河田山古墳群

前回紹介した和田山城址のある和田山・末寺山古墳群には約40基以上の古墳が確認されているのですが、近くの秋常山や寺井山を合わせれば約60基程。造成や掘削を考慮すれば、100~200基以上が存在したとされています。 これに匹敵する県内の古墳群が「河田山古墳群」です。この古墳群は昭和61年(1986年)に発見されたもの。それまでにもいくつかの古墳が確認されていたのですが、国府台・上八里町の工業団地・住宅団地の造成時に多数の古墳群が確認されました。その数63基。県内の古墳群として確認されたものとしては最多数を誇ります。 河田山は元々、六つの尾根からなる丘陵地帯でした。そこに古墳期前期から後期にかけての63の古墳が所狭しとあったそうです。形状も前期の前方後方墳から後期の円墳までがあり、前回紹介した和田山・末寺山古墳群と時代を共にするものですが、方墳などから発生時期はこちらの方が早い時期からになるようです。 金沢方向から産業道路で国府台を左折したところですが、閑静な工場地帯と住宅団地になるのですが、発掘調査後に開発修正で9基を保存して、残りすべてが掘削・開発され、工場や住宅地の下です。 残念な話ですが、発見時に詳細な発掘調査が行われ、古墳期後期の切石積の石室が発見された12.33号墳が移設されており、12号墳は屋外に復元展示、33号墳は資料館内に移設展示されています。切り石積みの石室は全国的にも珍しく、貴重な発見ということもあったようです。 この方墳は7世紀中頃のもので、切り石は凝灰…

続きを読む

和田山城址

和田山城という名前を聞くと、城好きな人は今人気の天空の城・竹田城の別名と思われそうですが、今回の城は加賀の手取川南岸の丘陵地帯にあったお城です。 古代における石川県の中心地は手取川南岸から加賀温泉に広がる平野部であったと云われています。当時は加賀三湖や大小の湖沼が存在していましたので、現在の小松市街の旧8号線(現在の305号線)東部の加賀国府があったという古府町辺りから手取川南岸の寺井(現・能美市寺井)の平野部だと推測されています。 寺井や小松の西部を訪れると、なだらかに広がる平野が広く感じると思います。 その平野部にポツネンと標高50メートルほどの丘陵地帯があります。昭和の高度成長期に道路建設や住宅地の造成のために大きく削られてしまいましたが、この丘陵地帯に3~7世紀にかけての古墳が集積しています。 以前紹介した北陸最大の古墳・秋常山1号墳の秋常山、多くの武具が発見された和田山5号墳、40数基が発見発掘されている和田山・末寺山古墳群、同じく10基以上が確認されている寺井山古墳群などなど。。。元々、これらは同じ丘陵地でしたが、前述のとおり造成による掘削により大きく削られ、その際に更にあったと思われる古墳群が失われてしまったようです。 この大規模な古墳期・飛鳥期(3~7世紀)の円墳・方墳・前方後円墳・前方後方墳など、古墳の展覧会のような場所が存在するのですから、加賀の古代史の中心地はこの近辺だと推察されます。 この古墳群はまたの機会にご紹介したいと思いますが、史跡公園とし…

続きを読む

秋常山古墳群

北陸で一番大きなお墓はどこ?となると、能美市秋常町(旧寺井町秋常)にある前方後円墳になります。 一応正式名称は「秋常山古墳群・1号墳」。別名・秋常茶臼山古墳。築造年代は墳墓の形式と出土した高杯から4世紀後期と推定されています。 大きさは全長141メートル(後円108メートル、前方67メートル)、高さ19メートル(後円)、この大きさは3段として計測されたものです。墳墓は2段で3段目は基壇という説もあって、その場合は121.5X90.5X16.0になるそうですが、それにしても北陸最大級の古墳に変わりはありません。 肝心な被葬者ですが石室は未調査ではっきりしていません。地中レーザー調査や電気調査で未掘墓の確認がなされており、将来保存にとってあるそうです。ただ、近くにある和田山古墳群の5号墳は同じ形状・同方向なので同種の人が葬られていると想像されています。和田山5号墳から大量の武器・武具・甲冑・男性の骨が出土しており、当時の豪族の首長ではないかと想像されています。また、くびれ部分に造出(祭祀や追葬を行う場所と云われています。)が確認されていて赤く塗られた祭祀用の土器が大量に発掘されています。 前方後円墳と云えば、堺の伝仁徳天皇陵が有名ですが、仁徳陵との違いは前方部の長さが違うこと、仁徳陵は後円部が小さく前方部が長いのが特徴の鍵穴みたいな形ですが、秋常は後円が大きくなっています。 ちなみに前方後円墳という名称ですが、別に前後が決まっているわけではありません。正直、どちらが前とは…

続きを読む

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)