河北潟ひまわり村

仕事を早く切り上げまして(別名 サボったとも言います) それでも、時間は4:00過ぎ。。。。ノンビリするつもりでしたが、 テレビをつけたら夏の花の特集  日曜日に自堕落やってしまって、行けなかったひまわり村へ     そろそろ良い時期のはず、6/30の日記で         満開になったらUPするとJunさんに約束してたんで、            気にしてたんですよね Let's Goだ 嫁さんも乗り気です。 5時過ぎに帰ってきた娘も乗せて(1人で留守番させるとから) 河北潟までひとっ走り   いつもの如く「ホリ牧場の夢ミルク館」でソフトを舐め舐め動物見学に、 でも暑かったせいか、みんなへばってまし…

続きを読む

北潟湖菖蒲園

5月末に行った北潟湖にもう1度行って参りました。 本当はね、先週行きたかったんですが家族のスケジュールが合わなくて、今日になってしまいました。 家を出るのが相変わらず遅い家族でして、15:00スタート 話は違いますが、我が家では家族で車に乗ると、音楽(CD)は娘が独占しています  僕には選択権無し 娘の好みなので、当然僕の駄目なのもあるわけですが、拒否できないところが父の辛さですね 好みが合うものも中にはありますので、そのときは    今回はこれですね。僕も好きな歌手の1人です。可愛くって気に入ってたんですが現在は引退    BGMがわりにドウゾ      ということで、ちょっと寄り道しながら目的地に到着(17:30遅ッ)    北潟湖畔荘というホテルの駐車場に入り口があります。    遅い時間だったので、イベントは終了してました。    人は少ないと思ったけど意外に花を観てる人がいましたねぇ。      ただ、6月末になっていたのと今年は雨が少ないために、花が大分落ちていましたね。先週来れていれば最高だったかも。。。。{%顔文字キライ…

続きを読む

一気に満開@@

先々週末(4/6.7)は4月だというのに雪が降りまして、「お~~さぶい!!」どこも桜は蕾は膨らんでいたのに咲いた所はなし>< こりゃ、当分駄目だなと思っていたんですよね。。 ところが翌日から一気に気温が上がっちゃいまして、8日には金沢の標準木も開花宣言^^ さらに暖かい日が続いて、金沢地区の平野部は満開になっています。兼六園の辺りでは花見客がぞろぞろ。。 獅子吼など平野から見える小高い山には雪がかぶっているけど、もうすっかり満開状態^^V 例年より一気に咲いてしまったせいか、赤みには欠けるけど桜の花を見ると、やっぱり春なんだなあと感じる今日この頃。。 仕事が混んでしまって、まだお花見ドライブには行っていないけど、道路を走っていると満開の花が観られます。 ちょっとの合間に撮った桜の風景です。写真だけでもご披露を^^V 神田交通公園 金沢合同庁舎・西神田庁舎のお隣にある公園です。奥まった場所なので意外な穴場。完全に満開状態でした。4/13 黒門緑地の桜 豪姫の屋敷跡の桜です。ここには高峰譲吉の旧屋敷が移築されていて、ここの桜はワシントンのポトマック河畔の桜を移植したものです。4/13 兼六園下から金沢城の桜4/13 金沢城大手掘通の桜4/13 国道157号線 鶴来町の国道並木 まだここは五分咲きです^^;4/14 UP日 2012.4.17

続きを読む

野々市市(ののいちし)

石川県に新しい市が誕生しました。その名も「野々市市」^^ これで石川県内の市制の市は11個目。単独の町から市になるのは、僕の住む松任市(現在は白山市)以来41年振り。平成の大合併でも、金沢や松任からのラブコールを拒否。単独市制にこぎつけました。エライ^^/ 元々は石川県石川郡野々市町 これで由緒ある石川郡の名が消滅してしまいました。 昨年、市制要件を満たす前に、何処も同じですが新しい名称募集が行われましたが、そりゃなんたって住民もその他県民も9割以上が「市」が二つも並ぶし、前の名も「野」が並ぶっていう、冗談みたいな名前^^を支持 反対したのは一部の町議だけ^^中には、悪乗りついでに野野市市なんて意見もあったくらい。 ということで、めでたく「のの・いちいち」ということで、「ののいちし」→「野々市市」が誕生。ついでにイチイチにちなんで2011/11/11をわざわざ市制開始日に選んだ凝りよう^m^ でも宛名書きは書き難いだろうなあ^^; 僕も石川に戻ってくる際、松任と野々市で最後まで悩んでました。けっこう好きな街なんですよ。商業地も郊外店や個性的な店が多いし、金沢工大や県立大学(旧農業短大)など教育機関も多いし^^ 県内でも巨大な環濠遺跡がある御経塚や加賀守護だった富樫氏は野々市に館を構えるほど、古代から加賀の中心だった野々市のこれからが楽しみ^^ 野々市の市花は「椿」 富樫用水 御経塚遺跡 ワーナー・マイカル・シネマズ御経塚 …

続きを読む

西山公園 つつじまつり

鯖江市は越前嶺北の真ん中にある町です。 代表する生産品としてはメガネのフレームが有名で、国内生産の90%以上がこの町で作られています。昨昨年3月に「めがねミュージアム」も完成して、情報発進の役割を果たしています。工房やショップの他に博物館もあり、有名人の使用したメガネが60人以上の物が展示されています。 タレントの大村昆さんが収集したものですが、中にはブルース・リーや松田優作の使用したサングラスなどファン垂涎の物が多くあります。 また日本最古の漆器工芸と云われる「越前漆器」の産地としても知られています。その他にも音楽関係ではマリンバなどの打楽器製造で有名な「こおろぎ社」の発祥の地でもあります(現在は隣りの越前町にあります)。 この鯖江市には「西山公園」という素晴らしい公園があります。 春には約5万本の躑躅が咲き誇りますし、初夏には3500株の花菖蒲、秋には1600本のもみじも赤に染まって美しい姿を見せてくれます。 また、レッサーパンダの繁殖で知られる西山動物園も園内にあります。 西山公園の始まりは 安政6年(1859年)越前鯖江藩・第7代藩主・間部詮勝(まなべあきかつ)によって作庭されたのが始まりです。藩内の民衆と共に共有するという理念で作られたもので、なだらかな長泉寺山を中心に藩主自ら鍬や鋤をもって作庭したそうです。間部詮勝は安政の大獄で主導的立場にあった人物で、冷酷非情な人物と思われがちです。政治家としては冷静冷徹でしたが、地元民衆に対しては優しいお殿様だったようで…

続きを読む

倶利伽羅山 八重桜

倶利伽羅峠は昔は北国街道の難所ではありましたが、街道のおかげもあり、倶利伽羅不動尊や長楽寺の寺社・宿場もあり栄えた場所でした。 しかし、明治初頭の竹橋宿の大火、更には廃仏毀釈による長楽寺の廃棄、国道8号線・北陸本線の敷設により、倶利伽羅越えの北国街道の役目は無くなり衰退して行きました。 それでも津幡・小矢部の住民や一部の人にとっての生活道路として倶利伽羅峠や天田峠越えの道は難路ながら残っていました。昭和末期まで倶利伽羅越えの峠には茶店が現存営業していました。 昭和9年、射水郡大島町(現在の射水市)に高木勝己さんという運送業の人物がいました。彼が助手と共に仕事帰り、天田峠越えの途中で30メートルの崖下に転落しました。車は大破しましたが二人は無傷という幸運な事故でした。それから20数年後、彼が眠っていた際に夢枕に倶利伽羅不動明王が出てきてこう言ったそうです。 「倶利伽羅山が荒れ果てて寂しいものだ。」 ここで高木氏はあの事故での無事は倶利伽羅不動のご加護だったんだと一念発起。倶利伽羅を吉野山のように桜の名所にして人が来るようにしよう。昭和34年から19年間、奥さんと一緒に私費で毎年500本近くの桜の苗木を津幡町坂戸口から小矢部市蓮沼までの倶利伽羅峠の街道沿いに自力で植えて行きました。徐々に桜並木は花をつけ約4000本の名所として知られるようになりました。 高木氏は平成2年に85歳で逝去されましたが、その業績は津幡町・小矢部市が引き継ぎ現在は約6500本の八重桜が咲き誇る桜の名所に…

続きを読む

松根城址

加賀と越中の国境を繋ぐ街道は、倶利伽羅山の側を通る北国街道が表街道でした。それに対する裏街道が小原越道と云われる道です。 現在の金沢・森本駅付近から砺波に繋がる国道359号線と福光に繋がる304号線に沿い途中、両国道の中間点を抜ける感じの道です。同じ山越えでも倶利伽羅越えに比べて遠回りでしたが、起伏が楽だったこともあり、江戸期以前は物資の往還は小原越道が主になっていました。 松根城は小原越道を取り込むように、国境となる砺波丘陵に沿って作られた重要拠点でした。 文献としては源平盛衰記に源義仲が陣をここに置いたというのが最初です。その後、南北朝では南朝方の桃井直常軍が陣を置いたという記録があります。戦国期には一向宗の持ち城となっていましたが、戦国末期には佐々成政の持ち城となって加賀に対する前線基地になっていました。 その後、豊臣秀吉の佐々征伐の際、前田利家の重臣・村井長頼によって近くの朝日山城と共に攻略を受けた際に、佐々方の放棄により落城。その後は一国一城令により廃城になるまで村井長頼の持ち城なっていました。 現在の城遺構は佐々時代に作定されたものですが、虎口の二重隠しや枡形、竪堀や土塁を多用して三つに郭を連郭式にしたものです。城跡は綺麗に整備されていて自然公園として整備されており、城内の道も木チップを使っているので歩きやすくなっています。 連郭の一番高所となる松根山頂(標高304メートル)にある本丸からは能登・加賀・越中方向が開けて観えます。眺望も良く特に加賀方向は天気が…

続きを読む

浄教寺 世界に一本だけの桜 浄教寺手毬桜

浄教寺は浄土真宗本願寺派のお寺です。 元々は近くにある真言宗・安居寺の24坊の一つでしたが、文明6年(1474年)に住持が蓮如に弟子入りして転宗したものです。 入口の山門も2層式で上部に釣鐘があり、なかなか趣のあるものです。 山門は明治10年頃の創建と言われています。昭和36年の室戸台風による倒木で倒壊しましたが、創建時の原材料を使って再建されたそうです。 境内の本堂前にある樹齢推定150年程の老桜木が「浄教寺手毬桜(じょうきょうじてまりざくら)」です。可憐な花の中に花が咲くように手毬のような花弁が咲くのが特徴です。 前々からこの寺にあった桜なのですが珍しい綺麗な桜として地元の人にしか認識されていませんでした。花の趣味を持つ信徒が花の名を知りたくて地元の植物園に持ち込んのが始まりで、平成20年に中央植物園の調査研究により桜の新種発見となった経緯があります。分類的には菊咲きの山桜になるそうです。 老齢の桜木のため樹勢が弱く接ぎ木では不可能で存続が心配されていましたが、富山中央農業高校バイオ技術科が増殖に成功したそうで、今年の秋に研究成果が発表されるそうです。 訪れた日は少し早かったようで花も三分咲き。。 この桜の葉も変わっていて、最初は赤みがかって紅葉のように見え、徐々に緑に変わっていくという変わり種です。この日の木はまるで秋の紅葉のようでした。花もポツポツ。。 GW前には満開が観られそうです。丸い花が咲きそろう姿、また訪れてみたいと思います。 国内には幾…

続きを読む

今年が最後でした。もう見られない>< 徳光PA CCZ菜の花畑

北陸自動車道の徳光PAは知る人ぞ知るの名物が多いPAです。 全国唯一のアルコール提供のPAレストラン、温水シャワーなどまであったりして^^; PAから歩いて行ける範囲内にCCZという温泉施設や室内プール施設なんかもあります。 その室内プール前に広がる広い土地を利用して、春は菜の花畑、秋はコスモス畑が植えられて人気スポットになっていました。僕も毎年楽しみにしていたんですよ。訪れた日(今春)は菜の花の盛りで黄色い絨毯が広がって見事な景観が広がっていました。 ところが、この花畑も今年で終了が決定し、約10年の歴史に幕が下ろされます。表向きは花畑による土壌が弱ってきているという理由ですが、実情は白山市の財政事情という話がほんとのようです。寂しい。。毎春・秋は楽しみにしていた人が多かったのに。。しょうもない箱モノや駅の改修よりこういう観光資源が大事なのに。。 今年で最後の黄色の絨毯、PAに車停めたまま歩いて行ける距離だったんですが。 ついでに、CCZの温泉は相変わらずお奨めです。ちょっと舐めるとショッパイ天然温泉です。露天風呂やサウナもあり^^V 入湯料は先日値上げされたけど、それでもたしか440円だったと思う??^^; ついでに、コスモスはこんな感じでした。こうやって振り返ると懐かしい感じ。。また再開してほしいものです。 http://72469241.at.webry.info/201208/article_48.html 旅行日 2012.4.19

続きを読む

城山展望台

七尾城址の本丸駐車場を更に車道を進んでいくと右手に駐車場と公衆トイレの広場があり、広場手前を左折して登ったところにあるのが城山展望台です。 この展望台のある位置は七尾城よりも東北の位置にあり、標高も100メートル程高い位置にあります。七尾城から能登の風景も素晴らしいけれど、この展望台からは天気が良いと東南に富山湾や更にその向こうの冠雪した立山連峰が観ることができます。眺望では能登一番だという人も多くいます。七尾市では一番高い位置になることもあり、ラジオ局の中継アンテナが設置されている場所でもあります。 また、南西方向には七尾城の本丸が遠目に見ることができ、自分が観てきた七尾城が遠目ですが綺麗に見られる場所でもあるんです。是非、立ち寄って観る価値はあると思います。 この展望台は七尾城・三代城主の三男・畠山義智から続く松波城(現能登町)畠山家の18代目・畠山一清氏が建てたものです。ちなみに畠山一清氏はポンプや風水力機器で有名な荏原製作所の創立者です。 コンクリート造りのちょっと洒落た七角形の建物です。中心の角柱には七尾や能登畠山氏の由来や説明が書かれています。これはなかなか詳しい内容で改めて勉強になります。 駐車場から展望台に向かう通路には多くの木々や躑躅が植えられており、春には躑躅が美しく、秋は紅葉と野紺菊(ノコンギク)が咲き乱れています。春秋に訪れるのがお奨めです。 旅行日 2011.11.02

続きを読む

金沢南総合運動公園 バラ園

この公園内には「バラ園」がありまして、石川県内でも人気スポットの一つになっています。120種・約1800本のバラが美しい花を見せてくれています。 見頃は5月下旬から6月上旬ですが、秋の9月下旬から10月上旬も見頃です。それ以外の夏場にも幾つか咲いています。 金沢の居住・住宅地の中心にありますが、全くそれを感じさせない静けさもあり、散策にも持って来いの雰囲気があります。 それにしても、バラにもこれほどの種類があるのかと驚かされます。美智子皇后・ダイアナ元妃の名を関したものもあり、色とりどりのバラの花と名札を観ながら鑑賞するのも面白いですねえ。 金沢南総合運動公園は第2回の国民体育大会(国体)に使用された陸上競技場・球技場・総合プールを中心にした運動施設公園です。その他に芝生広場・ゲートボール場もあり、金沢市民の憩いの場になっています。 余談ですが、国体の際に使われる歌「若い力」は2回大会から使われたんですが、金沢近辺の小学校では運動会にはマスゲームとして受け繋がれていて、加賀地区の多くの人が歌えるか振りができます。 更に年に1度、金沢市内の小6全員がこの公園の陸上競技場に集まり「金沢市連合体育大会」のプログラムになっています。興味のある人はこちらをどうぞ、仰け反りますから首と耳には注意^^; 旅行日 2011.6.6

続きを読む

弥勒山 安居寺

正直、名前は知っていましたが、行くまで場所など詳しいことは知りませんでした。 境内に懸れた説明板によると、「安居寺(あんごじ)は、高野山真言宗に属する寺院です。本尊は聖観世音菩薩。約1300年前(718年、養老2)にインドから渡来した善無畏三蔵が創建したと伝えられています。奈良時代に聖武天皇の勅願所として、行基[ぎょうき]が勅命を受けて壮大な伽藍を造営。行基が御前立観音を彫り、本尊は秘仏になりました。」 境内は広い寺域を誇ります。 一番古い仁王門・観音堂は加賀2代藩主・前田利長が寄進したもので、以降は前田家の祈願所になっています。加賀藩の藩運営は宗派を問わず保護したことですが、特に利長・利常の兄弟はその促進者の始点です。特に富山県は前田利長が藩主・隠居後も居住・発展を促した地ですので、寺数はいったい幾つあるというぐらい多数です。 境内・寺域は「安居寺公園」として整備されていて、多くの散策路があります。四国三十三箇所のミニ霊場、その四国霊場を創始した花山上皇の慰霊碑などもあります。また伝長慶天皇陵などもあります。 長慶天皇陵が富山にあるというのは聞いていましたが、ここだったとは。。ゆっくり見ましたがあんまり大きくない。。 長慶天皇は後醍醐天皇の孫で南朝3代天皇です。近世まで天皇在位が議論された天皇で、大正15年にやっと認定された天皇で謎の多い人物です。 そのせいか、ここ以外に全国各地に20か所以上の伝天皇陵が存在します。 境内には大きな枝垂桜があり、行った日は美しい花…

続きを読む

倶利伽羅山 八重桜

小矢部の巴塚のある堤池から津幡町の坂戸口までの約10キロ強の歴史国道には6000本の八重桜が植えられています。毎年GWには満開の花が観られます。この期間は「くりからさん八重桜祭り」として多くの人が訪れています。 4/28.29には倶利伽羅不動尊の山頂本堂の境内で、念仏赤餅の餅つきが行われ参加者にはその場で振る舞われ、住職のお話と共に食べる習わしになっています。もちろん、持ち帰り用にも販売されています。すぐ売り切れてしまうので、早めに行かないといけません。 倶利伽羅の八重桜のビュースポットは、倶利伽羅合戦の際に平氏が本陣にしたという「猿ケ馬場」、為盛塚の近くの「倶利伽羅公園」、手向神社参道から坂戸口の坂道の道路脇がお奨めスポットです。 ソメイヨシノに比べぼってりとして大振りの八重桜は満開になると華やかさがあります。 散策スポットとしても最高の時期がこの桜の咲くころだと思います。 昨年は坂戸口の桜しか見られず残念な思いをしましたが、今年はちゃんと山頂に咲く花が観られちょっと感激^^V 4/28.29は不動尊の祭礼もあって交通規制がありますから、埴生口か天田峠から倶利伽羅峠へ向かうのをお奨めします。 くりからさん八重桜祭り(倶利伽羅不動尊)  http://www.kurikara.jp/?eid=288423 旅行日 2011.5.4

続きを読む

卯辰山 梅林園 米よこせ~~

金沢城の鬼門に当たる卯辰山。現在は金沢市民の憩いの公園になっていますが、山に登ると金沢城を見下ろす位置になり、江戸時代は住民の登山は禁止されていました。古くは平安時代には宇多須山(うたすやま)。七尾城攻めの際、上杉謙信が本陣を置いた際は臥竜山(がりゅうざん)と名付けています。 卯辰山公園には幾つか花が美しい場所があるのですが、ここもその一つです。花菖蒲園の駐車場から豊国神社にむかう鳥居をくぐって坂道を登ったところにあります。この日はまだ早すぎたようでポツポツとしか咲いていませんでした。 さてこの場所は歴史的にもう一つの物語があった場所です。 江戸時代の安政5年、この年は天候不順で凶作が予想されました。実際凶作だったんですが、それを見込んだ商人が米を買占め・売り惜しみの行為に出たため、庶民生活が困窮に陥ってしまいました。完全に困った庶民は一揆・打ち壊し寸前。ところが7月中旬、地元庶民は突飛な行動に出ます。2日間にわたって夜、2000人程でこの場所に登り、米の開放を叫んだのです。「米よこせ~~~!!」の大合唱。 2000人の大声・大合唱は2キロも離れていないお城には相当響いたようです。慌てた藩は、御蔵米五百俵を放出。米価値下げの命令を出しています。暴力行為なしの「泣き一揆」。現代のデモやシュプレヒコールの原点と云われています。 しかし届け出無しの騒じょう行為、しかも登山禁止地区ということで、首謀者七名が逮捕、二名が獄死、五名が打ち首になっています。 その後この七名を忍んで、…

続きを読む

コスモスのゲレンデ 夢の平スキー場

「夢の平スキー場」は砺波市の東山麓の鉢伏山の斜面をゲレンデにしたスキー場です。 スキーシーズンにはナイタースキーも楽しめるし、スノーボードも全面滑降可能だそうです。毎年12月中旬から春先まで開場され、2月には雪祭りも開催されています。 鉢伏山の頂上からは東に立山連邦の山並み、北に砺波市や高岡市の街並みや日本海、西は砺波平野の散居村集落の全景が見られます。 スキー場が休業中の春にはゲレンデに30万球の水仙が花が咲きます。 そして、秋には100万本のコスモスがゲレンデを埋めるように咲き乱れます。 今秋(H20)は10/2~10/17の期間「コスモスウォッチング」として、地元の直産品の販売・食材の販売などテント市が行われていました。 この期間、リフトも動いていて、ゲレンデに咲くコスモスの花の絨毯が遠望できます。もちろん、背の高いコスモスの間を歩くこともできます。 コスモスはまだまだ見ごろは続いていて10月下旬まで見頃だそうです。 来年も開催されるようなので機会がありましたらコスモスのゲレンデを満喫して観てください。 スキー場の近くに「夢の平散居村展望台」もありますから、砺波平野を一望できるので是非寄り道することをお勧めします。素晴らしい景観です。 となみ夢の平スキー場  http://www1.tst.ne.jp/yume-ski/ 旅行日 2010.10.16 追記 今年(H24)のコスモスウォッチングは10/6~だそうです。今年はリフトの運行日が決…

続きを読む

鬼百合の群生地 

白山市の徳光海岸から金沢市の専光寺を結ぶ海岸線を走る「しおさいロード」。海岸線とはいえ濃い松や草木で海は見えない道路ですが、途中の八田町地内では砂地を利用した作物が作られています。盆前の7月末から8月頭には、お盆の供花用として鶏頭の花畑が見られます。 そんな八田町地内に鬼百合の群生地があります。 夏の花といえば向日葵が一番に来ますが、もう一つ二つあげるとすれば鳳仙花とこの鬼百合だと思います。昔はよく見かけたのですが近頃見かけなくなって来ました。 この群生地も一時絶滅寸前まで追い込まれましたが、地元有志の努力で現在の姿まで復活しました。8月初頭にはオレンジの美しい花が咲き乱れています。 鬼百合の咲く小道を行くと、美しい海岸を見渡せる見晴台の東屋に行けます。静かに夏の海岸線が見渡せます。 旅行日 2010.8.5

続きを読む

卯辰山花菖蒲園

金沢市内で最大の菖蒲園がこの卯辰山です。 ここには、約20万株のアヤメやハナショウブ、ショウブが栽培されています。6月の中旬から7月頭には美しい花が咲きそろっています。 園内は回遊式になっていて、菖蒲畑を囲むように遊歩道があります。 途中には花畑の中を橋や小道を配して花の中を歩けるようにしています。 遊歩道の畑とは反対側には紫陽花が植えられていて、違う雰囲気で紫陽花の花が楽しめます。 「いずれがアヤメかカキツバタ」なんて言葉があり、更にアヤメとショウブは同じ漢字。ホント見た目には解かりにくいですが、この菖蒲園にもアヤメもあれば、カキツバタ、ハナショウブもあります。ついでにショウブまであります。見ているだけでよい勉強になりますよ。ここではメインはハナショウブです。 ちなみに「ショウブ」はサトイモ科で、葉が刀みたいで穂みたいな目立たない花が咲きます。5月の菖蒲湯はこの葉を用いています。 アヤメ・カキツバタ・ハナショウブはアヤメ科です。 アヤメの花には花びらに網目があるのが特徴です。カキツバタは基本色は白と紫で花が細長くて先が垂れ下がっています。 ハナショウブは葉に主脈があって花びらに網目がありません。 駐車場が狭くて10台位しか停められないので、花見時期にお昼過ぎに行くと混雑は必至です。午前の早い時間に行くことをお奨めします。毎日、朝の5時にスプリンクラーを掛けるので、午前の方が元気な花がみられます。 と 旅行日 2010.6.20 ちぎり絵・貼…

続きを読む

奥卯辰山県民公園

東山や東茶屋街の東部にある卯辰山は金沢城の鬼門に当たり、城を見下ろす位置にあったため民衆の登山は禁じられていたのですが、明治以降は色々な顕彰碑・記念碑・相撲場・動物園・水族館など金沢市民の行楽地としての地位を得ていました。動物園・水族館は辰口町・能登島に引っ越しましたが、市民の行楽地として人気があります。 そんな卯辰山から南に行くとこの奥卯辰山といわれるもう一つの園地が広がります。もともとはゴルフ場の跡地を整備したものです。 広い芝生公園やバーベキュー広場など木々に囲まれた自然豊かな場所です。 4月には桜、5・6月には菖蒲・バラの名所にもなっています。 この日行ったとき、バラ園では美しい花が見られました。 ここのバラ園はベルギーから贈られたものです。 70’の大阪万博の際、イベント広場では各国のフェスティバルが紹介・演技されたのですが、金沢からは百万石祭りの行列と踊り流しが出演しました、同じときに出演していたベルギーとの交流から、後日贈られたのがこのバラ園の花苗でした。毎年、美しい花を見せてくれます。 駐車場横の池には蓮が繁茂していて池の半分を覆っています。今は小さな花がぽつぽつと見られます。もうしばらくすると多くの花が見られそうです。今は黄菖蒲が満開を迎えています。 そして、県民公園入り口の駐車場は高台になっていて、金沢の夜景が眺められる場所で、金沢の夜景スポットとしてデートコースのひとつです。ただし、途中に照明がないので通行にはご注意を 旅行日 2010.…

続きを読む

松任グリーンパーク 藤棚

昨年の記事で紹介した「松任グリーンパーク」    http://72469241.at.webry.info/201208/article_38.html 今年も藤棚が見事な花をつけていました。 この藤は、旧の松任市時代に、姉妹都市だった静岡の藤枝市から送られたものです。最初はあまり綺麗に咲かなかったんですが、近年は美しい花が見られるようになりました。 池を囲むように配置されていて、総延長は310メートル。一番長い直線で、100メートル以上あります。 郊外で田園地帯にあるので、思ったよりも訪れる人が少ないんですが、この季節には年々訪れる人が増えているようです。 藤棚の下にはベンチがたくさんあって、藤棚のおかげで木陰となっていて、涼しい休憩場所になります。 グリーンパークの横を走るバイパス道路は、加賀産業道路と呼ばれていて別名「かがさん」と呼ばれています。金沢大学の角間キャンパスの入り口の杜の里から小松の八幡のICまでの道路なんですが、小松から白山市に掛けては広告看板禁止道路で風景の美しい道路です。 元々は、産業誘致のための道路でしたが、緑の多い地区を通るし、途中に「いしかわ動物園」もあるように、観光道路の要素が強い道にもなっています。 現在はICで国道8号、金沢で山側環状道路とアクセスしますから能登海浜にも直接行けますし、石川の山と緑を満喫するには良い道です。 一度試してみてください。あまり渋滞も無いですし、町の繁華街も無く、自然を感じながら走れる道です。その途…

続きを読む

樹木公園

石川県内で一番大きな桜の名所といえば、この「樹木公園」になると思います。正式な名前は「石川県林業試験場」です。 ここには130種900本の桜が植えられており、5月一杯まで色々な桜を観ることが出来ます。他にも多種多様な木があって、800種類15000本の木が植えられています。桜以外に椿の名所で140種850本が植えられて、美しい花が見られます。 山間に有るので、桜の見ごろは平野部より1.2週間ほど遅めなのでご注意を この日は、ソメイヨシノが満開になっていました。この公園内には一番多く植えられているので、この日が一番の見頃ということでした。 この公園は林業試験場の一部なので、木の1本1本に木の名札が掛けられていて、見慣れたものもあれば初めて聞く名前のものまで、良い勉強になります。変わったものだと「楊貴妃」「御車(みくるま)返し」といったものもあります。どちらも、これから咲く桜です。 公園内は巡回できるようになっていて、総延長2キロほどの遊歩道があって、巡回しながら桜を観ることが出来ます。途中には桜のトンネルのような場所もあります。自然豊かな場所なので、早朝(8:30開園)に来ると動物に会うこともあります。 けっこう登り降りがあるので観桜というより散策というのがあうかも^^ 旅行日 2010.4.18

続きを読む

徳光海岸 コスモス畑

9月に入って、辺りはすっかり秋めいてきました。 北陸自動車道の徳光PAの近くのコスモス畑も今が盛りになっています。 細い茎にピンクや赤の花が爽やかに風になびいているのを観ると秋の足音と、心がなんとなく休まりますね。 徳光SAは温泉の源泉があって、温水シャワーを浴びられるPAですが、PAのエリアから海岸はもちろん商業施設「まっとう車遊館」、温泉施設「CCZ温泉」、県民海浜公園などに歩いていけます。 そのついでに、この季節には、爽やかなコスモスを見るのもいいものですよ。 追記 春には一面の菜の花畑と、春秋と市民や通行客の目を楽しませてくれましたが、今年で終了になってしまいます。市の広報からは土壌が弱ってきたからと云ってますが、実際は財政緊縮というのが本音のようです。 新幹線も停まらない松任駅や駅広場を開発するくらいなら、こういう全国的に知られ始めている観光資源を育てて欲しいものです。まったく。。。。白山麓のスキー場、美川県一の看板なんか地元より他県の人の方が知っていたのに、もったいない 旅行日2009.9.2

続きを読む

卯辰山 花菖蒲園

本興寺と並んで金沢のもうひとつの紫陽花の名所がここ。 卯辰山は、金沢城の東の方角(卯辰)にあるために名づけられた山です。 江戸時代は金沢城を見下ろせる位置だったため、ずっと山頂への登山は禁止でした。 また、鬼門の方角にもなるため神聖視もされていました。 明治期以降は逆に観光スポットと市民の憩いのスポットとなっています。 文学碑・顕彰碑といった明るい陽の部分、慰霊碑・鎮魂碑といった陰の両方が合わさった場所です。金沢から見ると鬼門にもなるからですね。 ここは大きな菖蒲畑になっています。その周りをめぐる道の外側に紫陽花が配されています。行った日は盛りは過ぎていましたが、菖蒲園は満開 逆に紫陽花は早すぎてまだまだでした。さすが人気スポットです、駐車場は満杯。道路にまで車があふれていました。早朝にスプリンクラーによる散水が行われるのですが、そのときが一番きれいかも^^早朝に訪れて散策するにはよい場所だと思います。 山肌に沿って作られているので、入り口からは見上げるように広がって見えます。眺望もすばらしいですよ。江戸期も菖蒲園の辺りは人気スポットで、茶店が建てられ賑わったそうです。 菖蒲園の脇から豊国社への参道を登る途中に、梅林園があります。 2月には美しい花と浅野川の流れと町並みが見られます。 旅行日 2009.6.21

続きを読む

金沢の紫陽花寺 本興寺

金沢市内で紫陽花の名所といえば、「卯辰山の菖蒲園」とここ「本興寺」だといわれています。 森本駅前から五箇山に抜ける国道304号線の不動寺の交差点を山間の集落に入ったところにあります。 「本興寺」は、創建は1294年。加賀の国における日蓮宗の本山です。 700年を超える古刹です。 15年程前から檀家の方が、寺の廻りに紫陽花を植えて、今では金沢市内でも1.2を争う紫陽花の名所になっています。 市内でも山間の方なので、訪れる人はそれ程多くはありませんが、緑に囲まれた静かな雰囲気があります。 ゆっくり見て廻るには、静かで良い場所ですよ。 見頃は6月末がBESTです。 旅行日 2009.6.21

続きを読む

松任グリーンパーク

金沢と加賀を結ぶ幹線道路「加賀産業道路」 金沢から南に向かうと100円を払う「川北有料大橋」があります。 川北大橋の手前の左手に「松任グリーンパーク」があります。 「松任グリーンパーク」は、<水と緑のふれあい広場> <いこいの広場> <ふれあい体験館> <ふれあい広場> <サンスポーツランド松任> <農村広場> <ゴルフ練習場>の7つのゾーンからなる複合広場なんです。 ゴルフの打ちっぱなし、テニスコート6面、サッカー&ラグビーグラウンドのスポーツ広場。 バーベキューや野菜果物の栽培収穫のできる農村広場。 そして全面芝生の斜面広場のいこいの広場。頂上に登ると白山の遠景も見られます。長さ60mの滑り台(パイプスライダー」も併設されているので子供には大人気。けっこう角度があって滑り面も回転パイプなので意外にスピードが出ますよ^^ここには子供連れの若い夫婦連れの姿が多く見られます。 さて一番のお奨めは、是非春・初夏に来て欲しい場所<水と緑のふれあい広場> 池を中心に通路を配した回遊庭園です。桜・躑躅・菖蒲そして藤の花。 特に藤は池の周りの道の更に外側を囲むように配されています。長さは県内随一の長さです。藤棚の下にはベンチも配されていて、歩き疲れたら藤の花を眺めながらゆったり出来ますよ。年により出来不出来はありますが、今年の春は最高の出来でしたね。ちなみにここの藤は、旧松任市の姉妹都市で静岡県の藤枝市から贈られたものです。 他にも直径7mの水車小屋、もちろん水を使って回して…

続きを読む

ハーブの里 ミントレイノ

石川県には大きなハーブ園が2箇所あります。 一つは能登の珠洲市にある珠洲が丘の[珠洲市八ヶ山ハーブガーデン] 広さ9万㎡<摘み取り体験も出来るんですよ。以前行った時もよかったしまた行きたいと思っています。今度紹介しますね。(残念ながらH24.4に閉園になってしまいました。) そして、もう一つが白山麓にある「ハーブの里 ミントレイノ」 建物がお洒落で、静かな山奥といった風情があります。 テラスからハーブ園を見下ろしながら、ハーブティを飲んでみるのも良いですよ。 今回行ったのは、4月末なのでまだハーブ園も準備中という感じ、 ハーブの代わりに菜の花が満開でした。山奥のため平地よりも1.2ヶ月遅れる感じですので6月以降に訪れるのが、正解かも ミントレイノの2階は展示スペースになっていて、各種の展示会も開催されています。この日は押し花の展示会。押し花とは思えない絵画仕立てにはビックリ 1階では、ハーブ関連の商品の販売スペースとレストラン、体験教室もあります。 屋外では、ハーブの苗の販売も行っています。 ハーブの里 ミントレイノ http://city-hakusan.com/mint/ 旅行日 2009.4.29

続きを読む

チューリップ公園と四季彩館

チューリップといえば、富山・新潟が一大生産地で、両県の県花がチューリップです。富山県の中でも砺波・高岡地区はチューリップの生産の中心です。新潟もそうですが、この地区も豪雪地帯として有名です。 そんな風土が、チューリップの生産に向いているそうです。 4月半ば過ぎには、畑地にチューリップの花が絨毯のように美しい風景を見せてくれます。 そんな砺波の象徴とも云えるチューリップを纏めて見られるのが「チューリップ公園」と「四季彩館」です。 チューリップ公園では毎年、450種100万本のチューリップが咲く「チューリップフェア」が開催されています。色とりどりの花といろんな形の花が公園に花の絨毯と芸術を織り成します。 今年は4/23~5/6の期間に開催されます。 真ん中の塔に登って、公園内を見下ろすと素晴しいですよ。 http://www.city.tonami.toyama.jp/kanko/event/tulip/tulip.html 公園から東隣にある「四季彩館」では、チューリップの展示紹介がなされています。僕が行ったときは特別展として黒いチューリップを紹介していました。また、スクウェアでは一年中、チューリップの花が観られるようになっています。いろんな種類のチューリップが咲いており、中には概念を突き崩すような花も観られますよ。他にも歴史展示などチューリップの華やかな色と香りの中で過ごせます。 館内のレストランには、チューリップから作られたジャムや食材を使ったソフトやパフェも食べら…

続きを読む

越前海岸 水仙の里

福井県の越前町は急峻な崖と日本海に挟まれた海岸伝いの町です。 海岸伝いということで漁港がある町で、越前蟹や豊富な魚介類の水揚げのある町です。 急峻な岩崖と日本海の荒波と風によって、風光明媚な海岸が続きます。 敦賀・河野海岸道路から続く国道305号線は、福井市の東尋坊や松島などまで奇岩やいろんな顔の海を見られる海岸線を走ることが出来る道です。天気の良い日に走ると気持ちのよい道ですよ。 さて、冬場の越前蟹も有名ですが、越前町のもう一つの名産が「水仙」です。日本三大水仙の生産地になっています。1月末から2月上旬が最盛期となっています。急峻な崖伝いに咲く水仙の花の群生は壮観なものがあります。水仙の花は福井の県花にも指定されています。 すいせんミュージアムもあるので1年中水仙の花は観られますが、やはり崖の上の水仙畑を見るのが一番ですね。ミュージアムの前が観光用に整備されていますが、お奨めはその脇から山に入っていった先にある水仙畑です。地元の農家の方が丹精込めて育てている水仙は引き込まれる美しさです。 美しい姿が観たかったら、寒いのと強風を覚悟して、1月の末がお奨めです。例年2月上中旬には水仙祭りも行われていますが、その前がお奨めですね。 旅行日 2009.2.8

続きを読む

本興寺 金沢の紫陽花寺

本興寺の正式な名前は「日蓮宗 一条山 本興寺」 元々は真言宗のお寺でしたが、永仁2年(1294年)蓮如上人の孫弟子・日像が日蓮の遺言による「京都布教」の途中に立ち寄り、日蓮宗得意の法論で当時の住職を転宗させ日蓮宗道場に改修させたのが始まりです。 ちなみに日像は佐渡島から海上経由で七尾に上陸、加賀路を経て京都に向かっています。京都においてはその後南北朝の混乱に遭遇しますが、同時期に両朝から祈祷などを依頼され貴族社会の信頼を得ていたようです。崩後の諡号「日像菩薩」の名も北朝4代天皇・後光厳天皇が贈ったものです。 能登の七尾市にある小丸山城址の本丸跡の東曲輪の一画に大きな日像の像があるのはこの事績を記念したものです。また、日像が使用したとする櫓櫂が伝わっています。 室町期は県内では能登の滝谷妙成寺と拮抗した存在でしたが、戦国期は一向一揆により衰退していました。 江戸期には日蓮宗徒が多かった加賀前田家との係りで興復を遂げ、現在に至っています。 本堂も立派な造りですし、本堂内の内陣・外陣ともに重厚な造りです。本堂と同じ屋内の祖師堂の格天井が可愛い地蔵絵で、重厚で厳ついと云われる日蓮宗の寺院の中でもユニークな存在です。加賀前田家11代藩主・前田斎広の室・真龍院と側室・栄操院が参拝した際に大掛かりな増改築を行っていますから、女性らしいモチーフなのかも。ちなみに真龍院は兼六園にある成巽閣(せいそんかく)の主であり、栄操院は12代藩主・斉泰の生母になります。どちらも幕末期に大きな影響力を持っ…

続きを読む

最近のコメント