宮崎城址

平安末期から鎌倉初期にかけて、越中最東部・黒部川東部一帯を支配していたのが宮崎党でした。北陸宮の御所警護の名目で築かれたのが、城山(当時は八幡山、脇子山)山頂の宮崎城になります。 宮崎氏は藤原鎌足の末裔を称していますが、藤原氏荘園の代官的存在、そこから台頭した土着の豪族、在地領主だったと思われます。ちなみに、この黒部川東部には宮崎・入善・南保・佐味・大家庄・五箇荘などの荘園地があり、そこから発生した各在地領主が武士団となって、勢力争いを繰り返しながら、その中から宮崎党が台頭支配していったようです。 この地には、宮崎浦、泊、入善など良港があり、交易が行われていたと云われます。また信濃路からの貢納品や物資を送る、都への出向港にもなっており、その交易料は大きな収入源となっており、経済力と共に大きな武力も備えていったようです。 宮崎長康の出自は、前述の荘園のうち「大家庄」と云われています。大家庄は朝日ICの南、小川(名前は小川ですがけっこう大きい川です)の対岸にありました。田園の中の墓地に井口城址という石碑がありますが、そこが井口館跡とも云われています。井口氏は南北朝で桃井直常と共に名が出る家柄ですが、そこから東部に分家した各支族が派生したようです。後年の義仲上洛戦では、宮崎党は主力部隊として、その前哨戦となる礫城(火打城)の戦いでも、人造湖を造るほどの大掛かりな合戦でしたが、越前に出陣していますから早くから源義仲と誼みを通じていたようです。 これはあくまで一部の異説なのですが、越中国…

続きを読む

倶利伽羅 猿ケ馬場

倶利伽羅公園側の山塊が平家軍撤退戦の最激戦地で、源平両兵士の巨大な供養塔(昭和49年建立)や奮戦した平為盛の墓(源平盛衰記では戦死、平家物語では生存。平清盛の弟・頼盛の次男)など、顕彰碑や歌碑が点在します。 倶梨伽羅合戦における平家軍の布陣は、猿ケ馬場に本陣を置いて街道沿いに東、また街道から尾根筋の源氏ヶ峰の尾根筋にL字の形で布陣していました。この布陣は北陸道や大池経由の山道を登ってくるのを迎え撃つ形でした。位置的には街道を見下ろす立場で、実際に北陸道の進軍や山道からの義仲軍を補足して矢合わせは優位に進めたとされています。 逆落としや峠道を塞ぐことを狙うには間違った布陣場所ではありませんが、大人数が留まるには不都合でした。峠上の街道は尾根筋も、3.4人横に並べば満杯の狭い道伝い(しかも片側は谷)に布陣しており、大軍では身動きも不自由だったと思われます。 戦国時代の佐々成政が、後に源氏ヶ峰砦(城)を街道を塞ぐ要塞に改造して、少人数での籠城戦を狙ったように、進軍を防いだり籠城には向きますが、大人数が留まる場所としては、宿営地となる広場もなく不向きとしか思えません。やはり、後の祭りですが、倶利伽羅峠の出口(竹橋口)での待ち伏せか、もしくは峠越えでの正面衝突が最良の策だったでしょう。 平家軍の布陣ミスもありますが、義仲軍の勝因は夜間の奇襲攻撃が効果絶大だったのもありますが、最大の勝因は別動隊・樋口兼光軍が竹橋口に回り込んで後方から攻撃できたのが最大要因と云えます。この狭い街道では身動き…

続きを読む

根上(ねあがり)の松

能美市は野球の松井秀喜の出身地の根上町・九谷焼の産地の寺井町・いしかわ動物園のある辰口町の三町が、平成の大合併で誕生したものです。この能美市の在る位置は大規模な古墳群が示すように江戸期以前は加賀の中心地で、古くから歴史の端々に挙がってくる地域でもありました。 能美市高坂町(旧能美郡根上町高坂)に高坂山(通称、根上山)という小さな砂地の尾根があります。 尾根の山頂に「根上の松」と呼ばれる松があります。登り口が解り難く地元の人にしか知られていない存在ですが、旧町名の根上町の由来になっています。 源平盛衰記 巻第二十八 北国所々合戦事から(国民文庫「源平盛衰記」引用) 〔斯りしかば、〕五月二日平家は越前国を打随へ、長畝城を立、斉明を先として加賀国へ乱入。源氏は篠原に城郭を構て有けれ共、大勢打向ければ堪ずして、佐見、白江、成合の池打過て、安宅の渡、住吉浜に引退て陣を取。平家勝に乗り、隙をあらすな者共とて攻懸たり。其勢山野に充満せり。先陣は安宅につけば、後陣は黒崎、橋立、追塩、塩越、熊坂山、蓮浦、牛山が原まで列たり。権亮三位中将維盛已下、宗徒の人々一万余騎、篠原の宿に引へたり。越中、加賀、両国の兵共、安宅渡に馳集り、橋板三間引落し、城を構垣楯を掻平家を待処に、越中前司盛俊が一党五千余騎、安宅の渡に押寄見れば、橋板は引たり水は深し、南の岸に引へたり。源平川を隔て只遠矢に射る。日数をへる共落すべき様なし。盛俊子息の盛綱を招て、あの渚は波に碾れて浅かるらん者を、打下て見よと云。盛綱即打下て馬…

続きを読む

平時忠墓所&則貞家

平時忠(たいらのときただ)という人物をご存知でしょうか? 平清盛の正妻・時子の実弟で、後白河法皇の寵妃・建春門院(平滋子)の異母兄になります。 清盛の台頭と共に、ただの堂上貴族から正二位・権大納言にまで登り詰めた人物です。 「平家に非ずんば人に非ず」という大言壮語を残した人物といえば、大概の人がこの言葉を知っているはずです。 昨年(H24)の大河ドラマで視聴率の最低記録を作ってしまった「平清盛」の中で、V6の森田剛さんが熱演していました。今まで何人かの俳優が演じていましたが、以前の大河の平家物語(仲代達也主演)の山崎努さんが演じたような重厚な陰謀家が多かったんですが、泥臭くひ弱だから陰謀に走ってしまうというのは斬新でした。 けっして悪い作品とは思いませんでしたが、暗いイメージと複雑な人間関係が視聴者には解りづらくて低迷してしまったようです。 ただ実際の人物像としては、清盛の武闘・豪族的な伊勢平氏とは違い、堂上を許された貴族としての平氏であり文官として活躍しており、武家の一翼として見られがちな清盛を代表とする平家とは一線を画します。 政治的センスはあったようで、何度か左遷も味わっていますが、延暦寺強訴に対して単独交渉・打開を行っていますし、清盛の福原遷都への条件的反対など行動力と洞察力はあったようです。 検非違使庁長官時代の苛烈誅求な行動や一の谷での源氏の使者への辱めなど、激しい性格の一面もあったようです。 清盛没後の総領は平宗盛ですが、実質的な棟梁はこの時忠だ…

続きを読む

倶利伽羅不動尊 鳳凰殿

倶利伽羅不動尊から出て、このまま帰るのもなんなので、源平合戦で有名な合戦跡を通って小矢部に行ってみようかなと ところが雪のせいですねぇ。な、なんと通行止 ちょうど、平氏の陣地跡の「猿が馬場」でSTOPです。 倶利伽羅合戦の場所は、ここから2〜3km程、小矢部寄りにあるんです。 また、合戦跡地には源義仲(木曾義仲)の奥さん二人の墓もあります。巴塚と葵塚です。 巴御前は有名なので知ってる人も多いと思いますが、葵御前も義仲の愛妾で巴と同じく合戦に参加奮闘しましたが、ここで戦死したそうです。巴御前とは仲が良かったようで、巴が93歳で亡くなった際、遺言で葵の側に墓を指定したそうです。 そこから先の小矢部の埴生には義仲の戦勝祈願をした神社もあります。埴生護国八幡宮ですが、ここから倶利伽羅峠を越えた竹橋口までが「歴史国道」として整備されています。小矢部市と津幡町で整備したり行事を行ったりしています。 通行止なら仕方ないので、駐車場に車を停めて、を2.3枚 「猿が馬場」のブナ林と本陣に使ったとされる平たい岩です。 松尾芭蕉の句碑     「義仲の 寝覚めの山か 月悲し」 芭蕉は、よっぽど義仲が好きだったみたいで、芭蕉の墓は滋賀・大津市の義仲寺(ぎちゅうじ)の義仲の墓の側にあります。 倶利伽羅は昔から人気…

続きを読む

首洗池

斉藤実盛は単騎奮戦した際、最後に一騎打ちを行い打ち取ったのが手塚光盛という若武者でした。手塚光盛が単騎残って戦う武者に一騎打ちを自分の名を名乗り挑んだ際、斉藤実盛は「事情があって名を名乗ることはできないが、良き武者に出会い嬉しい。お相手する。」と答えています。 長い時間の奮戦と老齢により息切れした実盛は、馬が稲刈り後に足を取られ、その隙を光盛によって討たれています。 首を取った光盛が主将・源義仲の首実検に持参した際、 「大将の目印の赤地錦の直垂・立派な兜・萌黄の鎧、大将の格好だが侍と思われます。」と戦闘の模様と共に報告しています。 義仲も誰だろうと不思議に思っていましたが、側にいた斉藤実盛と親交のあった樋口兼光(今井兼平、巴御前の長兄)が気づき、池の水で首を洗うと黒髪が白髪に変わったために、実盛と確認できたそうです。 < 義仲の嘆きは大きかったというより衝撃そのものでした。 先の記事に書きましたが、父の源義賢が討たれた際、同居の2歳児だった義仲を匿い木曽に送ってくれた命の恩人が斉藤実盛だったんですから。 しばし主従三人は泣き通したと云われています。その姿を模した像が池の淵に建てられています。三者三様の哀しみと慚愧の念が表現されています。 池の西側の坂道を登った場所を手塚山と云いますが、その頂に小さく古びた祠堂があります。この祠堂は「兜の宮」と呼ばれるもので、実盛の御霊と鋳物の兜が祀られています。この兜は小松市の多太神社に奉納された実盛のクワガタ兜を模したものです。ち…

続きを読む

実盛塚 篠原古戦場

加賀市篠原町は海に近く松林が続く風光明媚な場所です。平安末期の頃は葦の原野が広がっていたと云われています。この地は倶利伽羅合戦で敗走した平維盛軍を追尾した源義仲軍が追い付いて合戦になった地です。結果として平家軍はここでも完敗、京へと落ちていきます。この戦いで最後尾の殿(しんがり)を引き受け討ち死にした武将が今回の「実盛塚」の主・斉藤実盛です。 越前南井郷(現在の鯖江市南井町)に河合助房として生まれ、斉藤氏の養子となって斉藤実盛となり、長井の庄(現在の埼玉県熊谷市)を本拠として活躍した人物です。 武蔵の国では源義朝・義賢兄弟に仕えています。主に義賢に仕えていましたが、大蔵合戦で義朝の子・義平によって義賢が敗死後は義朝に仕え保元・平治の乱でも活躍しています。 義理人情にも厚く、源義朝・義平親子から義堅の遺児で2歳の駒王丸(後の義仲)を匿い、信濃木曽の仲原兼遠の庇護下に送っています。 平治の乱後は長井の庄は平宗盛の所領となりましたが、それまでの功績と実績を認められ宗盛の家人となり、別当として長井の庄を引き続き任されています。 長井の庄においては庄内の開拓・治水・土地改良に努め、農作物の出来具合の面倒を見る事などから農民から大きな信頼を得ており、総鎮守として聖天宮を建立して、現在も「妻沼聖天」として受け継がれています。熊谷では現在も人気の人物だそうです。 妻沼聖天山 歓喜院 http://www.ksky.ne.jp/~shouden/ 篠原の戦いの時には実盛は72歳の高齢で…

続きを読む

源氏ヶ峰砦・城

倶利伽羅合戦における平家軍の配置は猿ケ馬場の本陣からこの源氏ヶ峰の砦にかけての街道沿いに布陣していました。 その平家軍に対し義仲軍は夜襲の奇襲攻撃「火牛の計」などにより、深い谷底に追い落とし勝利を掴んでいます。 その後、この峰の砦を義仲の源氏軍が占領したことから「源氏ヶ峰」と呼ばれるようになりました。 源氏ヶ峰の標高は240mですが見晴らしが良く北陸道を見渡せる位置にあり、裏間道の上に立地していました。この好条件の砦陣地を奇襲したのですから、源氏軍が巧妙だったのか平氏軍に余程油断があったとしか思えない場所です。 倶利伽羅合戦後は重要拠点として、戦国時代も佐々成政が大掛かりな改修を加えて要塞化し前田軍に備えたと云われています。 その際規模が大きくなり曲輪内を間道が通る形に成っていました。 また堀切・切岸が施されているのが解ります。 北陸道街道から土塁に登れるようになっており、そこから約1キロ進むと主曲輪がある峰の山頂に行けます。その間は堀切・切岸が施されているため両側が崖になったような馬の背のような道を歩けます。 なかなかハードな道ですから覚悟を決めて登って下さい。特に主曲輪の目前は急ですんで気をつけて。。山頂には石柱が建っているだけ。。裏間道も草木でこれ以上は解りません。昔は滝までの間道があったんですが。。 源氏ヶ峰の入口横のガードレール上から、平家軍が落ちた地獄谷が眺められます。他の場所にも展望台が設置されていますが、ここからの眺めが一番解り易い地点です。急カー…

続きを読む

巴塚 葵塚

埴生八幡からの源義仲軍の進撃路は3路と云われています。 一つは現在はふるさと歩道とよばれ、毘沙門川を経由して埴生大池を抜ける険しい迂回路。現在も車が一台がやっとの幅で山間を上り下りします。 更に当時の北陸道で、長坂山を越える縦貫路。近年までこの道に茶店もありました。現在は山越え部分が「いにしえの街道」として保存整備されています。義仲の本軍はここを進んでいます。 そしてもう一つが古代北陸道でこの合戦で一番重要な役を演じた樋口兼光が進んだ道です。この樋口兼光は同じ源義仲四天王の今井兼平、巴御前の兄になります。更に子孫には樋口与六のちの直江兼続がいます。ここは現在の車道の源平ラインがこの道をなぞる様に作られています。 この源平ラインを進んで山に入る手前の堤池の脇を入って行ったところに塚があります。それが葵塚と巴塚です。 堤横の道から真直ぐ登ったところに巴塚があり、分かれ道から回り込むように登ったところに葵塚があります。ちょうど位置的には隣り合うような場所にあります。 巴というのは巴御前のことです。源義仲の愛妾で武勇でも特出される女性として有名です。 義仲は強い女性が好みだったようで、京への遠征軍にも3人の愛妾を従軍させています。それが巴・葵・山吹御前です。この3人共に戦女として鎧着用で戦闘に参加した女傑です。 あまりに巴御前が有名になりすぎて他の二人はあまり知られていませんが、勇ましさは葵・山吹も優れていたようです。 ちなみに義仲の正室は藤原伊子といって義仲が京都上洛後に摂関家…

続きを読む

埴生護国八幡宮

古代、加賀と越中をつないだ旧北陸道は倶利伽羅峠という天嶮を通っていました。国道8号線を走れば県境は多くの昇り降りと長いトンネルを潜ります。昔はそんなものはありませんでしたから、この峠越えの道は貴重な存在でした。つい近年まで加賀の津幡町と越中の小矢部市にとって貴重な生活道路にもなっていました。 そんな倶利伽羅峠において源平の大きな戦が行われました。「火牛の計」で有名な「倶利伽羅合戦」です。源氏は源(木曽)義仲軍、平氏は平維盛軍。結果は源氏の圧倒的な勝利、平氏は壊滅的な敗戦となりました。この源義仲が本陣を置き戦勝祈願を行ったのが「埴生八幡宮」です。 この倶利伽羅合戦の戦勝により、その後の戦国・江戸期を通じて武将たちの尊称を受け、多くの寄進や祈願を受けつづけました。 源義仲の戦勝祈願文写、武田信玄・佐々成政・豊臣秀頼・徳川家などの古文書、鎧兜、采配などが現在も宝物館にあります。 「埴生護国八幡宮」は養老2年(718年)九州の宇佐八幡を分霊して建立されたものです。主祭神は八幡神(応神天皇)。 古代においては越中の国府は氷見に置かれていましたが、その頃から北陸道を来た往来人はこの神宮を越中への出入口としていました。万葉歌人としても有名な大伴家持も越中国守時代にこの神宮で祈願をした記録が残っています。 地元にも深く根ざしていたようで、平成14年に神宮前の「倶利伽羅源平の郷 埴生口」の建設工事の際、小判12枚・明治の金貨など1275枚入りの甕が掘り出されました。明治初頭に埋められたと思わ…

続きを読む

最近のコメント