美川ふくさげ祭り

白山市の美川地区は、平成の合併以前は石川郡美川町でした。 この美川町は古くは本吉(もとよし)と呼ばれて港町として栄えた町で、室町時代には三津七湊(さんしんしちそう)と呼ばれた日本国内の十大港湾として記載されていました。 三津七湊の名は日本最古の海洋法規集の廻船式目(船法度、13~15世紀に成立)に出てくるのですが、、 三津・・・安濃津 (あのつ、三重県津市)・博多津(福岡県福岡市)・堺津(大阪府堺市)      ちなみに中国の明誌では日本の三津は、安濃津・博多津に加えて坊津(鹿児島県南さつま市)が堺津と     入れ替わります。 七湊・・・主には大河の河口を利用した湊がほとんどですが。。。      三国湊(みくに、福井県坂井市)・本吉湊(もとよし、美川湊、石川県白山市美川町)      輪島湊(わじま、石川県輪島市)・岩瀬湊(富山県富山市)・今町湊(直江津、新潟県上越市)      土崎湊(つちざき、秋田湊、秋田県秋田市)・十三湊(とさ、津軽湊、青森県五所川原市) 江戸期以前は朝鮮・中国との交易、江戸期・明治には北前船の寄港地として栄えていました。明治2年(1869年)その石川郡本吉町と手取川を挟んだ対岸の能美郡湊村が合併して美川町となっていました。一応、郡名を合わせた町名になります。 明治初期には廃藩置県で金沢県になり金沢に県都が置かれていましたが。明治5年に石川県と改称しています。石川は石をも転がす川と呼ばれた急流の手取川の別名になります。わずか一年とはいえそ…

続きを読む

キリコ会館

輪島朝市駐車場の東側の海辺に広がるマリンタウンに昨年(H27.3)にリニューアルオープンしています。 昨年、観たかったんですが、諸事情で見学せずに珠洲の方に行ってしまいました。改めて、今夏に見学することに。嫁さんが朝市通りでキリコの実物を観たこともあって快く同意マリンタウンやキリコ会館の外装も撮ったはずなのに画像が何故か残っていなので、館内のキリコの画像でご勘弁を 元々は、老舗旅館ホテルの高州園から少し東に行った塚田町という所に、輪島塗の最大手老舗の稲忠漆芸堂の工房・販売店と共に運営していたものです。最盛期には相当数のキリコが各地から集められ100基ほどはあったと云われていました。また、ミシュランガイドにも老朽化した建物ながら観光スポットとして二つ星を点けられた隠れた人気スポットでした。 塚田町のは以前にも簡単に紹介しているのでこちらをどうぞ → 旅行日 平成19年8月 ところが、バブル崩壊・能登沖地震の風評被害などで輪島塗販売の不振に陥り、平成22年に稲忠漆芸堂が破産による会社更生法申請、同24年に同法取消で稲忠は隠れた人気スポットのキリコ会館・イナチュウ美術館や輪島でも数少なかった団体客用レストラン・花車などを手放したり閉鎖に追い込まれてしまいました。これらの施設は輪島観光の大きな一翼を担っていたためダメージが大きく、県や市を挙げて存続を検討されましたがキリコ会館のみの存続になってしまいました。、 …

続きを読む

お旅祭り 曳山子供歌舞伎

芦城公園を後にして、せっかくお祭りに来たということで、久しぶりに子供歌舞伎の曳山を観に行くことに 僕と嫁さんは何度か街中で観たことはあるんですが、娘は初めての体験。見たことがある僕と嫁さんも曳山の八基勢揃いは初めての観覧体験。 お旅祭りは5月上中旬の三日間(金土日)に開催されていますが、 祭事の始まりについて、、、、寛永16年(1639年)三代藩主・前田利常が家督を息子・光高に譲り隠居。隠居城として小松城、隠居領20数万石で移り城下町を整備しました。慶安4年(1651年)菟橋神社(うはしじんじゃ)と本折日吉神社(もとおりひえじんじゃ)の神輿が小松城内に参じて祭礼を行ったのが「お旅祭り」の始まりと云われています。 前田利常は小松在城18年で亡くなり、小松城は加賀藩に戻されて支城として城代が置かれましたが、小松を城下町として発展させた利常の功績を慕う市民によって長くこの祭礼は続いています。3日間の祭礼の最終日(本折日枝神社は土日)には両神社の神輿が繰り出され、小松中心街を練り歩きます。 お旅祭りは小松の中心街の祭りとして、重機のコマツ(小松製作所)の公開展示や試乗体験、町家での催事販売、商店街での歌舞伎市などが行われています。また曳山が1.2台くらい年間展示されている曳山会館みよっさでもイベントが行われています。旧城下町の20町が隔年交代で10頭の獅子舞が演じられており、こちらは主に男の子がメインになっています。 ただ何といっても歌舞伎の町と呼ばれる小松ではGW5/4.5に…

続きを読む

白峰 雪だるま祭り

この日、夕方から白峰に行って来ました。 白峰は白山麓の奥、福井との県境にあります。 平成16年の市町村合併で白山市になりましたが、以前は人口1000人程の村でした。石川県内の中でも観光地・名物有りの地として有名で、高級紬の「牛首紬」、恐竜化石の出る「桑島恐竜壁」、肌がつるつるになるという「絹肌の湯」 などが有名です。 この日、白峰では恒例の「雪だるま祭り」が開催されているんです。 元々、豪雪地帯の白峰ですが、近年は雪不足で苦労していましたが、今年(H22)はそんな心配もなかったようです。村落の中はこの日のために、道路や広場は除雪されて歩いて回るのにも、楽チンです。 駐車場や国道に出ると豪雪地帯とは解りますが、会場の村落は除雪が行き届いていて、雪国とは実感しないほどです。 通路しか除雪していない林西寺の参道を見るとこんな感じ、たくさん降っているのが解ります。そうそう、この寺の隣にある白山本地堂には、白山山頂に安置されていた下山仏8体が安置されています。泰澄上人作と伝わる木像や藤…

続きを読む

ほうらい祭り ~ 泰夢

10/3.4と白山市の鶴来地区では「ほうらい祭り」という秋季祭が開かれていました 「ほうらい祭り」は、鶴来の名の元になった「金剣宮」の秋季祭です。 由来は 金剱宮の秋季祭が「ほうらい祭り」と呼ばれるようになったのは、「祭りを全国区に」を合言葉に1970年代初頭、町が検討会を設けるなどして商工会などとともに、町の目玉祭りとして売り出した時のことだそうです。 この時、掛け声に由来する「ほうらい」の名を「中国の蓬莱山」とも「宝がやってくる意味の宝来」の両方にとれるようにと、あえて平仮名にしたそうです。 金剱宮社務所などによると、「ほうらい祭り」で行われる「神輿の渡御」の起源は平安時代にまでさかのぼります。「源平盛衰記」巻4の「白山神輿登山」の条にある記述が最も古いそうです。 それらによると、1176年、加賀国の目代・藤原師経の部下が野駆けに使った馬を白山中宮(吉野谷村)の末寺・涌泉寺(小松市遊泉寺町)の僧兵用の風呂で洗ったため、激怒した僧兵が馬の脚を折るなどしたうえ追い返した。師経も逆に憤慨し、この寺を焼き払った。 怒り心頭に発した僧兵は国府を焼き払い、師経は京都へ逃れたが、翌年、僧兵は、金剱宮や早松社(吉野谷村)などの神輿を担いで都大路まで追いかけたのが始まりとされています。 当時の神輿はすでにありません。現存するものは、金剱宮とは関係のない松任金剱(かなつるぎ)宮で1831年に作られたそうです。現在使用している神輿は美川でつくられました。…

続きを読む

白峰雪だるま祭り

昨年(H22)、久しぶりに行ってホッコリした「雪だるま祭り」が今年(H23)も開催されます。今年(H23)は雪も多く期待しています。 1/28、2/4の2回に旧白峰村の2地区で開催されます。 1/28は桑島地区、桑島は白亜紀の恐竜などの化石が発見される「桑島化石壁」があることで有名です。手取川ダムにより水没して、地区としては小さいですがなかなか風情のある地区です。 2/4は白峰地区、白峰は白山への禅定道の入り口、越前・勝山に抜ける中継点として栄えました。どちらも小1時間で回れる範囲ですが、2000以上の雪だるまが町中に立てられています。 ちなみに白峰の人口は850人。なんと総人口の3倍近い雪だるまが見られます。5時過ぎには電球や蝋燭でライトアップされ、幻想的な風景が映し出されます。 山間の奥にありますから寒いのは覚悟してください。暖かい完全防備で行くことをお勧めします。 僕も行きたいのですが、体調を崩している娘の回復次第。絶対直せと厳命していますが、情勢は微妙な所です^^; 平成22年度の画像です。 日記UP日 2011.01.24

続きを読む

雪だるま祭り

白峰は白山麓の奥、福井との県境にあります。 平成16年の市町村合併で白山市になりましたが、以前は人口1000人程の村でした。石川県内の中でも観光地・名物有りの地として有名で、高級紬の「牛首紬」、恐竜化石の出る「桑島恐竜壁」、肌がつるつるになるという「絹肌の湯」などが有名です。 大々的に全国に発信している祭りではありませんが、県内では有名で多くの人が訪れています。 ただ、祭りといっても、各家や施設の人が各家の前に工夫を凝らした雪だるまを作って置いてあるだけなんです。でも、凄く可愛いし、人気があるのは解りますよ。夕方から夜にかけての開催なので、氷点下の世界、完全防備で来ることをお奨めします。 元々、豪雪地帯の白峰ですが、近年は雪不足で苦労していましたが、今年はそんな心配もなかったようです。村落の中はこの日のために、道路や広場は除雪されて歩いて回るのにも、楽チンです。 駐車場や国道に出ると豪雪地帯とは解りますが、会場の村落は除雪が行き届いていて、実感しないほどです。 白峰村では冬の間、雪だるまが各家で作られています。毎年2月の第1.2週に桑島・白峰地区で「雪だるま祭り」として3時頃から開催されます。夜になると蝋燭やライトでライトアップされて、また違った顔が見られます。 雪だるまの里協議会 http://homepage3.nifty.com/yukidaruma-club/index.html 旅行日 2010.2.12

続きを読む

ほうらい祭り

10月初頭に白山市の鶴来町で行われる祭りです。 5メートルを超す「造り物(つくりもん)」という人形を若衆が担いで町内を練り歩きます。狭い道をこの人形が練り歩くのは迫力ありますよ。 「造り物」は毎年、各町会持ち回りで製作され、趣向を凝らしたものが作られます。毎年5.6体出場します。 他にも獅子舞が3つ。石川の獅子は獅子頭も立派ですが、カヤと呼ばれる幌が後ろにつけられこれまた迫力満点の大きな胴体が作られます。 棒振りや刀などでの獅子との舞にも、迫力感があります。元々は加賀藩の軍事教練代わりに利用されていたそうです。 ほうらい祭りのメインは、金剣宮の神輿なんですが、造り物と獅子舞が主役を食っちゃっています。 祭りは二日間に渡って行われますが、町内の軒先には注連縄が張られ、行灯や神前が設けられ、古い町並みが相まって賑やかな雰囲気です。 県内でも、祭事の規模も人出も有数なものなのですが、TV中継が入らないため、白山市近辺にしか知られていない現状があります。是非、見て損はない祭りです。 TV中継が入らない大きな理由は祭り歌なんですよ。ちと放送コードに引っかかるのが多いんです これがなければとは思うけど、無いと無いで祭りじゃないし。。。 祭り歌はこちら、見て聞くと納得かもね ⇒ http://www.geocities.jp/hourai_matsuri/main.html 造り物と獅子頭は、パーク獅子吼にある「造り物の館」「獅子ワールド館」に展示されています。 どちら…

続きを読む

造り物の館

白山市の鶴来にある金剣宮の秋季祭の「ほうらい祭り」で、神輿の供の太刀持ちとして「造り物」、露払いとして「獅子舞の棒振り」が各町会から参加します。 その「造り物」を平素、展示・保存されているのが「造り物の館」です。 高さが5メートルを越す大きさです。なかなか迫力ありますよ。 そして、愛嬌もあるんです。鏡獅子・関羽雲長・舞妓・暴れん坊将軍・源頼政。。。顔が怖いのから笑えるものまで 。。。各町会ごと毎年ごとに作り変えられています。 是非、観るのをお奨めします。パーク獅子吼の中でも端っこの森の中なので、訪れる人も少ないのでノンビリ見学できますよ。 ほうらい祭り http://www.hot-ishikawa.jp/archive/movie/haku-horai.html 旅行日 2008.7.20

続きを読む

最近のコメント