波自加彌(はじかみ)神社

神社に行くと、神社の奥山に先座地や奥宮がある場合があります。今回の波自加彌(はじかみ)神社も、だいぶ前になりますが奥宮の方をアップしていました。 ⇒ 2017.05.10四坊高坂八幡神社(波自加弥神社奥の院)  今回は改めて本社の方に伺いました。神社の駐車場は山上になるため表参道を右折して山道を登ると便利ですが、なにせ参道は長い石段に急な傾斜。。一応、山上から一往復しましたが、きつかったあ。。冬の間にすっかり運動不足のつけがたまってますねえ。。というわけで進行(撮影)方向とは逆になりますが、表参道入口というより時間が無くて立ち寄れなかった遥拝所付近からスタート。。 波自加彌神社標柱 花園小学校から100m程北に進んだ旧北国街道沿いの三叉路に建っています。標柱の方向に進むのが波自加彌神社の本宮への表参道になります。北国街道をここから、更に北に7,80m進んだ右に遥拝所兼神主さんの自宅があります。御札やお守り、御朱印帳は遥拝所で授与して貰えます。ナビに頼るとこの標柱に案内されてしまいますが、この標柱から500m程、IR七尾線の踏切、国道8号の二日市交差点を越えて行った山の突き当りにあるのが波自加彌神社の本宮になります。表参道入口には河原市用水に立派な神橋が掛かっていていますから、それが良い目印になります。波自加彌神社 神橋 河原市用水(浅田用水)河原市用水(浅田用水)は医王山を源にする森下川の不動寺町から取水して山裾を縫うように流れ、更に旧国道8号に沿うように10.2キロを流れて津幡町の加賀…

続きを読む

野田山墓地

今冬は雪が降らない降らないと云っていたら、ここ3.4日雪が降って、うっすらと積雪が道に積もって久しぶりに、雪道を車で走りました。。久しぶり過ぎて怖々ハンドルを握っていました。さすがに朝は凍結で、雪に慣れてる石川県人もそこここでスリップ事故や立ち往生があったみたいです。(2/10)しかし、その後は温かくすぐ溶けちゃいましたが。。。 コロナウィルス騒ぎも収まりませんねえ。。今週風邪をぶり返した嫁さんが医者に行ったら軽い肺炎で、一週間の絶対安静でドクターストップ、家でどんよりテレビ三昧の日々を送っています。時期が時期だけにインフルやいろんな検査をやられて、落ちこんどりました。。(風邪をこじらしたで、チョン)。。クルーズ客船も日増しに陽性患者が増えてて心配ですねえ、、足留めを喰らったみなさんには頑張って欲しいものです。ダイヤモンド・プリンセスは昨昨年寄港した「MSCスプレディダ」が寄港するまで、金沢港の最大のクルーズ客船の記録を持っていた船で、僕も眼の前で見て思入れがあるんで、早く収束することを願っています。 2014.07.20 無量寺埠頭 護衛艦ちくま加賀藩主墓所本参道 ここから長い石段を登ると前田利家夫妻の墓所正面に直接向かえます。僕は車を左に進めて墓所手前から歩いてみました。1.2月は雪がないとはいえ氷雨や冷たい雨降りが多く、遠出をほとんどしないのですが、この日も冷たい雨降りでしたが河北からの帰り道、久しぶりに野田山墓地に立ち寄ってみました。一応目的地は加賀藩主墓所のつもりだったのですが。。右の…

続きを読む

雑話 日本の仏教①

名所・旧跡に触れて歴史を振り返るものを書いていると、頭が痛くなるのが宗教がまとわりついてくることです。けっこう宗教施設と言える神社・仏閣で考察的に歴史を振り返る僕ですが、訳が解らなくなる時はしょっちゅうあります。神道にしても仏教にしても、更に修験道まで加えると浅学な僕でも書き始めれば、誤字脱字、意味や筋を誤ったりしても良ければ、本が何冊も書けるんじゃないかと思いますが・・・これからも、出掛けるたびに寺社仏閣が出るために、まずは簡単?な仏教の流れをば。。。大安禅寺(大安寺)大日如来坐像 平安末期作大安禅寺は万治2年(1658年)創建の越前松平藩(福井藩)歴代藩主の墓所・菩提寺になります。戦災や地震で古い建物類が残っていない福井市内で江戸初期の建築を残す貴重な寺院、臨済宗妙心寺派(2012.09.18撮影)世界には様々な宗教が存在しますが、キリスト教・イスラム教・ユダヤ教など数え上げれば切りがないくらい。。誤解されやすいものではインドやネパールのヒンズー教もありますが、日本ではヒンズー教=インドの国教と思われていますが、実はインドには国教というものはありません。ヒンズー教というのは欧米から見た名称で、中国や韓国では印度教とも云うそうですが、南アジア諸国でのイスラム教とそれ以外の宗教とを分けるために出来た造語になります。現在はシヴァ・ヴィシュヌ・ブラフマーを信奉する種々雑多のインドの有神型の民族宗教をまとめて指す言葉になっています。バラモン・ヴェーダの流れを持つものもあり様々な形態があります。仏教とも密…

続きを読む

最近のコメント