金沢湯涌 創作の森

湯涌の町に入る手前にあるのが「創作の森」です。
画像

元々、ここには「壇風苑(だんぷうえん)」という旧白雲楼ホテル・江戸村と同じく旧日本観光が運営していた施設がありました。
当時は、生活民具を展示しているだけでしたが、平成9年にこの3施設が閉鎖されたのですが、3施設の中で一番早く4年後に周辺を整備して、金沢市街や白山麓やダムによる水没地域などから建物を移設して再開発されました。
画像
画像
森や広場の総面積9万㎡の敷地。建物は明治・大正期の物で国・県の登録有形文化財の古民家が立っています。その各棟をドーム型の回廊でつないでいます。雪の多い地域ですが、冬に来てもこの回廊のおかげで、ゆっくりと見て回れます。また各棟は内部を改造して工房や宿泊・研修施設として利用されています。古民家の建物見学と工房体験が同時に出来る場所です。ただし、表と内の違いには戸惑うかもしれません。
工房は各棟ごとに、藍・染織・スクリーンプリント・版画など専門設備が整っていて、金沢芸術の発信源になっています。もちろん体験・研修もできます。それから染色用の草木も植樹しています。
広い芝生広場や竹ブランコなどもあって、夏場は子供たちの歓声が響いています。春秋は芝生の上でお弁当を広げる家族連れやカップル、仕事途中のお父さんも見かけられます。
画像
画像
自然と体験工房と古民家群。林間学校やグループ旅行にはうってつけな場所です。それと穴場情報ですが、ここの宿泊施設も古民家を利用しているし、改装して間もないので綺麗なんですよ。古民家なので天井は低いけど風情があります。宿泊料金も1260~2100円(+シーツ代220円、寝巻は各自持参)とお得です。湯涌観光+工房体験研修,研修会、林間学校ならお勧めです。
湯涌創作の森  http://www.sousaku-mori.gr.jp

散策路の途中には、平城という城跡(砦跡)があったのですが、地滑りで現在は進入禁止なのが、ちょっと残念なところ

旅行日 2010.5.30

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 湯涌江戸村
  • Excerpt: 湯涌温泉に東洋一と呼ばれた「白雲楼ホテル」があった時代、同じ経営で江戸期の民家を展示していましたが、倒産身売りとともに管理が心配されましたが、温泉協会が用地買収後、県市の協力で農家3軒を現在地に移築
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2012-09-11 16:49

最近のコメント