日用・苔の里②

DSC_6545a.png
日用苔の里案内図 ちょっと今回用に地点A~Fと経路を書き込みました。参考にしてください。
DSC_6541.JPG
         A 旧家庭園 西部                                           
A 通路途中の灯篭
DSC_6593.JPGDSC_6589.JPG
A 旧家庭園 東部
DSC_6543.JPG
DSC_6540.JPG
DSC_6544.JPG
訪れたのが真昼間で天気が良すぎて、日差しがまぶしくて苔の緑が白っぽく見える部分もあります。
旧家の庭園を観て道路を横断すると、日用神社の参道の入り口になります。
DSC_6546.JPG
B. 日用神社は明治以前まで日用村の産土神となっていましたが、明治末期の神社習合政策で粟津温泉北東部の井ノ口村八幡神社に合祀合併され、長らく神社のない村になっていました。昭和20年(1945年)に独立社として復帰した神社になります。神仏習合政策で神社の合祀合併が多く行われていますが、正式に独立復帰した神社は少なく貴重な存在です。主祭神は、伊弉諾命(いざなぎ)・伊弉冉命(いざなみ)・菊理媛命。本来の祭神は菊理媛ですから白山神社系になりますね。
DSC_6550.JPGDSC_6551.JPG
DSC_6547.JPGDSC_6550.JPGDSC_6553.JPG
日用神社 上:二の鳥居 左下:一の鳥居 下:狛犬 狛犬は大正15年寄進銘、由来文の通り神社の消滅時代、井ノ口八幡神社時代のものを移したと思われます。
DSC_6549.JPGDSC_6554.JPGDSC_6555.JPGDSC_6560.JPG
DSC_6559.JPGDSC_6557.JPG
DSC_6558.JPG

苔も植物ですから光合成のためにも光は必要ですが、直射日光を浴びすぎると乾燥から自身を守るために殻を被ってしまいます。道路側の整備された苔山付近は直射日光が当たるので午前中や雨降り後が合いますねえ。。少し茶色が目立って残念でした。。D
DSC_6580.JPGDSC_6579.JPG
DSC_6578.JPG
DSC_6581.JPG
眞子内親王歌碑   広がりし 苔の緑の やはらかく 人々のこめし 思ひ伝わる
平成27年(2017年) JCI(日本青年会議所)世界会議開会式臨席の前日に、粟津温泉で休憩し日用苔の里・中谷宇吉郎雪の科学館などを見学しています。
苔の里に立ち寄られた際には、「ずっと佇んで居たくなりますね」と話し、取り巻きから離れて苔庭に見入っていたそうです。
翌年1月の宮中歌会始に苔の里を題材に詠まれたのがこの歌になります。
DSC_6587.JPG
DSC_6585.JPG苔の里で見所といえばE・F間の通路の左右に観られる整備された苔山、そして一番美しいのがあづまやから覗ける民家の庭園になります。
逆光や夕陽も悪くありませんが、前述のように外殻で茶になることが多いですから午前中の日が当たらない頃がお奨めです。
DSC_6586.JPG
DSC_6583.JPG
DSC_6584.JPG

旅行日 2020.06.21

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tor

    整然と並んだ杉の木の下に見事な苔ですね。
    その中に鎮座する日用神社。
    緑の中に溶け込んで神秘的感ありますね。
    案内板のアルファベットに合わせて見ると
    実際に行った気分になりました。

    豪雨の御心配ありがとうございました。
    幸い私のところは被害はありませんでした。
    毎年大水害発生するようになりましたね。
    2020年07月05日 17:59
  • がにちゃん

    素晴らしい苔のお庭ですね  そして 広い敷地
    目に優しく 心癒される場所ですね
    益々行って見たくなりました
    雨上がりのしっとりした苔も素晴らしいでしょうね
    2020年07月06日 11:21
  • 藍上雄

    日用神社、戦後の空白期、勿体無いですね。でも、地域の神社として、苔の名所としての地位、確立されているのでは・・・。
    確かに、石灯篭等の傘、見事に苔むしていますね。
    京都にも苔の有名なお寺有りますが、ここも中々のものです。
    2020年07月06日 19:20
  • いーたん

    こんにちは
    苔といえども高級苔は目の飛び出る程の高級苔があるとTVで観たことがあります。
    それらを育てている専門がいることとかも。
    整然と並んだ苔は最高の癒やし空間だと思いました。
    微妙な陽当たり具合や時間帯で同じ苔でも色んな顔の苔をみることできるのでしょうね。
    いっそのこと、庭の花木を止めて苔だけにしたいと思った位衝撃を受けました。
    2020年07月07日 13:44
  • y&m

    なかなか見事ですねぇ。
    「ずっと佇んで居たく・・」よく分かります。(^^♪
    この緑の絨毯の上に舞い落ちる、真っ赤な落ち葉も素敵でしょうね。
    2020年07月10日 22:07
  • yasuhiko

    そうですね。苔の庭の場合は、
    どちらかと言うと、日差しの強い日よりも、
    どんより曇った日や、雨上がりの方が
    趣があるのかも知れません。
    それにしても、苔の里は京都の古寺を思わせる
    雰囲気のいい場所ですね。今度は、しっとり
    潤った苔の表情も見たいなと思いました。
    2020年07月12日 22:17
  • がにちゃん

    ありがとうございます 3~4こ付けることが出来ました
    これから クリック頑張ってみます\(◎o◎)/!
    2020年07月20日 21:06

最近のコメント