龍言寺跡 長尾政景墓所

長尾政景は、上杉景勝の実父です。
元々、越後の守護代家の長尾氏は、春日山、上田、栃尾などに分かれていました。守護代は春日山の長尾能定・為義・晴景・景虎と続いていましたが、政景の上田長尾家は外戚として、重要な位置を占めていました。
晴景・景虎(謙信)の姉妹の仙桃院を正室にしていたことでも、重要な位置にいたようです。謙信の引退を引き止めたり、川中島の際には春日山城の城代を務めたりしています。
画像

38歳の若さで亡くなっていますが、野尻池(鐘淵公園)の舟遊びの際に溺死したと言われています。謙信の軍師として有名な宇佐美定満に依る謀殺という説が有力です。地位と権力の進捗を恐れたともいわれています。
ちなみに宇佐美定満も同じ場所で同時に溺死しており、宇佐美家はこの後断絶しています。

龍言寺は景勝が、政景の菩提寺として建立したものですが、米沢に移封の際、一緒に移されています。
その寺跡の奥の山裾にあるのが政景の墓所です。
案内に沿って登ると墓石がありますが、これは地元の愛好会が建てた物。
その裏側にある石碑が、政景の碑と言われています。刻まれた文字に名があるそうです。本通りからだいぶ奥に入った位置にありますが、静かな森の悠久に触れるのも良いかもしれません。
画像

入口にある上田長尾家当主の歴代墓や直江兼続の墓は観光用に後で作られたご愛嬌ですが^^; 古い歴史を知るには良いかも^^;

旅行日 2009.12.6

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント