峨山禅師生誕地 棚田の風景

前回の日記は3部作になってしまいましたが、その中に峨山禅師のことを書きました。峨山禅師は永光寺(ようこうじ)の南の山岳地帯の宝達山の南麓の羽咋郡瓜生田(現在の河北郡津幡町瓜生)で生まれています。 ちなみに能登は山が意外に多いのですが、高山と呼ばれるような山はなく、この宝達山が能登で一番高い山になります(637.1メートル)。ただ丘陵面積が広く、県内の宝達志水町・かほく市・津幡町さらに富山の氷見市・高岡市に跨っています。名前の由来は江戸期に金脈が出たからと聞いたことがありますが、詳細は不明。 昨年のお盆に足を延ばして、この瓜生まで来て峨山禅師の生誕碑も観てきていたので、この機会に改めてアップすることにしました。実はその時は棚田の風景を観に来ていたんで、峨山禅師はついでだったもんで、あまり写真は撮っていなかったんです。「ついで」なんて書いたら峨山禅師に怒られそうですけど。。 津幡町でも山間の里と云われる河合谷地区。その河合谷でも一番奥にあるのが瓜生です。昨年(H24)の春に豪雨で崖崩れが起こり、唯一の生活道路が埋まって部落が孤立したのは記憶に新しい出来事でした。宝達山側にも道はあるんですが、とても普通車が通れるものではないそうです。災害の際もこの裏道を通って緊急を知らせたそうですが、相当苦労したそうです。 八の谷・池が原の吉倉地区からこの瓜生の辺りは良質米が採れることで知られていて、美しい棚田の風景が見られます。 江戸期までは氷見からの街道があり、中継に宿場になっていたそうですが…

続きを読む

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)