金沢城 河北門 菱櫓

延宝年間(1673~1681年)の金沢城図(下が北・上が南)寛永の大火後、本丸・東丸から拡張した二の丸にある二の丸御殿の表向が加賀藩の政庁になります。現在発掘・資料調査が行われ、次回の復元はここに決定しています。二の丸御殿表向に家臣団・使節が向かうのが尾坂口から新丸を経由する大手道、石川門橋を渡ってくるのが搦手道。この二筋の道が合流するのが三の丸の中心部で堀際を右に五十間長屋に見下ろされながら、渡し橋を渡って二の丸に至ります。この間には多くの門がありますが、その中で枡形を設けた門(河北門・石川門・橋爪門)を、金沢三門と呼んでいます。この三門の内、河北門と石川門が金沢城内への正式な入口になっていました。橋爪門は政庁でもあり殿様御殿への式台門の役割を果たしていました。金沢城 河北門 一の御門 石川門をご紹介した時にも書きましたが、河北門も石川門と同じく表門+枡形+櫓門の順で通行するもので、周囲を櫓・長屋・石垣で構成されています。この為に河北門の名もこれらの総称となります。 新丸が造成されて大手堀が外堀となったために、石垣下は第二の外堀兼内堀となっていました。明治の埋立でお堀通りやいもり堀という水源を失ったために荒れ地でしたが、発掘調査後に湿性池として往時の半分ほどですが湿性池として堀を復元しています。新丸側は往時の護岸を復元したそうです。本来は二の丸は現在の三分の一にも満たない広さで北側の多くは三の丸でした。本来はこの石垣は三の丸下石垣だったわけです。3代藩主・前田利常が二の丸御殿増設のために二の丸…

続きを読む

最近のコメント

「歌占の滝」- by つとつと (05/15)

「歌占の滝」- by yasuhiko (05/14)

「津田玄蕃屋敷~陸軍第九師団長官舎」- by つとつと (05/08)

「歌占の滝」- by つとつと (05/08)

「歌占の滝」- by ミクミティ (05/08)