諏訪館庭園跡 一乗谷

一乗谷は4つの庭園が国の名勝に指定されています。「館跡庭園」「湯殿跡庭園」「南陽寺跡庭園」「諏訪館庭園跡」がこれにあたります。
朝倉氏滅亡後、「館跡庭園」以外は地表に残っていたものです。
その中で規模の大きなものが「諏訪館庭園跡」です。
画像

この庭園は2140㎡。朝倉屋敷跡の3分の1の大きさを誇ります。
4段組みの滝と滝副石組、楓の古木、は美しい配置です。
滝副石の最大なものは4m以上で日本最大の物です。石には文字が彫ってありますが、これは朝倉宗滴・貞景・孝景の法名で、江戸末期に掘られたものです。ちょっと無粋と思ったのは僕だけ?
画像
画像

これほどの豪勢な庭園を持つ館の主は朝倉義景の4人目の側室で小少将です。義景は彼女に夜も昼も溺れ込んだと云われ、傾城の美女として、義景が政治から遠ざかった原因の一つとされています。後日談ですが、義景は一乗谷から落ちる際、自刃した大野六坊賢松寺にもわざわざ連れて行っています。
そんな彼女ですが、義景との間に男子「愛王丸」を授かりましたが、義景死後に捕えられ護送途中、信長の命により親子共々虐殺されたと云われています。
画像

旅行日 2010.11.07

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント