雑話 日本の仏教①

名所・旧跡に触れて歴史を振り返るものを書いていると、頭が痛くなるのが宗教がまとわりついてくることです。けっこう宗教施設と言える神社・仏閣で考察的に歴史を振り返る僕ですが、訳が解らなくなる時はしょっちゅうあります。神道にしても仏教にしても、更に修験道まで加えると浅学な僕でも書き始めれば、誤字脱字、意味や筋を誤ったりしても良ければ、本が何冊も書けるんじゃないかと思いますが・・・これからも、出掛けるたびに寺社仏閣が出るために、まずは簡単?な仏教の流れをば。。。大安禅寺(大安寺)大日如来坐像 平安末期作大安禅寺は万治2年(1658年)創建の越前松平藩(福井藩)歴代藩主の墓所・菩提寺になります。戦災や地震で古い建物類が残っていない福井市内で江戸初期の建築を残す貴重な寺院、臨済宗妙心寺派(2012.09.18撮影)世界には様々な宗教が存在しますが、キリスト教・イスラム教・ユダヤ教など数え上げれば切りがないくらい。。誤解されやすいものではインドやネパールのヒンズー教もありますが、日本ではヒンズー教=インドの国教と思われていますが、実はインドには国教というものはありません。ヒンズー教というのは欧米から見た名称で、中国や韓国では印度教とも云うそうですが、南アジア諸国でのイスラム教とそれ以外の宗教とを分けるために出来た造語になります。現在はシヴァ・ヴィシュヌ・ブラフマーを信奉する種々雑多のインドの有神型の民族宗教をまとめて指す言葉になっています。バラモン・ヴェーダの流れを持つものもあり様々な形態があります。仏教とも密…

続きを読む

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)