つとつとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 白犬父さんの故郷

<<   作成日時 : 2013/05/16 20:18   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 4

さて、ここがどこか解りますか?雪があるともっと解り易いんですが
画像
画像



某携帯メーカーのCMで白犬父さんと奥さんが雪の道で女学生とすれ違って、娘の彩を思い起こすシーン それがこの場所です。
ここは福井の一乗谷にある復元町並の一画です。この塀の前で記念撮影するのが観光客の定番になっています
ちなみに、ここに白犬父さんの実家がある設定で、若い役者さんと再婚したお母さんは最初はここに住んでいる設定でした

ということで、この日は嫁さんと紅葉を観に九頭竜に行こうと思ったんですが、先に歴史好き&ミーハーな僕のご希望で、ここにやって来たんです。

戦国時代、一乗谷を本拠に越前を治めていたのが朝倉氏です。一乗谷は下城戸と上城戸という土塁・石垣と城山を中心にした名前の通り、1.7qの谷間のことです。ここに朝倉館や武家屋敷などが作られ繁栄していました。
元々、初代の孝景(敏景)は越前の土豪から始まり、越前の守護にまで登りつめました。下剋上の成り上がり戦国大名の第1号。教科書にも載った分国法(実は家訓)の「朝倉孝景条々(朝倉敏景十七箇条)」でも有名です。初代から5代義景まで一乗谷を本拠に繁栄していました。

織田信長によって滅び、一乗谷も田畑に埋もれていましたが、昭和42年から発掘調査が行われ5000以上の遺構、160万点以上の遺物が発掘されています。そのうちの2300点以上が重要文化財指定を受けています。遺物は下城戸側の城戸外の資料館に展示されています。一乗谷朝倉氏遺跡資料館
そして、資料を基に町並みを復元したのがこの復元町並みです。

復元町並は商家や武家屋敷など再現していますが、なかには雪隠(せっちん)まで再現されています。あっ、現代語でトイレです

もちろん発掘遺構も見られます。立体的な街並みと平面な遺構を見比べるのも面白いですよ。
画像
画像

画像
画像

画像
画像


復元町並みの正面から川を渡った場所に朝倉義景の館跡があります。発掘以前は朝倉義景の菩提寺として「正雲院」と呼ばれる寺院が建っていましたが、現在は福井市内の重文の初代朝倉敏景画像や朝倉義景画像のある心月寺に移転統一されています。

入り口には朝倉遺跡の紹介写真で有名な唐門。豊臣秀吉が朝倉義景の菩提の為に寄進したと云われています。表・上部に朝倉家の「三ツ木瓜紋」裏には豊臣家の「五三の桐紋」があります。現在建っているのは江戸中期に福井藩主によって建て替えられた物だそうです。
土塁と濠に囲まれた敷地は6400uで17棟の建物が確認されています。門をくぐるとその広さには驚きます。
また主殿跡からは日本最古の10m程の花壇も発掘されています。花粉調査から菊・百合・油菜の花が植えられていたようです。いくつか草木を植えて再現していました。こんな古くから花壇があったんですねえ。

主殿脇から木立の中に入ると朝倉義景の墓があります。
元々は天正4年(1576年)に地元農民が小さな祠を建てたのが始まりですが、江戸初期に福井藩主によって現在の墓塔が建てられたそうです。何となく古びた墓と薄暗がりに栄枯盛衰を感じます。
画像
画像


一乗谷遺跡にはもう一つ日本最大のものがあります。
一乗谷には現在四つの庭園が確認されています。大きな岩と流水を配した庭園は国の名勝にも指定されていますが、最大規模を誇るのが諏訪館跡庭園です。ここは朝倉義景の最後の側室・小宰相の館でした。
庭園には三段の滝があり、その側に置かれた滝石は4mを超す大きさで日本最大の滝石とされています。側の古木と共に人気スポットになっています。
画像


一乗谷は福井市になりますが、山間の田舎という言葉が合う場所です。
春は唐門の桜・秋の紅葉と庭園、川の流れ、散策して回るにも、うってつけの場所です。お勧めのスポットですよ
            一乗谷朝倉氏遺跡

一乗谷の上城戸を越えて、足利義昭が滞在した御所・安養寺址を左に見て、一乗谷の町を左折、山の方に行くと一乗滝があります。
一乗滝は白山開山の泰澄上人が開いたと云われています。滝の上には不動明王を祀った白滝神社を置いたそうです。
画像
画像

この滝を一躍有名にしたのは佐々木小次郎
佐々木小次郎は巌流として、宮本武蔵と舟島で対決した剣客です。
佐々木小次郎の得意技「燕返し」。これを編み出した場所がこの滝だと云われています。NHKの大河ドラマ「武蔵」のロケも行われました。
熊本藩士の書いた「二天記」には、「越前国宇坂庄浄教寺村の産」と書かれています。現在の福井市浄教寺町。一乗谷の南隣の村です。
一乗小学校の近くにあった中条流の富田勢源道場に幼い頃から家人・門人として入っていたそうです。
画像

滝の歩道の入り口に佐々木小次郎の像があります。
昔、「トリビアの泉」という番組で「みのもんた」にそっくり」と出ましたが、あんまり点数は出なかったですね。実際、誰かに似てるとは思いますがみのさんじゃないと思います。そうそう若い頃の高田純二さんの方が似てるかも

久しぶりに歴史散策をUPしたけど、いまいちうまく書けないもんですねえ

日記日 2010.11.07

一乗谷復元街並


一乗滝



朝倉義景 信長を窮地に追い詰めた越前の雄 (PHP文庫) (文庫) / 星亮一
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。


楽天市場 by 朝倉義景 信長を窮地に追い詰めた越前の雄 (PHP文庫) (文庫) / 星亮一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【1000円以上送料無料】佐々木小次郎 出自・つばめ返し・巌流島の真実/川口素生
オンライン書店 BOOKFAN
著者川口素生(著)出版社アーツアンドクラフツ発行年月2002年10月ISBN978490159214


楽天市場 by 【1000円以上送料無料】佐々木小次郎 出自・つばめ返し・巌流島の真実/川口素生 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 財布
白犬父さんの故郷 つとつとのブログ/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/09 01:33
佐奇神社(さきじんじゃ)
富山との県境の稜線にある奈良岳(二又川)や大門山(倉谷川)の稜線を源流にして、金沢市街を流れる犀川は、途中幾つかの支流や用水路を配したり、幾つかの支流を合流して、普正寺町と金石の河口から日本海に注いでいます。金沢市民の貴重な水として利用され、文学にも多く取上げられて石川県内では一番有名な川ともいえます。 ...続きを見る
つとつとのブログ
2015/07/28 02:27
ボルガライス
嫁さんが骨折して約1週間たったころ、利き腕ではなかったとはいえ、ギプスで固めて釣っているために身動きが取れず、家の中でじっとしてることが多かったせいか、TVやゲームするしかなかったために、相当ストレスを溜めていたみたい{%ひま(ゴロン)hdeco%}そんな土曜日にテレビを観ていて、福井県越前市の名物ボルガライスが出ていたそうです{%顔文字?hdeco%} 地図に疎い嫁さんは、福井は隣県という感覚しかなく、合併以来、越前市がどこかも分かっていないんですね。越前市ってどこになるのかな。。。な... ...続きを見る
つとつとのブログ
2017/03/03 23:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
僕も一乗谷は3回行きましたが、何度行ってもあたらしい発見があり、あきないです。
世の中からインチキ天守閣などがすべてなくなり、みんなこんなリアルな復元になったらいいのに!
家ニスタ
2013/05/16 22:06
家ニスタさん
一乗谷は長く田園地帯としてありましたから、遺構が逆に長く地面の下に保護された状態でいたので、保護された状態になったみたいです。しかも春秋は散策にももってこいの自然観がありますねえ^^
あちこちに天守があるはずないのに天守が造られたものが結構ありますよね。想像の産物で観光目的なんでしょうが、史実を無視するのは問題だと思います。
地元の金沢城も急ピッチで復元を進めていますが、慎重な考察と検証を期待しています。来年には玉泉院丸の復元整備が完了するそうです^^
つとつと
2013/05/17 12:31
おはようございます、一乗谷遺跡には行ったことが有りますが、一乗滝には未だ行ったこのがないんですよ、福井県に佐々木小次郎が燕返しの術を考えだした滝が有る事は聞いていたんですが一乗滝だとは知りませんでした。
そう言われて見ればミノさんに似ていますね、私にはミノさんに見えます。
go
2013/05/18 08:33
goさん
一乗谷遺跡を南に行くと一条小学校があって、側に小次郎が門人になっていた富田道場跡があります。そこを左折して道なりに川伝いに行くとある滝なんですよ。あまり大きくはないですが、水量が豊かで、なかなか見ごたえのある滝です。
小次郎の生地は福岡説、ツバメ返しは岩国説もあるんですが、北陸人としてはここであって欲しいです。
冬は豪雪地帯ですが、春夏秋は田園地帯が広がり、水と山が綺麗な良い場所です。
つとつと
2013/05/18 12:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
白犬父さんの故郷 つとつとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる