釜清水の弘法池

石川県内には「名水100選」に選ばれている場所が3か所あります。
その一つが、白山市(旧鳥越村)の釜清水にある「弘法池」です。
画像

全国各地に弘法大師ゆかりの名水・池・堤・湖がありますが、ここもその一つです。弘法大師が錫杖で穴を作ったと伝承されています。釜のような穴から清水が湧くことから、地名も「釜清水」になっています。
画像

全国的にも珍しい「おう穴湧水」として国天然記念物にも指定されています。おう穴は「甌穴」と書くのですが、難しいのでひらがなで案内看板に表記されています。おう穴は急流による浸食と礫によってできる穴のことです。俗にポットホール・亀穴とも呼ばれているそうです。
池を覗くと岩盤に穴が開いているように見えます。直径75㎝位。深さは2m程だそうです。1日の湧水量は30立方メートル。1年間ほとんど変わらないそうです。
画像

釜清水地区は手取川の側にあるのですが川までは渓谷の断崖で水の便が悪く、、この湧水は貴重な存在で大事にされてきたものです。
県内各地から水を汲みに来る人も多く、弘法大師の像や池の柵など整備が整っています。

またすぐ側に蕎麦屋さんがあり,ここの水を使っています。池の入り口には地元の取れたて野菜の販売も行っていて、近くを通るたびに重宝しています。のどかで良い場所ですよ。
画像
画像

旅行日 2010.7.10

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

  • go

    釜清水の地名は聞いていますが冷水の湧きでている所へは行ったことがないです。
    おう穴の中に地下水が湧く事はめずらしいですね、元々は岩盤に水流で浸食凹が出来たところに硬い礫が入って水流により礫が洗濯機のよう回転してにゴリゴリと穴を削って出来るのですが、岩盤が深く削られて下の水脈につながったのですかね。?
    それにしても不思議な現象ですね。
    2012年09月13日 18:43
  • つとつと

    goさん 釜清水も元は手取川でたまたま岩盤の柔らかい部分に礫が入って出来たのではと云われてるみたいです。goさんのおっしゃる様に湧水がわくのはホントに珍しいみたいですよ。山科(金沢の)にも甌穴の群生があるみたいで一度見たいと思いつつ果たせずにいます^^;
    20年程前、一時ですが、管理がずさんで湧水が汚れたそうですが、今はすっかり改善されて美味しい水になったそうです。
    2012年09月13日 22:26

この記事へのトラックバック

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)

「延喜式神名帳」- by ミクミティ (05/26)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/26)