられた旧剣崎本校舎、同時期の体育館、昭和55・56年増築の校舎があったのですが、平成25年(2013年)1月、老朽化により新校舎を菅波町に建設して移転しています。剣崎校舎は田圃のマン中でしたが新しい菅波校舎も田圃のど真ん中とい…

続きを読む

白山市立博物館 白山下山仏と加賀禅定道

凄く久しぶりに、本地元の白山市立博物館に行ってきました。 市外の博物館や美術館などはちょこちょこ行っているんですが、意外と自分の地元にはほとんど行っていないんですねえ。これが3度め、しかも10何年近く振りかもしれません・・名称が市立松任博物館から白山市立博物館になって初めての来館になります。 今回、今年は白山開山1300年ということで、現在、特別展が開かれています。 10月21日~11月26日 白山下山仏と加賀禅定道 今年の僕のブログでも白山七社や林西寺などをご紹介しましたが、これらの神社・寺社を巡っても、堂宇内に納められていたり、平素観られない非公開のものが多くあります。それらのものが全部とはいかないまでも、一部とはいえみられる稀少な機会ですから、是非期待していました。 今年、僕がUPした白山の遺物を持つ施設のブログは・・・ 4/14 白山七社① 古宮公園(白山本宮跡)周辺 4/13 白山七社③ 佐羅早松神社 6/11 白峰の歴史 白峰八坂神社 6/11 林西寺 白山下山仏に関しては林西寺で詳しく書いていますが、今回はもう一カ所の下山仏を保管する尾添白山社が何年振りかで公開されています。 実は白山七社シリーズは中宮三社の別宮神社(べっくう)は途中書きのままになってまだUPしていませんでしたが、別宮は白山三所権現(白山妙理・大行事・大汝)を祀った神社ですが、名前の通り、この三権現が本尊で、江戸期までは三権現の本地として十一面観音立像・座像・聖観音…

続きを読む

美川ふくさげ祭り

白山市の美川地区は、平成の合併以前は石川郡美川町でした。 この美川町は古くは本吉(もとよし)と呼ばれて港町として栄えた町で、室町時代には三津七湊(さんしんしちそう)と呼ばれた日本国内の十大港湾として記載されていました。 三津七湊の名は日本最古の海洋法規集の廻船式目(船法度、13~15世紀に成立)に出てくるのですが、、 三津・・・安濃津 (あのつ、三重県津市)・博多津(福岡県福岡市)・堺津(大阪府堺市)      ちなみに中国の明誌では日本の三津は、安濃津・博多津に加えて坊津(鹿児島県南さつま市)が堺津と     入れ替わります。 七湊・・・主には大河の河口を利用した湊がほとんどですが。。。      三国湊(みくに、福井県坂井市)・本吉湊(もとよし、美川湊、石川県白山市美川町)      輪島湊(わじま、石川県輪島市)・岩瀬湊(富山県富山市)・今町湊(直江津、新潟県上越市)      土崎湊(つちざき、秋田湊、秋田県秋田市)・十三湊(とさ、津軽湊、青森県五所川原市) 江戸期以前は朝鮮・中国との交易、江戸期・明治には北前船の寄港地として栄えていました。明治2年(1869年)その石川郡本吉町と手取川を挟んだ対岸の能美郡湊村が合併して美川町となっていました。一応、郡名を合わせた町名になります。 明治初期には廃藩置県で金沢県になり金沢に県都が置かれていましたが。明治5年に石川県と改称しています。石川は石をも転がす川と呼ばれた急流の手取川の別名になります。わずか一年とはいえそ…

続きを読む

中乃郷神社

少し前に自宅から二番目に近い神社として徳丸白山神社をご紹介しました。で、一番近い神社はというと、この中乃郷神社になります。神社の紹介をするときに、僕が参考にするのは神社にある社歴・由来碑が主になって、地誌や神社庁の紹介などを参考にして、地域伝承を調べて書いています。 実を言えば、同じ旧松任市内から今住んでいる場所に引っ越して10年に満たないために、この辺りの地図や場所は解っていても、地元の伝承や史実には知らないことが多くあります。この神社などは良い例で、謂れが全く解ってなかったんですね。もっと言い訳すれば、この神社のある場所は近い割には、ここ3.4年まで、あまり前を通らなかったんです。まあ、神社やお寺巡りが好きな僕が一度も行かなかったというわけじゃないんですが、神社前の道は五歩市踏切から番匠町の狭い道の集落に繋がるだけで、車の通行には向いていませんでした。 画像は解りにくいですが、向こうに観えるのが金沢=白山車両基地間の新幹線高架、下を北陸本線が走っています。アップすると北陸本線の列車が走る姿が観えます。 ところが近年、海側バイパスの4車線整備、北陸新幹線の高架整備によって五歩市踏切脇に新幹線保線の作業口が出来て、北陸本線脇の側道が整備され、それまでは五歩市踏切から番匠町までしか行けなかったのが、光野中学まで直線で行けるようになり、更に光野中踏切の前を横断すると、郷町、更には御経塚・金沢八日市まで直線路で行けるようになって、混む道を避けて通る際に機会が増えてきたん…

続きを読む

徳丸白山神社(とくまるしらやまじんじゃ)

冬場になると寒いのが一番でついつい引き籠りになってしまい、自堕落な生活を送ってしまいます。仕事も日暮れが早くて目的地に行って真っ直ぐ帰ってくるだけになってしまい、なかなか寄り道もしていないので記事のネタもないので、ついつい古くなっちゃいます。替わりに画像整理で掘り起こしています。 久しぶりにご近所シリーズです。。。。我が家から2番目に近い神社が「徳丸白山神社」です。 田圃のマン真ん中にある神社ですが、けっこう古い歴史を持っているようで、境内の広場も広く、毎年左義長が行われています。ただ残念なことにまだ一度もこの神社の左義長を観たことないんですけどね。。 名前が示すように、旧松任市の徳丸地区の氏神様です。徳丸町は結構広い地区で、思ったよりも広域に渡っていています。 徳丸白山神社由来碑 主祭神 菊理比咩命(きくりひめのみこと) 祭 神 豊受比咩命(とようけひめのみこと) 伊邪那岐尊(いざなぎのみこと) 伊邪那美命(いざなみのみこと)       菅原道真公(すがわらのみちざねこう) 宮  司 柏木 信勝 伝説によれば大宝二年(西暦七百二年)文武天皇の頃 白き霊鳥が船岡山(元白山比咩神社鎮座の地)より飛びきたりて留まること三日ばかり ついに飛び去る様もなく依って村人たち神霊なりとして白山比咩神社に願うて御分霊を豊受し霊鳥の留まるところに鎮斎せり これ当社の起源なりとある その頃この地に眼病が流行し 宮守の者夢に観音よりその薬法を授けられその薬にて眼病も平…

続きを読む

上柏野 楢本神社の欅(けやき)

白山市は旧の松任市と手取川河口の美川町、白山のある白山麓の鶴来町・河内村・吉野谷村・鳥越村・尾口村・白峰村が合併してできたのですが、後述の白山麓には山麓ということで、大木や銘木が多く存在します。 しかし、松任や美川は手取川の扇状地にある平野の為もあり、大きな森が少なく大木もそれほどありません。 あるといえば、多くは神社の杜になります。 そんな松任地区で樹高が一番高いのが上柏野町にある「楢本神社のケヤキ」と云われています。樹高約33メートル、目通り7.7メートル。(ちなみに、樹木のサイズ表示はいろいろありますが主要なものでは、地面から頂点の高さの樹高。枝葉の広がりの左右の幅の葉張り。幹回りの太さの目通り。この三種があります。目通りは名の通り人間の目の高さ(1.2メートル)で測るものです。もしその高さで株分れしている際は、各株の太さを合計して平均したものです。)樹齢は千年近くと云われています。 国道側のこじんまりした集落内にあるため、近くを通る割には通り過ぎてしまうので、意外に知られていませんが、静かな雰囲気の神社の中にあるので神厳な雰囲気があります。 参道から観ると、下太りの土台のような幹から急に細長く(実際は太いんだけど)幹が頭上高く伸びて行きます。 実は本来3本に枝分かれしていたそうですが、2本は枯れ落ちてしまったそうです。裏側に回ってみると解るんですが根元の太い部分が大きな空洞があり大人が中に入れる程になっています。空洞の真ん中に逆根と呼ばれる幹がありこれがこの木を保ってい…

続きを読む

田中郷菅原神社

携帯電話を買い替えたのは良いのですが、機種変更のデータ移行はいつもとは違って、画像データは移せなかったので徐々に整理中(連絡先の通常連絡先も解らなくなって、古いののデータを観ながら直してます。やっぱりガラケーにすべきだったと少し後悔中。。以前のデータが解りづらい) そのついでにUPしてないものをこの機会にUPしようなどと考えています。時期は一気に古くなったりしますがご容赦ください。 外回りの仕事ついでにその近辺をウロウロしてみると、意外な発見があったりします。 今回の田中郷菅原神社(たなかごうすがわらじんじゃ)もそんな神社の一つです。この神社は実をいうと、我が家から車で5分程度の場所なんですが、長年近くに住んでおきながら全く知らなかったとは不覚の一言でした。 手取川扇状地の上にある白山・野々市には多くの用水路がありますが、この神社の横にも郷用水と呼ばれる用水路が流れています。おかげで、用水路を回り込み狭い住宅路を入り込まねばなりません。散歩や散策路には最適ですが車にはとてもつらい場所です。でも、用水路には桜が植えられ並木になっていますから、やっぱり散策路としては素晴らしい景観です。この神社の横には大きな広場(菅原公園)があって、子供たちの遊び場にもなっています。 社域に入ると真新しい社歴板があります。それによると田中郷菅原神社の創建は天正12年(1584年)となっています。田中村の有力者・藤右衛門が菅原大神(菅原道真・天神様)を勧請して天満宮としたものです。 寛永15年(1…

続きを読む

呉竹文庫周辺 呉竹水荘

呉竹庵は手取川の河岸の高台にあるのですが、手取川・熊田川沿いには散策にうってつけの小路が整備されています。平成の名水百選に選定されている白山美川伏流水群の呉竹水荘・川縁に咲く蔦が絡まる桜の大木・手取川河岸道路沿いの桜など眼に美しい場所があります。書に馴染んだ後に散策するという落ち着いた味わいを感じられるスポットです。 平成の名水百選の白山美川伏流水群は白山から流れる手取川の伏流水で、清らかな冷水で知られており湧水の小川では、綺麗な淡水を好む絶滅危惧種トミヨが生息することで知られています。 美川町内には七か所の湧水ポイントがあります。 呉竹水荘はその中で唯一の手取川の南岸にある所です。 湧水は安定しないためポンプを使用しています。水を汲む場合は自分で作動することになります。 旅行日 2014.04.18

続きを読む

呉竹文庫 熊田源太郎

手取川の河口にある美川湊は古くから漁業や北前船の中継地として栄えた町です。 美川町(現・白山市美川地内)は手取川の両岸にあるのですが、北隣の松任側から美川町を南北につなぐ美川大橋を渡ってすぐに左折して、手取川の導水路になる熊田川沿いの高台を登った場所に呉竹文庫があります。 ちなみに、この導水路の熊田川はサケが遡上することで知られています。毎年一万匹超の鮭が遡上しており、日本海側では最南端の遡上地と云われているそうです。 その高台にあるのが「呉竹文庫」です。入口は狭いですが、駐車場は広く停め易いです。 駐車場にはこんな記念碑があります。上杉謙信軍と織田軍の戦った手取川合戦の碑です。 手取川合戦に関しては信長公記や長家家譜などに書かれているくらいで、詳細な記述書や図解があるわけではないのですが、合戦地は水島の記述からフィッシュランドのある手取川橋辺りからこの美川河口ではないかと云われています。 手取川合戦とは。。。七尾城攻防戦に端を発します。能登国守の畠山家は永禄九年の変以降衰退を極め、畠山の当主を若年の春王丸が継いだ頃には、七尾城内は大きく二つの派閥に分かれていました。それが温井・遊佐氏と長氏でした。こういう内憂の際に外部の勢力に頼ることは国を滅亡させることになるのですが、この両者はそれをやってしまいます。前者は上杉謙信を頼り、後者は織田信長を頼ったわけです。 前者の要請を受けた上杉軍は七尾城を囲みます。ここで後者の長氏は一族の長連竜を織田軍の援軍要請に派遣します。…

続きを読む

藤の花

グリーンパークに藤棚を観て来ました 一昨日の強風激しい雨 昨日の黄砂 と、打って変わって、今日は良い天気 前から藤棚が観たいという嫁さんを連れて「松任グリーンパーク」まで行ってきました。 一昨年よりはまばらで丈も短かったけど、360mの藤棚は美しい花を見せてくれてます。でも、土曜で天気が良いとあって、見物のお客さんがいっぱい ちょこっと二人で一周して次に向かうことに 松任グリーンパーク 次に行ったのが旧河内村(現白山市河内町)にある「吉岡園地」 ここにも長い藤棚があるんですが、まだ作られてから10年も経っていないので、まだまだ不揃いな感じ。。藤の蔦が繁茂するには長い時間がひつようですねえ。それと2.3週ほど早かったような気がします。それでも藤棚の下を歩けるように歩道が整備されていて、綺麗な花や薫りが感じられます。 吉岡園地 この園地に道路を挟んであるドーム型の建物が「白山美術館」。遊学館高校などを抱える金城学園の短期大学部の美術科が運営しています。 ちょう…

続きを読む

太陽軒

前回の「雪だるま祭り」の帰りに食べた王将のお食事から、寒い夜に雪だるまを見て冷え切ってしまったので、暖かいものを食べたかったのですが、白峰の食堂はどこも満員状態であきらめてしまい松任まで戻って、嫁さんのご要望で「餃子の王将」に それにしても、我が家の家族を含めて、石川県人は食事に行列に並ぶという行為ができない人が多いのです。よくテレビや、他県に行くと行列をなしているのを見かけますが、僕には絶対無理な行為です   「餃子の王将」は、嫁さん曰く「そこそこ美味しいし、財布にとても優しいから大好き」  僕も同感ですが夜の帰り道でどこかで食事というと、2回に1回「王将」と、応える嫁さんと娘の言葉がなんとも言えない。普通は、逆のような気がするのは僕だけ? この日、僕の頼んだメニューは、「ギョーザ」「焼きそば」「マーボーご飯」 結構どころかボリューム満点 お腹いっぱいになりました。僕のだけで千円札1枚 ほんとに、財布に優しい{…

続きを読む

徳光八坂神社

営業で外回りをしていると休憩場所がお気に入りの場所になってきます。 特に、夏場になると木陰のある駐車場や道路端になってしまいます。 木陰があって車の停められる場所となると、おのずと限られてきます。それと、公衆トイレがあればいうことなし となると、場所は神社や公園に限られてきます。 何年か前の話ですが、公園の駐車場に車を停めてしていたら、小さな足音と物音が、、、車の窓から3.4歳の女の子が覗いていました。チラッと観て笑顔をかけて、また。。。女の子も笑ってくれたんで しばらくして、少し離れた所から母親らしき声が。。。   「○○ちゃんそこに行っちゃ駄目よ。怖そうな変な人が居るからね。」 ガ~ん ソレって僕のこと。。。 夏なので、運転する時はサングラス掛けるんですが、そのまま寝てたんですね。確かに傍から観ると変質者か怖い人に見えるかも その時以来、休憩中は眼鏡やサングラスははずすことにしています。 ちなみに、僕が変で怖い人に見えるサングラスは。。。 それからですね、神社の側が多くなったのは。。。。

続きを読む

彩霞堂

この日は久しぶりに金沢の弟夫婦のところに遊びに行きました(ちなみにお供は娘です) 弟とは何度も会ってたんですが、弟嫁には1年くらい会ってなかったんで、ごますりにお土産を。。。。(別に仲悪くないんですよ。弟より好きなくらい) ということで、今回は弟嫁の好きな和菓子をば、、、、近くの「彩霞堂(さいかどう)」 ここも、我が家(2か月後に引っ越したけど)から100m位にあります。金沢や白山市内ではデパートや名店街に幾つか出店していてお菓子は有名ですが、ここが本店とは知らない人が多いそうです。こじんまりとした昔構えの造りの小店ですから。。。 ここでは、手作りで販売していて、のし紙もご主人が手書きしてくれます。 店内も趣きがあって、いい雰囲気です。なんかねほのぼのするお店で、僕の好きな店の五指に入ります お土産で買ったのは「千歳くるみ」ちと、写真がピンボケしたので、よく見たい人はサイトを見てください。 この「千歳くるみ」は、鬼くるみを炊き上げ砂糖で包んだ物です。古くは、江戸時代に加賀家から将軍家に献上した歴史もあるそうです。 砂糖仕立てだけど、甘すぎずで珈琲にも合うんで、、たまに僕もお茶菓子ならぬ珈琲菓子にして…

続きを読む

若宮神社 秋祭り

この日はわが町の 秋祭り でした。 町内会長に指名で、袴役やれといわれて獅子舞の先導役でした。 朝6:30に神社に集合です。 低血圧で朝の弱い僕眠い眼擦って何とか起きましたがな 皆でぞろぞろ若宮神社に集合です。参道には屋台が並んでるけど、当然無人ですよ。 神社で御祓い受けてスタートです。境内で獅子舞のお披露目でスタートですが、みんな朝早くて元気がまだまだ。。そりゃそうだ。。朝早いし、酒も入ってない。 袴役ってのは、獅子舞の先回りで、各家の集金係みたいなもんです。おかげで、獅子舞もまともに観れません それに午前中(と云うより朝なんだもん)店舗ぐらいしか玄関開いてないし。。袴役の人数も多いから、手持ち無沙汰で暇を持て余し気味 結局は袴役みんなで世間話で時間が過ぎて行きました。それにしても礼服着たイカツイおじさんが固まってると、何とも言えない雰囲気ですよね 10時過ぎぐらいに  お客さんからですよ、この時ぐらい呼出電話がラッキーと思ったのが、ひさしぶりー…

続きを読む

キッチン ユキ 松任本店

八月の頭、あっちこっちで花火大会やお祭が集中してますね。 わが家の廻りでもたくさん有りまして、家の廻りの道路は交通規制です。 こんなに規制されちゃうと、車で出かけるのも嫌なんで、、、、、      (昨年、車で仕事に出たら、帰りに家まで車が行けなくて、          一方通行を逆走して家の前に入ろうとして、警備のおじさんともめた苦い経験が) 今年も松任祭りの踊り流しと県内一の川北花火大会やスカイフェスタとかで大賑わい。 おかげで、夕方から主要道路も幹線道路も大渋滞です。 今年は夕方からは車では出ないぞと決めていましたが、家族の要望に負けまして、何処か食べに行こうという事になりまして、近くの「キッチン ユキ松任本店」に、久しぶりに行ってきました。 ここは、100人以上は入れる大型大衆洋食店で1階は全て駐車スペースなので、ガラスを大きく摂った2階の空中レストランという趣です。 場所が良いのもあって、会社員や家族連れで客席はいつもいっぱいです。 えてして、こういう店では注文から料理が出てくるまでが長いんですが、 ここは出来てくるのが意外に早いんです。 勿論何でもということじゃないけど、べースのベーキやカレーなら5.6分で出てきます。味もそこ…

続きを読む

松任海浜公園

暑い日がまだまだ続きますねぇ。 こうがまぶしいと、コンビニで軽食買っても食べる場所に苦労します。駐車場で食べてると地べたに座ってる中高生と変わらないし、第一味気ないですもんね を停めるにしても日陰が欲しいんだけど、この時季はそんな場所もなかなか見つかりませんねぇ ということで、今回のお食事タイムはPM18:00過ぎ        公園の芝生で水辺のある此処にしましたよ「松任海浜公園」        ここの自由の広場です。蓮池と広い芝生が特徴です。        ちなみにコレがお昼飯、 一応、カステラとブルーベリーロール&コーラです。 何だそりゃ<などと突っ込まないでね 本人が1番気にしてますから、、、おかげで我が家の晩飯は10時になっちゃうんです さすがにこの時間帯だと公園にも人影は疎らです 此処は、横を北陸自動車道の高速が走ってます ついでに夏らしく駐車場に咲いていた…

続きを読む

松任CCZ温泉

嫁さんの実家から、義母と義兄がやって来ました。 嫁さんの実家は新潟県上越市の高田です。     嫁さんは昨日からウキウキと掃除に精を出していました     例の中越沖地震で来れるのか心配していたのですが     何事もなかった?ということで予定通り、よかったよかった     天気も向こう出る時はだったけど途中からは     スムーズに来れたと言ってました。 義母とは半年振りでしたが義兄とは1年ちょっとぶりです。久しぶりに会うってのは嬉しいものですね。     お土産もたくさん持ってきてくれました。     の嫁さんの顔がますます お米に野菜、漬物、お菓子、ソーメン、サランラップ、ティッシュ他にもいろいろと本当にうれしい    嫁さんのは、もう{%顔文字ファイトhde…

続きを読む

麺拠 さぬき庵

我が家では、GW前日に、愛娘が軽い十二指腸潰瘍(不規則な生活とストレスらしい。)で、生まれて初めて麻酔を打たれ胃カメラを飲まされショックの娘、ついでに自分の内臓写真もしっかり見せられて「えぐいよー」 点滴も2回やられ、いててててーーーー 留めにドクターから「肉・油物を控えろ。酒はもってのほか」「お菓子も駄目」「GW中は安静に寝てろ。」と言われどこへも行けず、お粥と精進料理になってしまいました。当然一家の食事も右へ倣い 僕は飛び込み仕事が入って結局何処も行けず、3・4日あった休みも家の中でゴロゴロ。。。。皆で家の中を ゴロリン ゴロリン  途中何回かは気分転換に、買い物&ビデオヤへ3人もしくは母娘でしてましたけど さすがに、最終日5/6(日) 我慢の限界に達したのか、「ドライブと外食したーい」と、我が娘がのたまったので、、 甘い夫婦ですね15:00過ぎすぐに3人のなかでした。。。。 目的地無しでスタートしたのですが、娘が古いCDと漫画が欲しいという一言で、新しい場所をという事で一路 加賀温泉まで。。。。…

続きを読む

今年が最後でした。もう見られない>< 徳光PA CCZ菜の花畑

北陸自動車道の徳光PAは知る人ぞ知るの名物が多いPAです。 全国唯一のアルコール提供のPAレストラン、温水シャワーなどまであったりして^^; PAから歩いて行ける範囲内にCCZという温泉施設や室内プール施設なんかもあります。 その室内プール前に広がる広い土地を利用して、春は菜の花畑、秋はコスモス畑が植えられて人気スポットになっていました。僕も毎年楽しみにしていたんですよ。訪れた日(今春)は菜の花の盛りで黄色い絨毯が広がって見事な景観が広がっていました。 ところが、この花畑も今年で終了が決定し、約10年の歴史に幕が下ろされます。表向きは花畑による土壌が弱ってきているという理由ですが、実情は白山市の財政事情という話がほんとのようです。寂しい。。毎春・秋は楽しみにしていた人が多かったのに。。しょうもない箱モノや駅の改修よりこういう観光資源が大事なのに。。 今年で最後の黄色の絨毯、PAに車停めたまま歩いて行ける距離だったんですが。 ついでに、CCZの温泉は相変わらずお奨めです。ちょっと舐めるとショッパイ天然温泉です。露天風呂やサウナもあり^^V 入湯料は先日値上げされたけど、それでもたしか440円だったと思う??^^; ついでに、コスモスはこんな感じでした。こうやって振り返ると懐かしい感じ。。また再開してほしいものです。 http://72469241.at.webry.info/201208/article_48.html 旅行日 2012.4.19

続きを読む

山島ふれあい市場

仕事ついでによくこのJAの駐車場に車を停めるんですが、そのついでと言ってはなんですが,よくここでお買い物して帰っています。 この山島地区の農家の人たちが作った野菜などが並べられているんです。俗にいう「野菜直売所」 嫁さんに野菜の直売所に行ったら何でもよいから買って来てね。というご達しが出てるんですよね。で、寄った際には何かしか買って帰るのですよ^^ もちろん(というのは変かも)、無人の市場ですからのんびり選べます。 この日はお昼を回ってしまっていたので、目ぼしいものはあまり残っていませんでした(TT) 結局、この日のお買い上げは、春菊・長ネギ・漬物各100円・突立て切り餅200円で計500円。ちなみに切り餅は僕のお昼ごはんになりました^O^ ついでに翌日も仕事でここに立ち寄りましたが、またまたお昼過ぎ。なかなか午前中には来れませんねえ(TT) 当日はふきのとう・大豆各100円・またまた切り餅(わりあい塩っ気が効いてて美味しかったんですよね) 高いか安いかは女性陣にお任せします。嫁さんはこれに関しては文句や批評を入れないから。。新鮮なら好いんだというお言葉^^; 写真を見ると解るけど、冬場はシャッターが半分閉まってますが、通常は全開でお金はボックスにチャリ~ンの信用商売^^ 旅行日 2012.03.05

続きを読む

餃子の王将 松任店

我が家で頻度が高い外食先といえば「餃子の王将 松任店」家から近いこともあるけど。。 とにかく、我が家の嫁さんは王将の餃子が大好き^O^ ドライブや買い物のついでにどこかで食べて帰ろうというと、10回中8回はここに行こうとのたまいます。それでも軽く拒否権を発動して、ほかの頻度を増やしてます。しばらく拒否が続いたせいか、嫁さんも諦めて頻度が減っていたけど久しぶりの来店でした。 まあ、僕も王将の餃子は好きですから、ついつい増えちゃいます。学生時代は餃子のみのお店に行ったなあ^^; 石川は食事に関しては関西系なので、馴染みが強いんですよね。 石川県人はチェーン系だと「餃子の王将」「八番らーめん」「焼き鳥の秋吉」「お多福」「八幡すし」は一度は入ってるんだろうなあ。。。 餃子の王将は店舗によって、当たりはずれがありますが、ここはまずまず美味しいから昔から通っています。餃子がメインでメニューを見ながら何を食べようか。。。今日は麺の日かなあ。。。で、僕は五目そば(餃子の王将の五目そばとチャンポンは僕は好きですねえ^O^) 嫁さんは松任店特製・辛らーめん(思ったより辛くなく、台湾らーめんにすべきだったと後悔してました。)娘は天津麺。ついでにごはんが欲しいという二人は中華飯、焼き飯、、ちと多すぎるんじゃないかと思ったら、案の定しっかり半分ずつ手伝わされちゃいました。。もうおなかパンパン>< それにしても、久しぶりだったなあ^^ 餃子の王将   http://www.ohsho.co.…

続きを読む

無くなってしまった・・・美川県一の看板

北陸自動車道を通ったことのある人は観掛けたことがあるかもしれません。 知る人ぞ知る存在の看板です。 大阪方向からは美川ICの手前に、富山方向からだと金沢西ICからしばらく走った場所にあります。黄色の看板で良く目立つ看板で「美川県一の町」という大きな文字が描かれています。 白山市合併前、ここは美川町でしたが当時の町長が建てたものです。 よく美川憲一をもじったと噂されていますが、別段それは関係ありません。 後で事後承諾でそう言う事になったようです。 元々、廃藩置県後、石川県は旧加賀藩の領地で始まりましたが、発足当時は石川と富山を合わせて石川県でした。そして県都は金沢ではなく、この美川町に置かれました。美川町は県内では静かな町ですが歴史的には石川の中心地という自負があったようです。 そもそも石川県の石川は、白山からこの美川町を河口にする手取川から来ています。「石をも転がす急流」という所から来ています。これまた意味があったようです。 昨年末、白山市長選挙が行われたのですが、その際に存続・撤去も公約に提示され、撤去派の候補が当選しました。実を言うと落選した候補が、この看板を作った旧美川町長だったんですが。。。。 この選挙で、撤去論が大勢を得た感じです。今後、早めに撤去が進められそうです。早ければ、今年中にもなくなるかもしれません。近くを通った際には、目に焼き付けておいてください^^; 旅行日 2011.2.6 追加   残念ながら、予想通り撤去されてしまいました…

続きを読む

鬼百合の群生地 

白山市の徳光海岸から金沢市の専光寺を結ぶ海岸線を走る「しおさいロード」。海岸線とはいえ濃い松や草木で海は見えない道路ですが、途中の八田町地内では砂地を利用した作物が作られています。盆前の7月末から8月頭には、お盆の供花用として鶏頭の花畑が見られます。 そんな八田町地内に鬼百合の群生地があります。 夏の花といえば向日葵が一番に来ますが、もう一つ二つあげるとすれば鳳仙花とこの鬼百合だと思います。昔はよく見かけたのですが近頃見かけなくなって来ました。 この群生地も一時絶滅寸前まで追い込まれましたが、地元有志の努力で現在の姿まで復活しました。8月初頭にはオレンジの美しい花が咲き乱れています。 鬼百合の咲く小道を行くと、美しい海岸を見渡せる見晴台の東屋に行けます。静かに夏の海岸線が見渡せます。 旅行日 2010.8.5

続きを読む

最近のコメント