大日川ダム

大日川ダム周辺略図 道路は略図ではどれも同じ幅ですが、実は起伏はあるは車一台がやっとの道も多くあるのでご注意をダムにある地図看板ですがけっこう古いものです。鳥越高原大日スキー場は平成19年(2007年)に名称変更で鳥越大日スポーツランドになったんですが、平成24年にスキー場が閉鎖・廃業しています。現在は広い駐車場を利用したジムカーナや自動車練習・競技会場、阿手町の催物会場になっています。他はいずれも健在ですが白山スーパー林道は平成27年(2015年)に名称が「白山白川郷ホワイトロード」に変更されています。今年は崩落もあって、岐阜側は無料区間と有料区間の三方岩駐車場まで開通していますが、その先の有料区間および石川側の無料区間は通行止めになっています。来年は開通できるそうです。 赤瀬ダム・赤瀬湖を右に観ながら大杉谷川に沿った道(県道43号)を15~20キロほど進み、牛ヶ首峠(地図では丸山)を左折して大日川に沿って10キロほど進むと大日川ダムになります。野性の証明での車の引き上げシーンは赤瀬ダムと云われていますが、僕には車の走行シーンは大日湖東岸道路、引き上げは日川ダムの西側角地に思えました。大日川ダム湖 東側道路から、この道は車幅が狭いので、映画のように転落注意大日川は総延長34.9キロ、石川・福井の県境付近の大日山(1368m)を源にしています。ちなみに大日山は河南三山(江沼三山、鞍掛山・富士写ヶ岳・大日山)に数えられ修験道のメッカでした。古くから大日如来を祀る山として信奉されてきました。また山稜…

続きを読む

赤瀬ダム

昭和53年(1978年)公開 野性の証明 監督:佐藤順彌 原作:森村誠一 主演・出演:高倉健・薬師丸ひろ子、中野良子他 音楽:大野雄二主題歌:町田義人「戦士の休息」1970年後半から80年まで、大作を輩出した角川映画の初期に、人間の証明に続く森村誠一原作の第二作として公開された作品になります。 「あらすじ」(Wikより、ねたばれあり)・・・1980年5月のある日、反政府ゲリラの一団がアメリカ大使と家族全員を人質にとって立て籠もり事件を起こした。県警の救出作戦は失敗し、人質の命に危険が迫る中、政府首脳は秘密裏に陸上自衛隊に出動を命じる。味沢岳史一等陸曹(高倉健)を含む突入部隊は犯人たちを全員殺害し、人質を救出した後、素早く現場を立ち去った。 味沢が所属する部隊は、極秘裏に編成された精強の特殊部隊「特殊工作隊」だった。事件後、味沢たちの部隊は訓練の一環として北上山地の原生林の中に一人ずつヘリから下ろされ、目的地まで自力で辿り着くよう命令される。訓練は精神異常をきたす隊員や行方不明者がでるなど過酷を極め、味沢も疲労困憊して登山道に滑落したところを通りかかった女性登山者・越智美佐子(中野良子)に発見される。美佐子は近くの部落(架空・風洞集落)に助けを求めに走ったが、味沢は訓練中民間人との接触を厳禁されていたため、その場を離れた。しかし味沢が向かった先は美佐子が向かった部落だった。部落では、住人の長井孫一(江角英明)が発狂し手斧で次々に村人を殺していた。美佐子も長井に殺されてしまう。長井は最後に自分の娘…

続きを読む

七ヶ用水大水門

前回の加賀一の宮駅舎から、金名鉄道線路だった真新しいサイクリングロードを二人で歩いて、古宮公園の方に以前は、大回りしないと古宮公園の奥に行けなかったんですが、整備されたおかげで目的地には一直線。。 ちょうど曲がろうとしたところで、嫁さんが@@「ねえねえ、あのガラスのピラミッドみたいのは、な~~に?」「えっ、あ~前に来た時、教えてあげたじゃん・・」「覚えてない。。わたし見てくる~~」嫁さんが見に行ったのはこれです。古宮公園 瓦笥発見保存地 2017.04.14撮影白山本宮(白山比咩神社)が、この地にあった時代の1700に及ぶ大量の瓦笥(かわらけ、土師皿)が発掘されたもので、そのほとんどが神事に使用されたもの。まあ、白山本宮のゴミ捨て場。 白山本宮がこの安久濤(あくど)の森に文明12年(1480年)まで、長い期間あった伝承が証明されたものです。白山本宮はこの年に火災で焼失、白山三の宮(現在地)に仮遷座していましたが、世紀を跨いだ前田利家の修復で現在地に固定されました。おかげで本来の三の宮が消失、白山比咩神社の町名・三宮町としてだけが残っています。後で思い出しましたが、昨昨年、家族で来た時に何があるとは教えたけど、あっちウロウロこっちウロウロで佇むお父さんを無視して二人はそそくさと先を歩いていて、その時は見なかったようです。 曲がった先にある建物は「手取川七ヶ用水土地改良区白山管理セン…

続きを読む

刀利ダム

たまたま、仕事で国道304号線から富山との県境まで行く用事がありまして、時間もあるので南砺市から湯涌経由で戻ることに。。あいにくの小雨模様の天気でしたが、山裾からの砺波平野の緑が綺麗に観られました。もうしばらくすると紅葉の季節になるんでしょうね。 南砺市から山越えになる湯涌線に入ると、早くも所々で紅葉しかけた木々の葉が観られるようになっていました。この湯涌線にも色々と見どころはあるんですが、通り道にもなっている久しぶりのダムをご紹介しましょう。 富山県はご存知のように立山などの3000メートル級の北アルプス、白山を主峰として1500メートル級の山並が石川・富山の県境を扼する加越山地の高山地帯から、最深部1000メートルを越える富山湾という両極の海山を持つ自然豊かなところで、山の幸・海の幸に恵まれた北陸の中でも屈指の山・海産品の宝庫と言えます。この自然の宝とも云える山岳地帯と海湾を繋ぐ河川は古くからの氾濫を繰り返しながらも、豊穣な産物を生む土壌の砺波・越中平野を生み出してもいます。 富山湾に幾本もそそぐ主要河川としては一番西を流れるのが小矢部川。加越山地からはこの小矢部川と庄川があります。江戸期以前は2本の河川は源は別ですが、途中で何度か合流しては離れ、高岡で再合流してからは1本の河川として富山湾に流れ込んでいました。この高岡からの流れは総称されて射水川と呼ばれていたそうです。 江戸時代に大規模氾濫で庄川の流れが東に移動して、前田利常以降の加賀藩による大規模改修によって庄川の流れが固…

続きを読む

二万七千石用水 大水門 ~ 庄川合口堤堰(ダム)

鯉恋の宮を降りて河岸に出ると庄川の河岸に出られます。 庄川の本流と用水路に囲まれて細長い島のようになっています。その島を散策するように遊歩道が配されていて散策が楽しめます。というわけで、この細長い島や河岸を巡るのが舟戸公園と云います。 けっこう起伏があり長い距離がありますから、鯉恋の宮から降りた厄除け鯉の放流地で、ウッドプラザをもう一度見たいという二人と分かれて、まずは上流側の「二万七千石の堰」に向かって歩きます。 島の部分はけっこう起伏があるんですが、河岸には平坦な遊歩道もあります。でも、せっかく来たんだから、島の起伏のあるコースで歩いてみました。 歩きながら、けっこうシャッターを切ったはずなんですが、画像データが残っていませんでした チョット少ないですが。。。。お許しを。。。そうそう、遊歩道沿いには桜並木や古くからある江戸桜の大木があり桜の名所にもなっているそうです。 庄川は先にも書いたようにエメラルドグリーンに輝いて見える河川です。 なぜグリーンなのかは詳しくは知りませんが、河岸に迫る山林の緑が太陽光線によって映り込むとか、きれいな川や海に当たる赤い光は吸収され波長の長い緑や青の光が人の目に映るそうです。特に水底が深い場合に多いそうです。更に植物性プランクトンが多いと青の光が吸収され、葉緑素が反応して緑の光だけが強く残って見えると聞いたことがあります。 もちろん川の水の成分もあるんでしょうが、緑の川は綺麗な川の証明なんだそうです。 …

続きを読む

医王ダム

石川県の特に加賀地区は白山山系や医王山系といった山岳地から日本海や河北潟・木場潟といった湖沼に流れ込む河川の高低差が大きく、昔から暴れ川などと呼ばれる河川が多いのが特徴です。また、山岳が終わるとすぐに住宅地になるという特徴もあります。更にそれを過ぎると農地の扇状地という具合です。 そのため、昔から洪水対策となる治水ダムが多く存在するのですが、住宅のために堤防改修が高額になるため、上流で調整しようとする補助治水ダムというのも存在します。 今回ご紹介する「医王ダム」もそのひとつです。 このダムが医王山から流れる森下川(もりもとがわ)の上流にあります。森下川は医王山から北金沢を流れ、河北潟に注いでいます。 ダムのある二俣・荒山は山深くにあり、またダムも県道から脇に入った位置にあるので、県民も名前くらいで訪れたことのある人は意外に少ないかもしれません。 上流の治水ダムは山深い位置にあるので馴染みが浅いし、一歩間違うと生態系破壊にも繋がるので、建設には反対運動が多いのですが、訪れてみると自然の中にマッチしているものが意外に多いのです。 補助治水ダムは名前の通り、国補助が入っているのですが、基本的に県営のため地元の景観保存には力が入るのでしょうか。 医王ダムは北陸に多いロックフィル型のダム。 ロックフィルの良い所はむき出しのコンクリートが少ないこと。やはり山間でのコンクリートは違和感が多いですからね。治水調整の人工池もなかなかの景観です。 訪れ…

続きを読む

子撫川ダム ~ 井波

前回の続きです。日記の方は夏真っ盛りです晴れ 河合谷の大滝から、さらに山の中を通って行くと、富山になります。そして、ダムに出会います。 子撫川ダムと言って、富山県の貴重な水瓶の一つです。 このダムは、宮島峡・宮島峡温泉の最上流部になります。 ここから、子撫川沿いに三・二・一の滝や淵が織り成す緑と水の風光明媚なスポットです。今回は急いで通り抜けてしまったので写真をちょっとしか撮っていません。また機会があったら紹介しますね。 この川沿いの道路は、スポットごとにビーナスの彫像を配置しているので、「ビーナス・ライン」と呼ばれています。龍ヶ淵なんか人魚姫が淵の真ん中にいますわーい(嬉しい顔) 子撫川ダムとダム横の広場にあるビーナス像です。 急いで通り抜けたのは、行く場所が遠くだったから思い立ったが吉日で向かったのは井波の瑞泉寺 井波は現在、南砺市の一部ですが、山間の入口にあります。 井波は彫刻の町で有名です。欄間や木彫り、全国の有名寺社に井波の技術者の作品があります。そして獅子頭も、北陸の獅子頭は前に紹介した鶴来と井波が主流です。 町のお店も木彫で統一していて、雰囲気のある通りになっています。彫刻や欄間は勿論ですが、彫刻刀の店が何軒もあるのも特徴です。 井波に近づく頃、それまで凄く良い天気だったのに、空が曇ってきましたよ。そしてついにポツポツと{%曇りwebr…

続きを読む

九頭竜湖

国道158号線を九頭竜川に沿って行くと大きな湖が広がります。名前は「九頭竜湖」。 ここは昔から岐阜とを繋ぐ街道でしたが、豪雪と険しい山で大変な場所でした。昭和42年に九頭竜ダムが建設され大きな湖が出現しました。 山奥特有の新緑の美しさ・燃えるような紅葉が美しい場所で、湖を中心にキャンプ場やスキー場が配されています。 九頭竜ダムはロックフィル式のダムです。ロックフィルというのは石や岩石を積み上げて建設するダムです。黒部ダムのようなアーチ式・コンクリートダムとは違って地盤が軟弱な地に向いているそうです。、石積みが荒く見えますが景観は個人的に好きですね。 北陸や岐阜にはこの形式のダムが多く、御母衣(みほろ)・手取川(てどりがわ)も同じ形式です。高さは128メートル。 九頭竜湖をこの時期走ると紅葉が美しいのですが、途中途中に車を止める場所にはそれぞれの景観地があります。 僕の好きなスポットは「九頭竜湖・ダム」「箱ヶ瀬橋(夢の架け橋)」 「箱ヶ瀬橋」は、瀬戸大橋の試作として造られた物ですが、湖面に浮かぶ姿は綺麗ですよ。新緑や紅葉に冴えるんですよ。 和泉村にある「道の駅 九頭竜湖」も九頭竜湖の山越え前後の一服に最適です。ティラノサウルスの親子のモニュメントがお出迎えしてくれます。 ただし、雪の積る時期は倉庫で冬眠してるそうなのでご注意を^^; 旅行日 2010.11.07 追加 先日(H24.6.24)、昼間にこの道の駅に立ち寄ったんですが、いつものご…

続きを読む

子撫川ダム 宮島峡上流 

河合谷の大滝から、さらに山の中を通って行くと、富山になります。そして、ダムに出会います。 子撫川ダムと言って、富山県の貴重な水瓶の一つです。このダムは、宮島峡・宮島峡温泉の最上流部になります。 ここから、子撫川沿いに三・二・一の滝や淵が織り成す緑と水の風光明媚なスポットです。今回は急いで通り抜けてしまったので写真をちょっとしか撮っていません。また機会があったら紹介しますね。 この川沿いの道路は、スポットごとにビーナスの彫像を配置しているので、「ビーナス・ライン」と呼んでいます。龍ヶ淵なんか人魚姫が淵の真ん中にいます。 写真は子撫川ダム横の広場にあるビーナス像です。う~ん色っぽい 旅行日 2008.8.13 宮島温泉 滝乃荘楽天トラベル 金沢市内へも車で約40分!宮島温泉を愉しむ山間の一軒宿。温泉と富山湾直送の鮮魚を使用した料理が自慢♪ 楽天市場 by

続きを読む

最近のコメント

「江馬氏館跡庭園・下館跡」- by つとつと (11/25)

「江馬氏館跡庭園・下館跡」- by アルクノ (11/25)

「伝燈寺 富樫守護家・終焉の地」- by つとつと (11/25)

「江馬氏館跡庭園・下館跡」- by つとつと (11/23)

「江馬氏館跡庭園・下館跡」- by 藍上雄 (11/23)