平成24年のお正月

みなさん 明けましておめでとうございます              毎年恒例の年賀状を、みなさまへ                   今回は神の使い「白龍」をイメージしたそうな 昨年は、大きな出来事が多く、改めて人の絆を感じ直させる一年でした。 自分や家族も体調を崩して、年間を通じて誰かが寝込む家庭になってしまいました。仕事の方も可もなく不可もなく、相変わらずの低空飛行 今年は何でも良いから、想定外の幸せがやって来ると嬉しいな 龍が天空に昇って行くように、急降下から急上昇の年になって欲しいものです  贅沢は言わないけれど、ちょっとした出来事にワッと幸せな顔が出来る。それが何度もなれるような年になって欲しいとにかく、みなさん本年もよろしくお願いいたします(拝) 今年最初のささやな笑顔が出た出来事 「当たりの五つ星」{%イヌファイトhde…

続きを読む

能登のお饅頭

毎年恒例になってしまった輪島の朝市通りに行ってきました。 今回は仕事のみで輪島を離れ、帰りに能登島によって帰ってきました。 また買ったの?と、云われそうですが、朝市通りで縁賀良万頭は忘れずに買ってきましたよ 途中で何個か食べて家に帰って、オーブンで焼いてまた食べてホクホクもアツアツもまた違った味わいで美味しいですねえ 嫁さんと娘も呆れています。 「お父さんて、ほんとに甘い物食べてる時って、ほんとに幸せな顔してるねえ」 「いいの!!好きなんだから」 ということで、今回は甘党自認の僕の好きな「能登のお饅頭 BEST3」 まずは最初の写真のお馴染み「饅頭処 つかもと」の「縁賀良万頭(えがらまんじゅう)」 お店は輪島の朝市通りの一番奥にあります。朝市にもテントを通りに出しています。 初めての人は色を見てビックリするみたいですが、漉し餡をもち粉で包んで、くちなしで色付けしたもち米をまぶしたものです。 元々は加賀藩の五色生菓子の一つなんです。五色生菓子は加賀藩3代藩主・前田利常に徳川家から珠姫が嫁いだ際に、金沢の菓子屋が創作した祝い菓子です。江戸期は加賀前田家で受け継がれていたのですが、明治になって庶民に行き…

続きを読む

2・3回目の初詣

元日、Uターンしてしまった初詣 4日に改めてやって参りました 体調もやっと復活してきた娘も含めて家族で出直してきました。 前回と同じく「安宅住吉神社」にやって来ましたよ。元日は雪だったけど、この日はあいにくの 元日は参拝客は多かったけど、4日ともなれば参拝客は少ない。けれど、社務所のおじさんや巫女さん達の元気な「明けましておめでとうございます。」の声が響き渡っています。弁慶の顔もこの間より柔らかく見えるのは気のせい 拝殿にてガランガランと願いを込めまして、3人で御神籤を引きまして、、、しかし、僕と嫁さんは末吉・娘は小吉 良いのだこれから昇り調子になるのが末吉・小吉なのだ 拝殿前の亀石を3回ナデナデ この亀石を3回撫ぜると長寿になるそうです。来られた際はお忘れなく この神社の敷地内には「安宅の関址」があります。 能・文楽の「安宅」・歌舞伎の「勧進帳」で有名です。奥羽逃避行中の義経・弁慶…

続きを読む

栢野大杉&草団子

風邪が長引いてしまってクサクサしていたのですが、 久しぶりの完全休養日。天気も相変わらず良いし、ついに我慢できずに外へドライブに  同じくお休みの嫁さんを連れ出しました 昨昨年(H20)のお正月にコメントを戴いたjillママさん その時、jillママさんが雑誌で見たという「栢野大杉屋の草団子」  大聖寺の駅前のお店では見たこともあるし食べたこともあったのですが、柏野の大杉の前にあるお店は知りませんでした。食日記に載せてjillママさんに見せてあげたかったんですが、なかなか機会がなくて行けずにいたのですがついに心機一転、栢野の大杉まで行くことにしました ということで今回の食日記は、jillママさんとヨモギのお餅や団子が好きだったというjillさんへ 栢野(かやの)の大杉は、山中温泉の一番奥の方にある菅原神社の境内にある大杉です。樹齢2300年で根元の周りは11.5m、途中から二又に分かれていて樹高54.8mの巨木です。昭和3年に国の天然記念物に指定されています。昭和22年の石川国体の際、昭和天皇がご覧になったことから別名「展覧の大杉」とも呼ばれています。 他に三本の幹周り8mの大杉と共に神社の参道を挟む様に平行に立っています。この4本の巨木が菅原神社の御神木に…

続きを読む

輪島 イナチュウ美術館 ~ 中島 時葵 ~ 田鶴浜 竹内の味噌饅頭

すっかり毎年恒例になってしまいましたが、今年(H22)も輪島に行ってきました。 今回は夏ばてでへたっている娘はお留守番 一人で行くのは寂しいから嫁さんにつきあって貰ったんですが、途中で二人の携帯に 嫁さんにはお仕事に夜出てきて。。 僕も似たような電話 ゆっくり観光するつもりでしたが残念無念 夕方には戻らなくてはいけなくなりました いつものお客さんも家族で出かけるということで、早々にお邪魔したら久しぶりに朝市通りを見ることが出来ました。久しぶりだなあ。こんなにゆっくり観て廻れたのは 途中で待ち合わせていた嫁さんと出会うと、その手にはしっかり買った物が 毎年僕が買っている縁賀良饅頭も先買い(あんたはエライ) 二人で歩いていたら眼について買った「巌海苔」「あおさ」、嫁さん海草系大好きなんですよ 朝市通りには朝市以外にも面白い場所が幾つかあります。 昨年の日記で紹介した「永井豪記念館」、市姫神社の参道前にある「永井洋服店」は永井先生の親戚でマジンガーZなどのキャラクターTシャツなども売っています。 輪島の朝市通りは…

続きを読む

羽二重餅の古里

永平寺から大野バイパスに戻ると、バイパス沿いに「羽二重餅の古里」があって寄り道しました。 実を言うと、ここの存在は知りませんでした。 「羽二重」は女の人はご存知だと思いますが、「光絹」とも呼ばれている主に和服の裏地として使われている高級生地です。「絹のよさは羽二重に始まり羽二重に終わる」と言われるほどの絹織物の代表的なものです。福井は絹織物の産地でもあるんです。 福井で最初の羽二重を製造販売したのが「絹重」 ただ10年ほどで店を畳んだのですが、2代目が転業して「松岡軒」として、羽二重をイメージした「羽二重餅」を考案して販売して、県内に広まりました。また他の業者にも伝わり県内県外に広まりました。餅粉と水飴を混ぜた餅菓子で福井を代表する和菓子です。 ということもあって、僕の記憶は福井駅から西に行ったところにある「松岡軒」の印象が強いんですよ。 羽二重餅の古里 ここは、マエダセイカという羽二重餅の業者が運営しているものです。 内に入ると大きな看板に日本三大銘菓の文字 伊勢の赤福・京都の八ツ橋とこれ そうなの知らなかった とにかく、中にはたくさんの羽二重餅が売られています。 試食も自由、観光客の人がたくさんで、わが家族たちも店内を回りながら、一つ一つ試食してました。それだけでお腹がいっぱいになっちゃうんじゃないの 販売所の真ん中には囲炉裏が…

続きを読む

山中温泉 湯気街道

この日は素晴しいお天気でした 運転するにも最高の良い日和です という事で、越前海岸に行ってきました。越前海岸は国定公園として指定されていますが、なにせ長い海岸線です。目的地は越前町の水仙畑です。 本当は、先週か先々週に行きたかったんですが、今週になってしまいました。水仙の花は現在満開中というより、少し盛りが過ぎていましたが、山の方に入ると水仙畑の花が綺麗でした。 越前海岸の日記は、また後日書きますね ほんとの事を言うと、前日に行こうと思ったんですよ。 ところが、午前中仕事をしていたら出発が遅くなってしまって、出掛けたのは2:00過ぎになってしまいました。しかも、道路を走ってみると結構混んでいるのですよしかも、国道はのろのろ運転。。。加賀温泉に入った頃には3:00を過ぎちゃいまして、結局諦めて娘のご要望で万代書店に 娘がCDを物色している間、漫画を立読みして30分、駐車場で30分ほど このままUターンするのも悲しいし、方角を変更して山中温泉街に 山中温泉街に着いた時には4:30になってしまっておりました。 駐車場に車を停めて、湯気街道を菊の湯に向かって歩いてみましたよ  あっと忘れていました{%ビッ…

続きを読む

獅子吼高原

前日から嫁さんの実家の義母と義兄が遊びに来ていました。 またまた、たくさんのお土産を戴いちゃって嫁さん 義兄が翌日仕事があるからと、2人は朝帰ってしまいました 今日はみんなで遊びに行こうと思ってたんですが まあ、二人も年だから無理させちゃいけないモンね。 ということで、朝は二人が持ってきてくれたとうもろこしを茹でまして、みんなでパクパク・ワイワイ その後、玄関でみんなで二人を見送りまして、僕らもドライブに行こうということになりました。 前に貰った獅子吼高原のゴンドラ券を思い出しまして、行き先決定 獅子吼高原は白山麓の入口にあります。白山比咩神社の大きい駐車場の前を登って行った所にあるんです。以前紹介したパーク獅子吼・獅子ワールド館の駐車場に車を停めて、ゴンドラ乗り場へ 此処からの写真はクリックすると大きくなります。 此処から歩いて登ることもできますが、結構しんどいものがあります。 ゴンドラは650mまで一気に上がります。見上げただけで、ぶるぶる云っている嫁さんと娘 そう{%音符②(キラキ…

続きを読む

彩霞堂

この日は久しぶりに金沢の弟夫婦のところに遊びに行きました(ちなみにお供は娘です) 弟とは何度も会ってたんですが、弟嫁には1年くらい会ってなかったんで、ごますりにお土産を。。。。(別に仲悪くないんですよ。弟より好きなくらい) ということで、今回は弟嫁の好きな和菓子をば、、、、近くの「彩霞堂(さいかどう)」 ここも、我が家(2か月後に引っ越したけど)から100m位にあります。金沢や白山市内ではデパートや名店街に幾つか出店していてお菓子は有名ですが、ここが本店とは知らない人が多いそうです。こじんまりとした昔構えの造りの小店ですから。。。 ここでは、手作りで販売していて、のし紙もご主人が手書きしてくれます。 店内も趣きがあって、いい雰囲気です。なんかねほのぼのするお店で、僕の好きな店の五指に入ります お土産で買ったのは「千歳くるみ」ちと、写真がピンボケしたので、よく見たい人はサイトを見てください。 この「千歳くるみ」は、鬼くるみを炊き上げ砂糖で包んだ物です。古くは、江戸時代に加賀家から将軍家に献上した歴史もあるそうです。 砂糖仕立てだけど、甘すぎずで珈琲にも合うんで、、たまに僕もお茶菓子ならぬ珈琲菓子にして…

続きを読む

御菓子城加賀藩 加賀福

仕事の関係で福井まで行ってきました この日は、久しぶりに寒波到来で、朝はがちがちであちらこちらで事故があったようです。この時季はただでさえ天気が悪くて、視界が悪いので事故が増えます。気をつけましょうね 仕事もあっさり終わりまして、金沢に向かって 行き帰りでは、雪や消雪装置で車君もドロドロです これでも、時刻は14:30 走りながら撮ったので、写りが悪くてごめんなさい 以前の日記で、チラリと紹介した「御菓子城加賀藩」の前を通ったので、チト寄り道することに  ここは、「加賀藩文化村」として、いろんな加賀文化の施設も併合した観光施設になっています。石川に来たら是非おススメする施設です。 御菓子の販売所(お菓子御殿本丸)以外に、多種多様な作品のある日本折り紙博物館 ・県内の人間国宝全員の作品のある人間国宝館・先人館もあって1日居てもあきませんよ しかし、今回はまだ仕事途中なので、「加…

続きを読む

加賀一の宮 白山比咩神社②

「しらやまさん」から一旦白山市役所の鶴来支所に戻りまして、商談へと。 仕事の内容ですが、   7/25~31の獅子吼の夏祭りと8/4、5のスカイフェスティバル                       に関する話でした。 毎年この時期に開催されるのですが、 前半の夏祭りは鶴来町内商店街通とパーク獅子吼で行われる全国の大道芸人のパフォーマンスと屋台村です。それと今年は大道芸の出前と言うことで、白峰の総湯前広場でも行うことになっています。(今はさらに広がって、白山市内の広場や保育園にも出前してます。) そういえば、白峰の総湯は「絹肌の湯・美人の湯」で有名です。肌がつるつるになることから、「つるつるの湯」とも言われてます。女性陣にはお奨めです。 後半のスカイフェスタは、獅子吼高原山頂から飛行するハングライダーとパラグライダーの仮装飛行やランディング競技が観られます。  どちらも恒例化して、規模が大きくな…

続きを読む

泉谷 いも菓子

前の日記で僕が好きな能登の饅頭のBEST3(縁賀良饅頭・竹内の味噌饅頭・泉谷のいも菓子)を書きましたが、なんとなんと妻が友人から「泉谷のいも菓子」を戴いてきました^^V だいぶ前なんですが、妻の友人が言うには、奥能登の親戚が3箱も持って来るそうなんです。多すぎるんで、妻にあげるということに、その時、妻は「旦那が大好物と云ってた^^」と答えたんだそうです。それ以来友人は良い処理係が出来たと回してくれるようになったんですよ。言っとくもんですねえ^^V 泉谷は奥能登の珠洲市の飯田町の和菓子屋さんで作っています。金沢駅の百番街でも売っているらしいんですが、車人間の僕は百番街には余り縁がないんですよね。かといって、飯田はおいそれとは行けない能登の鼻っ面になる奥能登地区。なかなか口に出来ない地元の好物の一つなんです。 泉谷の創業は安政2年(1855年)、奥能登で和菓子一筋に150年以上の老舗です。「いも菓子」は大正8年に創生されたそうです。これまたもうすぐ100年を迎えるということです。 「いも菓子」は芋を使ったのではなく、奥能登の素朴な風情をサツマイモの形に表した和菓子です。見た目も小さなサツマイモという感じ。 自家製の餡を用い、一つ一つを串に通して焼き上げたニッケイ(肉桂・シナモン)の風味が効いた手作り和菓子です。 いも菓子を真ん中で割ると、餡の中から芋の繊維筋の糸が出る凝りようです。この糸は昆布を利用しているそうです。見た目は単純な菓子に見えますが、実は相当の研究と試作を繰り返した…

続きを読む

縁賀良饅頭(えがらまんじゅう)

毎年恒例で仕事絡みで輪島の朝市通りに行っています。 一時期、地震被害と風評被害で2.3年ほど低迷しましたが、現在は人出は元に戻ってというより、以前にまして盛況です。 朝市通りに来ると、僕が必ずお土産で買っているお菓子があります。 通りの一番奥にあります。 「饅頭処 つかもと」 朝市にも露天を出していて人だかりです。でも製造販売しているのは、これ1種類だけです。 それが「縁賀良万頭(えがらまんじゅう)」です。 初めての人は色を見て吃驚するみたいですが、漉し餡をもち粉で包んで、くちなしで色付けしたもち米をまぶしたものです。 えがらは栗のイガが訛った言葉だそうですが、そんなトゲトゲではないですよ。但し朝生なので、長く置くと固くなっちゃうので要注意。 でも蒸し直しても良いし、焼いても良しです。僕は焼いたのも好きですねぇ^O^ 縁賀良饅頭は元々は加賀藩でお祝いに使われる五色饅頭のひとつでしたが、県内に広まって行ったものです。金沢や山中にもありますが、もちろん黄色もありますが草餅風や白柄などで、伝統的な黄色の物はこの店が色濃く残っています。 数量限定の即日販売なので、買われるときは午前中に行かないと買いそびれることが多いので要注意です。 能登には饅頭の美味しい店が多く、甘党の僕には嬉しい限り。 輪島・塚本「縁賀良饅頭」、珠洲飯田・泉谷「いも菓子」、田鶴浜・竹内「味噌饅頭」が僕のお気に入りBEST3です。 訪れた際にはお試しあれです。 旅行日 2011.0…

続きを読む

栢野の大杉 栢野大杉茶屋

栢野(かやの)の大杉は、山中温泉の一番奥の方にある菅原神社の境内にある大杉です。樹齢2300年で根元の周りは11.5m、途中から二又に分かれていて樹高54.8mの巨木です。昭和3年に国の天然記念物に指定されています。昭和22年の石川国体の際、昭和天皇がご覧になったことから別名「展覧の大杉」とも呼ばれています。他に三本の幹周り8mの大杉と共に神社の参道を挟む様に平行に立っています。この4本の巨木が菅原神社の御神木になっています。 神社の横から縄文土器が発掘されていて、この4本の木があまりに平行なことから縄文人が植樹したのではないかという説もあります。 以前は石畳の参道を歩いたのですが、神社の本殿まで木道が作られていました。看板によると平成15年に「浮橋参道」として木道を設けて、杉葉を敷き詰めて4本の御神木を保護しているそうです。 狭い国道沿いにあるため、神社の境内はそれ程広くありませんが、4本の巨木によって神厳な雰囲気があります。 この神社と道路を挟んだ所にあるのが「栢野大杉茶屋」12~4月は冬季休業。ここの草団子は地元のヨモギともち米で作られた逸品です。 後で調べたんですが 「栢野大杉茶屋」は、加賀市の観光情報から・・・栢野地区では、由来に基き、古くから春祭りの時に無病息災を願って各家庭で草団子を作って食べるという風習がありました。 だんだん廃れゆくその風習を守るためと、町おこしを兼ねて、平成2年11月に地元のお母さんたちが協力してお店をつくり、だんごの販売をはじめま…

続きを読む

羽二重餅の古里 マエダセイカ

永平寺から福井北IC方向に向かうと、大野バイパスの交差点にあるのが、この「羽二重餅の古里」 地元のマエダセイカという羽二重餅の会社が作ったお土産施設 中に入ると大きな看板に日本三大銘菓の文字 伊勢の赤福・京都の八ツ橋とこれ そうなの知らなかった。 とにかく、中にはたくさんの羽二重餅が売られています。 試食も自由、観光客の人がたくさんで、わが家族たちも店内を回りながら、一つ一つ試食してました。それだけでお腹がいっぱいになっちゃうんじゃないの 販売所の真ん中には囲炉裏があって、見事な茶釜があり、お茶も自由に飲めます。運転疲れのお父さんはちんまり真ん中でお茶していました。 休憩がてら、お土産を見繕うにはよい場所です。そうそう店舗裏の庭園もなかなかのもんですよ。 羽二重餅の製造工場の見学も出来ます。 マエダセイカ  http://www.maedaseika.co.jp/ マエダセイカといっても「当たり前だのクラッカー」や「ゴジラサブレ」の会社とは別物です。 旅行日 2009.9.21 追記 福井の羽二重餅と云えば「松岡軒」 僕は好きですねえ しばらく食べてないなあ。。 http://www.habutae.com/index.html 老舗のとろける羽二重餅( はぶたえ餅 )40枚入り【松岡軒】【楽ギフ_のし宛書】【マラソン201207_食品】福井食の工房 20枚入り 630円はコチラ★着日指定のお願い。土日祝日にお休みを頂いている為、…

続きを読む

みそまんじゅう本舗 竹内

所用で輪島まで行った帰り道、我家へのお土産に寄ったのがここ 和倉温泉近辺で、旅行のお土産になることが多いのが、「味噌饅頭」 味噌饅頭と聞くと、食べたことない人は餡が味噌味だと想像するようですが、実はあんこは単なる白餡。ちと、味噌色といえばそう見えるかもしれませんが味噌は入っていません。皮に味噌を風味として使用しているんですよ。県内の人たちにも人気がありまして、石川県内では一番人気の饅頭だと思いますよ。 そもそも、県内に知れ渡ったのはTVのCMソングなのです。 「竹内の♪みそまんじゅう~~~♪ 田鶴浜のみそまんじゅ~う♪」 たぶん、石川県内の人は全員頭の部分なら歌えると思います。 味もしつこくない甘さなんですよ。 能登の和倉・七尾近辺に来られた際には、是非お試しあれ みそまんじゅう本舗 竹内  http://misoman.com/ 旅行日 2009.2.18 和倉温泉 加賀屋楽天トラベル ゆとりとやすらぎの和風空間加賀屋へようこそ 楽天市場 by

続きを読む

最近のコメント

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by 藍上雄 (12/08)

「金谷出丸 南面」- by tor (12/08)