秋常山古墳群

北陸で一番大きなお墓はどこ?となると、能美市秋常町(旧寺井町秋常)にある前方後円墳になります。
一応正式名称は「秋常山古墳群・1号墳」。別名・秋常茶臼山古墳。築造年代は墳墓の形式と出土した高杯から4世紀後期と推定されています。
画像
画像

大きさは全長141メートル(後円108メートル、前方67メートル)、高さ19メートル(後円)、この大きさは3段として計測されたものです。墳墓は2段で3段目は基壇という説もあって、その場合は121.5X90.5X16.0になるそうですが、それにしても北陸最大級の古墳に変わりはありません。
画像
画像
画像

肝心な被葬者ですが石室は未調査ではっきりしていません。地中レーザー調査や電気調査で未掘墓の確認がなされており、将来保存にとってあるそうです。ただ、近くにある和田山古墳群の5号墳は同じ形状・同方向なので同種の人が葬られていると想像されています。和田山5号墳から大量の武器・武具・甲冑・男性の骨が出土しており、当時の豪族の首長ではないかと想像されています。また、くびれ部分に造出(祭祀や追葬を行う場所と云われています。)が確認されていて赤く塗られた祭祀用の土器が大量に発掘されています。
画像
画像
画像


前方後円墳と云えば、堺の伝仁徳天皇陵が有名ですが、仁徳陵との違いは前方部の長さが違うこと、仁徳陵は後円部が小さく前方部が長いのが特徴の鍵穴みたいな形ですが、秋常は後円が大きくなっています。

ちなみに前方後円墳という名称ですが、別に前後が決まっているわけではありません。正直、どちらが前とは解明されていません。更に僕らの習った頃は仁徳天皇陵と云っていましたが、今の教科書では単なる通称で「大仙陵古墳」というんだそうです。なぜに大仙というのか、単に堺市が町名をつけた大仙町から来ているだけ、誰の物か解らない陵墓を天皇陵だと云って発掘調査を拒否する(しかも他の古墳も皇室関係だと難癖で拒否)宮内庁・文化庁、文献ばかり重視する癖に旧来の説に固執する史学会、こう云う所に日本の歴史学のダメな部分が観られます。しかも、教科書では否定しながら、宮内庁には天皇陵が明記されています。宮内庁 天皇陵ホーム
まあ、参考にもなるんですが。。。。

またまた横道に行っちゃいました。。
秋常山1号墳は三段形式の前方後円墳で、上段・中段に葺石(葺石)が確認されており、
墳墓全体が葺石で覆われていたと予想されています。発見時は古墳の上には段々畑の跡があり、前方部に秋常八幡神社があって、一部掘削された状態でした。現在は神社を移築して、前方部も復元されて完全な前方後円墳の全容が観られます。
画像
画像
画像

この古墳は昭和59年に発見され、平成に入ってから測量・計測・調査を経て、平成22年に国史跡の指定を受けて史跡公園として保存されています。保存整備から間もないこともあって、墳丘の上に木は繁茂していないので、墳丘の形が綺麗に解る貴重な存在です。ですから、観るならここ何年かがチャンスの存在ということです。

画像

1号墳の隣には2号墳があるのですが、こちらは方墳と呼ばれるタイプで、宮守山(えもりやま)と呼ばれる小山の頂上に作られていました。32.5X27.0の正方形に近い長方形です。古墳の形態から5世紀中期に作られたようです。隣りの1号墳とは年代的に70~100年程の年代差があることになります。
画像

こちらは発見時、崩落していたため、石室などが確認されています。粘土質で石室を構成し、底に木棺が納められていたようです。遺骨などは風化で確認できなかったようですが、頭部に1,850個の臼玉・櫛10・小刀2があり、足元に鉄刀2が置かれていたそうです。臼玉は祭祀用・装身具で、被葬者は巫女などの女性だと思われます。
画像
画像

画像
画像

特筆すべきは北陸では珍しい円筒埴輪や朝顔形円筒埴輪が出てきたことです。県内の古墳では類例がなく、珍しい発見です。頭頂部に復元模型が並べられていますが、崩落部の土に混じって破片が発見されているので、実際には墳墓の周囲に配されていたようです。
画像
画像

2号墳は詳しく古墳の形状や構造が解る体験型施設になっており、内部・外部双方から石室を観ることができます。AM10:00~PM5:00が内部に入れるので、訪問の際はお忘れなく。
画像

1号墳・2号墳ともに丘陵の開けた部分に頭頂部があり、加賀平野や寺井丘陵がはるかに眺望できる位置にあります。寺井の古墳群では独立した存在感があり、被葬者の超越した存在を示しているようです。
画像
画像

古墳群の名称ですが、2墳墓だけで「秋常山古墳群になります。
実は、本来はこの隣りにもう一つ稲葉山と呼ばれた小山が戦後まで存在したそうですが、造成によって消滅しています。戦中に小山から鉄器を掘り出して供出したという談話が残っています。本当だったら、とんでもない話です。

旅行日 2012.11.18  2013.05.03



この記事へのコメント

  • がにちゃん

    立派な古墳があるのですね  鉄器を回収 こんな大切なものまで供出しているようでは、戦争に勝てるわけもないですね 古代を感じながらのお散歩 いいですねぇ
    2013年07月04日 15:31
  • つとつと

    がにちゃんさん
    この能美古墳群の丘陵地帯は平野の真ん中にあるんですが、そこに古墳が集中してるんです。しかも古墳期の3~7世紀のものが同じ丘陵にある珍しい場所。
    古墳のコレクションみたい^^ 見るだけで形の違いが分かるんですよ^^V
    2013年07月04日 22:28

この記事へのトラックバック

  • オークリー メガネ
  • Excerpt: 秋常山古墳群 つとつとのブログ/ウェブリブログ
  • Weblog: オークリー メガネ
  • Tracked: 2013-07-06 06:59
  • 和田山城址
  • Excerpt: 和田山城という名前を聞くと、城好きな人は今人気の天空の城・竹田城の別名と思われそうですが、今回の城は加賀の手取川南岸の丘陵地帯にあったお城です。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-03-09 16:38
  • 河田山古墳群
  • Excerpt: 前回紹介した和田山城址のある和田山・末寺山古墳群には約40基以上の古墳が確認されているのですが、近くの秋常山や寺井山を合わせれば約60基程。造成や掘削を考慮すれば、100~200基以上が存在したとされ..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-04-14 13:02
  • 和田山古墳群(能美古墳群)
  • Excerpt: 能美丘陵地は加賀平野の真ん中に忽然と在った丘陵地です。 以前紹介した秋常山古墳や和田山城はこの丘陵地を利用して造られたものです。 能美の丘陵地は古くから古墳が多く存在し、3~7世紀の古墳時代全般に..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-12-28 20:01
  • 秋常山古墳 菜の花畑&麦畑
  • Excerpt: 以前紹介した北陸自動車道の徳光SA側のコスモス畑&菜の花畑が無くなってしまったために、大きな菜の花畑が無くなってしまいました。コスモス畑は小規模ながら金沢の東の山間地などの名所はありましたが、菜の花畑..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-07-03 18:28
  • 雨の宮古墳群
  • Excerpt: すっかりブログが停止して、ご訪問もせず申し訳ありません。 毎年2月から4月にかけては仕事のかき入れ時で絶対にさぼれない時期に突入しています。 ところがご存知の如く2月初旬から中旬が大雪で交通マヒ状..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2018-04-24 15:50
  • 秋常山古墳
  • Excerpt: 今年は豪雪があって、花の開花や満開は遅れるだろうと、内心期待していましたが、、案に反してあっという間に咲いてあっという間に桜が散り、バタバタしているうちにアヤメは見逃すし、家庭内事情で紫陽花も観に行け..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2018-07-26 11:07

最近のコメント