山ノ下寺院群① 全昌寺

寛永16年(1639年)加賀藩から分藩されて大聖寺藩が誕生した際に、藩祖・前田利治に従って多くの家臣が加賀藩から移籍したのですが、同時に寺院もこの際に移されています。 これらの寺院の多くは、大聖寺の南端の山裾に集められ山ノ下寺院群と呼ばれていますが、南端の大聖寺藩主の菩提寺・実性院から神明宮までの約1キロ弱の山裾に沿って各宗派の寺院が並んでいます。その数は大きい物で7寺院・1神社。宗派がバラバラなのが大きな特徴です。 南から順番に云うと。。。     ☆実性院・・・曹洞宗・大聖寺藩主菩提寺   ☆久法寺・・・法華宗   ☆蓮光寺・・・日蓮宗     ☆全昌寺・・・曹洞宗・山口宗永菩提寺     ☆正覚寺・・・浄土宗   ☆宗寿寺・・・日蓮宗     ☆本光寺・・・法華宗                 ☆神明宮・・・藩政期は真言宗・慈光院        大聖寺藩の創立目的の一つには、徳川親藩で越前松平家の福井藩に対する最前線防波堤の役目を担っていました。このため旧来の敵対勢力でまだまだ監視体制に在った浄土真宗の寺院だけは除かれていました。 山ノ下寺院群の中に全昌寺という寺院があります。正式には「熊谷山・全昌寺」と云い曹洞宗の寺院です。 天正4年(1576年)に創建された曹洞宗寺院ですが、元は山代(加賀市山代温泉)に在ったと云われています。慶長2年(1598年)に大聖寺城主となった山口宗永の信仰を受けて大聖寺に移されたと伝わっています。この為、山口宗永・修弘親子の菩提寺…

続きを読む

最近のコメント