阿尾城址

阿尾城は文禄年間(1570年頃)、菊池入道によって築城されました。
菊池家は南朝方として活躍した九州の菊池党の末裔と言われています。
画像

阿尾城は氷見市阿尾地区の海に突き出た岩山の上に築かれていました。
富山湾に面し、七尾への街道の分岐点のため、交通の要所、能登・越中の騒乱の中心になった場所です。
上杉謙信の七尾城攻めの前線基地になったり、前田VS佐々の戦の激戦地にもなっています。最初、佐々の配下になっていましたが、その後前田に寝返っています。その際、花の慶二で有名な前田慶次が城代として入城しています。慶次はこの城にいる間に末森城の合戦・阿尾の合戦で中心的な働きで勝利を治めています。慶次の城として訪れる若い女性も多いようですね。
画像
画像

海に突き出た高い岩山なので眺望は素晴らしいです。
本丸跡の先端からは、富山湾の海岸線、能登半島の東海岸、そして富山湾越しに立山連峰を眺めることが出来ます。近くの雨晴海岸からの眺望が有名ですが、ここからの眺望も負けないものがあります。
画像
画像
城の入口には白峰社(崇徳神社)が建っていますが、その奥を登っていくのが城になります。細い道で両側が崖になっていますから、まさに天然の要害です。ただし水の補給や貯蔵は難しそうなので、長期の篭城は難しかったと思われます。事実、阿尾の合戦も城方は外に出て野戦に望んでいます。海上の監視や灯台の役割のほうが強かったと思います。
現在も岩山の先端になる本丸には、簡易の灯台が設置されています。

旅行日 2009.11.22




【漫画】花の慶次 [完全版] (1-15巻 全巻)[徳間書店]《取り寄せ※暫定》
あみあみ
カテゴリトップ > 書籍・ソフトウェア&n



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 荒山砦(荒山城址)
  • Excerpt: 前田利家が全山焼き討ちした石動山攻めで重要なポイントになったのが、桝形山の山頂にあった荒山砦です。能登と越中の国境上にある荒山峠・桝形山は現在は「荒山城址」と中能登町や氷見市がパンフレットや観光案内・..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2012-10-09 21:34
  • 堅田城址
  • Excerpt: 加賀と越中を結ぶ北国街道は旅人にとっては古来から大事な街道として機能していましたが、何といっても倶利伽羅峠という難所があるために交易路としては大きな難点になっていました。険しい道ではありますが、起伏が..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-09-29 10:22

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)

「延喜式神名帳」- by ミクミティ (05/26)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/26)