和倉温泉駅周辺

和倉温泉駅は名前の通り観光地・和倉温泉の玄関口になります。北にまっすぐ1キロほど進むと七尾西湾になり、左手に石川でも一番元気な温泉地・和倉温泉、右手に行けば能登島大橋を渡って能登島に行けます。駅から東に行くと古くからの漁師町の石崎漁港になります。和倉温泉駅の近辺も町名は同じ石崎(いっさき)町で漁師の町として繁栄してきた町です。 8月の第一土曜日には石崎奉燈祭といって、高さ12~15m、重量2トン、担ぎ手100人に及ぶ大奉燈七基を含む14基が担がれて練り歩く勇壮な夏祭りが行われています。能登のキリコ祭りでも最大規模の一つになります。元々は石崎八幡神社の夏祭りで京都祇園社の流れに沿った山車がメインだったのですが、明治22年(1889年)、度重なる大火の被害を受けて、輪島の古い奉燈を移入して奉燈祭となって数と大きさを増して最大規模の祭りになったものです。見所は直角路での角曲がりと乱舞狂演。。日本最大(体積・重量)の曳山の青柏祭・花火が海面を照らし出す七尾港まつりと並んで七尾三大祭りとされています。 夏に嫁さんと行った輪島からの帰り道。。輪島の朝市通りをお昼に出て、七尾の山の寺寺院群に向かう途中、さすがにお腹が減って、立ち寄ったのが和倉駅前の喫茶レスト「はいだるい」外観は喫茶店ですが、カレーはもちろん丼物・うどんまで、ついでにコロッケや大きなエビ天までメニューだけ見たら、食堂そのもの。。 ちなみに「はいだるい」は能登の方言で「体がだるい。つまらない。しょうもない。」といった意味。汽車…

続きを読む

我が家の外食日記 カレー・洋食編

前回に続いて外食シリーズです。我が家では洋食はあんまり多くないのですが、カレーが好きな夫婦なので娘の眼を盗んで二人の時には、カレー屋さんには時たま行ってます。 担担麺とか唐辛子系は大丈夫な娘ですが、なぜかカレーは甘口でなければダメなんで、家でも甘口ばかり。。しいて外食でもCoCo壱番の甘口くらい。。さすが、外まで甘口は勘弁して、そもそもCoCo壱は正直それ程好きじゃないし。。。というわけで、3人でカレー屋さんはあり得ない家族状態です。 今は金沢カレーと云っていますが、この名前はここ10年程で、しかし、全国的にもカレーの市民アルバ、チャンピオンカレーやGOGOカレーなど県外出店やFCを進めているように、金沢カレー(アルバは加賀カレーと云っている)の名称は徐々に浸透して行っています。当然、古くから馴染んでいる僕は、カレーは中高校生以来、クラブ帰りや仕事帰りの金沢駅では普通のお食事(おやつ?)になっていました。 金沢カレーの発祥は、国鉄厚生会が運営していたレストラン・ニューカナザワのコック5人(インディアン・ターバン(後のチャンピオン)・アルバ・キッチンユキ・うどん亭大黒屋の創業者)が巣立って、洋食店やうどん店に転身して、更にカレー店として進化して行ったものです。この5人から師弟関係、共同経営、分裂、復活営業、後発出店など紆余曲折を経て、現在は多くの金沢カレー店が存在しています。 金沢カレーは銀のステンレス皿に先割れのスプーンが定番になっていますが、カレー専門店として最初に立ち上げた…

続きを読む

牛カレー パーク獅子吼ふれあい館

獅子吼高原は白山開山の泰澄上人が白山登山をここから始めた際、嵐によって足止めされ後高山(しりたかやま)近辺の4か所で野営したことから四宿・止宿(ししゅく)と呼ばれ、後に仏典から「ししく」を当てはめて「獅子吼」となったのが謂れです。 標高650メートルの後高山の山頂には「獅子吼高原スキー場」「高原レストラン」「パラグライダー発進場」があり、手取川の扇状地が見渡せ、四季折々の美しい所です。 獅子吼高原の山頂にむかうゴンドラがあり、なかなかのスピードと角度で迫力満点です。 そのゴンドラ乗り場の向かいに木造のドーム建築の建物が「パーク獅子吼ふれあい館」です。山頂のスカイ獅子吼・地場産業・祭事の館などの公園施設を管理する事務棟とコンサートや催し物の会場・食堂・販売所が入っています。入口は小さく見えますが、中に入ると吹き抜けの大型ドームになっています。 ここの一押しが牛カレー。 石川は昔からカレーは金沢カレーに観られるようなゴロゴロカレーです。県外に出店しているチャンピオンやGOGOを見れば解るかも^^ ここのカレーは伝統的なルーとルーの三分の一の牛肉をトロトロに煮込んだカレーです。価格もワンコインの500円。胸焼けしないまろやかカレーというのが売り^^ちなみに一緒につくサラダやラッキョウ・福神漬けまでオール地場産。 土日はコンサートもやってるから、聴きながら食べるのも一興。ただし、たまに太鼓の演奏会や教室もあるんで、その時は合わないかも^m^ パーク獅子吼  ht…

続きを読む

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)

「延喜式神名帳」- by ミクミティ (05/26)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/26)