一里野高原 イルミ

台風がどんどん近づいていた前日。嫁さんと二人で夜の一里野高原に 真っ暗な夜の高原に向かう道は久しぶりで、途中雨も降り出して、所々霧も出て怖々運転しておりました。昼間は何度も走っているんですが、真っ暗な夜のワインディングロードは久しぶりで、数えるほど^^; そうまでして行きたかった一里野高原。 毎年秋から冬にかけて、輪島の千枚田までイルミを観に行っていたのですが、今年はついに加賀地区にも登場。ところが時期は8月から9月いっぱいまで、行こう行こうと思いながらあと2週間。。ついに我慢しきれず、嫁さんを無理やり連れだして、一路、白山の麓・一里野高原スキー場まで。。、真っ暗なワインディングロードに、狭いトンネル内の所々に工事信号の片側通行、あげくに雨が降って所々で霧発生の悪路でした。できれば晴れてくれると、もっと楽だったのに。。 今年は白山開山1300年。。今回はそれを記念してという口実に、恋人の聖地らしくと云うことで、イルミネーションのゲレンデを作製。 ガゼポは18世紀頃にヨーロッパの宮殿の庭園などに作られた日本でいう東屋(あずまや)。中国の崖上などに建てられた亭が発祥と云われています。一里野では建物の天井に鐘があって、紐を振って鳴らすとみんなの注目を浴びちゃいます ちなみに恋人の聖地もプロジェクトは10年程ですが全国的に広がってきましたが、始まった頃は県内では河北郡内灘町のラブビーチ・サ…

続きを読む

IOX-AROSAスキー場 キバナコスモス畑

前回の国道304号線から湯涌街道を経由して戻った際に久しぶりに医王山系の山裾伝いに車を走らせたんです。元々はすぐ戻るつもりで目的地も決めていなかったのです。 小雨が降り続き、ときおり強く降ったりするので、品定めといっては何ですが、次の為の目星をつけるつもりで半分脇見運転や停車しながらの気ままな運転でした。 南砺の地は真宗5世・棹如上人が井波に瑞泉寺を開いて教生を広げたことから、北陸浄土真宗の発祥の地ともいえる所です。教生を飛躍的に広げた8世・蓮如上人も若き日に父親に随行して訪れており、また法主就任の後押しをした叔父の本泉寺・如乗は棹如の孫娘・勝如尼に婿入りしていた関係から、蓮如やその息子たちはこの南砺の地から加賀に教線を伸ばしています。棹如が庵を結んだ本泉寺と瑞泉寺を結ぶ道が現在の県道27号線に当りますが、この道はその後も蓮如が教生に努めるために加賀に向かう道でもありました。このため途中になる医王山の東麓の地にも棹如・蓮如所縁の地や寺院が点在します。そいうわけで、訪れていない寺院の場所を確認しようというのが、最初のもくろみでした。 当然とは言っては何ですが、医王山山系は白山と並ぶ山岳信仰のメッカでもあるし、南北朝では足利直義・直冬について足利尊氏・高師直などに対抗、一時は京都を占領した越中守護・桃井直常、戦国末期に羽柴秀吉・前田利家に最後まで孤高の抵抗をした佐々成政。この二人の足跡もこの辺りにチラホラ。。またの機会に。。 話は全く違うのですが、全国的にゆるキャラブームでいったい…

続きを読む

金谷山

ケーキを買って、一路上越市に向かいます。と、いっても前の日記のケーキ屋さんも上越市だったんですけどね。例の市町村合併で大きく地図が変わってしまいました。犀潟・大潟・柿崎も上越市になったんですねえ。 新潟にいた頃の僕の感覚では、柿崎は柏崎と同地区で中越地区のつもりでした。嫁さんはそうじゃないと云いますけど。たまに行くと市町村が変わって、地名表示が変わって混乱しちゃいます。 実家へ行く前に遅いお昼ご飯にラーメンを食べて行くことに 上越出身の嫁さんは石川や滋賀に住んだせいで、薄口出汁が多いのに辟易してたみたいで、濃口の上越が恋しかったみたい。濃口ラーメンが食べた~い 道沿いにあったラーメン店に             「こだわりのちゃーしゅーめん 昭月」 嫁さんのご希望とは異なり、濃口ではないあっさり系、僕と娘はムフフ 口当たりも良かったし、麺もコシがあってまずまずのお味でした 看板にチャーシューが売りだと書いてあったのに、何にも見ていなかった僕は、いつものごとく味噌ラーメン。しっかり見ていた娘はチャーシューメン。 ということで、チャーシューの写真は娘のをパチリ

続きを読む

夢の平 コスモスのゲレンデ

H22.10 午前中、仕事で金沢大学の側に行ったら街路樹が色づいていました。やっと秋らしい雰囲気になってきました 嫁さんも昼過ぎに仕事から戻って来まして、久しぶりに家族でドライブに出かけましたよ 3人揃ってドライブは久しぶり 週頭にを見たら、砺波のスキー場のコスモスが満開だといってたので、そこまで行くことに 相変わらず出かける時間が遅く着いた頃にはもう4時近く。。 遅かったおかげで道路は空いていましたけど 場所は富山県砺波市の「夢の平スキー場」 ここのスキー場は鉢伏山のスロープを利用していて、東に立山連峰・西には砺波平野に点在する散居村の姿が見られる景色の良い場所です。 雪のない春には30万球の水仙がゲレンデを飾るし、なんといっても秋には100万本のコスモスがゲレンデを飾っています。 まずはリフトに乗ってゲレンデの頂上「鉢伏山」へ 高所恐怖症の娘は終始嫁さんにしがみついておりました ちなみに、嫁さんも高い所は苦手。えっ僕?高い所は大好きです{%…

続きを読む

金谷山スキー場

1911年1月12日、オーストリア=ハンガリー帝国の軍人・レルヒ少佐(テオドール・フォン・レルヒ)によってこの地で日本に近代スキーが伝えられました。その為、この金谷山は「日本スキー発祥の地」とされています。 今年がちょうど100周年で、高田市内でイヴェントが開かれていたそうです。新潟出身で近くの関根学園に1年間在学した皆川健太郎・上村愛子夫妻や天地人に出ていた加藤清史郎君が花を添えていたそうです。 観たかったなあ^^; 当時、日本は日露戦争で勝利、世界各国から注目を集めた時期で、各国の軍事使節や軍事研究に訪れており、レルヒもその一人でした。 レルヒ少佐は自ら北方軍を希望し第13師団が置かれた高田に赴任しました。国内では八甲田山事件もあり、雪中行軍の難しさに直面していた当時の師団長・長岡外史はレルヒにスキー技術の教示を依頼したそうです。 レルヒ少佐はアルペンスキーの開祖と云われたマティアス・ツダルスキーの高弟で有名な人物だったようです。それを見越してスキーを用意して待った長岡外史も新規に優れた人物だったようです。 レルヒ少佐の「メートゥル・スキー(スキーを履きなさい。)」に始まった14人の将校達へのスキーの教練が高田のスキー隆盛に繋がりました。その後、将校夫人達へ、郵便配達夫・警察官へと広がって行きました。更に裾野は広がり、高田市民にも大きく広がり、レルヒが教示した1か月後には「高田スキー倶楽部」が発足したほどです。 レルヒは1年で旭川に赴任し帰国しましたが、毎年2月1…

続きを読む

一里野高原スキー場

白山麓の奥にあるスキー場 今年は年末から通して白山麓に来ていなかったのですが、先週・今週と急な仕事が入って2週続けてここまで来てしまいました。 白山市の旧石川郡の1町5村に7箇所のスキー場があったのですが、2箇所が休止中で5箇所が営業しています。一里野は白山麓の一番奥にあるスキー場です。 石川県の雪は水分が多いため雪質が固めになるため、2~3月は滑り難いと云われていますが、一番奥にある一里野だけは雪質が他と違うようです。特に3月に入ると県内ではここがお勧めです。 今回は仕事のため、楽しく滑っているスキー客やスキー合宿の生徒たちの歓声や笑い顔を横目で見て、羨ましく見てるだけでした>< ここの良い所は各宿泊施設に温泉が引かれていること。スキーで汗をかいたり、身体が冷え切っても熱い温泉が待っています。泉質は無色透明で高温です。 この辺りは山菜が豊富な場所で料理もなかなか美味しい所です。 それから直径10㎝ほどで日本一の大きさといわれるオハギ「いっぷくちゃん」もホテルニュー白山や白山峠茶屋にお土産としてあります。なかなかこれも美味しいですよ^O~ 今回は馴染みの「岩間山荘」で食事^O^ 数日前、宿のご主人が仕留めた猪肉のシチュー定食。なかなか美味しかった~ 民宿・ホテルのお土産や食事巡りも面白いですよ 一里野高原スキー場 http://sam-hakusan.com/sam-snow/ichirino/index.html 岩間山荘  …

続きを読む

コスモスのゲレンデ 夢の平スキー場

「夢の平スキー場」は砺波市の東山麓の鉢伏山の斜面をゲレンデにしたスキー場です。 スキーシーズンにはナイタースキーも楽しめるし、スノーボードも全面滑降可能だそうです。毎年12月中旬から春先まで開場され、2月には雪祭りも開催されています。 鉢伏山の頂上からは東に立山連邦の山並み、北に砺波市や高岡市の街並みや日本海、西は砺波平野の散居村集落の全景が見られます。 スキー場が休業中の春にはゲレンデに30万球の水仙が花が咲きます。 そして、秋には100万本のコスモスがゲレンデを埋めるように咲き乱れます。 今秋(H20)は10/2~10/17の期間「コスモスウォッチング」として、地元の直産品の販売・食材の販売などテント市が行われていました。 この期間、リフトも動いていて、ゲレンデに咲くコスモスの花の絨毯が遠望できます。もちろん、背の高いコスモスの間を歩くこともできます。 コスモスはまだまだ見ごろは続いていて10月下旬まで見頃だそうです。 来年も開催されるようなので機会がありましたらコスモスのゲレンデを満喫して観てください。 スキー場の近くに「夢の平散居村展望台」もありますから、砺波平野を一望できるので是非寄り道することをお勧めします。素晴らしい景観です。 となみ夢の平スキー場  http://www1.tst.ne.jp/yume-ski/ 旅行日 2010.10.16 追記 今年(H24)のコスモスウォッチングは10/6~だそうです。今年はリフトの運行日が決…

続きを読む

最近のコメント

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by 藍上雄 (12/08)

「金谷出丸 南面」- by tor (12/08)