加賀海岸① 加佐の岬

福井県と石川県は日本海に沿った位置にあり、その海岸線は風光明媚なことと、奇岩や急激な岸壁で冬の日本海と共に厳しく峻険なものがあります。その風光明媚さと峻険さが見せる海岸線は越前・加賀海岸国定公園として指定されています。 越前は東尋坊や敦賀海岸が代表するように、峻険な岩や海岸線に迫る急峻な崖が続きますが、加賀海岸は急峻な崖や岩の部分と長い砂浜地帯が交互に織りなすのが特徴です。 ここのところ、加賀に行く頻度が高かったので、久しぶりに加賀の海岸線を訪れて観ました。まずはお久しぶりの加佐の岬に。 TVのサスペンスドラマのラストシーンで、海岸の断崖がよく使われた時代がありました。 北陸ではゼロの焦点の能登の「痩せの断崖」、福井の「東尋坊」なんかはその代表的な場所です。自殺の名所なんて言われるほど、高く急峻な断崖は訪れて覗くと急峻さに驚かされます。 ところが、いざ撮影すると出演者を大きくアップすると、背景の断崖が高すぎて、ただの広場か遠くの海しか背景にならないわけです。更に観光地なので観光客も多く支障をきたしてきたわけです。そこで、高さはそれ程ではないけれど、背景に打ち寄せる波や岩山が入る海岸が増えました。それが、加賀ではだいぶ前に紹介したICから直接行ける「尼御前岬」や秋冬には観光客が少ない「加佐の岬」が増えていました。 今はお決まりのサスペンスのこういうラストの場所は減りましたが、その分隠れた名所ともいえます。 日本海側は特に秋冬場は強い海風が吹くために、海岸線には強風と打ち寄せる波…

続きを読む

狼煙・禄剛崎灯台 ~ 見附島(軍艦島)

珠洲の塩田からさらに東に向かいまして、大谷川を越えて三叉路を左折します。 そうそう、大谷川では5月3~5日に300匹以上の鯉流しの「鯉のぼりフェスティバル」を開催しているそうです。一度見たいと思ってるんですけどね。未だ果たせずにいます。 ここからはのどかな田舎道になります。田畑や網小屋などなど 大谷から15キロ程ったら、狼煙の町に到着です。 レストハウス横の駐車場に車を停めて、正面の人家の横から登り口に 先を歩いていくのは、我家の二人 この登り坂が結構きついのですよ。標高50m位しかないんだけど、結構急な坂道なんですよ日頃、運動不足の3人にはキツイのナンの道の途中には8月頭なのに、木陰には紫陽花・日向にはコスモスが咲いてます。それだけがハヒハヒ云ってる3人には慰めでしたねぇ 坂道を登りきると緑の広場が待っています。この広場が結構広いんですが、途中に幾つかモニュメントが作られています…

続きを読む

大野灯台

今は干拓されて以前の四分の一になってしまいましたが、石川県で一番大きな湖だった河北潟から流れ出ていた唯一の河川が大野川でした。現在は干拓用に作られた内灘砂丘を分断する河北水門が出来ましたが、昭和40年以前は唯一の河川でした。 大野川の河口は天然の良港として古代から大陸との交易などにも利用されていました。更には江戸・明治期には北前船の寄港地として賑わいました。現在の金沢港はこの大野川の河口を広げて海底を掘り下げて作られた物です。訪れた人は百人が百人、埠頭に立つと海だと思っていますが実は川の中なんです。そんな金沢港・大野川の河口の突端に建つのが「大野灯台」です。 「大野灯台」の始まりは明治11年(1878年)、夜間航行をする船の為に大野町の舟問屋・浅勘七が、私費で木柱を建てて上部で魚油を燃やしたのが始まりだそうです。その後、浅氏は何度も木柱を私設で建て替え20年間自身で管理したそうです。その後、大野町が灯り竿から電燈を乗せた11メートルの杉丸太を建てて管理を続け、昭和9年(1934年)に航路標識として公認され公設標識となりました。昭和25年(1950年)に海上保安庁に移管され現在に至っています。 現在の灯台は昭和26年に新しく新設された物です。高さは26.4メートルあります。建設当時は付近で一番高い建造物として、金沢港のシンボル的存在だったそうです。 灯台と云えば、円柱型や釣鐘型の物が多いのですが、「大野灯台」は灯台としては珍しい四角柱のコンクリート造りです。 四角柱の灯台と…

続きを読む

福浦港・福浦旧灯台 日本最古の木造現存灯台

巌門から少し南にある福浦港。断崖に囲まれた入江のような場所にある漁港です。古くから知られた港で奈良時代には遣唐使・渤海使の出港地になっていました。また渤海からの船もここを船の修復・中継地とすることを決められていました。古くは福良津・福良泊と呼ばれ国の管理下の重要な港だったようです。平安以降、一時期は衰退しましたが、戦国期以降・江戸期にかけて北方航路・北前船の中継点・風待ち港として栄えたそうです。昭和以降はだんだんと寂れて来ていたのですが、近年は好漁場が近くにあり漁の根拠港として役割を高めています。 福浦港は北港と南港の2箇所の入り江に分けられますが、南港の漁協前に行くと福浦港の立地が良く解ります。見上げると首が痛くなるような絶壁の断崖に囲まれ風を防いでくれる自然の良港が納得できます。そして多くの漁船が停泊しています。また、巌門などの能登金剛を巡る遊覧船もここを停泊地にしていますので、ここでイルカの風船を乗せた姿を観ることが出来ます。 福浦港の周辺は入江のため道路幅が狭く、大型車の人は通行に要注意です。住宅地や灯台は南側の断崖上にあるのですが、漁協前から登ることもできますが、極端な狭い急坂なので普通車や運転に自信のない人は遠回りですが県道36号を高浜側から広い道を廻った方が無難です。 その断崖上(日和山)にあるのが「福浦旧灯台」です。 金毘羅社のある小さい広場には福良津の記念碑・江戸期の方位盤や野口雨情の歌碑が置かれています。 野口雨情は昭和9年に能登を訪れ、能登の各地に句…

続きを読む

狼煙の灯台 禄剛崎灯台

珠洲の塩田からさらに東に向かいまして、大谷川を越えて三叉路を左折します。そうそう、大谷川では5月3~5日に300匹以上の鯉流しの「鯉のぼりフェスティバル」を開催しているそうです。 ここからはのどかな田舎道になります。田畑や網小屋などなど大谷から15キロ程進むと、狼煙の町に到着です。レストハウス横の駐車場に車を停めて、正面の人家の横から登り口に そして待望の灯台です。能登半島の1番端っこの先に建つ白亜の灯台です 禄剛崎灯台(ろくごうざきとうだい)  別名 狼煙の灯台 です この地は昔から船の要衝地点で、昔は船に対して狼煙で合図を送っていたそうです。だから狼煙の灯台とも云います。 灯台と共に、船舶のためのビーコン波の塔も併設されているんですよ。 ここは能登半島の突端という事で、同じ場所から日の出と日の入が見られる場所としても有名です。灯台側の崖下には、美しい海が見られます。 ここの海岸は、「千畳敷」と呼ばれる海食棚があるんです。干潮時には棚が現れて岩に打ち上げられる波しぶきが見られるし、満潮時には棚の影響で海に美しい紋様が見られます。僕は干潮前の大きな波紋が浮かぶのお気に入りなんですよ 能登の景色で一度は見て欲しいのが、ここと桜のトンネルになる能登中島の駅が僕のお奨めの双璧です。 旅行日 2008.8.9

続きを読む

最近のコメント