アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「戦国武将」のブログ記事

みんなの「戦国武将」ブログ

タイトル 日 時
高山右近の碑B
高山右近の碑B 天正19年(1614年)にマニラに退去させられた高山右近でしたが、乗船した船にはすし詰めの乗員数で劣悪な環境状態。途中、高齢の三人の宣教師が死亡したと云われています。定員オーバーの為、通常の倍以上の日数を掛け、マニラに辿り着いたというのが実情でした。しかし、先駆けの伝達で「日本の殉教者的武将」の名は知られており、マニラ総督府の祝砲と大歓声と共に、大歓迎を受け、総督からはスペイン人しか許されないイントロラムス内に邸宅と十分な援助を与えられたそうです。 しかし、この過酷な船旅に消耗した身体は癒... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 10

2017/09/18 23:00
A高山右近 前田利長時代
A高山右近 前田利長時代 天正16年(1588年)加賀に来た高山右近でしたが、前田利家時代にはそのほとんどが大阪での前田利家の相談役、外征と金沢城の修復・町割りの整備にと大阪・金沢間往復に忙殺されたと云えます。畿内の先進的な築城術、利休七哲としての文化の素養による金沢文化の創設など、多岐に渡ったことが窺えます。 しかし、この間に忠節を尽くした右近の実績と信義は、利家の信頼と藩内でも重きをなしていったようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 11

2017/09/10 21:55
高山右近記念公園@
高山右近記念公園@ 今年(H29)2月7日 大阪城ホールで戦国武将だった高山右近(洗礼名ジュスト、ユスト)の列福式が行われ、高山右近を福者とするカトリック教会・ローマ教皇庁の宣言がなされました。古くから、高山右近の所縁の地(金沢・高槻・明石など)から日本キリスト教会に聖者・福者の申請が行われており、もっと大きなニュースとして報道されると思っていましたが、意外に小さい見出しで逆に驚いたものです。やはり、キリスト教は名前は知られても、まだまだ日本での地位は小さいものなのか、聖人じゃないとダメなのかと勘繰ってしまいました... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 11

2017/09/01 18:18
滝寺不動 吉祥寺跡
滝寺不動 吉祥寺跡 上越のヒーロー・上杉謙信は、自身を毘沙門天の転生・化身として深く信仰していたことで知られています。主城・春日山城の山頂に護摩堂や毘沙門堂を建てて、平素・出陣前にも籠っていたと云われています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 13

2016/11/26 19:59
山口玄蕃宗永 首塚跡
山口玄蕃宗永 首塚跡 「全昌寺」が菩提寺となっている旧大聖寺城城主・山口宗永の首塚が移設されているとなっていたので、改めて宗永の首塚の在った地にやって来ました。 宗永の首塚があったのは、大聖寺城の東北東に6,700m程行った旧大聖寺川に架かる福田橋の対岸になります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/27 13:55
桃雲寺(とううんじ) 前田利家の墓守寺
桃雲寺(とううんじ) 前田利家の墓守寺 金沢市の野田山は加賀藩主・前田家墓所を頂点にして、総面積43万u以上(東京ドーム敷地面積の10倍以上)・総墳墓数1万〜2万と国内でも最大級の墓地となっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 3 / コメント 5

2014/11/29 16:00
二曲城(ふとげじょう)
二曲城(ふとげじょう) 加賀一向一揆の最後の牙城として有名なのが「鳥越城」ですが、この鳥越城と連携して最後まで抵抗した城が「二曲城(ふとげじょう)」です。 鳥越城の規模が大きく有名すぎて支城扱いということもあり、更に発掘調査の開始が平成16年と近年になってからということもあり、影に隠れたように意外に知られていませんが、一向一揆の城としては最後まで抵抗した城として同等の評価があっても良いように思われる城です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 5 / コメント 6

2014/09/12 03:44
田中郷菅原神社
田中郷菅原神社 携帯電話を買い替えたのは良いのですが、機種変更のデータ移行はいつもとは違って、画像データは移せなかったので徐々に整理中(連絡先の通常連絡先も解らなくなって、古いののデータを観ながら直してます。やっぱりガラケーにすべきだったと少し後悔中。。以前のデータが解りづらい) そのついでにUPしてないものをこの機会にUPしようなどと考えています。時期は一気に古くなったりしますがご容赦ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 3 / コメント 6

2014/08/01 11:58
梅洞山 岩松院
梅洞山 岩松院 小布施町の東部にある岩松院は曹洞宗の寺院です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/26 21:05
称念寺A 明智光秀伝承
称念寺A 明智光秀伝承 前回紹介した称念寺には、もう一人の武将の伝承が残っています。それが明智光秀夫妻の伝承です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/13 13:43
浅井畷古戦場
浅井畷古戦場 加賀における最後の合戦が行われたのが小松城東方の浅井畷と呼ばれる一帯でした。 畷の名の通り、当時は小松の地は手取川による湿地帯が多く、そこをほそい隘路が通っていたそうです。また、その湿地を利用して桑の実畑が広がっていたそうです。 現在はその名残は観られませんが、住宅地の一角に九つの墓標が立つ園地があるのですが、ここが浅井畷合戦の最激戦地になった場所と云われています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 2

2013/06/15 20:55
六日町 長尾政景墓所 〜 坂戸城 BASARAイベント
六日町 長尾政景墓所 〜 坂戸城 BASARAイベント 前回の日記を書いてすぐ、車に飛び乗ってだったのですが もちろん、新潟の山道も走るので、タイヤはスタッドレスに替えてしまいました。しかし、雪には一切あわずタイヤを減らしただけでしたね。去年(H20)はこの日から積もったんですけど ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/03 03:49
道の駅・高岡万葉の里 〜 阿尾城
道の駅・高岡万葉の里 〜 阿尾城 日曜日、午前中に仕事が入ってしまったので、お昼過ぎに家に帰ると、遅起きの一人が部屋にポケーっとしておりました。 まったく、若い娘が休みとはいえ、何をしているのやら。。。 嫁さんは、この日もお仕事。。。ここん所、休日が合わない夫婦になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 7

2013/02/21 02:28
松風閣庭園
松風閣庭園 金沢城と兼六園の間を通るお堀通りを南下して広坂の交差点から先は「本多通り」と呼ばれています。左右に広がる本多町・下本多町・出羽町があり、21世紀美術館・県立美術館・歌劇座・北陸放送・社教センターなど金沢の文教地区になっています。この3町は名前が示す通り、加賀藩の一番家老・本多家の所領・屋敷地があった場所です。本多家は所領5万石、本多政重の最盛期には7万石で下手な大名より大きな石高を誇っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/10/25 14:18
木舟城址
木舟城址 以前、紹介した前田利家の末弟・前田秀継が生涯を閉じたのが「木舟城」 高徳寺址 前田秀継夫妻の墓所  http://72469241.at.webry.info/201210/article_33.html 真光山 永傳寺            http://72469241.at.webry.info/201210/article_34.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/10/21 08:15
前田利秀の墓所
前田利秀の墓所 前田利秀は父親の後を受け、小矢部の基礎を築き、北条攻めでは前田軍の主力として上野・松井田城攻め、武蔵・八王子城攻めに活躍しました。 しかし、文禄2年(1593年)朝鮮出兵で滞在中の肥前・名護屋城で発病帰国しましたが、その年に治療中の京都で弱冠26歳でなくなっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/15 20:12
真光山 永傳寺
真光山 永傳寺 前田利秀は父母の墓所を高徳寺に造り菩提寺としましたが、先に書いたように規模としては小さな寺院でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/15 16:39
高徳寺址 前田秀継夫妻の墓所
高徳寺址 前田秀継夫妻の墓所 今石動城の初代城主・前田秀継が木舟城に移って3か月後、天正13年・(1586年)に天正の大地震が起こっています。 この地震により、木舟城は3丈(9メートル以上)以上も沈下し圧死した秀継夫妻の遺体発見には3日以上を要したと記録に残っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2012/10/13 17:24
今石動城址
今石動城址 小矢部市の城山(昔の呼び名は白馬山・石動山)の山頂186メートルにあったのが「今石動城」です。 賤ヶ岳合戦後の天正13年(1585年)、加賀の前田利家と越中の佐々成政が緊張状態になった年に、前田利家によって最前線基地として築かれました。城主には津幡城主で利家の末弟・前田秀継が入城しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 3

2012/10/13 05:36
七尾城址
七尾城址 能登を代表する山城「七尾城」別名は「松尾城」と云います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2012/10/08 10:15
織田劔神社 織田家発祥の地
織田劔神社 織田家発祥の地 「織田劔神社」は越前国二ノ宮にあげられる神社です。別名は織田明神。 ちなみにオダではなくオタと読みます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/08 02:57
朝倉義景墓所
朝倉義景墓所 戦国期、越前を治めていたのが朝倉氏。 朝倉氏の本拠は大野から西方の一乗谷で、5代約100年間勢威を誇っていました。5代当主・朝倉義景は織田信長に敦賀の刀根坂の合戦(斉藤龍興が戦死、美濃斉藤家の実質滅亡)に敗れ、一乗谷を放棄して大野に撤退して勝山・平泉寺に味方要請しましたが拒否され、宿所の六方賢松寺を寝返った朝倉景鏡に囲まれ自刃しました。ここで朝倉氏の越前支配は幕を閉じています。余談ですが、朝倉景鏡は姓を土橋と改め信長から本領安堵を受けましたが1年後、越前一向一揆により亡くなっています。このため... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/05 08:47
越前大野城
越前大野城 越前大野城(別名:亀山城)は1575年に越前平定に織田信長の武将として活躍した金森長近が入部・築城したのが始まりの城です。 金森長近は最初は大野盆地の西端にある戌山城(いぬやまじょう)に入りましたが、翌年から盆地にせり出す小孤峰の亀山の山頂に新城の建築を始め、亀山の東に広がる平地に二の丸・三の丸・将棋盤のように区画された城下町を整備しています。これが現在の大野市街の基礎になっています。 標高239メートルの山頂の天守からは大野盆地の四方が見渡せ、防衛上は戌山城の方が上ですが、政治・戦略上はこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/04 08:26
西光寺 柴田勝家の菩提所
西光寺 柴田勝家の菩提所 北ノ庄城落城により亡くなった「柴田勝家」の菩提所がこの「西光寺」です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/20 13:39
一乗谷朝倉氏遺跡
一乗谷朝倉氏遺跡 復元町並みの正面から川を渡った場所に朝倉義景の館跡があります。発掘以前は朝倉義景の菩提寺として「正雲院」と呼ばれる寺院が建っていましたが、現在は福井市内の心月寺に移転統一されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/14 13:07
高岡古城公園 本丸広場
高岡古城公園 本丸広場 古城公園は高岡城の城址ですが、射水神社・市民会館・体育館・動物園・博物館を含む市民憩いの公園になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/08/30 13:14
坂戸城址
坂戸城址 坂戸城は上田荘・長尾氏の居城でした。 上杉家の移封と共に堀氏が入りました。 標高634mの山頂に本丸などがありますが、使用されるのは戦闘時のみで、平素は麓に館や長屋が築かれていてそこで政治や生活をとっていたようです。現在は登ってみると城という印象は受けませんが、館跡の石垣などに面影があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 13:51
龍言寺跡 長尾政景墓所
龍言寺跡 長尾政景墓所 長尾政景は、上杉景勝の実父です。 元々、越後の守護代家の長尾氏は、春日山、上田、栃尾などに分かれていました。守護代は春日山の長尾能定・為義・晴景・景虎と続いていましたが、政景の上田長尾家は外戚として、重要な位置を占めていました。 晴景・景虎(謙信)の姉妹の仙桃院を正室にしていたことでも、重要な位置にいたようです。謙信の引退を引き止めたり、川中島の際には春日山城の城代を務めたりしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 13:27
雲洞庵
雲洞庵 天地人ですっかり有名になってしまった    「こんなとこ来とうはなかった」雲洞庵 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 12:15
阿尾城址
阿尾城址 阿尾城は文禄年間(1570年頃)、菊池入道によって築城されました。 菊池家は南朝方として活躍した九州の菊池党の末裔と言われています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/08/26 13:54
尾山神社
尾山神社 金沢市街を走る国道157号沿いの香林坊交差点の北側にあるのが、尾山神社です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 2

2012/08/22 21:08
長町武家屋敷群
長町武家屋敷群 金沢の繁華街の片町・香林坊の西側の大野用水沿いにあるのが長町武家屋敷群です。この辺りは江戸期には下級・中級武士の屋敷が集中していた場所です。明治期に入り、士族は没落して屋敷土地を切り売りしたりして没落していきましたが、屋敷群の風情がこの地区には残っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/20 19:36
柴田神社
柴田神社 福井駅前から5.6分歩くと「北の庄通り」という商店街があります。 繊維の町、福井を代表するファッション街です。けっこう個性的な店が多いんで見て歩くだけでも面白い通りです。その通りを歩いていくと途中に商店の間に鳥居があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/16 14:44
野田山 加賀藩主墓所
野田山 加賀藩主墓所 金沢城から南南東方向の標高175mの野田山の山肌に、金沢市最大の墓地群が存在します。墓地の広さは43万u、東京ドーム敷地面積の10倍あります。墓の数も数万を数えるそうです。室生犀星・鈴木大拙・大久保利通暗殺事件の首謀者6名・日露戦争のロシア人墓地など有名人や時代を象徴した人たちの墓があります。その墓地群の一番高い位置にあるのが加賀藩主前田家の墓所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2012/08/13 10:00
前田利長 墓所
前田利長 墓所 瑞龍寺の総門前から800メートルちょっと続く遊歩道が整備されています。「八丁道」といって瑞龍寺から前田利長の墓所を繋ぐ参道です。 参道沿いには松並木と利長像・オブジェそして114基の灯篭が立っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/08/12 13:46
春日山城
春日山城 北信越で人気投票をすれば、トップに上がってくる人気者が上杉謙信です。義の武将とも呼ばれていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/10 21:58

トップへ | みんなの「戦国武将」ブログ

つとつとのブログ 戦国武将のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる